精神世界の鉄人 さん プロフィール

  •  
精神世界の鉄人さん: 精神世界の鉄人
ハンドル名精神世界の鉄人 さん
ブログタイトル精神世界の鉄人
ブログURLhttp://tomaatlas.hateblo.jp/
サイト紹介文UFOやチャネリング、前世、霊魂など、不思議な体験談、さらに、宇宙考古学や古代史も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2007/05/21 17:13

精神世界の鉄人 さんのブログ記事

  • 茨木市の旅
  • 私は、昨日も喫茶店で、アイスコーヒーを飲みながら、大好きな書籍や漫画を読みふけっていました。おそらく、今日も、そうだと思います。何かの本で、「人間は、18歳前後にやっていたことを、その後も一生続ける」と書いてありました。青春時代に、やっていたことが、本当に好きなことで、それは生涯あまり変わらないということです。「全ての偉大なものは、青春時代につくられる。その後の人生は、注釈にすぎない」これは、たし [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 8 宝
  • 日本という国は、太古の時代から、大陸と交流していましたが、その中心は、「日本海」でした。その頃は、まだ帆船だったので、ユーラシア大陸からアジアを中心に、人々が日本に来ていたようです。そのグループが、のちに渡来人や帰化人になり、日本にも大きな影響を与えています。日本史の舞台が、「太平洋」に移ったのは、わりと最近で幕末の頃からです。ペリー提督の黒船がやってきて、横浜などの関東地方を拠点にしました。ア [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 7 鶴と亀
  • 新潟県にも、古代史において、たくさんの隠されてきた秘密が、たくさんあります。しかし、古代史、その中でも、宇宙考古学的な視点がないと、読み解けないものも、たくさんあるようです。地球の歴史というのは、地球だけで完結していないのです。宇宙からやってきた宇宙人たち(神々)の存在のことがわからないと、チンプンカンプンなことばかりなのです。今回、私が訪れることによって、秘密のベールに覆われていた秘密も、少し [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 6 彌彦神社
  • 「日本海」をネットで調べると、興味深いことがわかります。以下は、ウィキペディアからの記事です。中国における古称は、「鯨海(けいかい)」であった。古代の日本では、「北海」と呼んでいた。「日本書紀」の垂仁天皇2年是年条に、朝鮮半島から来た都怒我阿羅斯等が、穴戸(長門)を出て海路を迷ったあげく、「北海をまわって出雲国を経て」越の笥飯浦(現在の敦賀)に至ったという話がある。「日本海」が、初めて見えるの [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 5 八咫烏
  • 旅行記も、この記事から、一気に佳境に突入します!その前に、「アヌンナキ」の一族についても、もう一度、おさらいしておきましょう。太古の時代、地球を訪問した宇宙人のグループは、たくさんいたようです。その中でも、一番、地球の歴史に深く関わったのは、何度も紹介している、「アヌンナキ」の一族です。学者によって意見は違いますが、古代の神話や伝説、そして、聖書などに登場する、「神々」や「妖精」などを、「宇宙 [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 4 シリウス
  • 秋田県から山形県に向かう途中、夜道をドライブしていたのですが、面白いことがありました。古代史や宇宙考古学の調査の旅をしていると、たまにあるのですが、運転していた車のカーナビが、いきなり狂い始め、デタラメな道を、指示し始めたのです。それでも、初めての土地なので、どうしていいかわからずに、しばらくは、その指示に従って運転していたのですが、さずがに、見当はずれの場所に向かい始めたので、元に戻ることにし [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 3 エデンの園
  • 宇宙考古学の話を、今までに、たくさんやってきましたが、主に、シュメール文明を中心に、文献を読んだり、インターネット上で、情報収集をやっていました。理由は、文字としての記録がキチンと残っているから、検証しやすいということです。この文明は、「アヌンナキ」という宇宙人の一族が、発展させた文明だったようです。 有名な「エデンの園」も、このシュメール文明の近くにあったようです。「エデンの園」は、遺伝子の実験 [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 2 龍神
