有栖川 款 さん プロフィール

  •  
有栖川 款さん: Under The Moonlight
ハンドル名有栖川 款 さん
ブログタイトルUnder The Moonlight
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cdtxk433
サイト紹介文小説書き有栖川 款のブログ。「のべぷろ!」にて有料作品を載せてます。ここでは近況と仏教を(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2007/05/13 21:32

有栖川 款 さんのブログ記事

  • 妥協禁物
  •  1000文字の小宇宙、「春彩鮮明」更新しました。 何か微妙に文章がおかしかったので急いで直しました。 見た人がどのくらいいるかは謎ですが…。 細かいところまで意識する時もあるんですが、流しちゃう時もあって、自分的に妥協はしちゃいけないよね、と再確認。 [続きを読む]
  • 春彩鮮明
  •  彼岸の寒の戻りか、三月も後半だというのに寒さに震えながら、あたしはかなり不機嫌で車に乗り込み、運転していた。 四月からの異動が、希望もなんにも届かないような田舎になったことで、前任の上司と待ち合わせて顧客回りの予定なのだ。 地方都市とは言え、それなりに便利な街に住み慣れたら、何にもないような田舎には住めないよ、と散々ぼやいてみたけれど、もちろんそんなことで人事が覆ったりするわけない。 スローライ [続きを読む]
  • 更新のお知らせ
  •  裏ブログ、「ことりさんちのシアワセ日記・シェイプアップ」 を、更新しました♪ なかなか更新できないので、メモしてるネタを順次書こう、と思いました。 なので少し前の話ですが。 そして書き溜めておいて予約更新ができるように…がんばろー。 [続きを読む]
  • 雪の朝
  •  目が覚めたら銀世界だった。 昨夜から冷え込んでいたし天気予報は大寒波が来ると脅迫ニュースを流し続けていたから覚悟はしていたけれど、ここ数年来一番の雪景色に、ちょっと心が踊った。 仕事にいく人は大変なんだろうけれど、気ままな自由業、僕は今日一日休みを決め込んで、もう一度ベッドに潜り込んだ。少しだけ、寝坊するために。  不思議な、夢を見た。 真っ白な雪の中、僕はどこかを目指して歩いている。 雪が深く [続きを読む]
  • お知らせ
  •  ひっそりと更新してる裏ブログ 「ことりさんちのシアワセ日記」ですが、実はもともと別のブログで始めたんです。 訪問者数も少ないし、こっちでもみてもらえたらいいかなぁと思ってヤフーブログも作ったんですが。 内容は同じなので毎回両方書くのも面倒だし(コピペだけど) かといって訪問者数も増えないので(´;ω;`) 一個に統一します。 こっちにしようかと思ったんだけどねぇ、FC2のお絵描きエディターが便利で。 [続きを読む]
  • 久々に
  •  ものすごく久しぶりに、のべぷろ!で新作公開しております。 王国ヴィダルの森の中シリーズ、 「ルート・オブ・アッシュの‘見習い’魔女」です。 有料なのは、過去作品が有料なので、いろいろ事情はありますが、そのままにしました。 シリーズものですが、登場人物も時間軸も違うので、単独で読めます。 実を言うと、結構前に書いてたものなんですが、何かイマイチ気に入らなくて書き直そうと思ってたんです。 書き直すつ [続きを読む]
  • いつの間に
  •  こっそり(?)裏ブログ、更新してます。 →ことりさんちのシアワセ日記「武装解除」 前回の更新日を見たら、十日以上経っててびっくりした。 そんな前に書いた気がしなかった…何故かというと、その翌日から熱を出して寝込んでいたのでした…。 初めに、旦那さまが発熱、同時に大雪…。 三日後ぐらいに見事に私も発熱…。 症状的にはインフルっぽかったけど、旦那さんは早すぎたのか、私は遅すぎたのか、二人ともインフル [続きを読む]
  • 猫物語について
  •  …このお話はフィクションです…。 うちには猫がいっぱいいて、まぁ殆ど野良みたいなもんですが、猫好きとしては至福の日々なんですが 上がってきてもあげるご飯がないので、あんまりそんなに遊ぶのもできなくて、どうかなーと思い、うち用にキャットフードを買ってきたら、クロちゃんが足繁く通ってくるようになり…。 昨日今日とすごい雪で、この辺は山の中なので結構降るし積もる。 さすがに昨日はクロちゃん来てなかった [続きを読む]
  • 猫物語
  •  僕はクロ。 その名の通り黒猫。全身黒だけど、自分では見えないけどちょっと焦げ茶っぽい色が混ざってるみたい。でも夜に出逢うと真っ黒だと思うよ。胸元のちょっとした白い毛がチャームポイントさ。 ちゃんとした名前があるかと言われたらビミョーだけど、僕の生活空間にいる人間はクロちゃんとかクーちゃんとかクーとか呼ぶ。 僕は生まれて二年も経ってないけど、山の中での暮らしはそこそこ快適だ。僕を生んだ母猫や同じ時 [続きを読む]
  • 心機一転
  • 明けましておめでとうございます♪ 年々、年が変わることに感慨が薄くなる今日この頃ですが。ずっと心の中に残ってるような、解消できてないことを、一つずつクリアしていく、そんな一年にしようと思います。好きなことを、楽しんで、魂が喜ぶような、そんな生き方を自分らしくしていきたいと思います。迷ったり悩んだりも、少しは(←ここ重要)するかもしれないけど、基本能天気なので、頑張ります。一番は、怠け者なところを何 [続きを読む]
