山川世界 さん プロフィール

  •  
山川世界さん: 金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
ハンドル名山川世界 さん
ブログタイトル金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
サイト紹介文東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文「藤田を出すような球団に未練はない!」
40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。
典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。
俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2007/04/30 22:23

山川世界 さんのブログ記事

  • 逆に凄いぞムラバヤシ!
  • 日ハム5−1楽天ボーンヘッド連発の村林について「ありえないプレー」と切り捨てた平石監督代行。二軍で直接指導していたのだから、村林がそういう仕様の選手だと解っていたはずだが、前回、無用なバックトスでミスをやらかした時も、「本人があのプレーで良いと思えば、今度もやればいい」と、放任主義のヤンママのようなコメントをしていたので、徹底的にほめて育てるのかと思っていたら、走者としてアウトカウントを間違えて、守 [続きを読む]
  • もうミッキーの時代じゃない
  • オリックス5−3楽天3点もの先制点をプレゼントしてもらいながら、2回0/3で5失点と不甲斐ないピッチングをした安樂に、平石監督代行は「一軍でやるならしっかりやって」と苦言を呈したようだが、出し惜しみしているわけでもなんでもなく、あれが元安樂だった投手の姿だし、盗塁に関しては救援で投げた菊池も森も走られたように、捕手の問題で完全フリーパスになっているのだから仕方ない。むしろ、ずっとあの送球を見ていなが [続きを読む]
  • 忘れられたポスト嶋の養成
  • ロッテ1−3楽天内田が決勝2ランを放ち、先発、中継ぎ、抑えのエースがビシッとした投球をして、絶賛失速中のロッテに連勝で最下位脱出まで4.5差。ロッテはボルシンガーが勝てなくなって、楽天は則本と松井が復調気味だから、運が向いて今日も勝てば、ちょっと判らなくなってくる。一打席目の内田が外のカーブとスライダーとストレート、何を投げても空振りしての三振だったので、適当に投げたら3−0になって、“こんなの歩 [続きを読む]
  • スタメン寸評
  • ロッテ3−10楽天立ち上がりの二木がまだ落ち着かない間に、田中が先頭打者ホームランをお見舞いしてペースをつかむと、すかさず島内も9号ソロで続き、初回に2点を先制。すると二回にもオコエの2点タイムリーとウィラーのタイムリーで3点追加して、完全にゲームの主導権を握った。その後もロッテの敗戦処理をメッタ打ちにして19安打10得点の大勝。一番の田中は17号ホームランを含む2安打で、ノーヒットだった藤岡にま [続きを読む]
  • トップの器の差
  • 西武10−5楽天もはや力の違いは埋めようがなく、不振の武隈から4点獲ったものの、内容的にはほぼコールド敗け状態。オコエの替わりにオコエを上げるという、ラッパーのように韻でも踏んだか的な昇格人事。足で稼いだ当たり損ねの内野安打と振り遅れのライト前とはいえ、昇格即マルチを達成するあたり大したものだが、ルーキーではないのでちゃんとミートできる技術を見せてもらいたかった。オコエの場合、良くも悪くも黒人のDN [続きを読む]
  • 優先順位がちょっと変
  • 期待?の若手、助っ人のここまでを評価してみたい。オコエ・ディクソン三度目の二軍降格により今季限りで退団することが濃厚になったが、はたして名前が「オコエ」でなくても獲得したのかと考えると、はなはだ疑問である。中学生レベルの守備力で鈍足。年間40本くらい打たなければペイしないようなガラクタに51打席は与えすぎ。ダメなものを見極める眼がないということは、いいものを見抜く眼もないわけで、この選手の獲得に関 [続きを読む]
  • 要らないやつは誰だ
  • オリックス0−4楽天 「ようやく繁忙期もすぎたことだし、悪いけど社員を4人だけ残しておくから、あとはバイトでよろしく」オーナーは副店長の則本にそういい残して夏休みに入ったが、5人も正社員を休ませた“海の家楽天”はシーズンオフだというのに大繁盛。さてはバイト君が張り切ったのかな?と思って売り上げを見ると、2日でバイトの山下が大盛り焼きそばを2人前(2ラン)売って、内田が客が落とした500円玉をひとつ(ほぼ [続きを読む]
  • ID以前にIQが足りない
  • オリックス8−9楽天「自分が下手だからミスをした。しっかり練習します」一時は敗戦の責任をひとりで背負うことになるエラーをした村林のコメントである。はっきり言って、そんな練習をしている間にプロでいられなくなるから、バッテイングの練習でもしていた方がマシだろう。問題はバックトスの精度ではなく、なぜバックトスをするのか、ということの理解ができるかどうか。普通に送球したのでは“間に合わないから”バックトス [続きを読む]
  • セリーグでは強すぎる広島と入れ替えてもらえば?
