一級建築士事務所サトウ工務店 さん プロフィール

  •  
一級建築士事務所サトウ工務店さん: 一級建築士事務所サトウ工務店
ハンドル名一級建築士事務所サトウ工務店 さん
ブログタイトル一級建築士事務所サトウ工務店
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/310home
サイト紹介文新潟県三条市の工務店です。一棟一棟その土地や施主様の個性を大切に設計・施工させて頂いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/05/02 15:47

一級建築士事務所サトウ工務店 さんのブログ記事

  • [住学]第三回 参加者募集します!
  • [住学]第三回の参加者募集の開始です!開催日は6/23(土)です。PDFはコチラ今回はさらにさらに定員を増やして60名学生さんも10名くらい別枠で考えているので総勢70名けっこうな大風呂敷を広げてしまいました会場がスカスカになると寂しいので、どうかジャンジャン申込みをお願いします!これだけはお約束します!「絶対に楽しい」住学の参加者はみなさん当事者意識がとても高いんです。発表者から一方的に楽しませても [続きを読む]
  • 骨+筋肉 メタボでなく筋肉質を目指す
  • 栗林2の住宅の上棟しました建て方初日はあいにくの雨でしたが、順調に軸組が完了建物の骨格です。人間と同じ。骨。でもこれだけだとグラグラしてすぐ倒れちゃいます。ので、ここに筋肉となる耐力壁や水平構面を取付て、外力に抵抗できる様にします。この骨組みのままでもカッコイイ(このまま完成 じゃダメ?・・・ですよね)屋根や床の荷重が、上から下へスムーズに流れるようにまた耐力壁と水平構面も、連続的に力が流れるよう [続きを読む]
  • やっぱり斜め、許してください(^^;)
  • 三条市栗林でも工事が進んでいます。基礎内部に防湿コンを打設して、今日で基礎工事は完了やっぱり斜めいつも通り・・・ なかなか一筋縄ではいかない弊社の設計理由は、真南にリビングの開口を向けたいため。リビングにはちょっとスキップも設けたりして・・図面に書くのは簡単だけど、現場はそうもいかない・・・職人さんごめんなさい、許してください お施主様のためです。みなさんをいじめるためにやっているわけではありませ [続きを読む]
  • 上棟!水平構面、付加断熱、気密、通気、防水・・・
  • 加茂の住宅が上棟となりました。建て方一日目雨の中の作業となりましたが、ほぼ予定通りフレーム工事が完了。建て方二日目(上棟日)は野地の工事です。ピーカン工事はサクサク進みます・・・いや そーでもない。なんてたって屋根構成が複雑。建て方の時に、水平構面、付加断熱、気密、通気、防水・・これらを一気に作っちゃいます。まずは、水平構面(スジカイなどの耐力壁は鉛直構面ですが、床や屋根などで水平方向の耐力を持たせ [続きを読む]
  • 住学 番外編 一世紀住宅さんやっぱ熱い
  • 昨日、住学の番外編ってことで「一世紀住宅」さんの住まいを2件、住学メンバー数名で見学させて頂きました。「一世紀住宅」といえばあのアサヒアレックス内のこだわりブランド「地材地建」のテーマに掲げ、石田さんと渡辺さんという個性豊かな建築士によりとことんこだわった住まいを提供し続けている。まずは1件目。亀田の「4つの庭がある平屋」ここでいきなり度肝を抜かれました準防火地域のデメリットを逆に個性としてとらえ [続きを読む]
  • NEWプロジェクト、ワクワクしすぎ(^^)
  • NEWプロジェクトです燕市某会社様の新社屋の工事ですもう少々図面を修正したらご契約を頂けますのでそしたら、もう少し詳しいお話しをしますね。簡単に言うとセキュリティーに配慮しつつ「開いたオフィス」になります。こちらの会社の顧客様にはもちろんですが地域に対しても「開いた」オフィスです。自然に人が集まる様な場所になるといいな〜当然、働いている社員さんも楽しく働けるオフィスを目指します数社の設計事務所さん [続きを読む]
  • お引渡し、写真の連続投入です。
  • 「五十嵐東の住宅」と「三角中庭の住宅」2件のお引渡しをさせて頂きました来週からはGW、新しい住まいで新しい暮らしが始まりますほぼ同時に着工した2棟いずれも大雪の影響で「現場に入れない」などのトラブルを経てようやくお引渡し頑張ってくれた職人さんにお礼を言いたい。「ありがとうございました!無事お引渡ししましたよ〜」そして、当初予定より工期が遅れてしまいましたがご理解いただいた施主様にも感謝です。これか [続きを読む]
  • 住学第二回、いや〜今回も楽しかった(^^)
  • 先日、住学第二回が開催されました。いや〜今回も楽しかったそして、熱かった授業はまず一時間目ネイティブディメンションズの鈴木さん登場!普段から驚くほどの小さな住まいを設計している鈴木さんその秘密を大公開敷地が狭いわけでもないのに、なんで(わざわざ)床面積が15坪程度の小さな住まいを提案し続けるのか?なぜ?何?を全て丁寧に解説。鈴木さんの設計には、全てにキチンとした意味が込められている。当たり前のようだが [続きを読む]
  • 各現場の進捗ー。春なのに
  • はいすでに4月に入ってます。心機一転で何かを始めたり、見直したりする春です。しかし…私のブログは相変わらず滞り気味忘れた頃に更新します。春なのに、相変わらずのマイペースでスタートでも… それが私のブログなのです。(完全に開き直ってる…)と、言うことでとりあえず各現場の進捗状況を一気にご紹介ー。(一気に紹介して、またしばらく更新しないつもりなのか〜?)まずは、三角中庭のある住宅はい!中庭が三角形です [続きを読む]
  • 「リフォームこまち」でも表紙!
