ミッドセンチュリー さん プロフィール

  •  
ミッドセンチュリーさん: 家造り
ハンドル名ミッドセンチュリー さん
ブログタイトル家造り
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shosho60year_2006
サイト紹介文ミッドセンチュリーに<生>を受けた世代が、家作りに楽しみを見出す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2007/05/26 09:27

ミッドセンチュリー さんのブログ記事

  • チークオイル・・
  • チーク材の特性の一つに、樹脂成分の効果が考えられる。チークオイルと呼ばれる樹脂分を大量に含み、時間とともに、それが微量づつ滲み出し、濡れ色の光沢を発する。チークオイルは、オイルよりも蝋に近いもので、チークは、蝋引きしたような触感がある。... [続きを読む]
  • 外材の優・・・チーク
  • 外国産の木材と言えば、南洋材のチーク。高価だけれど、性能が優れている。美しい木目と、格調ある色合い。耐久性に優れ、耐虫害性にも極めて優れる。材質は重硬だが、加工性は比較的良い。道管内にシリカ(珪酸塩)を含む事が多く、刃物の摩耗が、著しい... [続きを読む]
  • ベイヒバ(米檜葉)・・外国産針葉樹
  • ヒノキ科で別名イエローシーダー。又の名をアラスカシーダー。日本のヒバとは同種ではなく、ヒノキに近い種。色・匂いが、檜葉に似ていることから、「ベイヒバ」と呼ばれている。成長が遅いため、木目が密・・高齢級の材が多い。木肌・材質が均一で、木... [続きを読む]
  • ベイヒ(米檜)・・外国産針葉樹
  • 今回からは外国産の建具材。一番手は・・・ベイヒ。ヒノキ科で別名ポートオルフォードシーダー又は・・ローソンヒノキ。 高齢の大径木を多く産し、日本の檜に、木目の表情が似ていることから、檜の代用品として使われる。檜と比べて木肌はやや粗く、光... [続きを読む]
  • 国産広葉樹・・セン(栓)
  • ウコギ科・・別名ハリギリ。幹の表面に棘があるので・・ハリギリ新芽を食用にするタラノキの仲間。木理は通直、木材はおとなしく上品な表情。広葉樹としては軽軟。加工性・仕上がりが良く、きめ細かな光沢がある。着色・塗装によって美しく仕上がる。... [続きを読む]
  • 国産広葉樹の‥クワ(桑)
  • 桑の中で用材となるのは山桑。養蚕用の桑は、樹形・材質ともに用材とはならない。桑は、和家具・美術工芸用の素材として、古くから大変重用されていた。建具材としては、襖の縁・引き戸の引手材に多く使われている。木目に曲がりが多く、材質は重硬で靭... [続きを読む]
  • 柾目と板目で、表情の変わるタモ
  • 木を製材すると製材方法によって、板目と柾目が現れる。タモは板目と柾目で、表情の違いが大きい樹種。4種類の塗装例があるが、何れも上段が板目で下段が柾目。板目は荒々しく、時に杢が現れ、着色によって木目は一段と浮き上がる。これはタモが環孔... [続きを読む]
  • 栗の木の玄関ドア
  • 栗材に水をかけると、こげ茶色の水が下にたまる。これが樹の灰汁。杉・桐にも灰汁があるが、栗が一番。灰汁のある木は、腐らないと言われるが、注意する点もある。鉄分と反応して、黒くなる。対応としては、塗装など表面処理が必要。外部建具では... [続きを読む]
  • 国産広葉樹の二番手は・・・栗
  • 木材として流通する栗は、山栗。食用の栗の木ではない。繁殖力旺盛・・成長も早かったので、日本の山には多く自生していた。大量に伐採され、家の土台や鉄道の枕木に、大量に使われたため、近年では出材量も少ない。家具用の良材として流通しているが、... [続きを読む]