g-san1101 さん プロフィール

  •  
g-san1101さん: 自分遺産
ハンドル名g-san1101 さん
ブログタイトル自分遺産
ブログURLhttps://jibunisan.exblog.jp/
サイト紹介文自分で遺しておきたいことを綴っています。日本酒・教育・うさぎ・いぬ・中島みゆきが主カテゴリーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2007/04/22 11:56

g-san1101 さんのブログ記事

  • 桂歌丸さんとみゆきさん
  • 先日、桂歌丸さんがおなくなりになった。笑点では拝見していたが落語をお聞きしたことはなかった。横浜の方だっただけに一度生で落語をお聞きしていたらと、こんなことになってから思うのはたいしたことではない。合掌この報道がなされてから、ネットで中島みゆきさんと桂歌丸さんとのつながりがあがっていた。みゆきさんが歌丸さんのラジオ番組に出たことがあったり、その逆があったようだ。これも私には全く記憶がない。そのひと [続きを読む]
  • やっぱり車より電車
  • 7月の三連休に甲府に出掛けた。一人旅で観光目的ではなかったのと横浜から土日には甲府行きのバスがあると知ったのでそれを利用してみた。バスに乗るまでは楽だった。暑いのを感じることなく甲府に着いた。しかし、出発前に渋滞があるとは聞かされていたものの5時間近くかかった。さすがに乗っているだけでも疲れる。ダイヤ通りなら半分の時間で着いている。こういう時は電車にすればよかったと思ってしまう。 [続きを読む]
  • 内田麟太郎さんの講演を聞く
  • 6月に絵本作家の内田麟太郎さんの講演を聞いた。思ったより年配に感じたのは私の先入観にすぎない。故郷大牟田市にまつわる話から、絵本作家の創作に関わる話や絵を書かれる画家の方との関係性についてご本人は「バカ話」とおっしゃているが、面白おかしく聞かせる話と真面目な話題が織り交ぜられた楽しい講演だった。絵本は文と絵で構成されている。文に合わせて書かれた絵はどのようにしてそういう絵になったのか。文を担当する [続きを読む]
  • 似てませんが…
  • カミさんがスマホの調子が悪くなったりしていたので機種変更をした。休みの日にひとの顔を写真に撮ったと思ったら、こんなものを作って喜んでいた。なぜ魂が抜け出ているのかわからない。いや、今の私はそんな風に見えているのかもしれない。休みに平日の疲れを取りきれていないのは確かだ。 [続きを読む]
  • 教師の「幼児化」なのか…
  • 「痛いニュース」に「【画像】 底辺高校の教師さん、生徒が黒板の消し忘れをしただけでとんでもない行動に出てしまう」という記事が上がっていた。内容はリンク先の画像を見ていただけるとわかる。先生が生徒の不始末にこういった教育的指導がどう評価されるかを考えてしているのか疑問である。授業をきちんと受けている生徒への配慮とか、黒板を消さなかった生徒への失敗の挽回機械の提供はしなかったのだろうか。画像は一場面の [続きを読む]
  • 日本酒フェアは楽しい
  • 6月は池袋に日本中のお酒と蔵元と日本酒好きが集まるイベントがある。日本酒フェアが今年も開催された。去年は利き酒をしなかったが、今年は会員チケットを購入したのですることにした。並ぶ時間が飲む時間よりはるかにかかるので飲んだ気がしない、いや、利き酒なのだからそれは違うのだろうが、ひとりで来ているので時間がもったいないので、4エリアだけにした。飲んでみると面白い出会いがあるので楽しい。その後、都道府県別 [続きを読む]
  • 崖っぷちにカメ
  • 中島みゆきさんの天理時報に連載された「四十行のひとりごと」の10回目のタイトルが「崖っぷちにカメ」だった。目指した方角は間違っていなかったはずなのに、カメは崖っぷちにきてしまう。そこから、前にも上にも下にもいけない。そこで、考える。横ならどうだろう、そして、後ろはどうだろう。だって、地球は丸いのだから。そういうお話だった。カメの話をどう読むか。地道に人生を前に向かって進んでいても行き詰まることがあ [続きを読む]
  • サッカーW杯
