ヒジハラ さん プロフィール

  •  
ヒジハラさん: Para Bellum
ハンドル名ヒジハラ さん
ブログタイトルPara Bellum
ブログURLhttps://murakumo1868.blog.fc2.com/
サイト紹介文明治・大正の軍人・政治家の話を気楽にやってます。特に海軍と広瀬武夫がメイン。 たまに江戸時代。
自由文近代は維新から昭和に至る政治史全般、特に政軍関係。
海軍好きなので海軍の話題が多め。
軍人では広瀬武夫、政治家では伊藤博文、原敬、浜口雄幸が大好き。

たまに江戸時代の話。
町奉行等の政治機構や中期後期の知識人階層の繋がり、そして幕末。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2007/05/12 23:20

ヒジハラ さんのブログ記事

  • 「西郷どん」第47話 敬天愛人(最終話)
  • 終りましたね。今日の放送入れて4.5話位しか見ていない私が言う事じゃないと思うのですが、何の感慨もわかない。大久保がキモい(大久保好きな私にこんなこと言わせないで!涙いやー、何というかね、大河が西郷隆盛と分かった時、結構多くの方が期待したのは西南戦争だったと思うのです。こんな私ですら西南戦争は見たいと思ったのよw(明治の風俗と共に…まさか高速でそこが終わるとは思ってなかったー私にとっては高速どころか [続きを読む]
  • 西南戦争写真いくつか
  • 先週までもしかしたら今年いっぱいトレンチコートでいけるんじゃと思ってたヒジハラですこんばんわ。急に寒くなりましたね。すいません、更新の余裕がない…来週ちょっくら鹿児島に行くのですがその準備が全然できてなーい。今回は特に見たい所が沢山ある訳ではなく、単に桐野のお墓参りに行きたいだけである。140回忌である。一応12月2日のお誕生日はケーキを焼きました。ものっそやっつけな感じのするチョコケーキ。笑 行き漏 [続きを読む]
  • 桐野利秋、とある人物評(2)
  • 桐野利秋、続き。これは桐野ではないのだけれど、青竹云々の隣の辺見十郎太の話が少し気になって。問「辺見は指揮の際に退却しようとする者を斬ったと言うが本当か」答「そんなことはない、棍で殴っていた」棍で殴るのも大概だと思うんだけどね。いやー、これ、どちらが本当なのかと思いまして。退却しようとする者を斬ったと言う話は結構言われます。有名だと思う。ただどこで言われているの?という話で、私が確認したものでは、 [続きを読む]
  • サイト更新:西南戦争3(薩軍長囲策、段山の戦い②)
  • サイト更新です。熊本城×西南戦争の第3弾、「薩軍長囲策、段山の戦い②」になります。前回は薩軍は熊本城を数日強襲したものの一塁も抜けなかったという所まででした。段山しか取れないとかいうまさかの結果!そこで薩軍は熊本城の強襲策から長囲策へと作戦を転換します。主力は熊本城の北方へ向かい、長囲軍はそのまま熊本城の包囲を続行することになる。この作戦転換の軍議の際、力攻めの継続を主張したのは篠原国幹、別府晋介 [続きを読む]
  • 桐野利秋、とある人物評
  • 大河ドラマ関係のエントリ、読み返して自分でもちょっと落ち着けwと思ってしまう。何というか、もう特に言うことはなくてですね、ただただ興味を持って検索サイトからこのブログなりサイトなりに来てくださった方に、ちょっと違うらしいよと言うのが伝わればいいと思います…このサイトのいつものスタンスです。史実と違うから!と怒っているのではなく、先人を蔑ろにしているように見える内容を悲しんでいると思ってくださいorz** [続きを読む]
  • 「西郷どん」第46話 西南戦争
  • 雨は降る降るじんばは濡れる 越すに越されぬ田原坂誰か日テレの「田原坂」持ってきて。(※この一言に全てが凝縮されています)はい、今週の「西郷もういい加減にせんか」始まるよー***●今週もお花畑全開で始まりました。士族の窮状を政府に訴える為、小銃と大刀を携行した1.3万人の私学校生徒(と書いて薩摩の猛者と読む)を連れて行ったんですか。これで戦争にならないと思う方が凄いですね。実際には①熊本城を取る、②長崎・ [続きを読む]
  • サイト更新:西南戦争2(熊本城攻防戦、段山の戦い)
  • サイト更新:熊本城×西南戦争2(熊本城攻防戦、段山の戦い)思いの外未アップのページリンクが されているので、少し早めに更新します。リンクを繋げているページ数が多いので、ひとつ変えると10ページ程を変更する必要があるのです。その都度触るのが面倒で見た目アクティブなまま横着しています。すいません。ただ大河は熊本城?何それ?みたいな感じになりそうやなー。笑流石に触れられるだろうけれど…篠原も和装の [続きを読む]
  • 「西郷どん」第45話 西郷立つ
