g-san1101 さん プロフィール

  •  
g-san1101さん: 自分遺産
ハンドル名g-san1101 さん
ブログタイトル自分遺産
ブログURLhttps://jibunisan.exblog.jp/
サイト紹介文自分で遺しておきたいことを綴っています。日本酒・教育・恋愛論・うさぎ・中島みゆきが主カテゴリーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2007/04/22 11:56

g-san1101 さんのブログ記事

  • いきものがかり吉岡聖恵が本格ソロ始動、中島みゆき「糸」カバーを配信リリース
  • ブログをあげようと思ったら、中島みゆきさんの回で、でもネタがなく、ひとまず、検索してみたら、こんな記事が上がってきた。いきものがかり吉岡聖恵が本格ソロ始動、中島みゆき「糸」カバーを配信リリースリンクはナタリーのもの。タイトル通りなのだが、吉岡さんが歌う「糸」はトヨタホームのCMソングに決定していて、楽曲配信開始日の前日4月28日からテレビオンエアされるという。ナタリーにはYouTubeにて公開中のCMがついてい [続きを読む]
  • 契約内容確認訪問活動
  • 生命保険会社はどこも契約内容をお客様と確認訪問する活動を毎年行っている。私は複数の生命保険会社と契約しているが、その活動をするところとそうでないところがある。でも、全ての会社から契約内容確認の書類が届けられる。私はその書類をきちんと読むので、確認訪問は不要と思っている。なので、そのアポ取り電話が入ったら私は断り、その事は了解いただけているのだが、困ったことがある。そのアポ取り電話が私にとってみたら [続きを読む]
  • 家来の親分
  • エアロです。4月早々で桜は終わってしまいました。パパさんが横浜で手に入れた家来はまだそばにいますが、ドイツのチョコレート屋さんにその親分がいたと写真をパパさんが見せてくれました。小さいからかわいいのであって、このくらい大きくなるとちょっとどうかなと思いました。似たようなポーズのボクの写真を並べましたが、まあ全然違いますね。 [続きを読む]
  • ピアノと森の関係か
  • 短くなった通勤読書の中、ようやく1冊読了した。羊と鋼の森 (宮下奈都著、文春文庫) 第13回本屋大賞、第4回ブランチブックアワード大賞2015、第13回キノベス!2016 第1位と三冠を達成した作品が文庫化され、駅ナカの書店で平積みされていたので読むことにした。本の内容紹介に書かれている通りの作品である。高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律の世界に魅せられた外村。ピアノを愛する姉妹や先輩、恩師との交 [続きを読む]
  • 30回目の結婚記念日 その1
  • 今年は結婚30周年だった。春分の日が結婚記念日で、ここで休みを取って旅行にでもと思っていたのだが、職場が変わったばかりで自分が仕切る会議が入っていて断念した。その代わりに、今度家に迎えるペットをどうするか見てみることと映画を観ることと夕食を外でとることにした。ということで、みなとみらいと横浜に出かけた。思いっきり荒れた天気だったが仕方がない。ペットショップを3軒回って思ったこと。ウサギはエアロが全 [続きを読む]
  • 北海道から届いたお酒
  • 正月休みに合わせて買った日本酒はなくなって、在庫が少なくなったのでどうしようと思っていた3月に宅急便が届いた。昨年北海道の上川町に新たにできた上川大雪酒造のお酒だ。29BYのお酒をオンラインショップで予約販売で申込を取っていて、それが届いたというわけだ。私はきたしずくのお酒が飲みたかったので、きたしずくの純米吟醸を購入した。とりあえず冷やで飲んでみた。思っていたより香りが華やかなで味の乗りは穏やかだ [続きを読む]
  • 子どものうつって