  • サッカーW杯が開催中で、日本はグループリーグを突破したが、決勝トーナメントでベルギーに先制しながら敗戦した。オリンピックなど大きな国際大会はライブで観る私だがこのベルギー戦はライブといってもラジオ実況を聞いた。それは試合開始が午前3時で、ずっと起きていられなかったので寝室で横になりながらラジオを流すことにしたからだ。結局、試合をフルタイム起きた状態で聞くことはなかった。前半の0対0での終了、後半の [続きを読む]
  • 私のお部屋
  • 皆さん、はじめまして♪私はコロンです。まだ生まれて4か月くらいです。なので、私のことを月からエアロ兄さんがレポートしてくれています。でも、これから私自身からもお話しさせていただきますので、よろしくお願いいたします。私がこのおうちに来たときに、私専用のお部屋を用意してくれました。私はそこで寝て、用をたしています。お兄さんと違って、背伸びするといろんなものに手が届くので、最初はベンチや段ボールでバリケ [続きを読む]
  • 帯はいらない本
  • 今度は小説をサクサク読もうと駅前の本屋に出かけた。小説といっても今回は長いやつではなくて、読み出したら1週間で読めそうなものと思って文庫コーナーを巡った。1冊の平積みされている本の帯に目がいった。「史上初の2冠!」『夏の祈りに』(須賀しのぶ著、新潮文庫)夏の高校野球をテーマにしていてちょうどいい厚さでもあるしこれにすることにした。裏表紙にある本の紹介はこのように書かれている。文武両道の県立北園高校 [続きを読む]
  • ひとは突然いなくなる
  • 毎月、会社では人事通達が出る。いわゆる勤務地が変わる異動は毎月あるわけではない。誕生日で定年になる制度なので、定年になった人が毎月のようにあるからだ。知らないかたの方が多いのだが、知っている人の名前を見るとそうなんだと時の流れに思いを寄せる。しかし、時に名前を凝視することがある。定年でない人の退職である。これも知らないかたの方が多いのだが、知っている人の名前があることがある。最近、そういうことがあ [続きを読む]
  • 地震「市長が休校指示」、吉村市長の対応はやはり不適切
  • きょういくブログに地震「市長が休校指示」、「吉村市長の対応はやはり不適切:大阪市」という記事があった。私は全く知らなかったが、大阪であった大きな地震が発生した後、吉村大阪市長が自身のツイッターで「大阪市内の学校はすべて臨時休校にする」とあげその後現場に混乱を与えたという。リンク先にもあるが災害時の学校の運営に関しては校長が責任者であり、市長に休校などの指示をする役割はない。学校からの連絡で動いてい [続きを読む]
  • 空港日誌
  • ツイッターを眺めていたら、広島に行かれるみゆきさんファンの方が、聖地巡りと思うけれど、広島空港は今はヘリポートになっているので行かないというようなことを呟かれていた。広島空港がみゆきさんの歌詞に出てくるのは『空港日誌』という曲。1987年薬師丸ひろ子さんのアルバム『星紀行』に提供したもので、その後、みゆきさんが『回帰熱』でセルフカバーしている。その広島空港はその後、広島西空港と名前を変え、平成24 [続きを読む]
  • お酒の在庫が充実
  • 実家の家族が法事で香川県に出かけたので、お土産に日本酒を送ってくれた。蔵元に出かけたようで写真も添えられていた。うらやましい。久し振りに甲府出張があったのでワインを買ってきた。近隣県なのに手にはいるものが限られるので、できるだけ白ワインを複数買うことにしている。飲んだことがないものだから飲むのが楽しみ。ということで、お酒の在庫が増えて楽しい。 [続きを読む]
  • ラーメンはありがたい
  • 初めての土地で食事をする時、どうしようと思う。事前に調べるが、特に昼食の場合は時間の思惑が違って、行こうかと思うお店には行けないということも結構ある。そういうことがあるので、ひとりの予定の場合、基本的にはラーメン屋を探す。私が行くところで人気店かどうかはともかくラーメン屋がなくて困った記憶はない。原宿に行った時も竹下通りから少し離れた地下にあるラーメン屋で煮干ラーメンを食べた。静岡駅前では地元情報 [続きを読む]
  • ボクの妹 その3
  • エアロです。暑いですね。チョコレートのボクの家来たちは溶けないか心配です。5月19日、ボクの妹が我が家にやって来ました。ボクのおうちがあったところに新しいおうちが置かれましたが、ボクのより少し大きいです。まだ生後2か月なのに大きさは大人のボクと変わりません。ウチの人たちはボクより軽いと言っています。彼女はミックス犬です。ママさんが垂れ耳でウサギっぽいワンちゃんで、長生きするという条件で選びました。 [続きを読む]