  • 楽天0−12ソフトバンクしかし夢も希望もないスタメンオーダーだ。四番は代打でこそ輝く枡田。ひたすら集中力で心眼を開いて打つタイプの打者だから、三十路を越えた今では若いころのように4打席も集中力が続かない。チーム丸ごと、逆さにして振ったところで四番を打てる打者はウィラーしかいないのだから、相手投手が右くらいの理由で枡田を四番に入れるのはやめた方がいい。七番はディクソン。力はあるので当たれば飛ぶが、当て [続きを読む]
  • こんなチームに誰がした
  • 楽天1−7ソフトバンク「この紋所が目に入らぬか!ここにおわす御方を、どなたと心得る。こちらにおわすは、若き連敗ストッパー、藤平尚真公であらせられるぞ、頭が高い!控えおろう」「ははー」楽天ファンの予定ではこうだったが、現実は藤平が投じた必殺の印籠ストレートを粉々にする柳田の先制3ランで成敗失敗。黄門様はすごすごとベンチに戻って行ったのであった。今日の岸でも連敗が止められないとなると、次は11度の先発 [続きを読む]
  • 舐められてますけど何か?
  • 西武5−4楽天5点獲れば6点獲られ、4点獲れば5点獲られと西武戦だけで借金10。ここまでくれば完全にカモだから、今後、西武戦ではイーグルス改め楽天ダックスでどうか。クラッチもガーガーと鳴く練習をして、いっそのこと選手のプロデュースメニューも、「銀次の焼きカモ弁当」「嶋のカモちゃん丼」「岡島の豪カモ物語」「慎太郎のカモ揚げ丼」など自虐シリーズにすればいい。各チーム鎬を削っているのだから、ある程度苦手 [続きを読む]
  • もはやニュースにすらならないエースの背信投球
  • 西武6−5楽天いよいよ楽天の“敗け芸”も板についてきた。サイドハンドの十和田に対し、どちらかと言えばプルヒッターの今江が四番に入っていたので、てっきり枡田はどこか具合が悪いのかと思ったら、代打で出てきて変な感じ。群馬枠で岡島を使ったら、サイドスローに強そうなペゲーロの守るところがなく、しぶしぶペゲーロをDHに入れたら枡田が代打になったという、トコロテン方式のようだ。今江は打撃妨害で出塁した打席を除 [続きを読む]
  • 閉店ガラガラ
  • 日ハム4ー2楽天二試合連続でルーキーに猛打賞を喰らって勝てるほどプロ野球は甘くない、日に日に存在感を増している西巻には感心しきりだが、清宮の居合い斬りのような速く鋭いスイングも「これが春まで高校生だった選手のバッテイングか」と唸らされるものである。投手は相手打者のデータを味方の捕手が把握しているので、高卒ルーキーでも能力さえあれば通用するが、打者は初見の投手がどんな球を投げるのかが頭に入ってからで [続きを読む]
  • ビッグバンのきっかけは案外こんなことかも
  • 一回戦 鹿児島実業 157球  (中5日)二回戦 大垣日大 154球  (中2日)三回戦 横浜高校 164球  (中1日)準々決勝 近江高校 140球  (中0日)準決勝 日大三校 134球  (中0日)決勝 大阪桐蔭 132球(5回0/3)地元っ子だけで決勝まで勝ちあがった金足農業が、強豪ひしめく近畿から選りすぐりの選手をかき集めたオールスター軍団を倒すという、涙のエンディングを期待し夢見ていた [続きを読む]
  • またもや「早くメジャーに行きたい症候群」を発症した重症患者則本
  • 楽天6ー5ロッテ 枡田の3ランとウィラーの8号を含む2打点などで5点差となった六回表、則本が例のヤツを発動させて怒涛の5失点。ペゲーロがもう一度突き放す17号を放ち、必死の継投でなんとか勝ったが、なんとも締まらないゲームだった。則本の不調はフィジカル面でもメンタル面でもないのだから、このまま使い続けても同じことを繰り返すだけ。中継ぎ降格が唯一の再生方法だと思うが、そんなことが簡単にできる組織でないこ [続きを読む]
  • みのもんたのアテレコ確定
  • 楽天3ー2ロッテ先発のボルシンガーが一回投げただけで、手に違和感を感じて降板するとゲームはおかしな方へと流れていった。3-5-8、センターが内野の併殺に絡むという前代未聞の珍プレーや、目を気にした捕手の田村がライトからの返球を後逸するなど、ロッテの自爆に助けられて辛勝。ここのところ銀次を筆頭にした内外野の好守備連発で、打てない分を守りでカバーしている。田中は併殺参加に加え、初回には二塁を狙った中村奨 [続きを読む]
  • 塩見の見は見殺しの見か