  • ※辛辣です。読んでからのクレームも批判も受け付けない。レビューを書く気はありませんでした。しかし想像を凌駕する酷さに、烏滸がましいとは思いますが、書いた方がいい気がしてきた。付き合う気がある人は付き合って。言葉は荒い。内容を要約すると「今日の内容は尽く嘘です。特に桐野」これに尽きます。今週の西郷もういい加減にせんか(木戸孝允に切り替わりました…***このドラマは桐野利秋に新たな汚名を着せてくれやがり [続きを読む]
  • サイト更新:熊本城×西南戦争1(熊本城籠城へ)
  • 昨日の更新です。今回の更新は大河ドラマの内容とそこそこマッチしていると思いますので、よろしければ予習(笑)がてらどうぞ。大河、今後は一応見るつもりではいます。なんちゃって西南戦争でも一応西南戦争だし…というか内容がそこそこまともなら最初から見てたんですけどね。しかしながらあと3話で終わりだそうで、来週から西南戦争が始まるのに残り3話?お、おう…熊本城攻防戦するのかな。…するよね流石に。え、あ、まさ [続きを読む]
  • 続・「西郷どん」見ました、が。 (第44話:士族たちの動乱)
  • が。(笑もう最早ネタとしか思えない題ですね。そうですね。しまったな。この題で1年レビューすれば良かったか。※かなり辛辣です。読んでからのクレームも批判も受け付けない。**雑。ただひたすら雑。感想?晋どーん!もうここらでヨカーー!!これしかないwwwすいません、ここからちょっとマジです。滅多にない真面目だよ!(笑)(言った傍からお前は…**いや、何と言いますか。本当に、一体何をどうしたらあんな話になるの [続きを読む]
  • サイト更新(史跡:田原坂、吉次峠)
  • 改訂です。頑張った…私頑張ったよ…パトラッシュ…いや、ちょっとあれこれ本当に大変だったのです。改訂に費やす時間じゃないよorz具体的には①いっそと思って「西南戦争:田原坂の戦い」という形で題も変えました。あと各ページに何を書いているのか、もう少し分かり易くと思って目次リンクを作ったので、利便性は上がったと思います。(それだけ閲覧数が急激に増えてきた…大河のせいというかお陰だと思うけどコワイ…)具体的 [続きを読む]
  • 「幕末・維新の人とことば」展@大阪城天守閣(2)
  • こちらの続きです。すいません忘れていた訳では…訳では…大塩平八郎に次いで見られて嬉しかったのは、江川太郎左衛門の書画です。写真チラシの左上に富士が見えていますが、こちらが江川の自画賛。「さとはまだ 夜深し富士の あさひ影」と自賛があります。解説にあったのは以下。江川は相次ぐ外国船出没による危機感から海防の強化を主張し、砲術をはじめとする西洋の進んだ技術の導入に取り組んだ。これは老中水野忠邦の支援を [続きを読む]
  • 西南戦争の”通説”
  • 大丈夫生きてます。荒れた机の中で生活してます。史跡案内の紹介ページ作成でげっそりしてます。好きでやってんのにな。もうじき熊本城関連の続きを更新する予定ですが、次回からはテーマが「熊本城×西南戦争」。あれいるかな?これいるかな?という感じで、史跡案内とはというようなページになってしまった。笑「熊本城攻防戦 実況中継(ダイジェスト)」ですね。一応完成は見てます。が、併せて田原坂のページを改定しなければ [続きを読む]
  • サイト更新( 史跡:熊本城2/神風連の乱)
  • 史跡 近代【熊本城(2)/桜山神社、神風連資料館】熊本城×明治の続き。今回は神風連の乱関連の石碑、史跡の紹介になります。軽く神風連の説明から入っていますので、宜しくお付き合いくださいませ。神風連は石光真清の『城下の人』を読んで非常に印象が変わりました。この方々、人間的には非常に尊敬を集める人たちであったようです。ただ以前書きましたが、神風連の人々は同時代の熊本士族にさえ理解されなかったようで、他党 [続きを読む]
  • ボヘミアンラプソディ
  • 初日に観てきました。久々に前売り買って凄く楽しみにしてたんだ…!良かったです。泣くだろうなと思っていたんだけれど、最後のライブ・エイドが胸熱すぎて凄すぎて、やっぱり泣きながら見てた^^;でも私だけでなくて、見に来ていた人大体泣いてたみたい(おじさん連中も。というか見に来てたおじさんたちはモロQueenの世代だよね。羨ましい)。だってあんな再現度高いなんて思ってない!フレディの動きも完コピやないか…The S [続きを読む]
  • 真田山陸軍墓地
  • 真田山陸軍墓地についての詳細はこちら「真田山陸軍墓地」をご覧下さい。個人的には多くの方に知っていて欲しいと思う遺跡のひとつです。遺跡と言うか史跡と言うか、墓地なんやけど…場所は大阪の天王寺。真田とあることから分かるように、大坂の陣で活躍した真田幸村縁の地です。真田丸があったと言われている付近。地図に見えている三光神社、心眼寺いずれも真田縁の寺社になります。その間に挟まれている。真田山陸軍墓地は日本 [続きを読む]
