hathu さん プロフィール

  •  
hathuさん: 『はつかいち』ぶらり
ハンドル名hathu さん
ブログタイトル『はつかいち』ぶらり
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hera_001
サイト紹介文安芸の宮島がある廿日市−見たままを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2007/05/12 08:23

hathu さんのブログ記事

  • 隠岐の島探訪−隠岐の民家
  • 億岐家住宅都万目の民家佐々木家住宅玉若酢命神社に隣接の億岐家住宅(国重文)は神職家の住宅で、屋根は茅葺屋根であり建物正面に三か所の出入り口がある。郡地区の隠岐郷土館脇にある都万目の民家は都万目地区にあった豪農の民家を移築されたようで茅葺の屋根... [続きを読む]
  • 隠岐の島探訪−スヤ
  • 郡地区大城地区卯敷地区飯美地区墓といえば墓石が積み上げられた石塔と思うが、隠岐の島を巡っていると所々にある墓地の中に見たことがない墓上施設のスヤといわれる小さな祠がみられた。スヤは土葬されていた頃に埋葬地の上に置かれていたようでるが、火葬され... [続きを読む]
  • 関東一宮参詣
  • 香取神宮鹿島神宮氷川神社大洗磯前神社靖国神社昨日と本日、千葉県香取市の下総一宮香取神宮、茨城県鹿島市の常陸一宮鹿島神宮、埼玉県さいたま市の武蔵一宮氷川神社と茨城県大洗町の大洗磯前神社、東京都千代田区の靖国神社を参詣した。宿泊先からタブレット... [続きを読む]
  • 隠岐の島探訪−隠岐造の本殿
  • 玉若酢命神社水若酢神社伊勢命神社賀茂那備神社隠岐の島にある神社の本殿で隠岐造といわれる隠岐地方独特の様式を有する下西地区の玉若酢命神社(国重文)、郡地区の水若酢神社(国重文)、久見地区の伊勢命神社、加茂地区の賀茂那備神社を参詣した。隠岐造は切妻... [続きを読む]
  • 隠岐の島探訪−社殿のない神社
  • 大山神社岩倉神社御客神社隠岐ユネスコ世界ジオパークHPの島後の神社マップには90社位表示されているが、これらのうち巨木信仰や巨磐信仰など自然信仰の形を伝え社殿のない珍しい神社を探訪した。布施地区にある大山神社は鳥居をくぐると御神体である杉の... [続きを読む]
  • 隠岐の島探訪−ババ・ハデ
  • 隠岐の島を一周したが各所で田んぼの代掻きが終わった所や田植えの終わっている所がみられた。隠岐郷土館の展示民具の中にある田植え民具で筋付けがババと呼称されているようであり、当地ではババ引きと云って碁盤の目のように筋を引くようである。(ババ引き画像... [続きを読む]
  • 隠岐の島探訪−舟小屋
  • 都万の舟小屋卯敷の舟小屋飯美の舟小屋伊根の舟小屋・三方湖の舟小屋隠岐の島では冬期の積雪量や降雨量が多いようで木造の舟を守るために小屋が設けられており、地域色のある舟小屋のある集落を探訪してみた。都万の舟小屋は昭和62年(1987)に農道建設の... [続きを読む]
  • 隠岐の島探訪−灯台
  • 西郷岬灯台西郷岬灯台白鳥埼灯台沖ノ島灯台隠岐の島島後の南端白崎にある西郷岬灯台で銘文によると初點大正10年(1921)3月31日とあった。灯台は時代を感じさせるようなレトロな建物でありかつては吏員退息所などがあったようである。訪れた時は雨と... [続きを読む]
  • 御手洗川の橋−北山橋
  • 市道の宮内越通り線で御手洗川に架かる北山橋で小字を橋名とされたようである。北山橋の上流側には歩道橋が架けられている。このルートは江戸期地御前村八ツ面地区に通じる村内の往還道だったようで御手洗川には土橋がかけられていたようである。 [続きを読む]
  • 不法投棄防止啓発看板
  • 原地区の国道433号線歩道脇の柵に不法投棄防止啓発看板(下画像)が取り付けられている近くに手作りの同様な啓発看板が柵に取り付けられていた。うちわに張り付けられた赤い監視眼人(?)が「私は見ている ここを汚すな」と・・・ [続きを読む]