  • 「龍神」について考えてみましょう。まず最初に、地球の人類全体のルーツの話です。以前にも書きましたが、これからの話の展開に必要だと思うので、もう一度書きます。世界中どこに行っても、龍の神話や伝説、壁画などが存在しています。特に日本には、龍を祀った神社も多く、神話も山ほどあります。不思議なのは、これほど身近な存在でありながら、ほとんどの人が、「空想上の動物だ」と思っていることです。たとえば、「干支 [続きを読む]
  • 日本海シークレットツアー 1 神の目
  • 先日、三連休の時に、話題の映画、「ボヘミアン・ラプソディ」を池袋の街の映画館で観てきました。?懐かしい曲が、たくさん流れてきて、嬉しい内容でした。いろいろなメッセージを受け取りましたが、一番は、「自分らしく生きる」ということの大切さです。?当たり前ですが、自分の人生は、自分のものなのです。?親や友人が、なんと言おうとも、自分のポリシーを貫いた主人公の生き方に、感動しました。観終わったあとは、映 [続きを読む]
  • 札幌セミナー 〜魂の設計図〜
  • 北海道の皆さん、大変長らくお待たせしました〜!ようやく、札幌でのセミナーの開催が決まりました。内容は、大人気の「魂の設計図」です。このセミナーを札幌で開催するのは、2年ぶりくらいかな?いろいろな生き方の講座がありますが、「魂(本当の自分)の今生での設計図は、どうなっているのか?」これを知っているのと知らないのでは、やはり、生き方が違ってきます。この機会に、ぜひ自分の人生の大まかなブループリント( [続きを読む]
  • 統一性をもったワクワク
  • 前回の「バシャール」の話が、大反響のようなので、今回も引き続き、バシャールのネタです。先週、新潟県を旅していました。詳しい旅行記は、来月くらいに書く予定ですが、ちょっと気が付いたことがあったので、この機会に書いておきます。新潟では、地元の方とも、交流しました。一緒に神社巡りをしたり、食事したりと、とても楽しい時間を過ごしました。良寛和尚が修行したと言われている場所で、友人の安川さんと記念 [続きを読む]
  • バシャール(BASHAR)
  • 11月9日に放送された、「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2018 秋 2時間SP」を、昨日、ようやく録画予約しておいたものを、まとめて観ました。たくさんの友人たちから、「久しぶりに、バシャールが、テレビにでるよ!」というメールをいただいていたので、これは、ぜひ観なければと思っていました。番組内では、Mr.都市伝説こと、関暁夫さんが、バシャールと交信ができる、ダリル・アンカさんと会い、チ [続きを読む]
  • アセンションペンダントの体験談集
  • 新しい読者の方も、たくさん増えたので、また紹介させていただきます。「不思議なペンダント・アセンション」の話題です。このペンダントの体験談が、たくさん届いているのですが、その中から、掲載許可をいただいたものを、シェアさせていただきます。これは紹介して、11年以上になりますが、ずーっと静かなロングセラーを続けています。このペンダントに惚れ込んで、「このペンダントを、ぜひ、世界中に広げましょう!」と言 [続きを読む]
  • 琉球王国シークレットツアー 7 守護神
  • 一般的な「沖縄県」のイメージは、「沖縄本島」だと思います。南北を逆にしていますが、なんとなく、「小さい島」に見えますね。「沖縄」という単語を聞くと、自動的に、この島のイメージが浮かんでくると思います。しかし、実際の沖縄県の面積は、無数の離島、それから、海の部分も含みます。さらに、その海には、深い海溝もあるので、海を含んだ体積は、とてつもない大きさになります。沖縄という文化圏は、元々は、「南西諸島 [続きを読む]
  • 琉球王国シークレットツアー 6 龍神
  • ここで、「龍神」について考えてみましょう。まず最初に、地球の人類全体のルーツの話です。以前にも書きましたが、これからの話の展開に必要だと思うので、もう一度書きます。世界中どこに行っても、龍の神話や伝説、壁画などが存在しています。特に日本には、龍を祀った神社も多く、神話も山ほどあります。不思議なのは、これほど身近な存在でありながら、ほとんどの人が、「空想上の動物だ」と思っていることです。たとえば [続きを読む]
  • 琉球王国シークレットツアー 5 琉球開闢の祖
  • ここで、またまた、古代史の復習しておきましょう。「アヌ王」、それから、その二人の息子たち、「エンリル」と「エンキ」の話は、シュメールの神話によると、今から、ざっと50万年前の出来事みたいです。ご存知のように、このグループのサポートしてきた文明は、中近東から始まり、ヨーロッパや中国、それから、アメリカなどを中心に、広がったのですが、そもそもの始まりは、「エンリル」と「エンキ」の兄弟喧嘩であり、「対 [続きを読む]
