postmiyamiya さん プロフィール

  •  
postmiyamiyaさん: 日本の風景と野鳥
ハンドル名postmiyamiya さん
ブログタイトル日本の風景と野鳥
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/postmiyamiya
サイト紹介文オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡで撮影した日本の風景や野鳥を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2007/04/22 22:39

postmiyamiya さんのブログ記事

  • 昔懐かしいコンパーノ ベルリーナとミゼット
  • 昔懐かしいコンパーノ ベルリーナとミゼットを紹介します。ダイハツ工業は「第45回東京モーターショー2017」の自社ブースで上記の懐かしい車を展示していました。ダイハツのコンセプトカーは、旧車のデザインを取り入れたものになっており、対比させるように、この60年代のクーペモデル、コンパーノベルリーナとミゼットが対比されていました。インターネットからの抜粋ですが、ダイハツ工業 取締役社長の奥平総一郎氏は「ダイハ [続きを読む]
  • 秋の浮間公園
  • 浮間公園の秋の散策です。いつも野鳥撮影やココちゃんのお散歩で利用している浮間公園の秋の姿を写し撮ってみました。写真1、2枚目は我が家からの撮影で、残りはいつもの散策コースに沿ってお気に入りのアングルで撮影してみました。銀杏も紅葉になり、下には銀杏の実が落ちていました。銀杏拾いに来る方もいますが、結構、落ちています。踏まないように気をつけて散策を続けると、風車が見えます。逆に向かってのアングルになる [続きを読む]
  • 吐鲁番餐厅の新疆料理
  • 中国北京市の吐?番餐?(Tulufan Restaurant)の新疆料理を紹介します。吐?番餐?は、1985年から営業している北京では最も初期の新疆料理レストランです。レストランは広く、1,700屬發△辰討客様は500人も収容できるようです。個室の二階に通され、大きな円卓を囲んでの新疆料理です。当日は、中国共産党第十九回全国代表大会が開催されており、公務員は全員禁酒であり、レストランでも煙りの出る料理はしないよう制限がありまし [続きを読む]
  • 水元公園のヨシガモ
  • 水元公園で観察したヨシガモです。ヨシガモは、カモ目カモ科に分類される鳥で、全長約48僉▲スは、頭が扁平で、褐色がかった赤紫色です。目の後方は暗緑色で後ろに長く伸びていて、ナポレオン帽子かヘルメットをかぶったように見えます。水元公園で観察したヨシガモは被写体まで遠く、光の影響で羽ばたきは暗く写っていますが、羽根色が良かったので編集してみました。成長してもう少し寒くなると、頭部がナポレオン帽子かヘルメッ [続きを読む]
  • アオサギの舞
  • 浮間公園で観察したアオサギの舞です。アオサギは、コウノトリ科サギ科の一亜種でオオダイサギとともに、日本で見られる最大のサギ類です。全体に明るい青灰色ですが初列雨覆と風切が黒く、飛ぶと目立ちます。目の上から後頭に黒褐色があって冠羽に続きます。くちばしと脚は橙黄色で繁殖期にはピンク色になります。浮間公園では、数羽のアオサギをよく観察しますが、今回は、飛び立ちからカメラ側に向かってきた瞬間(写真5〜7枚 [続きを読む]
  • 水元公園のカワセミ
  • 水元公園で観察したカワセミです。カワセミは、ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される水辺に生息する小鳥で、コバルト色が美しく、ダイビングして獲物を捕らえます。カワセミのヒスイ色は、色素によって発色するのではなく、羽毛にある微細構造によって可視光を波長選択的に反射させ、鮮やかな色彩を現しています。オスのくちばしは黒く、メスは下のくちばしが赤いという特徴があります。今回観察したカワセミは下のくち [続きを読む]
  • 水元公園のカンムリカイツブリ
  • 水元公園で観察したカンムリカイツブリです。カンムリカイツブリは、カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属に分類される鳥類で、全長約56cm、翼を広げた大きさは約86 cmです。後頸は黒、顔や喉は白く、上面と翼は灰褐色で、翼には白斑があり、嘴は赤褐色です。海岸や海岸に近い淡水湖沼、大きな河川に多く、希には内陸の湖沼・大河川でも生息するそうです。11月11日(土)はお天気も良くなったので、水元公園にアメリカヒ [続きを読む]
  • CX-5のインテリアラバーマットとキーケース