  • 「幕末・維新の人とことば」展@大阪城天守閣(1)
  • 先日書いていた展覧会を見てきました。結論から言いますと、思っていた以上に良かったです。結構見応えがありました。幕末維新150年ということで大阪でもいくらか関連する史跡案内などが出ています。大阪城公園駅の構内にも写真のようなポスター?が貼られていたり… 大河ドラマのタイアップもあると思うのだけれど、西南戦争関連の催しも開催されていた。3日はOSKと旭堂南陵の立体講談で城山の戦い、天孫降臨霧島九面太鼓、4 [続きを読む]
  • 田原坂、抜刀隊(産経新聞11/3)
  • 本日の産経新聞に載っていた。あら、田原坂(タイムリーおい。警視抜刀隊の主力は薩摩藩の郷士階級です。いまだにこんな事書かれるのか。今朝新聞を読んで本気で驚いた。この記者の方、参考文献なりなんなり確認されていると思うのだけれど、一体何を参考にしたんだろう。新聞で書かれるくらいなら、そらー佐川官兵衛も藤田五郎(斎藤一)も抜刀隊にいたと思う人がいつまでもいる筈だよ…いやいや、両者とも抜刀隊はおろか田原坂戦 [続きを読む]
  • サイト更新(近代:昭和天皇と周辺の人々)
  • 副題:主に明治(副題?熊本城(近代)の史跡案内の続きだと思ってたでしょう!ちがーう!(笑海軍士官の山本信次郎の話「ダイバーシティ」から派生した、昭和天皇が関わった明治の人々の話です(幼少期から青年期が中心)。正しくは昭和天皇が戦後に記者会見の場で記者たちに尋ねられて、お答えになった回顧。昨年こちらで連載していたものですが、今年の初め頃から異様に閲覧数が多くて驚いています。ご覧頂きましてありがとうご [続きを読む]
  • 桐野利秋の新刊
  • 気付いたら桐野利秋の新刊が出ていました。大河に取り上げられて、その内容はひとまず措いて良いなと思うのは新しく史料が発見されたり、出版物が増えたりすることだと思っています。あと展覧会が増える(重要)。しかしこうしたブームの時の出版物は玉石混交です。それまでの間違いがそのまま踏襲されていたり、情報が更新されていなかったり、史実と物語の区別つけろよというものも多いので、このレベルでお金取るのと思うような [続きを読む]
  • サイト更新( 史跡:熊本城1)
  • 史跡 近代:【熊本城(1)】近代と言い張ります。笑マジかよ(マジです西南戦争の括りでの史跡案内です。ね!近代でしょ!(言い聞かせ1:天守閣・長塀・石垣2:本丸御殿3:宇土櫓4:天守閣の展示(近代)5:城外の銅像(高橋公園)こういう感じで紹介していますが、お城については説明なんて別にいらんやろと思うので淡々と写真を上げています。近代に関係あるのは3、4、5で、特に4については地震以降閉鎖されています [続きを読む]
  • 維新150年イベント、ふたつ
  • 我ながらめっちゃ笑った。西南w戦争wwの乱wwwモルダー、あなた疲れてるのよ。今作ってる西南戦争のページです。熊本籠城戦開始した直後だけどもう辛い。笑まあぼちぼち進めていきます。魔法の言葉ぼちぼち…今日一日これやってたんですが、本当にどこにも行かず、犬の散歩しか行かず。荒れ始めた机と掛けている時間程先に進まないのが辛い。つらい。それにおかしいな…史跡紹介のページのはずなのに戦争の経緯ばかり書いてあって [続きを読む]
  • なんともいえない
  • シーボルトの妻のラブレターが見つかったとの事。(2018/10/12 西日本新聞)シーボルトの日本人妻、つまりお滝さんですね。おお…昨年の「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」展の日本地図といい、ぼちぼち話題が出てきますね、シーボルト。個人的に凄くタイムリーだなと思ったのですが、丁度お借りした朝井まかての『先生のお庭番』という小説を読んでいたのです…隠密か何かの話かと思いきや「先生」はシーボルト先生でござっ [続きを読む]
  • 14th*更新(史跡:田原坂)
  • すいまっせん!生きとるでー!べつにB'zのイベントに行けなかったら拗ねとった訳ではないんです。…ないんです…(拗ねとったんか)会場である映画館が台風で軒並み閉館予告、電車も計画運休と言っていたのにある訳ないわ!笑そういう意味では明日ないよって前日夜に言ってくれて心の準備は出来てた。うん。できてた…wowowで来月というか今月もあれこれ放送されるのだけど、家入ってないんだなあ。うーん、ライブのファイナルが放 [続きを読む]
  • まさかの
  • 色々あるけど悪運だけは強い方だったのに…!本当に本当に楽しみにしてたのに…!うわーん!!(※)色々自分がいる時に台風で土砂崩れ自分がいる時に9・11テロ発生自分がいる時に震度6(震源地…自分がいる時に台風上陸 [続きを読む]