  • 楽天0ー1ロッテ延長12回まで攻撃しても打てそうにない二木。たしか前回も1点しか獲れなかったし、このピッチャーいったい何勝しているのか?と調べてみると3勝3敗……楽天専用機じゃねえか!今日のボルシンガーもタイミングが合わないタイプだし、どうもロッテ戦は分が悪そうだ。ここ数年で最も安定した投球をしていながら2勝しかさせてもらえない塩見も運がない。このまま金曜日ごとの先発なら次は日ハムで、その後ソフト、 [続きを読む]
  • 藤平ショータイム
  • ソフトバンク2ー3楽天珍しい一ゴロ併殺を打ってしまうわ、ただの遊ゴロを悪送球で二進されてしまうわと、いきなり散々だった茂木が、六回には左足に死球を受けて即退場と、もはや独り舞台。結局、この死球で膨らんだチャンスを活かした楽天が、辛うじて三タテを免れる逆転勝ち。先発の藤平は、先輩の松坂と母校の横浜高校の勝利に乗り遅れることなく、若き連敗ストッパーの存在感を遺憾なく発揮して今季3勝目。7回1/3を実質今 [続きを読む]
  • 鷹もカモメも遠くへ飛んでいった
  • ソフトバンク6−3楽天1−4と3点ビハインドの六回表、一死一塁で打者は四番の枡田という場面で島内が盗塁を試みて失敗、これにより反撃のムードは消え去り、その裏、古川が長谷川に、この日2本目となるダメ押し2ランを浴びて万事休す。今の枡田はチームの中でも1、2を争うほど期待できる打者のはずだが、前回はコラレス島井が牽制死、で今回はベンチが仕掛けての失敗である。中盤での3点差は結構重く、相手チームにも攻撃 [続きを読む]
  • そこは粗大ゴミ置き場じゃない
  • ソフトバンク2ー1楽天東浜の立ち上がりを攻めて無死一三塁としたが、後続が倒れて無得点。この拙攻で勝負の流れは相手チームに移り、結局、ソフトバンクを上回る8安打を放ちながらも1点及ばず、大切な初戦をとることができなかった。154、156と先発投手ではおおよそお目にかかれないスピードガン表示を叩き出し、ポンポンとふたつアウトを獲ったが、そこからいともたやすく3連打されての2失点。則本はフォークを操れる [続きを読む]
  • 真夏のコロッセオ
  • また今年も野球生命という見えない命を懸けた殺し合いが、甲子園という名のコロッセオで行われている。どうやら安樂の後輩である済美高校の山口が、星陵高校戦で延長十三回をひとりで投げぬき、その球数は184球に上ったとのこと。監督は山口に「行けるか?大丈夫か?」と聞いたので、安樂同様これで野球生命が絶たれても自己責任らしい。高校野球ビジネスに群がるダニはこれを“熱投”と報じ、間違っても同校の先輩がプロ入り後 [続きを読む]
  • 茂木がドーン、不振にもサヨナラとなるか
  • 楽天3ー1西武投球のテンポが悪く、いつも援護に恵まれない辛島が、6回1失点と好投したが、やはり援護は初回の1点だけで5勝目ならず。最後の最後に茂木がサヨナラホームランで決着をつけたが、点が入る気がしない以前の楽天打線に戻ってしまった。ルーキーに敗戦処理をやらせざるを得なくなって、ようやく島井を落としたが、コラレスを出せ!と言ったらディクソンを出してきた。メジャーに昇格した経験があるので、3Aではそ [続きを読む]
  • コラレスを出せ!
  • 楽天0−10西武「絶好調の塩見で勝って、二戦目は岸で連勝、後は勢いで……」なんて少しでも考えていた自分が今となっては恥ずかしい。田中だ西巻だと言ったところで秋山や源田のように育つかどうか判らない、所詮は“怪獣の卵”でしかない。西武はすでに成獣になったのがゴロゴロいて、序盤戦で出遅れた選手がたまたま揃って調子を上げただけの“にわか強力打線”ではないのだ。おまけにこちらには会社の事情でクビにできない選 [続きを読む]
  • しょっぱい敗戦
  • 楽天3−7西武楽天と西武のスタメンをポジション別に比べてみると、楽天の1勝5敗3分である。中村は衰えつつあるので、実績は抜群だがウィラーと互角、田中は期待値込みで秋山と引き分け、嶋は今季、リードとキャッチングと肩の不良化が止まったので、小技の上手さも含めて炭谷と引き分け、島内だけは木村に優っているが、他のポジションはひいき目に見ても敗けと言わざるを得ない。上記のように攻撃力は雲泥の差なのだから、楽 [続きを読む]
  • メンタンピンドラドラ
  • 日ハム0−10楽天藤平、近藤という新旧ドラ1リレーで日ハムを完封。打線も11安打でたった1点しか獲れなかった前夜の拙攻がウソのような、15安打で10得点の大量援護で応えた。先発の藤平は昨夏のデビュー時に見せた、威力ある高めのストレートが戻っていて、抜けた高めのボール球でファールや空振りを奪うことができていた。変化球はまだ、かしこまって投げているようなところもあるが、ストレートは投球後に右足が反動で [続きを読む]