山川世界 さん プロフィール

  •  
山川世界さん: 金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
ハンドル名山川世界 さん
ブログタイトル金鷲の夢(示せ猛禽類最強の意地!)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamakawa930/
サイト紹介文東北に舞い降りた一羽の金鷲が、その鋭く研いだ爪で狙った獲物をわしづかみ。 天下を獲るぞイーグルス!
自由文「藤田を出すような球団に未練はない!」
40年以上の腐れ縁を絶ちきり、イーグルスを応援し始めた2013年、いきなり歓喜の日本一を味わう。
典型的な書斎派で、雰囲気よりもプレーのディテールにこだわりを持ち、感性と理論のハイブリッド分析を得意とするが、時々かやらかすので『取り扱い注意』である。
俺様口調の断定的な文体が『2ちゃんねる』あたりでは大人気で、現在も『アンチ山川』は絶賛増殖中とのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/04/30 22:23

山川世界 さんのブログ記事

  • 解体寸前のアレ
  • 茂木の不振で解体寸前のタナ・モギ・アイランド。誰が命名したのかは知らないが、普通はドリーム・カム・トゥルー ⇒ ドリカムのように、発音文字数が少なくゴロがいい呼び名に短縮するもの。タナ・モギ・アイランドって、文字数は同じだし、アイランドにいたっては、「タイガーウッズって森虎雄?」と同レベルで寒すぎる。そもそもチーム内に本物のアイランド(嶋)がいるのに、シマウチをシマと略すのはダメでしょ。DeNAで [続きを読む]
  • 遠慮のカタマリ
  • ロッテ2ー6楽天アマダーのこの日2本目となるソロで追いつき、迎えた八回の表、ネイマール今江の小芝居が、まさかの危険球退場判定を誘発して益田がマウンドからいなくなった。「捕手の田村が当たったというので」と、井口監督は抗議しなかった理由を説明したが、VTRを見る限り頭部ではないようで、ユニフォームの袖をかすったくらいのことだったのかもしれない。緊急登板のチェンがアマダーを敬遠気味の四球で歩かせた満塁か [続きを読む]
  • 鉄壁の内野守備に救われた美馬がラッキーな2勝目
  • ロッテ1ー6楽天今江が、銀次が、藤田が、島内が、際限なく打たれてノックアウト寸前の美馬を助け起こし、島内の勝ち越しソロが飛び出すと、松井、青山、高梨が完璧な火消しを見せてロッテに逃げ切り勝ち。テンポのいい美馬の投球リズムがそうさせたとも言えるが、これほど好守備連発の試合も珍しく、初めから楽天が勝つ計画になっていたようだ。最後はインケツ岡島にもタイムリーが飛び出して一方的な差がついたが、指揮官が変な [続きを読む]
  • 藤田と細山田
  • ロッテ2ー3楽天四死球を連発してはなんとか抑え、誰かさんが「バッカじゃなかろかルンバ?」と嘲り笑うような、九回一死から無謀な盗塁を仕掛けては、失敗して万事休すと思ったら、まさかの同点アーチが飛び出て延長突入など、マッチポンプの典型のような楽天の結果オーライ野球に、同じ新人監督として触発されたのか、延長十回裏の一死一二塁からダブルスチールを仕掛けて三振ゲッツーを喰らった井口采配。まるで三回戦ボーイ同士 [続きを読む]
  • なんだかなあ楽天なんだかなあNPB
  • 楽天3−8オリックス先発の金子は見る影もなく、大枚叩いて補強した中島も小谷野もおらず、おまけにT-岡田までいない貧相な打線のオリックスに完敗。杉本とかいう、よく判らない怪力選手に満弾を浴びたのは事故みたいなものだから仕方ないが、松井裕樹はオーバーホールが必要なほど劣化しているし、交流戦で夢を見た古川も、パ・リーグでは中継ぎですら通用しないレベルであることを露呈した。若い指揮官にとって煙たい存在の佐 [続きを読む]
  • 自分の色を出した平石
  • 楽天3−2オリックスベンチ入りメンバーに山下斐紹の名前があったので、てっきり足立と入れ替えで上がって来たのかと思ったら、捕手ふたり制を解除して銀次をDHで起用する大胆な変化。キャッチングが劣化した足立の不安定な守備と、今や疫病神と成り果てた岡島の落球でハラハラさせたが、ハーマンの充実ぶりを敵に見せつけるためのデモンストレーションとしては、これ以上ないほどの演出になった。足立は嶋が酷いキャッチングと [続きを読む]
  • もっと思い切った改革を!