  • 阿多田島探訪−共同用水池・井戸
  • 阿多田島は水不足に悩まされていたようで昭和56年(1981)に海底送水管の布設工事により水道給水されるようになったようである。それ以前に使用されていたものとみられる共同用水池と井戸の跡がみられた。共同用水池は昨日紹介した阿多田島神社の下にあり... [続きを読む]
  • 阿多田島探訪−阿多田島神社
  • 灯台資料館に向かう周回道路の入口にある阿多田島神社を参詣した。由緒などは定かでないが島民の人達に厚く信仰されているようである。境内には兵役満期記念に砲弾や砲弾を模した石造を載せた記念碑がみられる。二の鳥居脇には昭和53年(1978)7月25日... [続きを読む]
  • 阿多田島探訪−観音堂
  • 阿多田島灯台資料館に向かう途中、観音山にある観音堂に向かう参道があったので登って参詣した。小さなコンクリート製の堂であるが島民の人達に厚く信仰されているようであり、参道脇などには結婚記念樹などが植えられていた。江戸期の地誌によると玖波村の網屋... [続きを読む]
  • 阿多田島探訪
  • 阿多田島には小方港から阿多田島汽船のフェリー涼凪が1日5往復している。上画像向う側に見える元阿多田島小学校は平成25年(2013)に廃校となったようで、小方学園に通学のためのフェリー涼凪に学生室が設けられていた。阿多田島は岩国基地に近く轟音を響か... [続きを読む]
  • 御手洗川の橋−大方橋
  • 地御前ハイツに向かう市道の大方金剛寺線で御手洗川に架かる大方橋で、この橋が架橋される以前には廿日市町の上水取水場に向かう小さな橋が架けられていたようである。昭和61年(1986)の国土地理院の空中写真によると大方橋は架橋されているようであるが... [続きを読む]
  • 御手洗川の橋−御手洗橋
  • 市道の旧国道線で御手洗川に架かる現在の御手洗橋は昭和48年(1973)2月に架橋されたようである。江戸後期、宮内村から地御前村に向かう里道で御手洗川では飛石を渡っており、明治初年に石橋が掛け渡されたようである。明治11年(1878)から海岸... [続きを読む]
  • フジ花盛り
  • 原地区をウォーキングしているとあちらこちらでフジの花が花盛りであった。上画像と中画像は山フジの蔓が樹木に絡みついているもので花が咲いている時は綺麗であるが、絡みついた蔓は厄介なものである。下画像はフジ棚を作っておられ棚から垂れたフジ花であるが... [続きを読む]
  • 落合民家の蔵飾り
  • 備後落合駅入口付近の国道183号線沿いに5〜6軒の民家があり、その1軒の民家土蔵にみられた蔵飾りで当市内付近では見られないような手法のものであった。丸縁内の黒バックに波文と飛び鳥が漆喰細工で表されたものと、丸縁内の黒バックに熊手と小判... [続きを読む]
  • JR備後落合駅上屋
  • 昨日紹介した備後落合駅の2・3番線ホームの上屋の骨組みは古レールを加工して築造されており、厚く塗られ柱材から刻銘がかすかに読み取れる。刻銘には「CARNEGIE 1908 ET ・・・」とあり、アメリカのカーネギー製鋼会社が明治41年(190... [続きを読む]
  • JR備後落合駅
  • 日野路からの帰路途中、俄か鉄ちゃんになりJR備後落合駅に寄ってみた。芸備線からこの駅で木次線が分岐しており、かつて100人余の国鉄職員がいたということであるが今は閑散とした無人秘境駅である。駅には3番線までのホームがあって数多くの線路がみられ草... [続きを読む]
  • 日野路の厳島神社
  • 下榎厳島神社丸山厳島神社今回訪れた日野路にある厳島神社二社を参詣したが、なぜ中国山地に厳島神社があるのだろうか。日野町下榎にある厳島神社は鳥取県神社誌に「社伝に宝永年中同村安左衛門と云ふ者安芸国嚴島神社より勧請せしと・・・」とあり、日南町丸山... [続きを読む]