g-san1101 さん プロフィール

  •  
g-san1101さん: 自分遺産
ハンドル名g-san1101 さん
ブログタイトル自分遺産
ブログURLhttps://jibunisan.exblog.jp/
サイト紹介文自分で遺しておきたいことを綴っています。日本酒・教育・うさぎ・いぬ・中島みゆきが主カテゴリーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2007/04/22 11:56

g-san1101 さんのブログ記事

  • 宿題をネットオークションから買う意味
  • 8月の終わりに新聞報道で、「宿題代行のネット出品禁止 文科省、運営3社と合意」というものがあった。「運営3社」とは楽天、ヤフー、メルカリの大手。ある記事では文科省の担当者の「宿題を代行してもらっては何も身につかない。対応を進め、自分で取り組む大切さを周知していきたい」というコメントを載せているが当たり前のことである。どうしてこんなことが起きたのか。もともと宿題代行をする業者は存在する。利用者はその [続きを読む]
  • 中島みゆきのオールナイトニッポン月イチが終了
  • 昨夜で中島みゆきのオールナイトニッポン月イチが終了した。5年余り、66回の放送だった。私が聴いたのは何回だったろう。ライブでは10回はあっただろうか。この番組を聴くということは、次の日が休みの日か寝苦しい夜に寝落ちをするためかのどちらかだった。そういうことでは熱心なリスナーではなくなのでradikoのタイムフリーで聴いたことは2、3回しかない。最終回は次の日が休みだから聴こうとしたが始まる前の寝落ちし、 [続きを読む]
  • 8月に8日しか営業しない日本酒バー
  • 前に一度そのお店に行った時は閉店前で混んでいて、店主が名刺を差し出し、また来てくださいと言われた。盆休みに入る前にその店に行ってみることにした。店に着くと閉店1時間前だがお客が結構いる。とはいえ、カウンターが空いたばかりのようで時間の断りを受けた上で席につけた。さて、注文と思ったら、どうやらこの日は店主は不在で頼まれた方が営業なさっていた様子。カレンダーを見ると8月は8日しか営業せず、店主はその半 [続きを読む]
  • exciteメールがなくなるのは面倒
  • 9月でエキサイトメールのサービスが終わる。その告知は少し前にあったけど諸々のことをする時間的精神的余裕がないので夏休みからやろうと思っていた。今回面倒なのは、◯エキサイトメールの移行 アウトルックにしようと思っているが、移行した途端エキサイトメールが使えなくなるとなると早めにしたいと思わない。◯メールアドレス変更のお知らせ いかがわしいメールでしかこんなお知らせこないから、基本出さないことにしよう [続きを読む]
  • 普通に笑います
  • エアロです。パパさんが最近あんまり月が見えないと言ってましたが、月から下はいつでもよく見えます。コロンはいつもかわいいですが、笑顔はひときわです。ボクは滅多に笑いませんでしたが、コロンは普通に笑顔です。なので、パパさんはコロンをアイドルと呼んで遊んでいます。 [続きを読む]
  • 一貫性はある読書論
  • 『読書という荒野』(見城徹著、幻冬舎刊)を夏休みの一日で読了。平日の通勤読書が儘ならぬところを夏休みに未読3冊を読了した。平日には手にも取れなかったが読んでみるとどれも読み進めやすかった。読書は隙間時間にするにしても気持ちの余裕は必要だと思い直す。見城氏は幻冬舎社長で、自社で自身の読書を軸とした自叙伝をお書きになったという読後感だった。氏がこれまで発言なさっていることと同じ論調とエピソードなので一 [続きを読む]
  • お風呂での呆け!?
