postmiyamiya さん プロフィール

  •  
postmiyamiyaさん: 日本の風景と野鳥
ハンドル名postmiyamiya さん
ブログタイトル日本の風景と野鳥
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/postmiyamiya
サイト紹介文オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡで撮影した日本の風景や野鳥を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2007/04/22 22:39

postmiyamiya さんのブログ記事

  • カフェバッハ監修のコーヒーメーカー
  • 新しいコーヒーメーカーの紹介です。コーヒーは肝臓がんに対する予防効果が「ほぼ確実」になっているようです。また、糖尿病の予防効果もあるようで、ある雑誌ではブラックコーヒーが一番いいようです。その雑誌には1日5杯程度とありました。そんな時に、日テレの「芸能人神ギフト」の番組で、美味しいコーヒーが全自動で淹れられるとの情報をキャッチし、買ってしまいました。豆量・粒度・水量・湯温・蒸らし時間・ドリッパーリブ [続きを読む]
  • 小さな虫を追うユリカモメ
  • 浮間公園で観察した小さな虫を追い求めるユリカモメです。ユリカモメは、チドリ目カモメ科の渡鳥で、全長40cm、足とくちばしは赤色、夏羽は頭部が黒褐色、冬羽は頭部が白く、目の後ろに黒い斑点があるのが特徴です。冬鳥として、全国の河、河口、湖沼、海岸に至る水辺にやって来ます。今年もまたユリカモメが浮間公園に飛来しています。お天気がいいので、飛んでいる姿を追っていくと、小さな虫に向かって行くユリカモメや大きなパ [続きを読む]
  • 新宿御苑のキセキレイ
  • 新宿御苑で観察したキセキレイです。キセキレイは、スズメ目セキレイ科に分類される鳥類の一種で、全長20cm、細身の体をしており、長いしっぽは全長の半分もあります。頭から肩と背中にかけては灰色で、目の上の白い線は眉毛のようになっています。胸から腹部にかけては名前の由来でもある黄色をしており、繁殖期の夏になると、黄色がより鮮明になり、オスは喉が黒くなります。鳴き声は、「チチッ チチッ」と鳴き、大きな波形をえ [続きを読む]
  • けんちんざると鮎の塩焼き
  • 袋田の滝(ふくろだのたき)の茶屋でいただいたけんちんざると鮎の塩焼きの紹介です。土曜日(11月17日)はお天気がよかったので、袋田の滝を散策しました。久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、日本三名瀑に数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。散策がお昼の時間帯だったので、 袋田の滝の三六亭などで味噌仕立て限定のけんちんざる(860円)と鮎の塩焼き(400円)をいただきました。けんちんざるは、け [続きを読む]
  • 秋の袋田の滝
  • 袋田の滝(ふくろだのたき)の紹介です。昨日はお天気がよかったので、袋田の滝を散策しました。久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、日本三名瀑に数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことか [続きを読む]
  • Gogoro社の電動スクーター
  • 台湾で有名なGogoro社の電動スクーターを紹介します。台湾は人口約2,200万人ながら、スクーターの保有台数は1,600万台という2輪大国です。その中で電動スクーターの割合は約5%あり、その内の92%をGogoro社が占めているようです。仕事柄、日本の某社の会長から台湾のGogoroを視察すべきとの話もあり、別件で出張した際、ホテル近くのGogoroステーションで店内の見学と店員さんとの情報交換をさせていただきました。店員は気持ちよ [続きを読む]
  • ツワブキ
  • 浮間公園で見頃を迎えているツワブキです。ツワブキは、キク科ツワブキ属に属する常緑多年草です。つやのある大きな葉を持っており、毎年秋から冬に、キクに似た黄色い花をまとめて咲かせます。長い軸を持った葉っぱはフキに似ており、その表面はワックスを塗ったような光沢があるところから、「ツヤのあるフキ(蕗)→ツヤブキ」が転じて「ツワブキ」となったと言われています。また、厚みのある葉っぱから「厚い葉のフキ→アツバブ [続きを読む]
  • 日月潭の特殊郵便ポスト
  • 台湾の日月潭の台原住民特色郵筒(特殊ポスト)です。ポストは南投縣魚池?日月村文化街127號(依達邵遊客中心前)に設置されており、台湾中部の日月潭周辺に住むオーストロネシア語族に属するサオ族の民族衣装が描かれていました。取集は、平日1回で11:00と記載されています。参考:https://www.post.gov.tw/post/internet/I_location/special_mailbox_mark.jsp?id=15136 [続きを読む]