  • 犬を飼うにあたって
  • 犬を飼うことにした時に飼い方はブリーダーから教えてもらえることがあるものの自習もいるだろうと思って、カミさんと映画を観に行った時に本屋に寄った。犬より猫の方が本が多いなぁと思いながら、犬の方を見たらそれでも色々ある。その中から平積みになっていて、最近に版が変わっているものを選んだ。室内犬の飼い方・しつけ方BOOK(佐藤真貴子監修、成美堂出版刊)カミさんは買ってすぐに一通り読んだようだ。私といえば適当に [続きを読む]
  • 身を切る
  • ゴールデンウィークにカミさんの誕生日があるので、そのときにお好み焼きを作ることが恒例になっている。作るといっても、いつもはキャベツを刻むのはカミさんにしてもらっている。ところが、今年に限ってカミさんがそれを忘れたので、自分でやるかとスライサーを初めてキャベツに使ってみたら、自分の指を刻んでしまった。かなり出血し、キズを治す絆創膏でも止血せず、でも、それで乗りきって、10日経った状態が写真の指である [続きを読む]
  • 迷ったら、子どもに聞く
  • このブログでも取り上げた(唯一の隣町を参考に)が、きょういくブログにその続報が上がっていた。大磯町中学校給食問題、教育長が生徒代表と面談して意見聴き取り教育長は、町内にある2中学の生徒会役員と面談したという。自校調理だった小学校の給食は「おいしかった」という声が出ていたそうだ。ずいぶん時間がかかっているが、教育に関しては「迷ったら子どもに聞く」ことで解決や行動のきっかけが得られることが多いという当 [続きを読む]
  • 久し振りの甲府独り呑み
  • 5年振りに甲府へ仕事に出かけることがたまにあるようになった。今回は二人で日帰りで出かけたのだが、夕方は別行動でそれぞれで帰宅することになったので、私は久し振りに甲府で独り呑みすることにした。お店はどこにしようかと思案する時に、ちょうど最近アップされた純米狂takezoさんの甲府駅周辺のおすすめから決めることにした。前に行ったことがあるお店を一旦外して決めたのが、件さん。場所を確認したら、この場所で前にや [続きを読む]
  • まことに申し訳ございます
  • 中島みゆきさんの天理時報に連載された「四十行のひとりごと」の9回目のタイトルが「まことに申し訳ございます」だった。恩師が腹が立ったら、「私が悪いと独り言を申します」とか「利き手と違う手で暮らしてみます」という話を同窓会か何かの折に教え子になさった。私はそのことに呆れたり、自分で試して腹立たしさが倍増し、猛獣のような短気な性分を確認する。私の性分にげんなりする中で、老先生を真似て独り言をつぶやいてみ [続きを読む]
  • ぱるるの生誕祭
  • ぱるるさんの誕生日は3月だが、4月の日曜日に原宿で生誕祭があった。原宿で昼食をとることにして、まずは会場確認したが、意外と分かりにくく、下見してよかったと思った。開始40分くらい前に会場入りしたら、AKB48時代を思い出す入場時のチェックがあり、物販は行列で時間が思ったよりかかって焦ったりした。内容はぱるるさんの昨年の活動振り返りやクイズ、日めくりカレンダーのキャッチフレーズ決めといった内容だった。生 [続きを読む]
  • ボクの妹 その2
  • エアロです。春は短く、暑い日が増えていますね。月は快適です。さて、GWにパパさんたちはボクの妹に会いに行ったそうです。少し大きくなりましたが、変わらず可愛かったそうです。5月19日に我が家にやって来ました。これから彼女の話もボクからさせてもらいますね。乞う御期待。 [続きを読む]
  • 素顔の西郷隆盛
  • 4月は新書でこれ読もうという本がなかった。駅ナカ書店を眺めながら、読了に時間がかからなそうなものを探していて結局手にしたのがこの本だった。『素顔の西郷隆盛』(磯田道史著、新潮新書)ベストセラーになっている。西郷隆盛は今の大河ドラマの主人公で、著者はそのドラマの時代考証をなさっているので話題になるのは当然か。ベストセラーといっても『応仁の乱』のことがあるのでちゃんとした歴史本だと読むのがしんどい。こ [続きを読む]