山川世界 さん プロフィール

  •  
山川世界さん: 金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ハンドル名山川世界 さん
ブログタイトル金鷲の夢(頼むぞナッシー)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
サイト紹介文東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文「藤田を出すような球団に未練はない!」
40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。
典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。
俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2007/04/30 22:23

山川世界 さんのブログ記事

  • 仙台発、所沢経由、福岡行き発車します。
  • 西武2ー5楽天犠打と走塁で試合を作りホームランで仕上げた楽天が、福岡ドームで18日から行われるファイナルステージへと駒を進めた。傷つき飛べない犬鷲が、獅子と鷹に蹂躙される姿を痛々しく見守るしかなかった夏の終わりに、“今は再び飛び立つための力を溜めているのだ”と思いながらも、春先の強かった楽天のほうが幻覚であって、これが現実なのではないかと疑う気持ちを抑えられないまま、あれだけ離していた西武にまで抜 [続きを読む]
  • 獅子の炎を吹き消した岸の快投
  • 西武1―4楽天茂木の思い切りが、初戦の大勝で受けに回った西武の計画を狂わせた。ストレート狙いなら、なかなか手が出ない初球のカーブを反応で振り切った打球は、サイドスロー特有の一旦浮き上がってから沈む軌道と、上からボールの下っ面を強烈にしばき上げる茂木のスイング軌道が重なり合って、揚力が発生したかのように落ちて来ず、そのまま余裕の西武ファンがくつろぐバックスクリーン脇の芝生席へ。初戦は楽天バッテリーの [続きを読む]
  • さらば梨田監督
  • 西武10ー0楽天いきなり茂木がレフトに弾き返し、藤田が送った一死二塁で、三、四番のペゲーロとウィラーが手も足も出ず連続三振。これを見た則本は“これは1点もやれない”と思っただろう。しかし残念ながら勝負はその20分前に決まっていた。12:50、スタメン発表を見て八割方敗けを覚悟したが、いくら強打の西武と言えども打ちあぐねる事もあるし、嶋もたまたま良いリードをする事もあるだろうと、残りの二割に賭けたも [続きを読む]
  • いざファーストステージへ
  • 楽天5ー0ロッテシーズン最終戦は完封リレーで勝利。岸は対西武第2戦先発をにらんだ調整登板で、2回を投げたところでお役御免。あとは森が4回2/3を投げて、残した一三塁のピンチを宋家豪が三振で火消しに成功。回跨ぎの八回も3者三振で斬ってとり、4連続三振の成果を評価されてCSのベンチ入りが決まった。オコエ、岡島、島内を外野で使いたいので、アマダーを登録せず、ペゲーロ、ウィラーをDH枠で起用する形になりそ [続きを読む]
  • 真喜志しっかりしろ!
  • 楽天1ー3日ハム先発の美馬は6回1/3で3失点、うち2点が銀次と自身の失策がらみとはいえ、逆球が多くイマイチの内容。ふた桁勝利も達成し、順位争いもなくなった消化試合では大物食いの美馬にとってモチベーションが保てないようで、集中力を欠いたのかもしれない。打線は日ハムを上回る9安打を放ったものの、二度の満塁機で凡退した聖澤、またもタコった内田が打線を分断して繋がらず。三回裏、二死一二塁で岡島のタイムリ [続きを読む]
  • 藤平CS確定
  • オリックス0ー7楽天藤平と足立のバッテリーが実現ということで、録画VTRを完全視聴。ストレートを138キロと抑えめにして立ち上がると、三者凡退で簡単に初回をゼロに。二、三回こそ四死球がらみで得点圏に走者を背負うが、後続をキッチリと討ち取り五回まで無失点の堂々たるピッチングだ。六回表、一死二三塁から足立が前進守備をあざ笑う2点タイムリー3ベースを放って楽天が先制。その裏、ウィラーが既視感のあるトンネ [続きを読む]
  • 本気の出し方思い出せ!
  • ロッテ3ー2楽天めでたく三位が決まり、もう打っても勝ってもいい試合だったが、本気の出し方を忘れたのか、ここまで4勝7敗の佐々木に7回まで投げさせてしまうマイルド打線。先発の古川は消化試合のロッテ相手に9回途中まで投げて3失点と、またまた微妙な結果を残した。与田投手コーチのイチオシらしいので、来季の組閣次第ではまたチャンスがありそうだ。先日の試合で青山がCSで使えそうなピッチングをしていたが、内田は [続きを読む]
  • 漢・梨田がケツをまくった
  • 西武10ー3楽天まだ2点差の七回裏、敗戦処理の西宮、菅原を投入したが、西武の拙攻で追加点が入らず、続く八回表、2四球と銀次の送りバントがフィルダーチョイスになって無死満塁。逆転しそうになった途端、アマダーの代打に中川、岡島の代打に足立を送る露骨な采配で、可能性が出てきた二位の座を「こんなもの要るか!」と蹴っ飛ばした梨田監督。経営陣の“二位でもクビ”発言がよほど腹に据えかねていたのか、ブチ切れるよう [続きを読む]
  • CSもこの捕手で行くのか?
