micarosu さん プロフィール

  •  
micarosuさん: マイナー時々メジャーな音楽
ハンドル名micarosu さん
ブログタイトルマイナー時々メジャーな音楽
ブログURLhttp://micarosu.seesaa.net/
サイト紹介文ここではあまり有名でない曲にスポットを当てつつ、時には有名曲まで様々なおすすめ曲を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/05/01 15:51

micarosu さんのブログ記事

  • 「COALAMODE.2〜街風泥棒〜」 コアラモード.
  • 今回はコアラモード.の「COALAMODE.2〜街風泥棒〜」を紹介します。コアラモード.の2ndアルバム。「大旋風」、「花鳥風月」の衝撃。このシングル2曲は、これまでの彼らのイメージを大きく変えた。この流れでリリースされたのが今回のアルバム。どんな内容になるか気になって聴いてみると、そこにあったのは王道のポップスの数々だ。「トライアゲイン」という非常に爽やかで綺麗なポップナンバーに始まり、ちょっと懐かしさを含ん [続きを読む]
  • 「櫛」 PARIS on the City!
  • 今回はPARIS on the City!の「櫛」を紹介します。PARIS on the City!の1stシングル。イントロの音色を聴いたとき、すごく王道のポップさを持った楽曲だなと感じた。そのポップさを保ったまますごく爽やかな雰囲気も漂わせながら進行していくのだが、よく歌詞を聴いてみると、"悲しいメロディ"であったり"最悪で最高の彼女"といった意味深な言葉が次々と出てくる。その陰の部分はサビのマイナー調への展開と繋がっていく。ここまで [続きを読む]
  • 「歓声前夜」 SUPER BEAVER
  • 今回はSUPER BEAVERの「歓声前夜」を紹介します。約2年ぶりのフルアルバム。「歓声前夜」すごく印象的なタイトルだ。歓声が起こる前の夜。このアルバムはまさにそのタイトルの通りで、これから歓声を起こすための一歩を踏み出す言葉が数多く並んでいる。「ふがいない夜こそ」の"不甲斐ない夜こそ本当は出口だ"に始まり、あなたの声を聴かせてと歌う「虹」に、今できることを躊躇わないでと歌う「閃光」。始まりのこの3曲を聴けば [続きを読む]
  • 「HELLO YELLOW」 D.W.ニコルズ
  • 今回はD.W.ニコルズの「HELLO YELLOW」を紹介します。D.W.ニコルズの4thフルアルバム。CDに帯にはこんな言葉が書いてある。『あらためまして、こんにちは。D.W.ニコルズです。』今作はその言葉通り、これまでD.W.ニコルズを知らなかった人にもその良さを存分に味わってもらいたいという集大成にして原点回帰のような一枚になっている。それは「愛に。」が収録されていることからもよくわかると思う。D.W.ニコルズ初の全国流通盤の [続きを読む]
  • 「-ing」 椎名慶治
  • 今回は椎名慶治さんの「-ing」を紹介します。椎名慶治さんの4thアルバム。SURFACEの再始動も記憶に新しい中でリリースされた椎名慶治さんの最新アルバム。どんな作品になるか気になっていたが、聴いてみるとやはりSURFACEでは無く、椎名さんのソロ作品なんだなと思わせてくれる。それでいながら更に今を飛び越えていけ!という自分自身に向けたメッセージも強く感じる。全英語詩の「R U ready 2 jump wiz me?」で"Never ever looki [続きを読む]
  • 「Heartbeat」 永谷喬夫
  • 今回は永谷喬夫さんの「Heartbeat」を紹介します。SURFACEのギタリスト永谷喬夫さんの1stソロアルバム。2018年5月27日。この日はSURFACE再始動ライブの日であると同時に、永谷喬夫さんのソロアルバムのリリース日でもある。つまり、SURFACEの再始動とともに、アーティスト永谷喬夫も始動するのだ。ソロアルバムリリースの話を聞いたときはインストのアルバムになるだろうと誰もが思ったと思うが、まさかまさかの歌モノ。SURFACEの [続きを読む]
