ガンバレールナイン さん プロフィール

  •  
ガンバレールナインさん: ブルートレインも国鉄型も動く寺子屋のガンバレール9
ハンドル名ガンバレールナイン さん
ブログタイトルブルートレインも国鉄型も動く寺子屋のガンバレール9
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ganbarail
サイト紹介文JR線上を走行する動く総合学園設立を目指す、熱血先生による小中学生のための国鉄型「楽習」教室!
自由文ブルートレインに栄光あれ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2007/05/14 17:48

ガンバレールナイン さんのブログ記事

  • 球児も応援
  • 神田川ランニング途中の撮影。昨日、土手でも見かけた少年野球部の夜練習だと思う。グラウンドの光が川面に光り輝き綺麗なので一枚撮った。球児の活躍は陰ながら応援しておこう。 [続きを読む]
  • 京王の不愉快な改札機
  • 先日、京王電鉄を利用してアルバイトにむかった際、駅で不愉快な気分を味わった。現金できっぷを買い券売機に向かうとパスモ専用機ばかり。大きな駅なのにこぜにを投入できたのはわずか1台の券売機だけだった。写真は編集中の機関誌ガンバレール第3号より。個人情報保護のため表情をわかりにくく修正。京王電鉄本線の、始発駅である新宿駅(元旦)京王の下車駅でも、改札機はパスモ専用機ずらり。幸い、アルバイトには余裕もって [続きを読む]
  • 富士号改良を再開(1)
  • オハネフ25はご覧のとおりだが、中間のオハネ25 100番台は寝台側ブラインド未装着なまま。本日、オハネも改良に入る。せごどんも終わるが、母校の一つ玉川大学の創立者小原国芳の故郷が鹿児島である。だから方向幕は西鹿児島で暫くよい。年内、なは号ソロの増結は難しい。2004年に走った懐かしの富士なみにオハネフ25デュエットもつなぎ、しかも、食堂車の隣に逆向きに連結するは、来年の梅が咲くまでの目標だ。本日 [続きを読む]
  • 温水プールは、安く♪
  • 今まで通ってた温水プールは、1時間250円。最近、行き始めた中学校の温水プールは1時間百円台でほぼ半額。もちろんのこと安いほど助かる。屋内だから冬でも寒くない。随時行くほどでない。原則、和田堀の陸上競技場まで走り、競技場を5〜6周競歩する日が多い。プールよりお金がかからないからだ。印刷のムラにより、青が水色っぽくでた部分に矢印をつけてみたから、水色っぽい日や時間帯に限りこの温水プールに行こうと思っ [続きを読む]
  • ヘッドマーク No6
  • サンライズ化も検討された関西夜行特急として最後の巨星だった。2008年の廃止から早くも10年の歳月が過ぎた。機関車はマンモス機EF66で、電源車カニを従えた姿に全盛期の姿が。なは・あかつきと共に編成が短く、個室寝台車は多かったものの凋落は隠せなかった。3電源式E653系を改造して七両あかつきと、四両なは、または彗星として座席車主体でもいいので復活してほしい。 [続きを読む]
  • ヘッドマーク No5
  • 581系、583系、20系、14系14形、14系15形、24系24形、24系25形の、国鉄が作ったすべての特急形寝台車を活用し最大5往復の運転。宮崎より南の都城まで入ってた時期も長い。国鉄の末期には客車による1往復に削減。あかつきと併結になった時からB個室1両をつないだが時遅く。4〜5両という短編成の窓は黒ずんでいた。しかしながら、B個室ソロに流れてたBGMのアディエマスは神秘的な音楽で、南九州の [続きを読む]
  • ヘッドマーク No4