  • 楽天3−4西武田中の覚醒と確変した今江の活躍で、一時はハイペースの借金返済を期待させた新生楽天。しかし通常モードに戻った途端、接戦での弱さを見せて元いた位置に戻って来た。外国人を下位に置き、足を絡めた攻撃を仕掛ける狙いは悪くないと思うが、盗塁阻止率と引き換えに失った嶋の出塁率(.262)がネックになり、攻撃がリセットされてしまう。田中和基が打ちまくっていた時は、それでも成立していたが、当たりが止まり始 [続きを読む]
  • またまたベンチがやらかした
  • 楽天2−3西武小山とのトレードで巨人に移籍した柿澤が、チームメイトの野球道具を窃盗し転売した疑いで契約解除となった。柿澤といえば、デーブのしごきで一時は黄泉の国に旅立ち、再び戻ってきた事件でしか記憶にない名前だが、交換トレードでやってきた小山はストライクを投げるのが精一杯のベテランで、星野副会長が仕掛けたトレードとしては「珍しく外したな」と思っていたのだが、今思えば、鬼のような情報網で危機管理の手 [続きを読む]
  • 打線の援護に恵まれても結局は辛勝の脱魂エース
  • 楽天6−5ソフトバンクまるで放蕩息子のように、援護があればあるだけ失点する則本。球自体はどれも一級品だが、いとも簡単に打たれてしまう。どう考えてもメンタル面の問題としか思えないが、戸村、森、菊池、小山など、いい球を持ちながら結果を出せない投手に共通するイメージと、則本のそれとは明らかに違い、公立高校に進んだ天才のように、そのレベルでの競争に興味を失った学生によくある、心ここに在らずというイメージで [続きを読む]
  • パ・リーグの洗礼か?
  • 楽天2−5ソフトバンク古川が3連勝時は甘い高めのストレートをファールさせてカウントを稼せぎ、そのストレートで空振りも奪えていたが、ローテで回るようになると、疲れで100%充電できないまま登板するせいか、ストレートでは空振りがとれず、なおかつ甘く入れば長打を喰らうという苦しいピッチングになっていた。しかしスピード表示は147とそれなりの数字を示していたので、ちょうど古川の通用するラインがセパのレベル差 [続きを読む]
  • 赤い悪魔と青の悪夢
  • 日本が勝つなら1−0か、1−1、2−2でのPK決着ではないかと考えていたが、後半開始早々に華麗なパス回しから日本が鮮やかなゴールを立て続けに決めて、2−0と予想を裏切る展開になった。しかしベルトンゲンの力ないヘディングシュートが、フラフラと川島の頭上を越えてゴール右隅に吸い込まれて行ったのをキッカケに流れは変わり、ベルギーは怒涛の攻撃であっという間に逆転まで持ち込んだ。自分たちのサッカーをかなぐり捨てて [続きを読む]
  • 先発とベンチのミスで三タテするり
  • 西武8−7楽天アマダーの2ランで先制した直後の四回裏、一死一三塁から外崎を余裕で併殺にできるPゴロに仕留めながら、二塁送球が左に逸れて、そこから3失点。敗因となる実につまらないミスで、集中力を欠いているとしか思えないが、ストレートが走らず、昨年とは比較にならないデキの上にこれだから、あまり深追いせずローテから外した方が良さそうだ。田中が緩い変化球攻めに苦しんでいる。ストレートをことごとく弾き返され [続きを読む]
  • 強い楽天の試合結果と、また例の話