  • 旅立ち前のコサメビタキ
  • 荒川で観察した旅立ち前のコサメビタキのメスです。コサメビタキは、スズメ目ヒタキ科サメビタキ属に分類される鳥類で、全長13cm、和名はサメビタキより小型である事に由来しています。頭から尾までの体の上面は灰褐色、胸・腹は白色です。体の大きさの割に目が大きめで、可愛らしい顔に見えます。夏鳥であるコサメビタキは、冬になるとインドから東南アジアへと渡来します。いつもの場所で観察していますが、そろそろ旅立ちの準備 [続きを読む]
  • オオタカの旋回
  • 浮間公園周辺で観察した早朝のオオタカです。オオタカは、タカ目タカ科に属する中型の種で、オスの全長が約50cm、メスの全長が約60cmでメスの方が少し大きいのが特徴です。成鳥では頭から背、尾、翼の上面は灰黒色、腹は白色で細い横斑が全体にあります。飛翔能力が高く、ハト、カモ、ネズミ、ウサギ等を空中あるいは地上で捕らえる猛禽類です。ここは浮間公園と荒川周辺ですが、早朝には、よく上空を舞うオオタカに出会います。手 [続きを読む]
  • 早朝のモズ
  • 浮間公園周辺で観察した早朝のモズです。モズは、スズメ目モズ科に分類される鳥で、秋になると声高に縄張り宣言をする留鳥です。漢字で「百舌鳥」と書くように、他の鳥の鳴きマネが得意なことでも知られています。全長は約20cm、眼上部に入る眉状の筋模様(眉斑)、喉や頬は淡褐色で、尾羽の色彩は黒褐色です。ここは赤羽ゴルフ倶楽部の先にある荒川周辺です。私が観察しているいつものモズは止まる枝も決まっています。清々しい朝 [続きを読む]
  • 一風堂のランチセット
  • 一風堂のランチセットです。一風堂 熊本下通店でいただいた赤丸新味にチャーハンがセットになったランチセットです。麺は細麺のため、店員のお勧め通り少しかためでお願いしました。美味しかったですよ。近くの大通りではクマモンの「がんばろう!熊本」と声かける姿がビルに映っていました。★ブログランキングに参加中です。 して頂けると励みになります。にほんブログ村:https://photo.blogmura.com/p_wildbird/ranking [続きを読む]
  • セイタカアワダチソウ
  • 浮間公園周辺で見頃を迎えているセイタカアワダチソウです。セイタカアワダチソウ(背高泡立草)は、キク科アキノキリンソウ属の多年草です。花の特徴は大きな円錐花序をつけ、1つの頭花には5つくらいの筒状花があり、その周りに舌状花があります。舌状花は細く、カールをしています。撮影しているとツマグロヒョウモンがやって来て、黄色の花に対し、鮮やかで目立つ色合いが綺麗だったので、マクロ撮影をしようと近づいてみまし [続きを読む]
  • 青空を舞うチョウゲンボウ
  • 浮間公園の上空を気持ちよさそうに飛んでいるチョウゲンボウです。チョウゲンボウ(長元坊)は、鳥網ハヤブサ目ハヤブサ科に分類される鳥の一種で、全長 30〜35 cm、翼を広げると 70〜80 cm くらいになります。オスの方が大型で、羽毛は赤褐色で黒斑があります。オスの頭と尾は青灰色、一方、メスは褐色で翼の先が尖っています。浮間公園では、工事が始まり、バードサンクチュアリの中では、多くの樹々が整理され見通しがよくなっ [続きを読む]
  • 早い復旧を望む熊本城
  • 熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の今です。熊本地震で大きな被害を受けた熊本城は、いま、どうなっているのでしょうか。市民、県民にはとても身近な存在で、地元の方からは、「熊本の誇り」「心の支えのような存在」という声がよく聞かれているそうです。それだけに、熊本市も「復興のシンボル」と位置づけ、中でも 天守閣を最優先に復旧するとしています。撮影は2018年10月25日です。早く復旧して欲しいですね。参考:http:/ [続きを読む]
  • ズグロミゾゴイ
  • 台湾の公園で観察したズグロミゾゴイです。ズグロミゾゴイ(頭黒溝五位)は、ペリカン目サギ科ミゾゴイ属に分類される鳥類です。全長47〜51cm、上面は赤褐色の羽毛で覆われ、細かく黒い波状の横縞が入っています。また、下面は淡褐色の羽毛で覆われています。頭頂から後頭にかけて黒がかった青色の羽毛で覆われており、これが和名の由来になっています。ここは台中市のちょうど真ん中、国立科学博物館と国立美術館を結ぶグリーンベ [続きを読む]
  • 十分のランタン(天燈)飛ばし
  • 台湾の十分(台湾読みでシーフェン)で願いを込めて飛ばしたランタン(天燈)の紹介です。台北から車で約1時間で行ける十分はとてもノスタルジックで、それはどこか昭和の雰囲気を漂わせています。平渓線沿線の中でも十分は規模が大きく活気がある街で、名物は何と言ってもランタン飛ばし体験です。ランタンには筆で願い事を書きます。内容は何でも構いませんが、ランタンの色によって叶う願いが変わりますとのこと。ランタン1つに [続きを読む]