  • マツダ CX-5専用(新型 KF系)のインテリアラバーマットとキーケースの紹介です。ラバーマットは、スマートフォン等を置く場合等運転中のカタカタ音の防止やパネルへの傷防止に最適です。インターネットで発見し、早速購入(3,480円)しました。 ラバーマットは、蓄光タイプとなっており、蓄光した箇所は暗くなると光ります。トンネルに入った際など光のラインが浮かび上がります。製品は、完全オリジナル設計で時間をかけCADにて [続きを読む]
  • アメリカヒドリ
  • 水元公園で観察したアメリカヒドリのオスです。アメリカヒドリは、カモ目カモ科に分類される淡水型カモの一種で、和名はアメリカ産のヒドリガモの意味です。体長45〜56cm、オスの成鳥は額から頭頂にかけて淡いクリーム色で、眼から後頭部にかけて光沢のある緑色をしています。眼の周囲は黒く、頬は黒褐色、胸から脇は赤褐色で下尾筒は黒くなっています。北アメリカ大陸北部で繁殖し、冬はアメリカ大陸南部や中央アメリカに渡って越 [続きを読む]
  • 海碗居の炸醤麺
  • 中国北京市の海碗居(ハイワンジー)の炸醤麺(ジャージャー麺)を紹介します。地元の人に聞くと、北京の炸醤麺で、今、おいしいと評判なのは、海碗居だそうです。ここは、市内中心部で一番の繁華街、王府井にある王府井百貨大楼の6階にあります。海碗居の伝統的な炸醤麺は、「肉丁小碗干炸(ロウティンシャオワンガンジャー)」と言います。写真3枚目のメニューの右側にあるように、大きな白いお椀の中に麺がたっぷり入っており、 [続きを読む]
  • ポルシェ356 スピードスター
  • ポルシェ356 スピードスターを紹介します。ポルシェ356は、ドイツの自動車メーカーであるポルシェが1948年から製造を開始したスポーツカーであり、製品名にポルシェの名を冠した初の自動車です。高性能と居住性、実用性の3つを高度に満たした小型スポーツカーであり、第二次世界大戦後の小型スポーツカーの分野における一つの指標となっています。このポルシェ356 スピードスターは、今年の東京モーターショーで展示されていたもの [続きを読む]
  • 秋の牛伏寺
  • 信州松本の牛伏寺を紹介します。三連休の初日は信州松本へお墓参りに出掛けました。文化の日で松本駅周辺は歩行者天国もあって大渋滞でしたが、深志神社近くの大松寺まで何とかたどり着きました。お参り後に立ち寄ったのは牛伏寺の手前にある「そば処 坂口茶屋」で昼食を済ませ、そのまま牛伏寺にお参りに行きました。牛伏寺は、信州松本の南東、鉢伏山の中腹、海抜千メートルの幽谷の地に位置し、山号を金峯山(きんぽうさん)、 [続きを読む]
  • クリスタルキーパー
  • KeePer LABOで施工したクリスタルキーパーの紹介です。我が家の近くにKeePer LABO板橋店があります。これまでミニ・クロスオーバーでも利用していましたが、今回はCX-5にボディガラスコーティングを依頼しました。Web予約で新車ですと10%の割引になるので、今回は、Web予約です。Webで予約すると、当日にメールと確認の電話が来ます。予約日でOKという電話です。車を購入してから週末はずっと雨だったので、結構汚れていました [続きを読む]
  • 「そば処 坂口茶屋」の天もりそば
  • 信州の「そば処 坂口茶屋」の天もりそばを紹介します。三連休の初日は信州松本へお墓参りに出掛けました。文化の日で松本駅周辺は歩行者天国もあって大渋滞でしたが、深志神社近くの大松寺まで何とかたどり着きました。お参り後に立ち寄ったのは牛伏寺の手前にある「そば処 坂口茶屋」です。ここは、近くに住む友人からの紹介で何回か立ち寄ったお店です。入口の近くには野鳥のエサ箱があり、ヤマガラがエサを啄みにやって来ます [続きを読む]
  • CX-5の交通安全祈祷
  • 成田山新勝寺でお祈りした交通安全祈祷を紹介します。CX-5を購入し週末になると雨が降るため、遅れて2週間後(10月28日)に成田山新勝寺に車の祈祷に出掛けました。交通事故の多くは、人の心の隙を狙って起こります。交通安全祈祷を受け、お不動さまの御分身である「御札守」をいただき、清らかな心でハンドルを握れば、お不動さまの大いなる御力によって、皆さまをお守りくださいます。交通安全祈祷殿に直接車を持ち込み、受付をし [続きを読む]
  • 今年も飛来した浮間公園のマガモ
  • 浮間公園で観察した番のマガモです。マガモは冬鳥で11月頃から浮間公園でも観察できます。マガモは、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種で、全長約59僂任后雄は体が上下面とも淡褐色で、頭は緑色、胸は栗褐色、くちばしは黄色です。尾には短いですが、黒色のカールした羽をもっています。また、脚は赤味のある橙色です。雌は全身褐色で、黒褐色の模様が沢山あり、目立たない色彩をしています。雄は「グェー グェッ グェッ」 と大 [続きを読む]
  • CX-5