  • 「LIKE a CAT」 SURFACE
  • 今回はSURFACEの「LIKE a CAT」を紹介します。SURFACEの8年ぶりの新曲。SURFACE再始動。再始動ライブレポはこちらをご覧頂くとして、今回は新曲のお話をしようと思う。再始動ライブで初めて披露された新曲。その名は「LIKE a CAT」。イントロのエレクトロな音を聴いたときは新しい感じかと思ったが、そんな思いはすぐに消えて言った。メロディの展開から音の作り方まで、そこにあったのは何から何までいつものSURFACEの姿だ。80年 [続きを読む]
  • 「VOICE」 松井まさみち
  • 今回は松井まさみちさんの「VOICE」を紹介します。松井まさみちさんのニューアルバム。「VOICE」。その言葉にみなさんは何を感じるだろうか。アルバムタイトルであると同時に、リード曲でもある「Voice」。松井さんはここに、生きてきた中で得た真実込めている。"それはVoice"何度も歌われるその言葉には、辛いとき、悲しいとき、嬉しいとき、どんなときにも歌声があり、その全てが今の自分の糧となっているという想いが滲み出てい [続きを読む]
  • 「STEREO」 大橋トリオ
  • 今回は大橋トリオさんの「STEREO」を紹介します。「VENUS」の衝撃。この楽曲の存在がアルバムにおいて非常に大きな役割を果たしている。大橋トリオさんというと少し暗めの世界観とゆったりとした曲調の印象が強いのだが、「VENUS」はそのイメージを大きく変えた。どことなく無機質な音のようにも感じるが、一聴きしただけで惹き込まれるような艶やかさを併せ持っている不思議な楽曲。一度でも耳に届けば頭から離れないほどのインパ [続きを読む]
  • 「二重螺旋のまさゆめ」 Aqua Timez
  • 今回はAqua Timezの「二重螺旋のまさゆめ」を紹介します。Aqua Timezの8thアルバム。初めてシングルが1曲も入っていないアルバム。それは初めての曲がたくさん聴ける楽しみでもあるが、内容がわからないだけに少しばかりの不安もあったわけだが、その不安の必要は全く無かった。今作も前作「アスナロウ」同様に攻めてきていることがわかるアルバム。「たかが100年の」のようなAqua Timezらしいロックナンバーもあれば、美しいメロ [続きを読む]
  • 「糸電話/ぼくらのサンセット」 結花乃
  • 今回は結花乃さんの「糸電話/ぼくらのサンセット」を紹介します。結花乃さんの2ndシングル。寂しそうに語りかけてくるアコギの音色。囁くような歌声。この始まりを聴いただけで一気に惹きこまれてしまっていた。"糸電話"は相手がいないと成り立たない。それは物理的な意味でもあるが、心の距離が近くなければという意味でもある。はじめは繋がっていた二人の糸。それが少しずつ離れていく様を、糸の様子や受話器の転がる音で表現 [続きを読む]
  • 「LOVE=UNLIMITED」 寺岡呼人
  • 今回は寺岡呼人さんの「LOVE=UNLIMITED」を紹介します。約1年6ヵ月ぶりとなるニューアルバム。このアルバムを語るには、まず収録曲の「仕舞支度」について注目したい。懐かしさとポップさが前面に出たこの曲。非常に耳馴染みが良いのだが、耳に届く言葉は五十を過ぎてからの生き方について考えさせるものになっている。これを聴いて普遍的な名曲だなと思ったのと同時に、収録されたアルバムがどんな内容になっているのか聴いてみ [続きを読む]
  • 「ONE TIMES ONE」 コブクロ
  • 今回はコブクロの「ONE TIMES ONE」を紹介します。約1年ぶりのニューシングル。"歓喜の雨"サビのフレーズの中でもこの言葉は特に印象的だ。その言葉を歓迎するかのように、オーケストラの壮大な音色とともに歌い上げられるサビとともにこの歌は始まる。だが間奏からメロに入ると一転、非常に繊細でメロディアスな音色が奏でられる。そのギャップに一瞬驚かされるが、それと同時にこの構成から一つのことに気づかされる。メロで歌 [続きを読む]