  • 良いお年を
  •  今年は何だか怒涛の一年でした。 ここのところずっと多忙だったのが環境が激変して、内面の変化も大きかった。 自由にいろんな意味で解放されたはずなのに、自分自身の呪縛からなかなか抜け出せない感じで、少しずつリハビリしてる感じです(笑)小説を書くことだけじゃなく。 また、ブログのお友達とも交流を深める余裕が欲しいなぁ。 自分が楽しく、嬉しく、魂が喜ぶような生き方を、目指します♪ 今年もお世話になりました [続きを読む]
  • メリー・クリスマス♪
  •  ご無沙汰しております…。 裏ブログはちょこちょこ更新しておりますが、肝心のこっちがおろそかになっててすみません。 ずっと忙しいと言ってましたが、状況が変わって、今は静かになりました。 家事を頑張ってます、と言いたいところですが、手を抜く方法を頑張ってる感じ…。 せっかく時間ができたので、もっと小説を書きたいんだけど、他のことを今、急ぎでしてることが一つあるのもあるし、 何よりも、何か感覚が戻らな [続きを読む]
  • クリスマス・ア・ラ・カルト Ⅲ〜君への贈り物〜
  • 「君への贈り物」 十二月二十五日の終業式の朝、クラスメイトのアキの第一声が、「ねぇ、プレゼント、何もらった?」 だったので、些か辟易しながらナツはぼそりと答える。「ウチは、サンタクロース、来ないから」「ええ、何で!? あ、中学生はもう大人だからとか、そういう理由?」「…そうじゃなくて昔から。ウチは、親、忙しいし」「あ、そっか…」「アキは何もらったの?」 何だか悪いことを聞いてしまったような、しゅん [続きを読む]
  • クリスマス・ア・ラ・カルト Ⅱ〜プレゼント・フォー・ユー〜
  • 「プレゼント・フォー・ユー」 夜空から見下ろす景色は、光の洪水。 都会のネオンに、クリスマスのイルミネーションが加わって、さらに輝きを増している。 それは時が過ぎれば、幻のように消えてしまうけれど。 遠い日々の思い出のように、美しく心に残る。あたたかい気持ちと共に。 サンタクロースなんて、信じているのは子供の間だけ。 大人になればむしろ、自分が誰かに夢を与える喜びを知ったりもする。 それは結構誇れ [続きを読む]
  • クリスマス・ア・ラ・カルト Ⅰ〜祈りの歌〜
  •  夜空を走る軌跡が、いつもより星たちを瞬かせて。 胸の奥にいつまでも残る、どこか懐かしい音楽を響かせている。 あれは――…そう、鈴の音。大きな動物に引かれた、大きなそりに乗って、空を翔るのは、誰?「祈りの歌」 少年は、走っていた。両手に抱えた紙袋をしっかりと抱きしめて。(落とさないようにしなくちゃ) それは五日振りで手に入れたたった一つのパンだった。それほど大きくはないから、お父さんと二人、何日持 [続きを読む]
  • せんでん
  •  裏ブログ更新しました。 楽しく書いてるんだけど訪問者少ないし、あっちばっかり書いてると、こっちがご無沙汰になっちゃうので。 堂々と宣伝することにしました(笑) 未読の方は初めから読んでみて〜^^     ↓ ことりさんちのシアワセ日記 [続きを読む]
  • リハビリ中…
  •  1000文字の小宇宙、更新しました。 しばらく書いてないと、文章もストーリーもさっぱりで、何だかこう、じれじれする感じがします。 例の自分的代表作とも言える長編を完全改訂版で書きたいと思ってるんだけど、当時のモチベーションが戻ってこなくてなかなかしんどいです。 とにかく書くことを体に思い出させないと、と書きかけのものを書いてみたけど、やっぱりすっきり書けなくて途中でやめたものは、最初の一行だけ残して [続きを読む]
  • 新しい星
  •  違う星にいるような、気がした。 お盆が過ぎて、まだ残暑は厳しいものの、朝晩の風が僅かに秋の気配を見せ始めた頃。 何かに呼ばれたように、ふと空を見た。 真夏の濃厚な青より少しばかり薄くなった水色の空に、流れるような雲のリボンが縦横無尽に駆けている。 やわらかく、やさしく。 しなやかに自由自在に。 それはどこまでもどこまでも伸びて、視線を追わせるのが足りないくらいで、もっともっと見ていたい、と思う。 [続きを読む]
  • 空の向こうは幸せの国
  •  山のあなたの空遠く、さいわいすむと人は言う。 って、なんだっけ。 広い和室の畳に寝転がって、遠くに見える緑の連なりを眺めていたら、ふと思い出した。 なんだっけ、有名なフレーズ。詩か、詩だよね。 職業柄思い出せないと気持ち悪くなって、がばっと起き上がる。 パソコンを立ち上げると検索ワードを打ち込む。 ああ、そっか。カール・ブッセ。幸せは遠くにあるようだけど本当はそばにあると。 答えが分かってすっき [続きを読む]
  • せんでんせんでん
  •  小説を、書きかけて再び物凄い超過密スケジュールだったので書く暇もなく、合間に裏ブログの方はちょこちょこ更新してるのですが。 あんまり読者がいないので、宣伝です(笑) 人の新婚生活なんてそんなに興味ないかも?だし、まだ(ここ重要)そんなに面白いことも書いてませんが、よかったら覗いてくださいませー。 ことりさんちのシアワセ日記  [続きを読む]