塾長 さん プロフィール

  •  
塾長さん: 架け橋
ハンドル名塾長 さん
ブログタイトル架け橋
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/uenojuku/
サイト紹介文上野塾の教室現場で生まれる喜怒哀楽のドラマを、塾長上野がどのように受け止めたかを綴ったブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2007/05/06 03:34

塾長 さんのブログ記事

  • もう一度。
  • このブログは2004年から綴っている。上野塾の足跡をそのまま残している。今、その当時の文面を読むと気恥ずかしい部分もあるが、一直線だったんだ…と思う。今は、仲間教師にバトンを渡して、直接現場の教室運営は任せている。これが嬉しい反面、寂しい気持ち... [続きを読む]
  • 宝者たちへ
  • 「教え子たちに望むこと」〜夏の結団式に寄せて〜私のような還暦前の大人から、今のあなたたちを見れば、どんな風にも自分を変えれられる魅力的な生命体だ。故に大人から見たあなたたちは「宝者」なのだ。これから幾つかの節目に遭遇する。その時こそチャンス... [続きを読む]
  • チョーク板書
  • 娘とチョーク板書対決。うん、娘は研究授業対策の仕上がった板書。親父はマナ授業でのガチンコ板書。綺麗さでは親父は負けたな。勢いではまだ負けんな。超えてごらん! [続きを読む]
  • 気持ちが嬉しいです
  • 本日、日頃からお世話になっている社長様がお越しになった。新人君を連れて。新人君に男道を話して欲しいと…。大した話は出来ないが、実学を話すだけだ。帰られる時に贈り物をいただいた。私が欲しかった非売品ポスター。早速私の部屋に掲げた。社長、... [続きを読む]
  • 凸と凹
  • 自分が思う通りに人や物が動く。全てが自分の描く通りになる。…………………………そんなことはあり得ない。どこかが凹み、それをどこかが補う。そんなバランスが、人生バランスだろう。凹みを補うことができることに感謝。素直に凹みを自身の戒めにできるような心... [続きを読む]
  • 子を思う気持ち
  • 親が子を思う気持ちは変わらない。自分の足で大地に立って、堂々と自分の信じた道を進むこと。迷いもあるだろう。壁にぶつかる時もあるだろう。しかし自分の目指す方向が定まっていればそれは試練ではなく、肥やしと思える。2年前、娘と一緒に授業を共演して... [続きを読む]
  • なんのために・・・
  • 【塾長投稿】何のために勉強するのか。いい学校に入るため、いい所に就職するため、将来のため……。私は子どもたちに自分の道幅を広げるために勉強するのだと言う。自分の歩く道の両側は、断崖絶っぺきの谷だとする。まっすぐ歩いて行くには、 道幅が1メ... [続きを読む]
  • 家を守る
  • 2005年から、我が家は塾舎となった。最初はお袋のミシン場が第1教場に変わり、次は倉庫となっていた応接間が第2教場に変わり、2011年に今の第3教場(通称 天守閣)ができた。自宅が塾舎、公私一体の日々である。この6月は、親さんとの三者懇談がある。スタッ... [続きを読む]
  • 塾人とその奥方
  • 同年代の塾長と呑んできた。ざっくばらん、自身の塾屋の立ち上げ塾生との数々のドラマ、そして家族。核は家族に有り。共通した見解でした。この歳になって、同業者との出会い。吉か凶かはっきりしている。ドンピシャ吉でしたね。最後はお互いの夫婦揃い組... [続きを読む]
  • それぞれの場所で
  • 東京の美容院で働く末娘のお店に、姪っ子が訪ねて行ってくれた。私は岐阜の田舎で田んぼのお守り。そして本業の塾現場。それぞれが自分の一番の所で、精一杯生きる。それが一番良い…と思う。 [続きを読む]
  • ICHIRO さんの次のステージ
  • 「生涯マリナーズ」で助言。マリナーズ球団特別アドバイザー。ICHIRO さんのこれからのステージ。この羅針盤は双方合意のもとで生まれた。実に素晴らしいと思う。ICHIROさんが自分で創り上げた道。誰もが歩める道ではない。そんな唯一無二の生き方……。心か... [続きを読む]
  • 年相応の連休の過ごし方
  • 塾屋の正月と言えるこの5月の連休。入試、発表、卒業式、新年度スタート、新中3高校進学説明会。そして新規生の正式入塾手続。怒涛の3月・4月であった。この3月・4月を迎えるにあたり、11月から準備に掛かる。正に6ヶ月間の集大成がこの連休前に確定する。「... [続きを読む]
  • 上野塾が目指す港は・・・
  • 塾の卒業式をやるようになって、今年で7回目を数える。卒業式をやる塾は他にもあるだろう。そんなことやらない、と言う塾もあるだろう。塾は色々あっていいと思う。卒業式の私の話の中で「守・破・離」の話をした。「守」は、当たり前のことをキチンとやる。... [続きを読む]
  • 免許証ケース
  • この免許証ケース、30年使ったと思う。ハンティングワールド(韓国で買ったイミテーション)のケース。あまりの老朽化を哀れみ、カミさんが新しい免許証ケースを、何の記念日でもない今日、買ってきてくれた。中身を移し替えると、いろいろな写真が出てきた。カ... [続きを読む]
  • 記念アルバム
  • 末娘の二十歳の記念品。大きくなったもんだ。この春から東京吉祥寺の美容室で、夢街道を歩む。人間だから色々妥協はあるかもしれない。けれど、仕事の夢実現だけは妥協のない生き方をして欲しい。あなたの父親はそんな背中を見せてきたつもりです。 [続きを読む]
  • 男の褒美
  • 息子が一つのプロジェクトの目処を付け、長期休暇を取って実家に戻ってきた。自分への褒美をこの休みに買ったようだ。いいことだ。息子は20代でタグホイヤーを手にした。俺にはなかった………。 [続きを読む]
  • カミさん、寝込む
  • やっぱり健康が一番だ。家族の誰かが病気になるとみんなの元気がなくなる。特に今は5人家族である上野家だが、3人の子どもたちは皆、一人暮らしをしている。一人暮らしの病気は心細い。私は家内と二人で同じ屋根の下で暮らしているが、そにカミさんが寝込むと... [続きを読む]
  • 新年度総会
  • この花咲きホールでの総会は8回目を数える。初年度は大雪に見舞われた。まだ自分には身分不相応だと思った。回を重ねて、上野塾の総会の形が整ってきた。今回は10年担当してくれた本校の教室長である黒田から、若手の加藤に教室長バトンを渡す会でもあった。黒... [続きを読む]