  • 国鉄時代末に、上越線雪害のため北陸は、福井・米原駅・東海道本線経由という、急行列車時代の運転経路でも迂回運転。ブルートレインとして最短の距離を走るも人気が高くて、民営化を経て個室寝台車を六両も連結。編成の半分は個室車になり、ソロだけで定員100人に。編成の長さも北斗星より1両長く、食堂車こそ無いが北斗星に負けない豪華な編成で活躍。ムーンライト信州を改良、延長運転して中央、大糸線経由での復活を検討さ [続きを読む]
  • 103系を改良②
  • クハ103−14の隣は、現在のところは、天賞堂で買った黄色いユニットサッシ窓の動力車。このモハユニットにも車番を貼る。カナリア色には白でなく黒の番号を添付だ。モハ103は777も悪くないと思ってみたが小生、ななつ星を賛美しないため、77系が栄光と読める777はやめて、756番に決定。名護に向かうとか和(なご)むと読めるからだ。相棒のモハ102が4桁の最終新製車グループだが2013という数字もよい。 [続きを読む]
  • 103系を改良①
  • 先般、青いクハ103は415番のインレタを貼ったが、今回は反対側に連結の赤クハに車番付け。厳密に言うと、この低運クハのみ天賞堂で買ったものではない。方転できた初期のクハである。1月に四両セットとして確保時以降、低運の赤は運気を下げるという点で赤はヤフオクで3両手放し、このクハのみ残した。英検3級二次試験(面接)の帰り道に母と、立川から北朝霞まで、ホリデーむさしの号として乗車できたのがクハ103の1 [続きを読む]
  • ヘッドマーク No3
  • C62がけん引して、松本零士氏の銀河鉄道999のモデルにもなった。青森駅に降りたら雪の中。北に帰る人は連絡船に乗るという演歌どおり、上野〜青森を走った。最盛期は7往復。客車ブルートレインはそのうち4往復も設定された。国鉄時代末期に金帯化、個室A寝台車を連結。青函トンネルが開通しいよいよ札幌乗り入れかと夢見たファンもいた。実際は、ブルートレインについては東北本線・宇都宮経由の札幌ゆきに経路を変更、愛 [続きを読む]
  • ヘッドマーク No2
  • 最盛期は2往復のうち西日本編成が函館まで青函トンネルをくぐった上、A個室車も連結。昭和43年にデビュー。日本海縦貫線はいま、三セクにより分断されてしまったが、貨物列車の機関車後部に数台つなぐカートレイン風に仕立てて復活できないか。2025大阪万博も決定。函館〜大阪に返り咲いてほしい寝台特急列車だ。 [続きを読む]
  • ヘッドマーク No1
  • 最盛期は3往復。北斗星を救済してた列車で、デビューは昭和45年。鳥海の廃止(1997年)の際、上越線経由に改められたのは失敗だったとしか思えない。冬季は雪害で大幅な遅延、または運休が多かったからである。北上線、または陸羽東線経由であったならばと思う。別会社にまたがっての運行でないから、あけぼのには復活を願ってやまぬ。 [続きを読む]
  • 4列車発車!
  • 日航の札幌ホテルより、上野行き4列車北斗星4号の発車を撮影。2004年春のこと。長大14連結(機関車含め)を左に左にとうねらして、あめ色の電気が輝くグランシャリオ食堂車を中央に、青いテールマークを光らせ、音もなく去ってゆくが、遠く、豊平川を渡り右に姿を消すまで見送る。万感胸迫る思いで眺め続けた夜だった。 [続きを読む]
  • ED79 50番台
  • ED79は国鉄時代末に、余剰ぎみだったED75を改造してデビュー。青函トンネル貨物用だ。しかし好景気で機関車不足になり、50番台をバブル期に投入。改造でなく、新製で何台かつくられた。性能はほぼ同じで国鉄型の増備だ。しかしEF81形450番台が、まだ元気であるのと対照的に、ほぼ全機が転用先もなく引退していまい残念である。 [続きを読む]
  • ノースレインボーエクスプレス
  • ノースレインボーエクスプレスは、キハ183系として最終新製車だが、バブル期終わりの92年製で古い。排気ガス防止のため、青函トンネルを貨物用機関車にけん引されて青森まで乗り入れしてた臨時便を下車して撮影。98年ごろのことである。東日本14系レインボーより長生きしてきたが、好景気がもう少し続いたならばと思う。七両編成迄に連結され、北斗星の輸送を補完する臨時夜行列車として札幌から仙台まで南下。3編成に増 [続きを読む]