  • 4/25発売の(すでに書店にて並び始めています)「リフォームこまち」にて「見附のリノベーション」の記事が紹介されています。巻頭特集の一番バッターですそして なんと 表紙にもこの前の「建築知識ビルダーズ」に引き続きのサプライズ発売まで表紙になることは聞いてませんでした。とってもうれしいサプライズです今書店に行くと、住まい関係の雑誌の2冊に弊社の物件が表紙となって並んでいます。これは快挙です 奇跡です弊社 [続きを読む]
  • 各現場の進捗。感謝しております。頑張れます!
  • いや〜どうも、久しぶりです(^^;)ここしばらくは、公私ともに色んな事がありましてバタバタバタバタしておりました。これから何とか態勢を立て直します!まずは、スゴイことになっている机の上を…いややっぱり、これは置いといて… (笑)とりあえず、各現場の進捗です。(特に解説はしませんよ〜)まずは、三角中庭住宅私がブログをサボっている間に、はい 足場が取れています。私がブログをサボっている間に、はい 2階はほぼ完 [続きを読む]
  • ここにもいた熱い男
  • 昨日、いつもの(飲み)仲間数人で一世紀住宅さんのオープンハウスにお邪魔してきました。(ミニ住学とでも言いましょうか)建物は超ダイナミック!ロケーションをバッチリ活かしたプラン。あ〜ここでビール飲みたい一世紀住宅の石田さんも渡辺さんも「細かいディテールはそんなにつめてないんです…」とおっしゃってましたが押さえるところはしっかり押さえており、ここまでするか〜ってところも。いや〜これ、他の物件も見てみたい [続きを読む]
  • 「住学」第二回 参加者募集開始!
  • 「住学」第二回の参加者募集開始します開催日は4/14(土)です。PDFはコチラ今回は定員をグッと増やし50名先回はアッというまに定員に達してしまい多くの方の参加をお断りした経緯もありましたので。(にしても、ちょっと風呂敷を広げすぎたかな)んで、今回の授業内容は「座学」そう、イスに座ってのお勉強です。先生は満を持して登場!ネイティブディメンションズの鈴木さん鈴木さんは、小さな家を大得意とする建築士。その小さな家 [続きを読む]
  • 建築知識ビルダーズ 表紙+14ページに!
  • 先日に取材が行われ、明日(2/27)発売予定の「建築知識ビルダーズ」にな、なんと 「新発田の住宅」が表紙になっていますもちろん中身の記事でも。しかも・・な、なんと 14ページも占領しちゃってます。150ページ前後の雑誌の約1/10を弊社が独占「一体いくらかかったんだ〜?」って聞かれましたが、もちろん弊社が広告宣伝費などかけるわけもなく・・・そもそもそういう雑誌ではなく、プロ向けの専門誌です。これは快挙ですよ 本当に!興奮 [続きを読む]
  • うれし!たのし![住学]名簿公開!
  • 私のライフワークとなってしまった[住学]の第一回が、先週末に開催されました。ものすごく楽しくものすごく考えさせられものすごくパワーをもらいました大成功参加した多くの方からも喜びの声を頂きました今回は桐生建設さんとあかがわ建築設計室さんに先生役を務めて頂きましたが終わってみると、「皆が主役」の会って感じでした。まさに「全員参加型」懇親会のお酒はいつも以上においしかったな〜もうすでに、多くの参加者がブログや [続きを読む]
  • 建築知識ビルダーズ取材、不安しかない
  • な・なんとあの「建築知識ビルダーズ」の取材を受けることになりました「建築知識ビルダーズ」といえば、建築会社で働いている人(作り手側)が技術と知識を得るために読む建築専門誌簡単にいうと住宅建築の参考書的な本です。その本に弊社がえらそーに載る?本当に弊社で大丈夫なのでしょうか・・・うれしいやら、恥ずかしいやら、申し訳ないやらでもやっぱりうれしいしかもそれなりのページ数でご紹介してくれるらしい。ビルダーズ誌上、最 [続きを読む]
  • [住学]打合せ、「深みのあるシンプル」と「愛のあるディテール」
  • 2月10日に開催される[住学(すがく)]の打合せをしてきました。ネイティブディメンションズの鈴木さんと一緒に、まずは桐生建設さん親松モデルハウスへ僕らの車はたまたま3台とも白みんな雑に駐車しちゃってるが、絵になるでもこれがもし黒い車や赤い車でも。間違えなく絵になる。はず桐生建設さんの特徴でもあるこのグレーの外観。まずはこの包容力というか許容力に驚く一見コンクリートっぽい雰囲気をかもし出しているが、紛れも [続きを読む]
  • 大雪になんて負けないぞ!多棟が現る
  • 先週、タトウノイエの建前がありました。土台を敷いて柱を建てて・・・建て方1日目難しい工事も難なくこなし・・・変形屋根がたくさんあって大変なんです。建て方2日目屋根の水平構面や通気・防水層を作り作業は順調、順調 耐震性能はいつもの最高ランクの[等級3]が、突然の・・・雪でも新潟市の海沿いだから、雪が降るといってもたかが知れています弊社の地元旧下田村の雪に比べれば屁みたいなもんさ・・・アレッ?うぉ〜っ作業中止〜! 本日 [続きを読む]
  • 定員達成!締切ります。みんなありがとう!