  • 西武1ー2楽天この日行われるプロ野球は、パ・リーグの二位、三位決定戦であるこの試合のみ。全国のプロ野球ファンが見つめる中、則本が粘りに粘った。チャンスは作っても還せない(還さない?)打線は、いつも通り残塁を繰り返すだけで援護なし。球数は嵩み、また勝ち投手の権利なくマウンドを降りることになるのか?と思われた六回表、四球で出たペゲーロを一塁に置き、主砲ウィラーが真ん中やや内めのストレートを叩き31号逆 [続きを読む]
  • 足立持ってない
  • 尋常ならざる仕事のスケジュールのせいもあり、ここ2試合はブログの更新ができなかった。二転三転する政局の動向に目を瞑る鉄の意志も持ち合わせてはいないし、加えて弱い西武を上回るほど無気力な楽天の試合ぶりに、睡眠時間を削ってまでビデオチェック、ブログ記事更新をする気になれなかったこともある。コラレスショックをきっかけに張り詰めていた気持ちが切れ、藤平がいなければ18連敗になっていた大失速。茂木の離脱を皮 [続きを読む]
  • まあキャプテンだから仕方ない
  • 日ハム4ー3楽天福山が1.03で松井裕樹が0.36だから、防御率的には、ふたり揃って失点することはほぼないはずだが、キャプテンの素敵なリードにかかってしまうと、いとも容易く奇跡が起きる。西武のお代わりくんモドキにもカモにされ、今度はオニギリくんなどというポッと出のぶーちゃんに、いいように打たれている。八回の同点タイムリーは、振ってくれればラッキーというアウトローのボールになるスライダーだったが、横尾は [続きを読む]
  • 一方的な勝利で鷹に勝ち越し
  • ソフトバンク2ー10楽天初戦の東浜に続き状態に疑問符がつく千賀を、ふたつの四球でもらった二死一二塁のチャンスに、銀次がセンター上林の頭上を越える走者一掃の2ベースを放ち、美馬にいきなり2点の援護。続く二回にも、またもや四球から二死二塁とすると、茂木が右中間フェンス直撃のタイムリー2ベースで3点目。仕上げは三回、ペゲーロと銀次の連続ヒットで築いた一死一二塁から、前夜逆転敗けのきっかけを作ったウィラー [続きを読む]
  • さてはやったな則本
  • ソフトバンク4ー3楽天伏兵の高田に先制弾を浴びたものの、六回までの則本は、その回以外はすべて三者凡退に退け、球数も少なく抜群の投球だった。ところが七回突然別人のようなピッチングになって、絵に描いたような逆転劇を許してしまう。無死一塁で迎えた中村から明らかに手加減するような投球になり、デスパイネの初球には実況が「球種が判らないほど球が行ってません!」と表現するほど力感がなくなった。豹変した則本の原因 [続きを読む]
  • ブルペンで勝つ
  • ソフトバンク1ー3楽天ゲーム終了後の優勝報告での東浜は立っているのがやっとで、最多勝争いがなければ抹消されているような疲労困憊状態。もうCSでは使い物にならない感じで、ボコボコにしておかなければならないはずが、寸止め打線は毎度満塁にしては併殺や凡打を繰り返し、生殺しのまま五回まで投げさせてしまった。塩見は六回半ばまで2安打と上々の内容だったが、ここまで温存して来た中継ぎをCSを想定したかのような小 [続きを読む]
  • 頼むぞキャプテン!
