postmiyamiya さん プロフィール

  •  
postmiyamiyaさん: 日本の風景と野鳥
ハンドル名postmiyamiya さん
ブログタイトル日本の風景と野鳥
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/postmiyamiya
サイト紹介文オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡで撮影した日本の風景や野鳥を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2007/04/22 22:39

postmiyamiya さんのブログ記事

  • HIBIKI 響海鮮の夕食
  • 台湾、台中にあるHIBIKI 響海鮮でいただいた夕食料理を紹介します。ここは、台湾台中西屯區市政北二路356號にある海鮮で有名なお店です。お店に入ると、入口付近に水槽があり、その横には写真2〜4枚目の新鮮な魚が鮮度を保ちながら置かれていました。この魚は、お客さんが注文してこれから料理する魚でしょうか。私たちは二階に上がって円卓での食事でした。品数が多いので、直ぐにお腹がいっぱいにならないように少しずつ食べ、台 [続きを読む]
  • オークラプレステージ台北(The Okura Prestige Taipei)
  • 台湾のオークラプレステージ台北(The Okura Prestige Taipei)を紹介します。台湾出張の3日目は、台北でアクセスに便利な中山南京商業エリアに位置します。写真2枚目のようにホテルの正面エントランスは車を横付けして到着もでき、広い屋根付きなので雨の日にも濡れずにすみます。これまでのホテルと違いワンルームですが、意外と広く、室内も明るく調整ができます。特に便利に感じたのは、写真11枚目の右上にあるコントローラーで [続きを読む]
  • 台湾中部の員林三橋郵局と局前ポスト
  • 台湾中部の彰化県員林市の員林三橋郵局と局前ポストです。2018年10月2日から台湾への出張があり、初日にお世話になったグランドビューホテル(昇財麗禧酒店)の近くにあった郵便局とポストです。郵便ポストは、台北の都市部と異なり、一基で、ポストの色が真ん中から別れ、左側が緑で右側が赤です。緑の方は、普通郵件、赤の方は限時郵件と記載されています。取集は、平日が1日1回(17:05)で、休日が休みになっています。ポストの裏 [続きを読む]
  • ザ ランディス台中(The Landis Taithung)
  • 台湾のザ ランディス台中(The Landis Taithung)を紹介します。中国出張の2日目は、台中市のちょうど真ん中、国立科学博物館と国立美術館を結ぶグリーンベルトの草悟道の途中に、写真1枚目のようにひときわ目立つ高層ビルがお世話になったホテルです。以前はThe Oneというホテルでしたが、現在はランディスグループの傘下に入り、ランディス台中として、従来のビジネス客だけでなく、観光客にも力を入れているそうです。ビジネ [続きを読む]
  • 富豪群渡假民宿(Sun Moon Lake Full House Resort) のフルーツ料理
  • 台湾、日月潭にある富豪群渡假民宿(Sun Moon Lake Full House Resort) でいただいた昼食のフルーツ料理を紹介します。門を入ると、綺麗な庭があり、その先に室内があります。室内には骨董品のようなものが飾られ少し狭いですが、ここでも料理が楽しめます。私たちは庭にある大きなテーブルで食べることにしました。ここはフルーツを使った料理が有名で、フルーツを使った料理を「水果餐合菜」というようで、メニューの最初に載っ [続きを読む]
  • 客家本色(NATURAL HAKKA)の客家(ハッカ)料理
  • 台湾中部台中の「客家本色」(NATURAL HAKKA)の客家(ハッカ)料理を紹介します。ここは台中の彰化縣員林市建國路288號にある員林店です。台湾に来たので、当然、現地の地ビールである台湾ビールでスタートです。料理は、写真のような順番で出て来ました。客家料理は油を多用するので少し油っぽいと言われますが、それほどでもなく、どれもが美味しくいただけました。写真17枚目のエビ料理は、見ている前で熱くなった小石の中にエビ [続きを読む]
  • グランドビューホテル(昇財麗禧酒店)Grand View Hotel
  • 台湾のグランドビューホテル(昇財麗禧酒店)Grand View Hotelを紹介します。中国出張の初日は、台湾中部の彰化県員林市の繁華街にそびえる4つ星ホテルのグランドビューホテルにお世話になりました。1999年3月に開業した国際的なシティホテル「グランドビューホテル(麗禧酒店員林)」は、員林の目抜き通りである中山路に位置し、台鉄「員林火車站」から徒歩15分(車で5分)と交通も便利です。ロビーなどの館内は至る所に大理石が使 [続きを読む]