  • おととい開校した住まいの学校[住学]第一回既に定員に達してしまいましたので、本日で応募を締め切らさせて頂きます。2日間であっという間に定員達成想定外の結果に、事務局(私とネイティブディメンションズ鈴木さん)はバタついておりますご応募頂いた皆さん本当にありがとうございました皆さんのエネルギーをビンビンと感じております。この[住学]間違えなく成功します「楽しむ」これだけでいいです。これが出来ればもう大成功です [続きを読む]
  • ワクワクを始めます![住学]開校です!
  • 昨年から企んでいた事 ソレいよいよ始めます!住まいの学校。略して[住学](すがく)です。ダウンロードはコチラ→ 募集要項PDF建築士・職人・一般の方や学生など、どなたでも参加できる自由な開かれた学校です。定期的に開催し参加者全員が生徒であり、時には先生にもなります。記念すべき第一回は、桐生建設さんとあかがわ建築設計室さんのモデルハウスにて開催。いずれも新潟市中央区親松にあり、歩いて数分の距離。この2棟を [続きを読む]
  • うれしい!楽しい!スタート!
  • あけましておめでとうございます2018年がいよいよスタートですスタートダッシュが大事です。一年はあっという間なのですお休みが終わったら、ボーッとなんかしてられませんかといってスピードの出し過ぎもいけません  自分のペースで粛々と進むのみでもね・・・粛々と進むって言っても、その先に目標や楽しみがないとつまんない 頑張れない目標や楽しみは誰かが用意してくれるんじゃなくて、自分で作るものもちろん、私も今年の目 [続きを読む]
  • つながっていない方が都合が良い。もう10年。
  • 新潟市中央区のタトウノイエです。基礎工事が完了けっこう複雑な基礎に見えますが構造的にはスゴくシンプル。??真ん中辺り・・・き・基礎がつながっていない?施工ミス〜あんまり複雑で基礎屋さんが間違えたんだ〜いいえ大丈夫です。落ち着いてください2つの棟を基礎のない渡り廊下でつなぐ予定なんです。ええっ? 基礎ってつながっていなくていいの?と、思われる方も居られると思いますが・・・今物件は、いくつかに分割された構造 [続きを読む]
  • やっぱスゲーや鈴木さん 2
  • ネイティブディメンションズさんの住宅を見学させて頂きました。やっぱスゲーや鈴木さん 以前見学させて頂いた時の記事このミニストックシリーズとにかく小さい今物件はそれでも大きい方みたい間取りを考えた事がある方はお分かりでしょうが述べ床面積を20坪以内に納めるのは相当難しいんですしかも、このミニストックはけっしてミニには感じない広いですこれで十分と感じてしまいます。写真や図面ではわからないんですココに来て [続きを読む]
  • 見えない所こそ「きれいに」
  • 河間の住宅です。実はしばらく前に足場は解体されていました(私のブログ更新が滞っているせいで時系列がおかしくなっています)内部では断熱工事も既に完了。高性能グラスウールの充填断熱です。壁は柱サイズ分120ミリの空間に、120ミリの高性能グラスウールを屋根は梁サイズ240ミリの空間に、240ミリの高性能グラスウールを「きれいに」キッチリ充填しています。そう「きれいに」 スカスカでも、押込み過ぎてシワが出来ても、ダメ空間 [続きを読む]
  • 冬の日射取得と夏の日射遮蔽、もちろん耐震等級3
  • 「井土巻のコートハウス」のオープンハウスがこの日曜日に開催されましたご来場頂いた皆様、大変ありがとうございましたこの日は予想外の快天(今回も数名のプロの方にジックリとチェックして頂きました)写真でもお分かりの様にLDKのサッシからは、お部屋の奥までシッカリ日射が入っています。コレを「冬の日射取得」と言います。冬至に向けてだんだん太陽高度が低くなるので、もう少し部屋の奥まで日射が入り込みます。このように新 [続きを読む]