micarosu さん プロフィール

  •  
micarosuさん: マイナー時々メジャーな音楽
ハンドル名micarosu さん
ブログタイトルマイナー時々メジャーな音楽
ブログURLhttp://micarosu.seesaa.net/
サイト紹介文ここではあまり有名でない曲にスポットを当てつつ、時には有名曲まで様々なおすすめ曲を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/05/01 15:51

micarosu さんのブログ記事

  • 「SIREN」 広沢タダシ
  • 今回は広沢タダシさんの「SIREN」を紹介します。広沢タダシさんのニューアルバム。アルバムを聴き始めた瞬間に衝撃が走った。その理由は一曲目に収録されている「ふるさと」だ。不穏なオルガンの音色から始まる深く壮大な世界。あまりにも深くて聴いているだけで息を呑んでしまうほどだが、そこを生きるメロディの懐かしさは不思議と安心感を与えてくれる。"ふるさとの宇宙"まさに詩に綴られているこの言葉を体現したような音色と [続きを読む]
  • 「北極星」 藤巻亮太
  • 今回は藤巻亮太さんの「北極星」を紹介します。藤巻亮太さんの3rdアルバム。今作を聴いたとき、レミオロメンが戻ってきた感じが強く印象に残った。レミオロメンのボーカルなのだから当たり前じゃないかと思うかもしれない。だが、これまでのソロ2作がレミオロメンとは違い、ソロでなければできないものを追っていたのだ。1作目「オオカミ青年」はレミオロメンでは出してこなかった、個人的に奥に秘めた感情を剥き出しにしてきた。2 [続きを読む]
  • 「街路樹」 馬場俊英
  • 今回は馬場俊英さんの「街路樹」を紹介します。通算17枚目のオリジナルアルバム。馬場さんの綴る言葉に何度無く元気付けられてきた。今作では真っ直ぐな想いはそのままに、少し落ち着いた大人の余裕と、優雅さを兼ね備えたアルバムになっている。表題曲の「街路樹」は馬場さんらしさ全開の楽曲。周りを見渡したときにふと見えた景色。人や街、自然や空気。いつも同じようで何かが違う。そんな中で日常を過ごしていることを感じつつ [続きを読む]
  • 「SUNNY SIDE UP」 Brian the Sun
  • 今回はBrian the Sunの「SUNNY SIDE UP」を紹介します。Brian the Sunの1stミニアルバム。心地良く聴ける楽曲たち。今までの作品より肩の力が抜けたというか、シンプルに良いものを作ろうとしたら開放感溢れる楽曲が出来たという感じだろうか。「隼」はその象徴とも言うべき楽曲。思わず踊りだしてしまいそうなリズムと疾走感。聴いていることが本当に心地良く、時が経つのを忘れてしまいそうになる。続く「Sunny side up」も軽快 [続きを読む]
  • 「真ん中のこと」 SUPER BRAVER
  • 今回はSUPER BEAVERの「真ん中のこと」を紹介します。SUPER BEAVERのニューミニアルバム。前向きな言葉に疾走感ある展開に、溢れ出す熱量。色々言いたいことはあるのだが、一言で言えば元気を与えてくれる楽曲が詰まった一枚だろうか。最初の「ファンファーレ」から熱量がとにかく高い。もはやライブ終盤のような詰め込まれた熱さがあって、この勢いで始まるミニアルバムって一体という期待を持って迎えてくれる。そこからタイトル [続きを読む]
  • 「Culture Vulture」 la la larks
  • 今回はla la larksの「Culture Vulture」を紹介します。la la larksの1stフルアルバム。la la larksはやはり面白い。これだけトリッキーな音作りをしながらもキャッチーに聴かせることが出来るのだから。その辺りは「ego-izm」や「ハレルヤ」といったシングル曲を聴いた時点からわかっていたが、アルバムを聴いてそれは確信に変わった。まずは「Massive Passive」。アルバムの始まりを告げる1曲からこの存在感はなんなのだろう。 [続きを読む]