  • 琉球王国シークレットツアー 4 神武天皇
  • ここでもう一度、復習です。古代において、「ミトラ教」の地下の神殿で行わていた儀式の絵です。この宗教には、多くの宗教の源のような思想体系があるようです。特に、「キリスト教」や「密教」の原型とも言われている古い宗教です。正面の大きな絵は、「ミトラ教」のシンボルの絵ですが、実は、正面に大きく飾るようなものは、大して意味がなかったりします。ちょっとわかりにくいですが、部屋の中央に祭司のような男性がいて [続きを読む]
  • 琉球王国シークレットツアー 3 獅子と一角獣
  • ご存知のように、先月から、私や私の仲間たちが、日本列島に無数の地上絵があることを発見しています。現在までに、大小合わせて、50くらいの地上絵が見つかっています。これから先には、もっと増えると思います。そのくらい、日本は、どこの土地も、地上絵だらけなのです。その規模は、南米のペルーの「ナスカの地上絵」をはるかに上回ります。日本という国家は、北から南まで、全ての土地が古代遺跡なのです。その無数に [続きを読む]
  • 琉球王国シークレットツアー 2 斎場御嶽
  • 先月の「富士王朝ミラクルツアー」でも書いたのですが、私の人生は、今月から、新しい扉が開かれたような気がします。その新たなステージが、故郷の沖縄からだというのが、面白いです。具体的に、どう変わったのかは、表現が難しいのですが、あえて言えば、今まで、どちらかというと、自分一人でやってきたのですが、これからは、たくさんの人たちと、力を合わせて、いろいろなことをやっていくような流れになりそうです。個人的 [続きを読む]
  • 琉球王国シークレットツアー 1 アヌンナキ
  • 10月6日(土)は、私の52回目の誕生日でした。自然に集まったメンバーが、お祝いしてくれました。ありがとうございました!プレゼントの花束です。常連さんのラミちゃんと、ツーショットです。誕生日の翌日の10月7日から11日まで、4日間という短い時間でしたが、故郷の沖縄に滞在していました。7日の沖縄セミナーを終えてからは、翌日から、プライベートタイムの間に、様々な用事を次々と終わらせていきました [続きを読む]
  • 名古屋セミナー 〜魂の設計図〜
  • 名古屋でのセミナー、「魂の設計図」、あと3席残っています。受講希望者は、お早めに、私、トーマまでお申し込みください。いろいろな生き方の講座がありますが、「魂(本当の自分)の今生での設計図は、どうなっているのか?」これを知っているのと知らないのでは、やはり、生き方が違ってきます。この機会に、ぜひ自分の人生の大まかなブループリント(青写真)を、確認してみてください。他にも、ブログやメルマガなどの [続きを読む]
  • 魂が望んでいること
  • しばらく、東北地方を旅していました。青森県と秋田県、それから、山形県をまわっていました。目的は、いつものように、古代史の探索です。詳しいことは、来月くらいに、旅行記にまとめますね。電車の窓からの景色も、関東地方とは違った風景が広がり、見ていても飽きないです。写真は、新幹線の窓から写した、山形県の風景です。昨日は、山形県の熊野大社で参拝しました。山形にも、熊野大社というのがあるとは、驚きまし [続きを読む]
  • 魂の再会
  • 10月7日(日)の沖縄セミナーも、大盛況で終了しました。参加された皆さん、ありがとうございました。那覇市内にあるセミナーの会場です。建物にリボンがかけられています。「ここで、いろいろなギフトを、多くの人に提供する」という意味ですね。セミナーの案内です。セミナーの様子です。懇親会は、近くにある琉球料理のお店でした。大きなシーサーと記念撮影しました。夜遅くまで、いろいろなことを語り合いまし [続きを読む]
  • 福岡セミナー 〜魂の設計図〜
  • いよいよ、11月18日(日)、福岡セミナーを開催します。この福岡市でのセミナーは、あと3席残っています。受講希望者は、お早めに、私、トーマまでお申し込みください。 いろいろな生き方の講座がありますが、「魂(本当の自分)の今生での設計図は、どうなっているのか?」これを知っているのと知らないのでは、やはり、生き方が違ってきます。この機会に、ぜひ自分の人生の大まかなブループリント(青写真)を、確認してみ [続きを読む]
  • 大阪セミナー 〜魂の設計図〜 (再開催)
  • ご存知のように、前回の9月30日(日)の大阪セミナーは、台風のために、延期になりました。そこで、また同じ内容のセミナーを、11月4日(日)に再開催することにしました。原則として、すでに申し込みされている方のための講座ですが、少しだけ席に余裕があるので、新たに申し込みをされる方も、大歓迎です。新規での参加をご希望の方は、お早めにお申し込みください。この講座は、「生き方」に、フォーカスした内容にな [続きを読む]