ENYAこ〜ら! さん プロフィール

  •  
ENYAこ〜ら!さん: とってもおいしい本のブログ
ハンドル名ENYAこ〜ら! さん
ブログタイトルとってもおいしい本のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/masamori10052000
サイト紹介文メインは読書した本の紹介ですが、そのほかにEコッカーのピース君の日常を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/05/15 21:34

ENYAこ〜ら! さんのブログ記事

  • 18、十津川警部シリーズ 湖西線12×4の謎
  • 西村 京太郎 著 徳間文庫久しぶりに十津川警部シリーズ、いつもながらストーリーの展開が早くて読みやすい!だからといって推理が薄いかといえばしっかりとした造り込みがなされている。とは言え、強引に犯人に迫って行く手法はシリーズ独特の流れ。探偵が行方不明になり部屋には身元不明の死体が発見される。残された手がかりといえば部屋で見つけられた琵琶湖の写真と12×4の謎の文字。それ以上の手がかりがつかめ [続きを読む]
  • 17、西郷どん! 下
  • 林 真理子著時代を作った男たち 新しき時代、維新編!ようやく最後まで読み終えました。時代の流れの中で理想と現実のギャップを思い知らされるのか?西南戦争へ向かって、事実が積み上がっていく。もうだれにも止められないのか。なんでこんなにも悲劇な終わり方をするのか、あまりにもドラマチックな真実でしょう。大島遠島だけでもまるで恋愛小説なのに、どれだけの展開がこの人の人生にあるのか。凄すぎます! [続きを読む]
  • 16、素顔の西郷隆盛
  • 磯田 道史 著 新潮新書日本が一変!「大西郷」とは、何者か。平成無比の歴史家、日本の原点を衝く。大河ドラマを見始めてから、初めて西郷隆盛という人について少し知った。そんなおり、NHKラジオで歴史再発見という番組で、西郷隆盛の生涯について8回ぐらいのシリーズをやっていることを、らじるらじるの聴き逃しという機能で聞くことができるのを知りました。繰り返し聴くことができるので、はまっちゃつて [続きを読む]
  • 15、午後には陽の当たる場所
  • 菊池 桃子 著 扶桑社コンプレックスだらけの元アイドルが、今では客員教授として教壇に立っているという。彼女に何が起こったのか。ひとりの女性としての、シングルマザーとしての、苦悩や葛藤、出会いと別れ。そのすべての想いが、いま初めて明かされる。菊池桃子、初の著書。菊池桃子さんといえば、ただただ可愛い😍という、イメージが強い!可愛さが際立ってるのかな。歌もあまり知らないけれど [続きを読む]
  • 14、十津川警部「オキナワ」
  • 西村 京太郎 著 文春文庫今回はダイアモンド・プリンセス号で神戸港から那覇、石垣島、台北を寄港して帰ってくる7泊8日の豪華客船の旅のお供として持参しました。今、西郷隆盛関連の著書を読みつつも沖縄に入ってオキナワを読破。ちゃんと石垣島の記述もあってタイムリーでした。お話は東京で身元不明の他殺体がへたるで発見される。死体の近くには「ヒガサ」というダイイングメッセージが残されていた。十 [続きを読む]
  • 13、自分のことだけ考える。
  • 堀江 貴文 著 ポプラ新書無駄なものにふりまわされないメンタル術炎上されるものになれ!成功は逆境から始まる生きていくうえで人は物事を考えて行動を起こすわけだが、様々な情報や条件を重ね合わせ、結果的にやっぱり自分の思いを行動に移すことができず、躊躇してしまう。考えることに時間をかけすぎて、結局前に進めず、現状維持。案外、そういうことって多いよなぁ!堀江貴文氏は、まず行動してみようっ [続きを読む]
  • 12、強運 ピンチをチャンスに変える実践法
  • 元谷 芙美子 著 SB C reative運とツキがどんどんやってくる!アパホテル爆発的成功の秘密私が社長です。アパホテルの社長さんはホテルのイメージキャラクターでみんな知っている⁉どんな人なのかと思って読んで見たが、もちろんやり手であるのは確かだが、前向きで明るくて謙虚、何事にも積極的で向上心があって🤭まあ、たいしたもんだわ。福井県生まれというのも気に入ったけど、信用金庫勤務の時 [続きを読む]
  • 雨に濡れた庭
  • 暖かくなったり寒くなったりと、今日は寒い方ですが、日曜日もたまには何もなくてのんびりと音楽を聴きながら過ごすのもいいもんだ。庭の草花たちも順次花をつけて💐楽しませてくれる。名前はわからないけれど、常連さんたちだ。 [続きを読む]
  • 夜桜見物〜足羽山
  • 家内の申し出により足羽山のしだれ桜を見に行って来ました!愛宕坂の階段を登って福井の夜景を楽しみながら、実はふらふらになりながら(^^;;なんとか神社までたどり着く!今日は福井も満開になりました。人もたくさん出ていて、祭り気分を味わったついでに、人魚焼きまでつい買ってしまいました! [続きを読む]
  • 一気に満開!
  • 今日は20度超えでポカポカ陽気見事桜が満開になりました、多分。全国的に桜前線が早く北上しており、テレビでも桜の話題満載でした。入社式に合わせたような開花満開になりましたね。 [続きを読む]
  • 福井の春は…
  • 福井にも春がやって来ました!桜はこんな感じ🌸今日あたりはさくでしょうね。来週入社式には間に合いそう。今朝の日の出はなかなか見ごたえありました!どだ、このとろけそうで美味そうな朝日!ついでに、福井城址に新しい名所がひとつ(^^)山里口御門の復元だそうです。幕末明治150年博、かいさいきねんらしいのだけど、どこでやってるのかがわかりにくい。 [続きを読む]
  • 6、西郷どん 上
  • 林 真理子 著 角川書店ドラマ原作まったく新しい西郷隆盛。激動の青春編!大河ドラマ「西郷どん」出演:鈴木亮平・瑛太・黒木華ほか2018年1月7日(日)放送開始NHK総合:毎日日曜午後8時〜ドラマの方は家内が見ているので私も途中から見ることにしました。一生懸命に見ると次見たくなりますね。ドラマ原作本なので基本的には同じなのですが、ドラマの方が細かく描いていますね。一旦東京から薩摩へ戻ったところで1冊目が [続きを読む]
  • それでも雪が☃
  • ここ数日、20度を超える暑いくらいのお天気でしたが、未だに駐車場にはこれだけの雪が積もってます。南向きの場所には全く雪は無くなりましたが、日当たりの悪い北向きの場所には、ところどころこんな感じで大雪の名残が残っています。 [続きを読む]
  • 5、天翔ける
  • 葉室 麟 著              角川書店坂本龍馬、西郷隆盛も信頼を寄せ、唯一、旧幕府と新政府、両者で要職に就き時代を動かした幕末四賢侯の一人、松平春嶽を描く歴史長編!この男無くして明治維新は無かった!福井の英雄、松平春嶽公は幕末から明治維新にかけて時代の中枢にいた男である。それは認めます。けど、思うんだけど、ほかにその立場を担える人がいなかった!というのが、本当のところなのでは?ある意味、 [続きを読む]
  • レトロな魔法瓶
  • 今朝、実家の燃えないゴミを捨てようとして、何気に見ると古めかしい魔法瓶が?捨てちゃえと、袋に放り込んだものの、ちょいまてよ。なかなかレトロで渋い形してるやんってなことで、記念に写真で残しておくことにしました。取っておこうかとも思ったのですが、燃えないゴミにサヨナラをしました(^^;; [続きを読む]