  • 「さよなら、はなやぐロックスター」 THURSDAY'S YOUTH
  • 今回はTHURSDAY'S YOUTHの「さよなら、はなやぐロックスター」を紹介します。THURSDAY'S YOUTHの1stEP。「はなやぐロックスター」という曲がある。淡々と進むリズムと抑揚の静かなメロディの曲で印象が薄いようにも聴こえるのだが、それでも一度聴くと何故か頭から離れない不思議な力を持った一曲。こんな曲を作る人がいたのかと思って驚いたのだが、調べてみるとSuck a Stew Dryが改名したバンドだと知って更に驚いた。Suck a Ste [続きを読む]
  • 「水と魚」 葉月那央
  • 今回は葉月那央さんの「水と魚」を紹介します。葉月那央さんの1stシングル。歌の始まりから広がる深く暗い世界。それはまるで水中のように静かで息を飲むような空気が漂う世界。その世界を行く葉月さんの繊細な歌声は、迷いや葛藤を含みながらも絶えず前へ進み続ける。いや、泳ぎ続ける。でも決してさまよい続けるわけではなく、一筋の希望も抱えながら泳ぎ続けていることで、この混沌とした世界からの光の存在が一際輝いて見える [続きを読む]
  • 「gloomy box」 オルターリードコード
  • 今回はオルターリードコードの「gloomy box」を紹介します。オルターリードコードの1stフルアルバム。巧みな展開と演奏だけでなく、メロディと歌声の儚さから生み出される唯一無二の世界観が印象的だった2枚のシングル「LIKE A STAR」と「センチメンタル・ララバイ」。これを聴いたときからアルバムが非常に楽しみだった。満を持してリリースされたこの「gloomy box」はその期待を裏切らないものだった。まずシングル2曲は間違いな [続きを読む]
  • 「luna」 homme
  • 今回はhommeの「luna」を紹介します。hommeのミニアルバム。全体を通して感じるのは陰と影。夜空に浮かぶ星や月といった情景や、人の奥の見えない感情など、様々な形で陰と陰が描かれている。サウンド面を見てみると、アコギの音色がメインで構成されており、歌詞で描かれる陰と影が音色からも伝わってくるのが印象的だ。特にしみじみと聴かせる「Days」と「帰り道と満月」は音とメロディだけでなく、その空気感まで愛おしく感じさ [続きを読む]
  • 「涙。」 安野希世乃
  • 今回は安野希世乃さんの「涙。」を紹介します。安野希世乃さんの1stミニアルバム。透明感のある綺麗な歌声。アニメ『異世界食堂』のエンディングテーマである「ちいさなひとつぶ」を聴いたとき、それを感じた。さかいゆうさん作曲による流麗なメロディもこの歌声の良さを引き出すには申し分なく、一度でも聴けばその歌声に虜になってしまうことだろう。それと同時に、この歌声ならばバラードがとても良く合うのではないかとも感じ [続きを読む]
  • 「いただきへの、はじまり」 結花乃
  • 今回は結花乃さんの「いただきへの、はじまり」を紹介します。富士市ブランドメッセージソング。結花乃さんの地元である静岡県富士市の公式ブランドメッセージソングとして製作されたこの曲。富士市の景色を描いた詩がとても印象的で、聴いていると自然と情景が目に浮かんでくる。駿河湾の広い海、製紙工場の煙に岳南鉄道の赤い電車に、そびえ立つ富士山。そんな街としての魅力もさることながら、その街に住む人が温かく支えてくれ [続きを読む]
  • 「ひとりの世界」 Anna
  • 今回はAnnaさんの「ひとりの世界」を紹介します。Annaさんのデビューシングル。張り詰めた空気の中に響く声。寂しげで切ない感情を奥に抱えつつも、どこか凛として芯のあるその声は、真っ直ぐに聴き手の心に響く。そしてその言葉が届いたとき、その想いの深さと強さがしみじみ伝わってくるだろう。ひとりで生きる世界の辛さと寂しさ、それでも光を信じようとする想いが。これは彼女の歌声が持つ大きな力。単純な歌の上手さではなく [続きを読む]
