松田安正 さん プロフィール

  •  
松田安正 さん: モンブランkobe「真心日記」
ハンドル名松田安正 さん
ブログタイトルモンブランkobe「真心日記」
ブログURLhttp://matsuda.tenkomori.tv/
サイト紹介文お菓子の不思議な力で、人との出逢いや全国の美味しい物を伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/05/14 15:10

松田安正 さんのブログ記事

  • 「今年最後の青森出張です。」
  • 今年最後の青森出張です。神戸も冷え込んでいますが・・・青森は昼まで−2℃、朝晩は−6℃めっちゃ寒い青森に出店して9年目の冬を迎えましたが寒さが神戸と違います。川沿いを歩くと氷がガラスのようにコチンコチン顔にあたる風がホント冷たいそんな中、今回はクリスマスト年末年始の最終打ち合わせです。関西ではクリスマス時期に雪が降ればホワイトクリスマスってロマンチックですが青森は当たり前通年はクリスマス頃には雪か [続きを読む]
  • 「世界のクリスマスケーキ〜イギリス〜。」
  • イギリスのクリスマスを御紹介しますね。 歴史的にはクロムウェルなどの宗教改革で一時途絶えたことのあるイギリスのクリスマスですが、多宗教、多民族を抱える現代でも全土的に親しまれ、公的休日も25日の他、翌日の26日もボクシングデイとして連休になっています。 現代のクリスマスはヨーロッパ各国と同様になってきており、子供たちはファザー・クリスマス (サンタクロース) を待ち、この国で生まれたクラッカーを鳴らして家 [続きを読む]
  • 「取引業者の皆様が年末の挨拶に来られます。」
  • この時期になると日頃お世話になっています取引業者の方々が年末の挨拶に来られます。クリスマス時期は業者さんも、こちらも忙しいので今のタイミング・・・・頂き物のカレンダーは昔ほど無くなりましたが最近はセンスのいい物が増えたような気がします。後は手帖やタオル、前掛けなど飲み物ではワインやビール、ジュースまたアイスクリームのギフト券などなど結構な数になるので年末に社員に分け分けします。カレンダーは特に可愛 [続きを読む]
  • 「12月13日はビタミンの日。」
  • 1910(明治43)年の今日12月13日 世界で初めて発見されたビタミンとも言われる「オリザニン(現在のビタミンB1)」を、鈴木梅太郎博士が学会で発表したことにちなんで制定された「ビタミンの日」。およそ100年前の日本人の発見が、今のわたしたちの健康習慣の原点と考えると、何だかありがたい気がしてきますね・・・・ ところでビタミンとは何かビタミンとは生物の生存・成長に必要な栄養素のうち、炭水化物、タンパク質、脂質以外 [続きを読む]
  • 「世界のクリスマスケーキ〜イタリア〜」
  • イタリアではクリスマスの時期に「パネトーネ」と呼ばれるパン菓子を食べる習慣があります。パネトーネは大きな円筒形に焼きあげたミラノ発祥のパン菓子で、パネトーネ菌を使って発酵させているのが最大の特徴です。パネトーネ菌とは、生まれたばかりの子牛が初乳を飲んだ後の腸内物質から取り出した菌を小麦粉と混ぜ合わせて作る自然酵母です。普通のパンは2〜3日経つとかたくてぱさぱさになってしまいますが、パネトーネ菌は保水 [続きを読む]
  • 「新梅田食堂街で日本一古いおでん屋さん。」
  • 大阪寝屋川のパティスリーフリアンの松島さんとクアドロの三坂社長と食事会です。松島さんとは大阪ホテルプラザ製菓部で一緒に修業をした中です。私が高卒で松島さんが大卒の4つ違い同期入社ということもあるのですが当時から生意気な私を温かく面倒を見てくれるお兄ちゃん的な存在かな?松島さんは大阪府洋菓子協会会長で私は兵庫県洋菓子協会の副会長と言うことで近畿ブロックの話やら大阪と兵庫で共同事業は何か出来ないかなど [続きを読む]
  • 「毎月10日はパンケーキの日。」
  • 毎月10日はパンケーキの日毎日の食生活で親しまれているパンケーキを、より楽しむ日としてもらうのが目的。日付はパンケーキを食べる時に使うフォークを1に、パンケーキを0に見立て、1と0を合わせた毎月10日に。ホットケーキとパンケーキの違いって知っていますか 一説によると、日本でホットケーキミックスを最初に発売した社長さんが、「温かいケーキだから、ホットケーキにしよう」と命名したそうです。パンケーキというのは小 [続きを読む]
  • 「クリスマスの花言葉。」
  • 花言葉は中世ヨーロッパで、騎士が戦場に行くとき村に残した恋人に花を贈り、その花のイメージに託された言葉の意味(花言葉)を伝えたことや、 野山に咲く草花にキリスト教のシンボル的な意味が込められて ヨーロッパの国々で発生してきたと伝えられたそうです。花言葉には、紀元前から古代ヨーロッパのギリシャやローマなどに伝わる神話や伝説からその花言葉がとられたものが多く、それぞれの花に、様々なエピソードが秘められて [続きを読む]