  • 気づきにくいというより、病気として認知されているのだろうか?週末の新聞を読もうとしたら、チラシにそんなことが書いてあり、びっくりした。製薬会社が薬品の治験者を求めるものだった。薬が必要とされるほどうつの子どもがいるのだろうか。薬で治まるならばそれはいいことなのだが、気にしないといけないほどの病気にならないでほしいとも思う。 [続きを読む]
  • ひっそりと花が咲く エアロ編
  • エアロです。湘南はすっかり暖かくなってきました。パパさんは爪切りの後、花をバックにボクの写真を撮っていましたが、最近までパパさんは花のことは気にしていなかったようです。桜の花がそろそろ咲くかという頃、ウチの玄関先に小さな花をパパさんが見つけました。ボクが写っていないので寂しいところはありますが、パパさんの目にはボクがいるようです。かわいいねってつぶやいていました。 [続きを読む]
  • 毎年のように買っている雑誌
  • もう買うのはやめようかと思ったが、書店でチラ見したら買おうという気になった雑誌。dancyuの日本酒特集号 3月号好きな蔵元のお酒や行ってみたいお店が掲載されているし、燗酒のことや酒器の紹介記事もある。他にも記事がたくさんあるが、私はこれだけで買ってよかったと思っている。そうそう、北海道の酒造好適米が紹介されていたのもよかった。この雑誌はしばらく保存する予定。 [続きを読む]
  • この関係は特別としか
  • ネットで「55歳ファンが孤独死 心配して自宅を突き止めたアイドル、亡くなったことを知り追悼ライブを開催」という記事に反響があったという。そのアイドルのブログはこちら。本人のお書きだが、ひとに迷惑がかからないという判断で自身がファンの所在を訪ねていて、これ自体普通では無い。この方やお亡くなりになったファンの方も存じ上げないが、アイドルとファンの関係ではここまでしない。家族や同僚に近いものになっていたの [続きを読む]
  • 制服について重ねて
  • きょういくブログに『制服を自由に選択できる取り組み、各地で広がる』という記事があった。ここでも取り上げた柏市の中学校だけでなく、世田谷区や福岡市で同様な取り組みがなされていることが書かれていた。ここまでくるとふと思うことがある。「スカートをやめてズボンだけにしてはどうか」おそらく、そこまでくると多数であるスカートを履くことに抵抗がなく、そこからおしゃれをしたいと思う人から反対の声が大きく上がるだろ [続きを読む]
  • 久し振りの日本酒イベントは
  • ネットの日本酒つながりでまつりさんから教えていただいた日本酒イベントに出かけた。場所は有楽町駅前の交通会館、イベントが多く開催されるところだ。今回のイベントは人形町酒店の日本酒フェスで初めて参加した。中で少しツマミは売っているものの基本試飲会形式だ。朝から晩までのイベントで午後2時頃に入ったのだが思ったより混んでいた。せっかく初参加イベントなので、馴染みのない蔵のお酒を中心に飲むことにした。チケッ [続きを読む]
  • 中島みゆきさんは生き残っているのか!?
  • 少し前に、週刊現代に「結局、生き残ったのは中島みゆきと桑田佳祐だけ」という記事が掲載された。私はその記事を読んでいないので、ここから書くのはその記事のタイトルを見ての私のひとりごちである。あるサイトをみたら、○○さんは?というように、このひとも生き残っているのではとつぶやかれていた。その通りだと思う。ファンがいて、その人にとって大事な歌があるならば、その歌もアーティストも生き続けている。それを何ら [続きを読む]
  • ひっそりと花が咲く
  • ある土曜の朝、朝刊を取りに玄関に出たら、もうすぐ咲きそうな花を見つけた。これまでつぼみを見たことがなかったので、花がついているとは思わず、びっくりした。日曜の朝、花が咲いていた。草はもっとあるのに一輪だけ、首をもたげるように、でも、鮮やかな黄色は華やかさをたたえていた。何日咲いているかわからないので写真に収めた。 [続きを読む]
  • 家来ができました
  • エアロです。3月になって暖かくなってきましたね。ある日、ボクの前に5つのウサギさんが並んでいました。パパさんが横浜で手に入れたそうです。ドイツのチョコレート屋さんにいたそうです。いずれパパさんが食べちゃうのでしょうが、今のボクに家来ができたような感じになっています。重いです。 [続きを読む]