  • 「cue」 SAKANAMON
  • 今回はSAKANAMONの「cue」を紹介します。SAKANAMONの4thミニアルバム。本当にSAKANAMONなのか。「テヲフル」を聴いてしまったら、そう思わずにはいられない。繊細な旋律を奏でながら、丁寧に歌い上げる言葉。徐々に想いとともに音が重なり、最後のサビで全ての想いを弾き出すように熱く歌い上げる姿は、今までの印象を大きく変えつつ、純粋にその熱量の高さにグッと来てしまうだろう。この名曲の中で特に印象に残っているフレーズ [続きを読む]
  • 「アノアタリ2」 アノアタリ
  • 今回はアノアタリの「アノアタリ2」を紹介します。本当に良い曲というのは始まりの一音を聴いただけで心を掴まれる。「夜の鳥」という曲はまさにそれだった。夜の不穏な空気と焦燥感が生み出す独特の緊迫感。迷いや悩みを抱えながらある姿をここで示しながら、サビでそれらを払拭していくように飛びぬけていく歌とメロディ。その破壊力は想像以上で、一度聴いたら忘れることができない。また、最後のサビでは感情が今まで以上に強 [続きを読む]
  • 「街」 吉田山田
  • 今回は吉田山田の「街」を紹介します。吉田山田の12thシングル。歌いだしから響く"街"という言葉。力強く、感情を強く押し出したようなその言葉の迫力に驚かされた。吉田山田というと「日々」のような染みる楽曲やキャッチーな楽曲のイメージが強かったが、今作の「街」は上記の通り歌い出しから感情を強く押し出しているだけでなく、全体を通してロック調でクールに駆け抜けていく疾走感が印象的で、良い意味で彼らのイメージを打 [続きを読む]
  • 「Reset」 牧野由依
  • 今回は牧野由依さんの「Reset」を紹介します。TVアニメ「サクラダリセット」OPテーマ。始まりは印象的なピアノの音色。そこには迷いや葛藤、焦燥感のようなものを感じさせる。でも聴き進めていくうちに、少しずつキラキラとした希望を感じさせる音色が重なりあい、サビの伸びやかで広がりのある歌声が全てを許すように開放感と安心感を与えてくれるのがなんとも心地良い。またほぼ全編に渡ってコーラスが入っているのが興味深い。 [続きを読む]
  • 「TRANCE」 BOYS END SWING GRIL
  • 今回はBOYS END SWING GIRLの「TRANCE」を紹介します。BOYS END SWING GIRLの2ndミニアルバム。良い歌だな。それが彼らの曲を最初に聴いたときの感想だ。当たり前の言葉に見えるかもしれないが、良い"曲"というより良い"歌"と表したくなる点に彼らの良さが詰まっているのではないかと思う。特にリード曲でもある「旅人」が素晴らしかった。どことなく陰を感じながら歩いて行くようなイントロから、静かに奏でられるギターと歌。歩 [続きを読む]
  • 「TRULY TRULY DO」 佐藤嘉風
  • 今回は佐藤嘉風さんの「TRULY TRULY DO」を紹介します。佐藤嘉風さんの8枚目のフルアルバム。♪もう一度 もう一度 もう一度 光を探して「オレンジ色の夕焼け」のサビのこのフレーズを聴いたとき、すごい熱量を感じた。佐藤嘉風はこれまでも繊細で優しいメロディと歌声を紡いできていたが、今作は今までに無い何かがあるかもしれない。そう思いながら聴き進めてみたら、本当にその通りだった。いや、それ以上だったかもしれない。「 [続きを読む]
  • 「小さな石の強い意志」 大竹創作
  • 今回は大竹創作さんの「小さな石の強い意志」を紹介します。乙三.のボーカル大竹創作さんの1stソロアルバム。乙三.というと「火曜日」や「横浜ミックスナッツ」のような華やかでノリが良く、更に高い演奏力で聴く人を魅了するイメージが強い。でも今回の大竹さんのソロアルバムを聴くとその感じは全くなく、乙三.ではあまりやったこなかったもっと等身大で人の内面に訴えかけるような曲を聴かせてくれる。中でも印象的なのは言葉の [続きを読む]