  • 今日からソフトバンク3連戦が始まる。初戦はお試しの摂津だから復活していなければ打ち崩せそうな相手である。柳田も場合によってはデスパイネもいない可能性があるが、それなりの打線は組めるのがソフトバンクである。楽天の先発は塩見でおそらくスタメンマスクは今日も嶋。もうここまで来たらCSまで足立を徹底的に隠す作戦で、楽天の投手力を警戒させないほうがいいだろう。単純リードとポロポロキャッチング、そしてへなちょ [続きを読む]
  • 岸、魔の八回に痛恨の3ランで10敗目
  • 楽天4ー7オリックスアマダーの逆転2ランも、吉田に対する稚拙な配球で台無しになってしまった。初球のストレートがインコースギリギリに決まったことで、そこより中に入るコントロールミスは許されない。取り返しのつかない試合終盤の八回、強打者の吉田にそこから2球もインコースのストレートを続けたのだから、打たれたら捕手の責任である。外に変化球を投げておけば遠く見えるし、たとえ甘く入っても緩急の差で打ち損じが期 [続きを読む]
  • 良すぎて敗けた藤平
  • 楽天4ー8オリックス6回で4点も獲られる内容ではなかった藤平だが、変にコントロールが良かったため、外角一辺倒の嶋のリードの欠点がモロに出てしまった。大城に安達に駿太に踏み込みまくられて簡単に打たれたが、判で捺したようにアウトローを要求する意味不明のリードをされては、いくら好素材のルーキーといえども苦しくなる。2勝目を挙げた日ハム戦では、適度に抜けた球がインコースに行ったため、嶋のリードでも配球効果 [続きを読む]
  • シリーズ男が帰ってきた
  • 楽天6ー0日ハム明日先発の大谷が帯同しなかったため、ともに打率二割そこそこのレアード、中田、横尾がクリンナップを構成し、あともほぼ二軍レベルの日ハムを完封したからと言って、たちまち“美馬復活”とは言えないが、無四球で大田泰と西川の二人にしか安打を許さなかったピッチング内容は、これから状態を上げていくためのキッカケとしては充分だったと言えそうだ。大舞台に強い美馬がCSで使えないとなると、楽天としては [続きを読む]
  • サヨナラコントでなんとか連勝
  • 楽天4ー3ロッテ投手コーチの交代指令を振り切って完投した則本は、簡単に点を与えたことで、石川を楽に投げさせてしまった不甲斐ない己に対するペナルティーだったのか、何か予感があったのかは判らないが、九回裏、持ってるオコエがライト前のヒットで出塁すると、不思議と繋がって藤田、アマダー、ペゲーロと三者連続タイムリーで3ー3に追いついた。先日は自打球を金次にヒットさせて悶絶していた銀次が、今度は背中の33番 [続きを読む]
  • 久々の空中戦での勝利
  • 楽天13ー5ロッテ二回裏、今オフのメジャー挑戦を決め、ケガしないよう安全運転中の涌井を攻め立て、アマダーとウィラーの3ランなどで大量7点。ところが先発の辛島が五回半ばで4失点降板と、締まらない内容で責任投球回すら果たせないありさま。美馬が10勝の壁なら辛島は9勝の壁で、序盤で8点もらっても乗り越えられず。ソフトバンクは早くも一位でのCS進出を決め、これからひと月かけて1stステージ勝ち上がりのチー [続きを読む]
  • 岸またも見殺し
  • 楽天1ー2西武初回に山川と源田の失策に加え、中川のレフトライナーを判断ミスで後逸した金子の拙いプレーで、大崩れしそうな菊池をウィラーとアマダーが助け起こし、下位打線が作った一死満塁のチャンスで併殺に倒れた銀次がすべて。中川も西田もそれなりの働きをしたが、どちらも長続きしないのが万年レギュラー候補として燻っている原因で、上がってきた時に大量放出したアドレナリンが落ち着いてきたら、外のスライダーにクル [続きを読む]
  • 藤平力尽きた
  • 楽天3ー7西武四回あたりからストレートが思うようにコントロールできずピンチを迎えるが、そこは並みのルーキーではない藤平、併殺と粘りの投球で責任投球回数を1失点で投げ切ってみせた。六回一死一塁、栗山を迎えたところで突然抜けたストレートが2球続き、明らかな継投サインが出たが、続投で中村に詰まりながらレフトスタンドギリギリまで運ぶ逆転3ランを浴びて、自身3連勝はならず。「二位ではダメなんですよ」の楽天は [続きを読む]
  • 大谷のかませ犬か!
  • 日ハム7ー0楽天せいぜい五分のデキと思われる大谷に、オモチャにされて完敗。地方予選で強豪校にコールド敗けした弱小高校のような、「こんなの俺たちにゃ打てねぇよ」と言わんばかりの無抵抗敗けだった。大谷を見にきたメジャーのスカウトから隠したかったのかオコエの名前はなく、聖澤が八番レフトでスタメン出場したが、二度のチャンスに凡退で結果を出せず。三回裏には簡単に追い込みながら、カーブを3球続けて渡邉にヒット [続きを読む]
  • それでも嶋は外せない
  • 嶋が捕手として足立に見劣ることは間違いないのだが、問題は嶋を主力捕手から外した場合、誰がキャプテンを務めるのか?という問題が残る。キャラクター的にキャプテンタイプなのは、前回主将の松井稼頭央かウィラーか藤田かというところだが、松井はもう常時出場は不可能だし、ウィラーはいつ居なくなるか判らない助っ人で、藤田は所詮外様で松井稼頭央なような大物でもない。稲葉のような移籍してきた選手がチームリーダーを務め [続きを読む]
  • 奇跡の下克上へ
  • 楽天2ー1オリックス4戦連続で則本専用捕手としてマスクを被っていた足立が突如お役御免となり、嶋とのコンビに戻された。則本は7回で5四球と荒れたが、ラッキーなことに嶋をカモにしていた安達と伊藤光がスタメンにおらず、お陰で則本はのらりくらりと1失点で凌ぐことができた。起用法を見る限り、安達と伊藤光が嶋を打ちまくっていることはオリックスの首脳陣も気づいていないようだから、足立スタメンを予想して外したわけ [続きを読む]