  • 「四畳半レコード」 伊藤俊吾
  • 今回は伊藤俊吾さんの「四畳半レコード」を紹介します。伊藤俊吾さんの1stアルバム。正統派ポップス。キンモクセイとしてもそのメロディのセンスは折り紙つきだが、キンモクセイの歌謡曲の路線とは違い、ソロではよりシンプルなポップスを奏でているのが印象的だ。「僕がいなくなっても」の最たるもので、懐かしさとともに風を運んで来るような音色とメロディに、伊藤さんの歌声が優しく乗ってくることで、とても軽快で爽やかな音 [続きを読む]
  • 「ノイズ」 須澤紀信
  • 今回は須澤紀信さんの「ノイズ」を紹介します。須澤紀信さんの2ndシングル。"ノイズ"という言葉に込めた想い。始まりのアコギの音色から切なさを漂わせ、その音色に乗せて君と過ごした日々を綴っていく。その言葉の奥には切なさが滲み出ているのだが、言葉だけを見ると不思議と美しさを持っていることがわかる。過ごした日々は美しかった。でも美しさだけでは作ることが出来なかった未来。"ノイズ"という言葉は、美しさと美しさが [続きを読む]
  • 「WILL」 牧野由依
  • 今回は牧野由依さんの「WILL」を紹介します。牧野由依さんのミニアルバム。声にできること。アルバムの中でそれを色んな形で示してくれている。まず驚きは「Rsest -A Cappella Version-」だ。原曲はアップテンポで明るい印象の楽曲だったのだが、このA Cappella Versionはその名の通りアカペラというだけでなく、何重にも歌声を重ねて深みと広がりを持った仕上がりになっている。声だけでこんなことができるのかと驚いたかと思えば [続きを読む]
  • 「木造の瞬間」 藍坊主
  • 今回は藍坊主の「木造の瞬間」を紹介します。藍坊主の3rdミニアルバム。何だろう、この熱さ、泥臭さ、真っ直ぐさは。もうキャリアもかなり長い藍坊主。毎作良い作品を聞かせてもらっているが、今回は特別に真っ直ぐで、これぞ藍坊主という作品が詰まっている。その最たるは「嘘みたいな奇跡を」だろう。エモーショナルなメロディを聴いただけでもう泣きそうなくらい良いのだが、そこにあえてシンプルな"ありがとう"や"愛しているよ [続きを読む]
  • 「光る」 zero zero z
  • 今回はzero zero zの「光る」を紹介します。東北中央自動車道イメージソング・NCVテーマソング。ドライブ感。それが非常に心地良い楽曲。一言でドライブ感といっても色んな面があるのだが、イントロのシグナルが青に変わるようなカウントダウン感から一気に全開で駆け抜けていく展開であったり、決して速いテンポではないのに前へ前へと押し出してくれるようなメロディと音の構成の巧みさであったり。間奏では少し音数を減らして落 [続きを読む]
  • 「肌色へ」 T.O.C.A
  • 今回はT.O.C.Aの「肌色へ」を紹介します。T.O.C.Aの1stアルバム。偶然耳にした「主人公」という楽曲にすっかりハマってしまった。素朴で優しく自然だけどどこか力強さも兼ね備えたような楽曲。音色やメロディの良さはもちろんなのだが、サビの"さあ行こう主人公"の言葉がとても印象に残る。何故この主人公という言葉がこんなにも気になってしまうのか歌詞をよく聴いてみると、旅立つ人ではなく、旅立ちを見送る人だということに気 [続きを読む]
  • 「MODE MODE MODE」 UNISON SQUARE GARDEN
  • 今回はUNISON SQUARE GARDENの「MODE MODE MODE」を紹介します。UNISON SQUARE GARDENの7thアルバム。UNISON SQUARE GARDENの可能性と集大成。ポップに振り切った「Populus Populus」以降、アルバムとして一つテーマがあることが多かったが、今作はあえてテーマを持たず、何でもやってみようという感じが強い。ユニゾンのアルバムはまず最初の3曲を聴けばそれがわかる。初めの「Own Civilization(n.. [続きを読む]