  • 廃止から四半世紀
  • 7往復14本の定期列車は夜行列車として明星や、あかつきと並ぶ最多運行本数だった。北松戸をゆく上りゆうづる4号。これを撮影した平成4年時点では、定期列車は1往復のみ。本日は11月30日。ゆうづる廃止から25年の歳月が過ぎた。併走して来る6000系ももういない。 [続きを読む]
  • 桃太郎 EF210 300番台
  • 本日は、弊社ガンバレール9ヤフオク商品群の一つとして桃太郎EF210 300 単品を紹介。激安より!★EF210 300番台 桃太郎 付属品なし/TOMIX! ★落札金額の10%は、本業の教育研究業と生徒達の図書購入費として役立たせて頂きますが、将来的には蒸気機関車とブルートレインを買い取り、JR線上を走行する “動く寺子屋” を経営してゆくという壮大な夢につなげます。このため赤字覚悟の安価スタートにて提供。当 [続きを読む]
  • 新三国志 第二部
  • 21世紀に入る前より、市川猿之助(3代目)自らが考案し発展させたスーパー歌舞伎。より高い次元へと向かっていた頃。とくに、劉備が女性だったという設定で始まった新三国志は6年にわたり公開。画像は、当時すでに病と闘いながらも諸葛亮孔明を担当してた3代目市川猿之助。今日では一座の中でもベテランな初代市川右近が蜀の国最後の武将、姜維(きょうい)役だった第二部「孔明篇」だ。アクロバットあり、猿之助の宙乗りあり [続きを読む]
  • 第4話 平安への予感〜予告4
  • 第3話は原画の完成に近いため、いま、「平安への予感」という題名で拙ストーリーマンガはだしのゆきちゃんは第4話を制作中、その冒頭の、主人公が怒るところより。北陸号の親不知の断崖を左に描いてる。ふたつ年下の藤枝伸一(副主人公の一人)を、実の弟なみに好いてる主人公ゆきちゃんは、ふとしたことがきっかけで、停学になり藤枝が嫌いに。バレー部のレギュラーから外されて自宅(天王星ゆき寝台平和号の1号車マイネ24− [続きを読む]
  • 黒幕の富士号
  • 大阪駅に終着後の銀河号方向幕回送に変換中、富士号品川という表示がでた。ダイヤが大幅に乱れ、数時間の遅れが生じるときに、品川止まりの上りブルトレが走ることもあった。しかし、富士の黒幕が実際走ったか、編成中に1両でも連結されたかどうか、謎だ。 [続きを読む]
  • ひたち号 小6のころ
  • 昭和61年春、当時住んでた北松戸付近を通過する、水戸へ向かう485系ひたち号の車内と私。窓のところには、発売されて間もない初期型485系トミックス3両を飾った。向こうに併走中の、6000系は先般、鉄路を去った。。 [続きを読む]
  • 掲載御礼申し上げます
  • レイル・マガジン編集部スタッフの皆様、最新号に拙イラスト作品583系雷鳥を掲載くださりありがとうございます。昨日、DD51が表紙の掲載誌が到着しています。本日勤労感謝の日ですが出勤のため、帰宅後開封いたしますが、どのような位置に載っているか楽しみにしてます。本業の教育研究所勤務の合間を縫い、ストーリー漫画ガンバレール9の第3話以降と同時並行制作になりますが今後もイラストを作り続けていきます。子供た [続きを読む]
  • 信号機点灯よし
  • 製作中の拙ブログ本(機関誌)第3号の32〜35ページになる部分より。宇宙特急平和号のマイネ24形702号に住んでる主人公ゆきちゃんは、赤梅学園の不良たちに立ち向かうも、見境無くし大爆発。夜ノ森が助けに入る第3話半ば。平和号での自宅謹慎を兼ねた留学を終え、天王星から2年ぶり地球に帰還すると、新理事長顕塵に母校は占拠されているというのにだ。大喧嘩でますます不利に。。赤も黒になる日が来る。悲しみと怒りを [続きを読む]