  • お風呂でふと気付いたことがある。以前はなかったと思うこと。からだを洗うとき、洗う順番は大抵同じなのだが、途中で背中は洗ったはずなのに、さて、流しましょうという時に、背中を洗った感じがない感覚になる。それでも、洗ったと思うのでそのまま流すのだが、気持ち悪い時は最後にもう一度背中を洗う。これも老化だろうか…。 [続きを読む]
  • 携帯電話が理由で「対教師暴力」により生徒が逮捕
  • きょういくブログにこんなエントリーが上がった。「生徒の携帯電話を取り上げようとした教師が反撃受ける:兵庫・多可町」補習で登校した生徒が、携帯電話をいじっていたところ教師に取り上げられそうになり、生徒が教師に怪我を負わせて、傷害の疑いで逮捕された。きょういくブログのオーナーは教師が携帯電話を取り上げることへの合理性への疑問を呈しているが、私は全く違うことを感じた。(なお、ある弁護士のサイトで(携帯電 [続きを読む]
  • 両国で樽酒
  • 実家の家族が上京したので台風が来ていたが夕食を一緒にした。隅田川花火大会は延期になったが両国にホテルをとっていたのでちゃんこ屋に行った。そこでの飲み物は、樽酒。白雪を飲むのはいつぶりになるか。少し甘めだけどすっきりしていて鍋にはぴったりだった。升に塩も添えられていて、雰囲気良く食事ができてよかった。 [続きを読む]
  • こんなこともあるから
  • 8月のあたいの夏休みに入るちょっと前だったか、いろんな方があるライブにつぶやいていた。それはチェリスト友納真緒さんの「真緒美学」。中島みゆきさんのファンならおなじみのミュージシャンの方だ。『チェロとピアノで聞く中島みゆき』というアルバムも発表されている。なので、みゆきさんのファンの皆さんもライブを聴きに行かれているのだろう。こういう機会にもお出かけになる方々こそコアなみゆきさんのファンだなぁと思う [続きを読む]
  • 箱入りです
  • コロンです。暑いですね。私は前にトリミングされた時は見た目涼しくなりましたが、結構はやく毛が増えてすぐ暑くなりました。パパさんが通販でお買い物をした時の段ボールでママさんが「箱入り娘」と言って私をそこに入れました。嬉しくもないのですぐに私は箱から出ました。パパさんは、お兄ちゃんはじっとする時もあったよとポツリと言ってました。私もいつかは名実ともに「箱入り娘」になりますよ!! [続きを読む]
  • 口の中は血の味がする
  • 私は疲れると自分で口を切って口内炎を作ってしまう。今回、なかなか治らないと思っていたら、ある時に口の中が血の味がした。口を噛んだわけではない。舌を這わせてみると出っ張りを感じる。鏡で見ると口内炎のところが血豆になっていて流血していた。訳がわからん。いつ治るのかもわからん。口の中が血の味で広がっていると気持ちのよいものではない。ブルーだ。夏休み前にそんなことを思っていた。 [続きを読む]
  • 自分はメンターにはなれない…か
  • 通勤読書がままならない中、職場で本が配られた。『メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術 』(福島正伸著、ダイヤモンド社刊)「管理やコントロールでは人は育たない。リーダーが、手本を示し、信頼し、支援することで人は成長できる。」ということが軸でそのように人材育成できる人をメンターというのだが、そのメンターの行動基準などが記されている。10年以上前に刊行されていて、広く読まれている本らしく、 [続きを読む]
  • radikoのタイムフリーがお気に入り
  • 最近、自宅勤務の日があったり、休みの日も仕事だけでなく、私的にもパソコンの前に何時間もいる生活を送っている。テレビがない部屋にいるし、テレビを見ながら仕事にはならないし、音楽を聞くにもみゆきさんで仕事をがんばろうと思うには曲によっては深みにはまるので、もっぱらラジオを聞いている。平日の自宅勤務は決まった曜日ではないので、ライブでお気に入りのラジオ番組があっても聴けるとは限らないし、昼間の番組は少し [続きを読む]
  • 小学生を受け入れるならば
  • きょういくブログにこんな記事があった。「山海留学」で里親から「体罰」・虐待 被害者が提訴:鹿児島・屋久島町関西から屋久島に「山海留学」した小学生が里親から体罰を受けたということで保護者が提訴。裁判で里親は体罰を認めつつ、その正当性を主張しているという。この「山海留学」の目的は町の資料によるとこうある。「屋久島における様々な体験活動をとおして心身共に健康な児童の育成と併せて,学校や地域の活性化を図る [続きを読む]