  • 「浜松町のランチは蕎麦。」
  • 浜松町でのランチはツヤっと美味しそうな蕎麦頂きました。「週替わりそば かしわつけ天」をオーダー普通盛りにして頂きましたが、充分過ぎるボリューム。隣の席の方は無料で出来る大盛りにされてましたが、うず高く積まれたそばはとても食べられないボリュームでも大盛り好きでも満足出来るお店かと。そんなボリュームに圧倒されたりしますが、そばもなかなか美味い。鳥の磯辺天もいいおかずになります。全体として十分満足な内容 [続きを読む]
  • 全日本洋菓子工業会「常任理事会」に出席しました。
  • 全日本洋菓子工業会「常任理事会」に出席しました。本年度、最終の常任理事会と言う事もあり報告事項が主になりました。先ずは卓越技能者表彰について食生活文化賞受賞者についてTarte−1グランプリ、第6回スイーツコンテストについてバターの需給状況についってなどなど・・・報告事項がありまたクリスマスについての情報交換がありました。事務局の皆さまも一年間お疲れさまでした。来年も宜しくお願い致します。 [続きを読む]
  • 「クリスマスプレゼントはいつから・・・・・」
  • クリスマスプレゼントはいつから・・・・・クリスマスプレゼントの起源として挙げられるのは、クリスマスそのものの起源とも共通するようです古代ローマのサトゥルナリアのプレゼントを贈り交換しあった習慣にあるとも言われ、同時代のサンタクロースの原型になったとされる聖ニコラウスの、貧しい人に施しを与えたとされる逸話なども関連されるとされます。 また、ゲルマンのユール(収穫祭、冬至祭、Yule, Jul)での習慣や、北欧 [続きを読む]
  • 「おいしいみかんの見分け方と甘くする方法・・・」
  • みかんはビタミンCがとても豊富に含まれており、体調管理にも役立ってくれる非常に栄養価の高い食べ物なのです。そこで、おいしいみかんの見分け方とみかんを更に甘くする方法は・・・・美味しいみかんは、濃い橙色をしていて、色にムラがなく、皮が薄くて、しっとりとしています。また、みかんの皮をよく観察すると、オレンジ色の濃いツブツブのようなものがありますよね?それは、「油胞」と呼ばれているもので、油胞が多いほど [続きを読む]
  • 「クリスマスって何の日ですか?」
  • クリスマスって何の日ですか?クリスマスは英語の「Christmas」ですが、これは「キリスト(Christ)のミサ(mass)」という意味だそうです。他の言語で言えば、フランス語の「Noel」(ノエル)とイタリア語の「Natale」(ナターレ)は、共に「誕生日」を意味するラテン語から来ています。ドイツ語では「Weihnacht」(ヴァイナハト)と呼ばれ、これは「聖夜(キリストが生まれた夜)」という意味だそうです。つまり、クリスマスとは [続きを読む]
  • 「キャンドルを楽しむコツは・・・・」
  • 寒い季節をあたたかく演出する小道具として人気のキャンドル。ろうそくの歴史は古く、ヨーロッパや中国では紀元前からつくられていたとされます。日本には6世紀の半ば頃、仏教とともに、ミツバチの巣から取れる蜜ロウを原料とした蜜ろうそくが中国から渡来しました。この頃のろうそくはとても高価で貴重なものだったので、使える人はごく限られていました。時代が下って江戸時代になると、日本でもろうそくが生産されるようになり [続きを読む]
  • 「加古川プロバスクラブとの合同例会。」
  • 加古川ロータリークラブの例会に出席しました。今週は加古川プロバスクラブとの合同例会です。平成5年に当クラブ創立40周年の事業として行われ今では通年事業になっています。「プロバス」とはプロフェッショナル ビジネスメン(専門職業の実業人)のProとBusをとった言葉で技術、技能、知識、貴重な体験を持たれた60才以上の方々を対象としてそれらの能力を次の世代にいかにうまく伝えるかそしてスムーズな世代交代に [続きを読む]
  • 12月1日はカイロの日
  • お菓子や海苔などのパックの中に「乾燥剤」か「脱酸素剤」が入っていますよね。 脱酸素剤などで、その多くに使われているのが鉄粉です。だから,未使用の脱酸素剤が入った袋は磁石にくっつくものが多いのです。では、なぜ鉄粉が酸素を吸収するのでしょうか。鉄は空気中の酸素と結びついて酸化鉄になります。この鉄が酸化する性質を使って酸素を取り除いているのです。鉄粉だけでは酸化する速度が遅いので、食塩など、酸化する速度 [続きを読む]
  • 兵庫県洋菓子組合の11月度理事会及び忘年会。」