  • 西武1−9楽天昨年は岸の好投を見殺しにすることが多かった楽天打線だが、この日は二回にアマダーと藤田の連打で一二塁とすると、ペゲーロがこすりながらすくい上げる得意のバッティングで、レフトスタンドへ3ランを放り込んで先制。その後、岸が西武打線を無失点に抑えていると、打線は五回から3イニング連続で追加点を挙げて試合を決めてしまうという、つい先日までなら考えられなかった活発さを見せた。打撃好調のアマダーが [続きを読む]
  • 打ちも打ったり21安打
  • 楽天15−1西武塩見がノーノー風味のナイスピッチングをすると、打線が天敵の菊池雄星以下の西武投手陣を滅多打ちにして21安打15得点の大爆発。それぞれ別の試合に振り分ければ2勝できる計算だが、3点で充分な試合に限ってバカ打ちするのも打線である。前回(5/4)対戦した時にはベンチにすらいなかった田中に先制のホームを踏まれ、四回にはダメ押しの3ランを喰らった菊池からすれば、「田中ハンパないって!」とグチ [続きを読む]
  • 余力を残してGLを突破したことに意味がある
  • アギーレもハリルホジッチもハナから必要なかった。それほど西野監督の采配は素晴らしかった。まずあれだけ叩かれて、次も起用したら何を言われるかわからない不発弾の川島を、批判覚悟で使って蘇らせるというバクチに見事勝利したこと。この日の川島はファインセーブ連発で、一二戦の借りをキッチリ返してくれたし、このまま勢いに乗れば、ベルギー史上最強ともいわれるフォワードを跳ね返す武器として大いに期待できる。唯一走ら [続きを読む]
  • 風と戦う自己満バッテリー
  • ロッテ4ー3楽天常時12mの強風が吹く中で、独りよがりのピッチングをするバッテリーに野手の集中力も切れたのか、見慣れた淡白な攻撃でアッサリ試合終了。球審がとらないアウトローのストレートを、延々と要求し続ける正捕手。味方の援護を無にするのが得意なエースなど、チームワークをバラバラにするにふさわしい試合だった。もはや野球とは微妙に違う競技が行われている欠陥スタジアム。そもそもあそこは野球場にするような場 [続きを読む]
  • ベンチの早すぎたバクチが裏目に
  • ロッテ4ー1楽天ロッテ1点リードで迎えた五回裏、一死一二塁から荻野の放った打球は、前進守備を嘲笑うように右中間に弾んだ。平石采配だけのことではないが、NPBの野球は前進守備を多用しすぎではないか。古川のストレートの力なら、荻野は外野の頭を超えるような打球は打てないと判断してのことだろうが、定位置なら普通に捕れた打球で、たった1点のビハインドで博打を仕掛けたベンチの作戦が裏目に出た。結果的に石川をま [続きを読む]
  • どこまで続く日本代表ブーム
  • ワールドカップで快進撃を続ける日本だが、グループステージ通過後のことまでは考えていない国の中では、最強というか飛び抜けて強いと考えれば辻褄があうのではないだろうか。どちらかといえばセネガルもそのレベルの国で、たとえ強豪国がひしめく南米や欧州代表国であっても、仕上がり途上のチーム状態で勝てるほどの相手ではないということだ。加えて日本の場合は、前任者のアギーレが日本人の特性を理解できず操縦を誤ったこと [続きを読む]
  • 勝手に(暗黙の)ルール変えちゃダメ!