  • 甲府で日本酒イベントに参加
  • 7月の三連休に甲府に出掛けた。バスで5時間もかかったので観光といえば、サドヤワインの見学だけだった。さりとて、せっかく甲府に来たのだからお土産は購入。桃はコロンも食べられるのでブランドものの傷みありを割安で。三連休で駅前のホテルが取れず、幸いにも湯村温泉の湯村ホテルに泊まれたので夕方に汗を流して温泉に浸かれた。この旅のメインイベントである参加した日本酒イベントはこちら!!【第6回 新潟第一酒造 武田さ [続きを読む]
  • 浅利慶太さんと中島みゆきさん
  • 先日劇団四季の浅利慶太氏がお亡くなりになった。自前の劇場を持ち、全国で公演をし、ミュージカルを日本人に根付かせたかたという印象がある。キャッツは多分2度観たと思う。同じ演目を複数回観たのはこれと夜会だけだ。合掌ネットでみるとみゆきさんは1994年に北海道新聞で対談している。浅利さんは「夜会」のビデオを観て、みゆきさんをシャンソン歌いだと評し、夜会を札幌でやっていただきたいとかみゆきさんにミュージカ [続きを読む]
  • データ量到達の不幸
  • この3ヶ月、今まではほとんどなかった通信量到達のお知らせが通信会社から届き、通信速度が下旬に遅くなっている。最初は余り気にしていなかったが先月から結構ネットがつながらず途中でみるのを諦めることが起こっている。事の起こりだったカミさんは機種変更をしたことと家にタブレットが入ったことで快適なネット生活を送りつつあり疎ましい。私の愛するタブレットはAndroid4なのでいよいよ使えないアプリが出てきそうな雲行 [続きを読む]
  • ボクに似ています2 ボクの妹 その5
  • エアロです。暑いですね。熱中症には気を付けましょう。コロンも暑いのは苦手でお部屋にクーラーがあるので助かっています。暑いのに、喜んですることがあります。パパさんを見つけると足にまとわりつくことです。これはボクと同じです。パパさんは大抵のことをしても気にしないのが好かれる理由だとボクは思います。 [続きを読む]
  • 恋愛を考えるのに必要なものは、余裕。
  • 家に3冊未読の本がある。この前までは4冊だった。半分がビジネス書で仕事関連で読もう、ないしは読んどくしかないものだったりするが、とかく読書の時間が取れない。日曜日に出かけずに2時間ほどまとめて本を読んでみた。その時間にしようと思えば読めるものだとは思う。が、私がしたいのは通勤読書のような隙間時間の読書なので、集中読書は落ち着かない。その日に読了したのがこの本。『愛とためらいの哲学』 (岸見一郎著、PH [続きを読む]
  • やっぱりマグロが好き
  • 職場が今年変わったことで静岡への出張が度々ある。同僚と行くことがあると、彼は昼食を指定する。まぐろ丼だ。もちろん店も決まっている。それだけの店なので開店から行列ができる。並んでもそこで食べている。断ってもいいのたが私は付き合っている。それだけのまぐろ丼であり、私もマグロが好きなのだろう。 [続きを読む]
  • 計画していたことが天候でできなくなること
  • きょういくブログに「記録的大雨に警戒が必要な地域でも「通常通り部活動」?」という記事があった。保護者や地域の人が「こんな天候で部活するのか」と唖然としたつぶやきを紹介している。もちろん安全第一なので悪天候ならば部活は休みにするのは当然である。そうしたらどうなるかを顧問は考えるはず。「ここまで準備や練習してきたものが無駄になる」「相手への迷惑になる」その後の代替案が浮かばないときに顧問は悩むのではな [続きを読む]
  • うを弘での日本酒の会
  • 3月に初めて訪れた小田原のうを弘さんで6月に日本酒の会を初めて開催するというので参加した。日本酒は昇龍蓬莱の大矢酒造さん。厚木の寿屋酒店の榎本さんが来られている。以前、ひら山さんで開催された光景だ。大矢さんのお酒は馴染みがあるが、これだけまとめていろんなものを冷と燗でいただく機会はなく、それもお酒の個性に合わせた料理が出てくるのだからうれしくなる。あっという間の3時間だったが、参加した皆さんが満足 [続きを読む]
  • これでこの1年を乗り切るか
  • 中島みゆきさんのファンクラブから情報が解禁になった。2019年1月から「夜会」VOL.20(新作)が開催される。今回は、東京公演のみでの開催だそうだ。きっとチケットの確保はかなり大変なことになるのではないか。夜会の新作はオリンピックやサッカーW杯並みの楽しみになる。今回は観に行きたい。チケット販売の予定はこれから発表になるだろうが何とか手に入れてこれを励みにして今年を乗り切りたい。 [続きを読む]