  • 台湾の新幹線
  • 台湾の新幹線を紹介します。先週、台湾へ出張に行きましたが、台北から台中への移動は新幹線を利用しました。中国同様まず驚いたのは鉄道駅が大きいことです。中国の鉄道では、新幹線に限ってかどうかはわかりませんが、ホームには乗車する人以外は入れず、ホームへは出発15分前にゲートを開けますが、台湾ではいつでも時間に関係なく入れます。台湾の高速鉄道の正式な名称は台湾高速鐵路、略して高鐵(ガオティエ)です。案内板 [続きを読む]
  • JAL国際線(羽田⇔台北松山)
  • JAL国際線(羽田⇔台北松山)の機内食や風景を紹介します。行きはJL097便(8:50⇒11:30)、帰りはJL098便(14:20⇒18:20)で、行きが3時間10分、帰りが4時間の飛行時間です。時差は台湾が1時間遅くなります。今回の出張はエコノミークラスです。席は行き帰り共に窓側にしました。行きの食事は写真6枚目ですが、福菜として、茄子の和風マリネ、おからポテトサラダ、主菜として、唐揚げ丼・梅 [続きを読む]
  • 台湾の台北駅の中にあった郵便ポスト
  • 台湾の台北駅(TAIWAN MAIN STAITION)の中にあった台北駅郵便局と局前ポストです。2018年10月2日から台湾への出張があり、初日に新幹線に乗るために向かった台北駅です。東口から入ると角に郵便局がありました。郵便局の前には、左から切手販売機、郵便ポストの青、赤、そして宅配ボックスがあります。郵便ポストは、緑色と赤色があり、両方とも二口ポストで、緑の方は、左が其他地区(Outgoing)、右が台北市(Local 100−116) [続きを読む]
  • 千日草
  • 浮間公園で見頃を迎えている千日草です。千日草は、ヒユ科の一年草で、高さ約50cm、よく分枝し、葉は長楕円形で対生して、細毛に包まれています。花期が長く、夏から秋にかけて紅色の小花が球状に集まった花をつけます。浮間公園では、この千日草にセセリチョウが群がって蜜を求めていました。花壇では、ヒマワリもありましたが、枯れています。ヒマワリの実を求めカワラヒワも頻繁にやって来ました。千日草の花言葉は、「変わらぬ [続きを読む]
  • 上高地徳澤のみちくさ食堂
  • 上高地徳澤のみちくさ食堂の紹介です。穂高岳関係の登山ではいつも立ち寄る徳澤の「氷壁の宿 徳澤園」の「みちくさ食堂」です。上高地バスターミナルから6.7キロ、車一台通れる程の散策路になっており、登山でなくても是非立ち寄っていただきたい雰囲気のあるお店です。ここでは行きはアイスクリーム、帰りはカレーライスなどの食事で利用させていただいています。アイスクリーム400円、コーヒーソフト500円、山の手作りカレー900 [続きを読む]
  • ウミネコの幼鳥と見守る親鳥
  • 小樽で観察したウミネコの幼鳥と見守る親鳥です。ウミネコは、チドリ目カモメ科カモメ属に分類されるカモメの仲間で、日本各地の海岸で一年中観察することができます。全長44〜48僂罵磴鮃げると120〜128僂曚匹砲覆蝓黄色い目の周りにある赤いアイリングが特徴的です。背中と翼の上部分は濃い灰色で、頭と胸腹部は白色、尾は白色で先端部には幅の広い黒帯があります。くちばしは黄色く、先端が赤くてその内側が黒くなっています。ウ [続きを読む]
  • 荒川の曼珠沙華
  • 荒川で朝露の中で咲き誇る曼珠沙華です。曼珠沙華は、ヒガンバナ科コリス属の多年草です。曼珠沙華は、別名ヒガンバナ、スパイダーリリーと呼ばれる中国から日本に渡来した球根植物で、東北以南に分布します。球根にアルカロイドを含む有毒植物ですが、薬の原料になることもあるそうです。このため、ネズミやモグラなどの田を荒らす動物が球根の毒を嫌うので、水田のあぜ道に多く植えられています。曼珠沙華は8月末くらいから、高 [続きを読む]
  • 安達太良山登山
  • 安達太良山(あだたらやま)登山を紹介します。安達太良山は、福島県中部にある活火山です。日本百名山、新日本百名山、花の百名山およびうつくしま百名山に選定されています。山頂には二等三角点「大関平」1699.6m が設置されています。昨日(2018年9月23日)はお天気も良かったので日本百名山でもある安達太良山に登りました。標高1700mの安達太良山は、万葉集に詠われた日本最北の山です。磐梯朝日国立公園の南端に位置する安達 [続きを読む]
  • 秋に向かう上高地
  • 上高地の河童橋から涸沢ヒュッテまでの風景です。9月14日(金)から二泊三日の奥穂高岳に向かっての登山の初日です。早朝からお天気が悪く雨が降っていましたが、途中から青空も出て来ました。早朝の河童橋はあまり混んでいませんでしたが、雨の中の撮影です。穂高連峰は、雲がかかっており、全体像が現れてくれませんでしたが、河童橋から何枚か撮ってみました。河童橋は、上高地を象徴する木の吊橋(長さ35.5m幅3.6m)で、ここ [続きを読む]
  • 山と高原地図アプリ