  • マツダCX-5の納車を紹介します。これまでミニ・クロスオーバーにお世話になっていましたが、3年目に初めての車検を済ませたものの、ー崔翡颪したかったこと、安全運転の装備を充実したかったこと、G拡颪鮃佑┘魯ぅクからディーゼルに切り替えたかったことなどがあって買い替えを検討していました。ここ数年、セダンからSUV化(スポーツ用多目的車)にシフトしていくなかで、友人からはマツダのCX-5を勧められました。近くのディ [続きを読む]
  • シェラトン済南ホテル
  • 中国の山東省済南市のシェラトン済南ホテル (済南喜来登酒店)Sheraton Jinan Hotelを紹介します。中国出張の初日は、済南市のシェラトン済南ホテルにお世話になりました。シェラトン済南ホテルは、済南東部新城の新しいビジネス、レジャー、スポーツエリアセンター地帯にあり、ロケーションの良さは格別です。広々としたゲストルームが410室あります。ホテルの特徴としては、レストラン3軒とラウンジバーにより、好みにあった食事 [続きを読む]
  • 鵲華居の中華料理
  • 中国の山東省済南市の鵲華居でいただいた昼食を紹介します。中華料理で有名な「鵲華居」の場所は、Shandong, Jinan, Lixia, 明湖路に位置します。建物は写真1枚目のように豪華絢爛であり、二階に上がると、写真2〜6枚目のように、新鮮な魚介から薫製まで食材が並べられ、写真2枚目のように壁には調理した料理の写真が紹介されています。何を食べようか迷いましたが、地元の方に選んでもらいました。食事の場所は個室になってお [続きを読む]
  • JAL国際線(羽田⇔北京)の機内食
  • JAL国際線(羽田⇔北京)の機内食や風景を紹介します。行きはJL021便(9:10⇒12:05)、帰りはJL022便(16:30⇒21:05)で、行きが3時間55分、帰りが4時間35分の飛行時間です。時差は中国が1時間遅くなります。今回の出張はエコノミークラスです。席は一番奥の機内左の窓側です。行きの食事は写真9枚目のメニューのとおりで、飲み物はワインを頼みました。朝食と昼食の間くらいの時間帯なの [続きを読む]
  • 中国の北京市の郵便ポスト
  • 中国の北京市の郵便ポストなどを紹介します。最近、出張で中国の北京や山東省済南市に出掛けていました。中国の郵政行政は 2007年に監督官庁の国家郵政局と実質的経営を行う中国郵政集団公司に組織分割されており、郵便局等のイメージカラーは緑色で、ポストの色も緑色です。 ポストは、丸型と四角型があり、今回の紹介は四角型です。郵便差入口は二口になっており、「外国宛」と「国内宛」の方面別になっています。裏側には、赤色 [続きを読む]
  • 老舗うなぎ専門店「川豊」のうな重
  • 成田の老舗うなぎ専門店「川豊」のうな重を紹介します。昨日は、3週間前に買い替えた車を成田山新勝寺で交通安全祈祷しました。その模様は別途紹介しますが、お昼にいただいた川豊のうな重です。明治43(1910)年の創業以来、数多くのうなぎを目利きする中で培った良質を見抜く「目」は、今日、うなぎを仕入れ・さばき・調理する職人へと受け継がれているとのことです。川豊では、職歴45年を超える職人(板長)が「豊富な経験」と [続きを読む]
  • 中国の新幹線
  • 中国の新幹線を紹介します。最近、中国へ出張に行きましたが、北京から山東省済南市への移動は新幹線を利用しました。まず驚いたのは鉄道駅が大きいことです。そして、待合スペースでは人が多いことです。中国の鉄道では、新幹線に限ってかどうかはわかりませんが、ホームには乗車する人以外は入れないことです。ホームへは出発15分前にゲートを開けます。新幹線車両には、中国語で「和諧号」と、また、ローマ字では「CRH」(Chin [続きを読む]
  • 中国の山東省済南市の郵便ポスト
  • 中国の山東省済南市の郵便ポストなどを紹介します。昨日まで出張で中国の北京や山東省済南市に出掛けていました。中国の郵政行政は 2007年に監督官庁の国家郵政局と実質的経営を行う中国郵政集団公司に組織分割されており、郵便局等のイメージカラーは緑色で、ポストの色も緑色です。 ポストは、丸型と四角型があり、丸型は日本と同様に郵便差入口は一口で、四角型は、「外国宛」と「国内宛」など方面別の二口となっていますが、郵 [続きを読む]
  • 元気に実を啄むヤマガラ
  • 那須高原で元気に実を啄むヤマガラです。ヤマガラは、スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される鳥類で、全長14cm、背・翼の上面は灰色、腹は褐色、頭は黒色と白っぽい淡い褐色の模様です。体の大きさに比較し頭でっかちで、尾は短めです。今年のゴールデンウィークの前半にお世話になった「那須高原TOWAピュアコテージ」に、再度、長女家族を連れ、この三連休お世話になりました。今回の野鳥観察は、ホテル周辺とし、ホテ [続きを読む]