  • 兵庫県洋菓子組合の11月度役員会に出席しました。議事として・・・・新年名刺交換会、インターンシップ就職合同説明会、会員増強部門より来年の事業について・・・・などなど報告事項として・・・第7回神戸マラソン、販売展示ブース設営、ランナーに洋菓子配布の件舞子公園クリスマスイベントへのクリスマス作品展示六甲オルゴールミュージアムにヘクセンハウス搬入第59回クリスマスコンテストの実地来期の事業計画案の検討、 [続きを読む]
  • 「B−1グランプリ2017in明石。」
  • ご当地グルメを通じてまちおこしをする祭典「B−1グランプリ」が明石市で開催されました。会場には多くの家族連れやカップルらが訪れ、東北から九州までの全国24団体が自慢のご当地グルメを振る舞いました。2日間で計173000人の来場があったようです。「B−1グランプリ」は全国のまちおこし団体がご当地グルメなどでまちのPRを行うイベントで県内からは地元明石市の「あかし玉子焼ひろめ隊」のほか、加古川市の「う [続きを読む]
  • 「11月28日はフランスパンの日。」
  • 日本フランスパン友の会は11月28日を「フランスパンの日」に制定されています。11(いい)28(フランスパン)との語呂合わせによるもの・・・・フランスのパンは、小麦粉、塩、イースト、水の4つの材料で作ったものが主流です。バゲットやバタールなどが主流ですが長さや重さやなどで名前が代わるのです パリジャン「パリっ子」という意味で棒状のパンでは最も長太いパンです。 バゲット「棒、杖」という意味でフランスパンの代 [続きを読む]
  • 「すだち・かぼす・ゆずの話。」
  • すだち・かぼす・ゆずの話。かんきつ類の中でも特に酸味が強く、生食には向いておらず、薬味や風味付けに用いるものを香酸かんきつ類と言うらしい。日本の香酸かんきつ類の代表的なものはすだち、かぼす、ゆずです。いずれもカリウム、ビタミンC、クエン酸が豊富であり、風邪の予防や疲労回復、美肌に効果があるようです。すだちの果重は30〜40gと小ぶりで、生産量の98%が徳島産なのです。完熟すると香りが消えるため、未熟なも [続きを読む]
  • 「冬においしい おでん。」
  • だれもが思い浮かべる冬の料理の代表「おでん」。ご飯のおかずとして・・・・・また、家族や友人たちと食卓を囲みながら食べるものとして、あるいは熱燗の酒の肴として、幅広い年代に親しまれている。おでん専門店は全国各地にあるが、その種や汁は多彩で、土地ごとの「おでん」があるといっても過言ではないでしょう。しかし、どこの「おでん」も体と心を温かくしてくれることは共通ですね。冬においしい「おでん」。三宮にある「 [続きを読む]
  • 「11月25日はOLの日。」
  • 働く女性の異業種間交流サークル「OLネットワークシステム」が1994(平成6)年に制定。以前は、職場で働く女性のことを「BG(business girl)」と呼んでいたそうですがこの言葉がアメリカの隠語で良くない意味があることがわかり、1963年9月12日にNHKが放送 禁止用語としました。これに代る言葉を『女性自身』が募集し、「OL(office lady)」という言葉を1963年11月25日発売の号から使い始めたそうです。 近年、女性の社会進出も当たり [続きを読む]
  • 「第59回クリスマスケーキコンテスト」
  • 兵庫県洋菓子協会の事業である「第59回クリスマスケーキコンテスト」が北野工房のまちで開かれ、県内の若手パティシエがケーキ作りの腕を競いあいました。工芸品を思わせるケーキに来場客はひと足早くクリスマス気分を味わったようです。経験年数5年以上の「Aクラス」や製菓専門学校の「学生」など4部門に、県内の洋菓子店などの若手パティシエから約100点以上の応募があり赤や緑のクッキーの屋根付きの家などを表現した個 [続きを読む]
  • 「11月23日は金柑の日。」
  • 虫さされ、かゆみ、肩こり、腰痛などに優れた効果を発揮する医薬品の「キンカン」などを製造販売する株式会社金冠堂さんが制定。「キンカン」を通じて、働いている人たちの勤労への感謝の意を表し、ねぎらうことが目的。日付は「勤労感謝の日」と同じ11月23日に。「勤労感謝の日」は略すと「勤(キン)感(カン)の日」となることもその由来らしいです。宮崎県で栽培されているみなさんご存知の果実といえば、「日向夏」や「マ [続きを読む]
  • 「11月22日は長野県りんごの日。」
  • 長野県りんごの日JA長野県経済連(現在のJA全農長野)等が1999(平成11)年に制定。長野県産林檎の主力品種が「ふじ」であることから「いい(11)ふじ(22)」の語呂合せと、「いい(11)ふうふ(22)」(いい夫婦)→「アダムとイヴ」→「林檎」との連想から。これはなかなか!語呂合わせだけではなく意味深いですね・・・・・りんごは日本人に馴染み深い果物のひとつですが、日本に伝わったのは平安時代頃に中国から渡ってきたという説がありま [続きを読む]