  • 楽天6−5日ハム前日の岸同様、立ち上がりに被弾した美馬だったが、難敵の近藤を討ち取った二死から、単調になったところを3連打で更に2失点、三回には中田の2ランで都合5失点と大乱調。ところが生まれ変わった楽天打線の反撃は早く、四回と五回に内野ゴロの間の2点と四番今江のタイムリーなどで3点を返して1点差とすると、六回にはアマダーの今季第9号が飛び出してすかさず同点。美馬の敗けが消えたあと、好調な青山が七 [続きを読む]
  • 安心感のある1点差勝利
  • 楽天3ー2日ハム先発の岸は、いきなり杉谷に先制弾を浴び、その裏、味方に逆転してもらっても、三回には近藤のタイムリー2ベースで再び同点にされるなど、不安定な立ち上がりだったが、12球団一弱いチームで、ここまで6勝をマークする防御率リーグNo.1投手の実績はダテでなく、8安打されながらも見事な修正能力を発揮して、結局は8回2失点のHQS投球でまとめ上げた。七番、八番にルーキーを組み入れたため、この日は打 [続きを読む]
  • ヤッターマンになるな!
  • 楽天7ー8日ハム辛島のアクシデントで急遽登板となった森。“プロで6年もやったドラ1がこれか”と暗澹たる気持ちにさせるテンパりぶりで、準備して先発してもダメ、スクランブル登板でもダメと使えなさを露呈した。先日の島井や捕手としての適性を欠く伊志嶺などもそうだが、戦力にならない選手の見極めが甘いことも楽天の選手層がいつまでも厚くならない原因のひとつではないだろうか。日ハムは大谷をメジャーに送り出し、営業 [続きを読む]
  • 脱・梨田式やりくり?
  • 梨田監督の辞任に合わせて出た記事によって、チーム戦略室が選手起用や打順にまで口を挟んでいたことが明らかになった。そのこと自体は今後当たり前になっていくのかもしれないが、結果責任をすべて監督に取らせるようなシステムのままでは機能しない。戦力を整えるのはフロント、与えられた戦力で結果を出すのは監督と、責任範囲を明確にしておかないと、いずれ他球団からもオファーがあるような有力な人物は引き受けてくれなくな [続きを読む]
  • 元祖スーパーカートリオのお株を奪う足攻で新生楽天が圧勝
  • DeNA1ー7楽天ウィラーもアマダーもいないピストル打線が、内野安打と盗塁でバリオスを揺さぶり4点を獲ると、仕上げは茂木のダメ押し3ランでセ・リーグ2位のDeNAに快勝。なにやら憑き物が落ちたかのような攻撃で、交流戦の最後を2試合連続の大勝で締めくくった。古川はトントン拍子の3勝目で、大崩れしないが、どこがいいのか解らないレベルからひと皮むけた感じだ。筒香もロペスもいない手負いのDeNA打線とはいえ、6回を4安 [続きを読む]
  • 本格傀儡政権の船出
  • 昨日の河北新報でこんな記事が出ていたが、今日になって日刊ゲンダイのデジタル版のこの記事で、そうなった経緯が伝えられた。一部の媒体のみが伝えたことで一見、飛ばし記事のような印象も受けるが、メジャーなスポーツ紙は楽天を大口スポンサーと認識しているため口をつぐんでいるだけ。しかし大手新聞社のスポンサーに対する忖度は、モリカケ問題を伝える立場としてはどうなのか?と、正直呆れるところだが、系列でも厳密には別 [続きを読む]
  • 来るべき時
  • 楽天1ー2阪神あと3人討ち取れば完封勝ちとなる九回表、天を見上げて深く息を吐いた則本。『落ち着け、落ち着け」と自らに言い聞かせていたのか、はやる心を沈めるような仕草をしてから投球に入ったが結果は同じ。先頭の伊藤隼にストレートの四球を与え、鳥谷の送りバントで一死二塁とされると、中谷にはシュート回転したストレートで空振りがとれず、最後は外のスライダーに踏み込まれて同点のタイムリー2ベースを浴びた。意識 [続きを読む]