  • 「山と高原地図」アプリを紹介します。山に登るようになってから便利なアプリとして数年前からこのアプリを愛用しています。このアプリは、インターネットのHPでは次のように紹介しています。『山と高原地図』シリーズは、1965年より毎年発行、登山を楽しむ方に長く親しまれ続けているロングセラー登山地図です。谷や尾根、等高線や登山道を綿密に描き、実踏調査に基づいた登山ルート・コースタイムなどを掲載、全国の名山約1,500 [続きを読む]
  • 曼珠沙華の蜜を求めるカラスアゲハ
  • 浮間公園奥にある荒川の土手で観察したカラスアゲハです。 カラスアゲハ(烏揚羽)はチョウ目アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種で、大きさ (前翅長)45〜80mm、4〜9月に観察できます。全体的に黒っぽく、はねの表が緑色から青色に輝いて見える美しいアゲハチョウです。輝きの強さは、見る角度によって微妙に変化します。 浮間公園の奥にある荒川の土手では、曼珠沙華(彼岸花)が満開です。朝日を浴び、水滴の残った緑の草 [続きを読む]
  • 荒川のコサメビタキ
  • 荒川で観察したコサメビタキのメスです。コサメビタキは、スズメ目ヒタキ科サメビタキ属に分類される鳥類で、全長13cm、和名はサメビタキより小型である事に由来しています。頭から尾までの体の上面は灰褐色、胸・腹は白色です。体の大きさの割に目が大きめで、可愛らしい顔に見えます。昨日(9月17日)、サンコウチョウを観察した赤羽ゴルフ倶楽部の奥にある荒川の資材置場に行きました。三羽のサンコウチョウと共に、コサメビタ [続きを読む]
  • 荒川のサンコウチョウ
  • 荒川で観察したサンコウチョウです。サンコウチョウは、スズメ目カササギヒタキ科に分類される鳥類で、全長はオスが約45cm(繁殖期)、メスが17.5cmです。繁殖期のオスは、体長の3倍ぐらいの長い尾羽を持ちます。羽色は、顔面部が黒紫色、腹部は濁白色、背面はやや赤みのある黒紫色、その他の部分は暗黒紫色で、アイリングと嘴は明るい水色です。 メスは、オスの色彩とほぼ同色ですが、オスと比較してアイリングと嘴の水色は不明瞭 [続きを読む]
  • 涸沢ヒュッテ
  • 計画した奥穂高岳登山で利用した涸沢ヒュッテを紹介します。北アルプスの「涸沢カール」と呼ばれる氷河渓谷にある標高2,309メートルに建つ山小屋で、お世話になった日は、2018年9月14日(金)、三連休前ですが天候が悪化した影響もあり混んでいませんでした。涸沢ヒュッテは、HPに次のように紹介されています。「穂高連峰に仰ぐ最高のビューポイント 太古の世紀を超え、氷河が造り上げた 涸沢カールのモレーンの上に建つ。 昭 [続きを読む]
  • フィンランド郊外の郵便ポスト
  • フィンランドの郵便ポストです。フィンランドの郵便ポストはオレンジ色ですが、取り扱いの多い場所には青色のポストも併設しています。その場合、青色が「1」、オレンジ色が「2」と書いてありますが、青ははがき用で、オレンジは封書用と区別しています。今回紹介の郵便ポストは設置場所が郊外のため、取集は1日1回で16:30などと記載されています。取集回数は、一般的に月曜日から金曜日で1日1回ですが、前回紹介した利用の多 [続きを読む]
  • ポーランドの郵便ポスト
  • ポーランドの郵便ポストです。ポーランドポストは、460年の伝統を持つ会社で、郵便局等は7,500局あります。郵便ポストは赤色で、取扱いの多い場所には写真3〜5枚目のような大型のポストが、少ない所には写真1、2枚目のような壁掛けポストが設置されています。取集度数は、1回で、紹介のポストは14:00、12:00などと記載されています。写真11、12枚目はポーランドポストのロゴであり、ポストによっては、写真11枚目のロゴが貼 [続きを読む]
  • ダイサギの餌取り
  • 浮間公園で観察したダイサギの小魚を獲る様子の第二弾です。ダイサギは、コウノトリ目サギ科に分類される鳥で、全長約90僉∩澗里白色で、脚、首、くちばしが長いのが特徴です。コサギと違い、足は全体が黒色です。また、コサギのように足早に歩きまわるよりも、より深い水辺をゆっくり歩くか、じっと立っていることが多いです。浮間公園では、ダイサギが小魚を獲る瞬間を何度か観察できます。今回は、9月9日(日)の午前9時50分、 [続きを読む]
  • ブルガリアの郵便ポスト
  • ブルガリアの郵便ポストです。郵便ポストに書かれている「9000」は郵便番号で、Varnaという町です。ヴァルナ(ブルガリア語: Варна、ラテン文字表記:Varna)はブルガリア北東部ヴァルナ州に位置する都市で、ブルガリア国内では首都ソフィアやプロヴディフに次いで3番目に大きな都市です。取集度数は、2回で1回目が10:00、2回目が15:00ではないかと思われます。郊外は、1回で14:00などと記載されています。郵便ポストに [続きを読む]