  • 文章を書くことについて
  • 2月から通勤電車に乗る時間が20分になった。行きは基本SNSタイムなのですっかり読み進めるのが遅くなった。そうなるのがわかっていたので、小刻みになっても内容が把握しやすい本を思っていたが、ツイッターである方が「もっと前に読んでいたら」と良書の紹介が呟かれていたのをみて、ネットで購入した。『伝わる・揺さぶる!文章を書く』(山田ズーニー著、PHP新書)届いた本は2重カバーになっていて、新たに重ねられた表紙に [続きを読む]
  • 最近の痛みについて
  • こころの痛みは置いといて、身体でいくつかの痛みを抱えている。上から順に…肩、これは凝っている程度あばら、これは寒い日や夜にけっこう痛いふくらはぎ、夜中につってかなり痛い土踏まず、これも夜にそれなりに痛いどうして痛みが出るかにそれぞれ理由はあるだろう。身に覚えがあるものもあるがわからないものもある。暖かくなり、私が痩せれば少しは痛みも和らぐだろう。そうは思う。が、ストレスが痛みをよんでいるならこれか [続きを読む]
  • 「ブラック校則」の調査結果
  • このブログで1月にあげた「ブラック校則をなくそう」のエントリーで触れた「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」がブラック校則に関する調査結果を発表したと「きょういくブログ」が記事にしていた。アンケート調査の結果、3人に2人が中学時代、2人に1人が高校時代に「ブラック校則」を経験したなどと報告し、社会全体で目を向ける必要があると訴えている。いろんな年代に調査しているがこういうことは忘れず覚えているものな [続きを読む]
  • 気配りの味わい
  • 品川から横浜に異動が決まった後のある日、荷物が届き、中身は日本酒だ。送り主は私のチームに研修で入っていたメンバーだった。お酒は京都のもので、以前新聞で蔵元は女性だと読んだように思う。2本は山廃と大吟醸で、私とカミさんがそれぞれ楽しめるように選んでくれたらしい。飲んでみたら、その通りだった。心遣いの味がするお酒だった。 [続きを読む]
  • 倒木の敗者復活戦
  • 中島みゆきさんのアルバム『常夜灯』に「倒木の敗者復活戦」という曲がある。『常夜灯』は2012年10月に発売になっている。この曲のサビは『倒木の復活戦」という歌詞で終わるのだが、「倒木」が「東北」と聞こえ、大震災のことに触れられた曲と巷で話題になったことがある。みゆきさんはアルバム『前途』のライナーノーツにそのことについて、「それはそれで、否定するまでもないと、考えている。」と書いている。みゆきさん [続きを読む]
  • 久し振りに古巣に戻ったので
  • 2月から職場が横浜になった。でも、基本弁当持参なので、外食の機会は少ない。昼に出掛ける時があったらくらいか。なので、ひとりで外で昼食の少ない機会にお店をどうするかとなると、昔行ったラーメン屋となる。横浜の浜虎さんも町田の町田商店さんも行列が健在。店の様子が少し小綺麗になっていたりするが、ラーメンの味は以前のままと舌が言っていた。懐かしがってばかりではいけないが、こんな昼食からがんばろうと思ったりす [続きを読む]
  • パパさんと一緒に
  • 立春はボクが月に還った日です。パパさんは、夕方に買い物に出かけて、大きなイチゴを買ってきてくれました。バナナを持っているけど、イチゴも好きなので、パパさんと一緒に食べることができて嬉しかったです。 [続きを読む]
  • 読み慣れない雑誌を読む。
  • 通勤読書が進まない。家で読書する時間は取れていない。よって、ブログに挙げるネタがないとなるのだが、そういう時は雑誌に頼る。家でテレビを見ながら雑誌なら読めるので、気になるものを2月は買ってみた。ゲーテ幻冬舎の見城社長が775でご紹介になっていた「極上レストラン」の記事を読もうと思った。こういうお店があるんだなぁと思った。今度、夫婦でお祝いの食事をするので、どこか行けそうなところがあるかしらと見たもの [続きを読む]