  • 台北101
  • 台北101を紹介します。台北101(中国語: 臺北101)は、台湾台北市信義区にある超高層ビルです。地上101階建てで、名前はこれに由来します。高さは509.2mで、地下は5階まであります。509.2メートルという高さは2007年7月にブルジュ・ハリーファに抜かれるまでは、完成建築物としては世界一高いものだったそうです。エレベーターは東芝製で、毎分1,010メートル(時速60.6キロメートル)の速さで上昇でき、地上1階から展望台のある [続きを読む]
  • 台湾中部の台中英才郵局と局前ポスト
  • 台湾中部の台中英才郵局(Taichung Yingcai Post Office)と局前ポストです。2018年10月2日から台湾への出張があり、2日目にお世話になったザ ランディス台中(The Landis Taichung)の近くにあった大きな郵便局と郵便ポストです。住所は、No. 200, Minsheng Rd., West Dist., Taichung 40358, Taiwan (R.O.C.)となっていました。郵便ポストは、台中の都市部ということもあり二基です。これまで見てきたポストと異なり、ポストの [続きを読む]
  • 龜吼漁港の北海漁港の昼食
  • 台湾北海岸にある龜吼漁港の北海漁港での昼食を紹介します。ここは、台北から車で約1時間ほどの場所にある台湾北海岸の「萬里」エリアです。萬里エリアの「龜吼」という場所は、海沿いの漁港エリアで萬里蟹の産地として有名です。蟹が旬の時期になると台湾中からおいしい萬里蟹を求めて多くの人が訪れるそうです。お店には特にメニューはありませんが、台湾スタイルの食堂で、水槽前でお店の人と相談しながら好きな魚介類の調理方 [続きを読む]
  • HIBIKI 響海鮮の夕食
  • 台湾、台中にあるHIBIKI 響海鮮でいただいた夕食料理を紹介します。ここは、台湾台中西屯區市政北二路356號にある海鮮で有名なお店です。お店に入ると、入口付近に水槽があり、その横には写真2〜4枚目の新鮮な魚が鮮度を保ちながら置かれていました。この魚は、お客さんが注文してこれから料理する魚でしょうか。私たちは二階に上がって円卓での食事でした。品数が多いので、直ぐにお腹がいっぱいにならないように少しずつ食べ、台 [続きを読む]
  • オークラプレステージ台北(The Okura Prestige Taipei)
  • 台湾のオークラプレステージ台北(The Okura Prestige Taipei)を紹介します。台湾出張の3日目は、台北でアクセスに便利な中山南京商業エリアに位置します。写真2枚目のようにホテルの正面エントランスは車を横付けして到着もでき、広い屋根付きなので雨の日にも濡れずにすみます。これまでのホテルと違いワンルームですが、意外と広く、室内も明るく調整ができます。特に便利に感じたのは、写真11枚目の右上にあるコントローラーで [続きを読む]
  • 台湾中部の員林三橋郵局と局前ポスト
  • 台湾中部の彰化県員林市の員林三橋郵局と局前ポストです。2018年10月2日から台湾への出張があり、初日にお世話になったグランドビューホテル(昇財麗禧酒店)の近くにあった郵便局とポストです。郵便ポストは、台北の都市部と異なり、一基で、ポストの色が真ん中から別れ、左側が緑で右側が赤です。緑の方は、普通郵件、赤の方は限時郵件と記載されています。取集は、平日が1日1回(17:05)で、休日が休みになっています。ポストの裏 [続きを読む]
  • ザ ランディス台中(The Landis Taithung)
  • 台湾のザ ランディス台中(The Landis Taithung)を紹介します。中国出張の2日目は、台中市のちょうど真ん中、国立科学博物館と国立美術館を結ぶグリーンベルトの草悟道の途中に、写真1枚目のようにひときわ目立つ高層ビルがお世話になったホテルです。以前はThe Oneというホテルでしたが、現在はランディスグループの傘下に入り、ランディス台中として、従来のビジネス客だけでなく、観光客にも力を入れているそうです。ビジネ [続きを読む]
  • 富豪群渡假民宿(Sun Moon Lake Full House Resort) のフルーツ料理
  • 台湾、日月潭にある富豪群渡假民宿(Sun Moon Lake Full House Resort) でいただいた昼食のフルーツ料理を紹介します。門を入ると、綺麗な庭があり、その先に室内があります。室内には骨董品のようなものが飾られ少し狭いですが、ここでも料理が楽しめます。私たちは庭にある大きなテーブルで食べることにしました。ここはフルーツを使った料理が有名で、フルーツを使った料理を「水果餐合菜」というようで、メニューの最初に載っ [続きを読む]