まさき さん プロフィール

  •  
まさきさん: Movie of Power
ハンドル名まさき さん
ブログタイトルMovie of Power
ブログURLhttp://eiga007.blog100.fc2.com/
サイト紹介文小さな頃から映画が大好きなサラリーマンです。普段何気に観た映画の感想と評価を5段階で掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/05/27 19:47

まさき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ダンケルク ★★★
  • DUNKIRK「監督」 らしさかクリエイトか 「ダンケルク」を鑑賞した直後の感覚は「ゾディアック」を鑑賞した直後のそれに似ていた。私はデヴィッド・フィンチャー監督が好きで「セブン」や「ファイト・クラブ」にかなり傾倒していた時期があった。そんなフィンチャー監督の当時の最新作「ゾディアック」を鑑賞した時に、それまで多用していた、カット割りの速いスタイリッシュな映像や、ひねりの効いた展開がなく、過去に起きた実際 [続きを読む]
  • キングコング/髑髏島の巨神 ★★★
  • キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]観たいものだけをぶち込む、攻めの姿勢。 観たいものだけを詰め込んだ、潔い怪獣映画だ。今作「キングコング/髑髏島の巨神」は、ゴジラやキングコングが登場しバトルする、モンスターバースの第2作目にあたる作品。別々の映画が同じ世界を共有し互いの作品に干渉し合うことは、現在ハリウッド映画ビッグバジェットの潮流だ。このよう [続きを読む]
  • メッセージ ★★★★
  • メッセージ [Blu-ray]記憶には感情が伴う 甘い経験、苦い思い出、などと言われるように、記憶には感情が伴う。記憶に感情が伴うことで、素晴らしい体験を繰り返したいという思いや、過ちを繰り返したくないといった、心情が生まれてくるのだろう。成長や人生を豊かにするために欠かせない人間の本質である。*****以下、ネタばれ注意***** 主人公のルイーズはヘプタポッドの文字を理解するにつれて、未来が見えるように [続きを読む]
  • レヴェナント/蘇えりし者 ★★★
  • レヴェナント:蘇えりし者(2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]フラットな気持ちで作品を鑑賞できるか。 レオナルド・ディカプリオの物語にも見える。これまでアカデミー賞に4度ノミネートされながら、オスカー像を手にすることができなかった彼は、いよいよ自らを極限状態にまで追い詰める。死の淵からの生還を、大自然と共に本能のままスクリーンに投影したのだ。時に生魚・生肉を貪り、裸体で馬の体内に入り込む等々…「体を張る」と [続きを読む]
  • ☆ 2016年中に観た映画ベスト3 ☆
  • ☆ 2016年中に観た映画ベスト3 ☆ 今年はマイホームの土地がようやく決まり、現在、建設中の状態です。今、住んでいる賃貸のアパートは狭くそれ故に、自宅での映画鑑賞の機会も減っていました。新しい家ではわずかながらでも、自分のスペースを確保出来たことから、2017年はもう少し映画鑑賞が出来るかなと期待してみたり。なにか空いているスペースに映画のポスター等が飾れたらなぁと考えてみたり。そんな2016年に鑑賞した映 [続きを読む]
  • シン・ゴジラ ★★★★
  • シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組日本映画を不信していた自分を恥じるほど… 近年、邦画を観て、ここまで熱い気持ちになったのは久しぶりだった。2014年レジェンダリー・ピクチャーズが製作した、いわゆるハリウッド版ゴジラを観たときに、迫力の映像・ビジュアルに圧倒され「あぁ、もう日本でゴジラは作れないな」と思った。 それ以前に、自分自身がどこか邦画を敬遠していたようにもある。「日本よ、これが映画だ。」、「アベ [続きを読む]
  • ビットコイン / 夢と未来 ★★
  • ビットコイン 夢と未来 (字幕版)インターネットで起きたゴールドラッシュ 先頃話題になっていたビットコインについて知りたく、本を読むよりも分かり易いかなと思い鑑賞した。しかし本作はビットコインの仕組みや利用法よりも、ビットコインに着眼しそれをビジネスにしたベンチャー企業や個人の様子に多くの時間を割いている。序盤に簡単なイントロダクションはあるものの、通貨発行にあたる発掘や価値が上下するといった、市場 [続きを読む]
  • デッドプール ★★★
  • 【Amazon.co.jp限定】デッドプール ブルーレイ版スチールブック仕様 (俺ちゃんステッカー&俺ちゃんカード&日本限定アート グリーティングカード付き) [Blu-ray]ヒーロー映画乱立時代に開花する毒花 ここ数年、ハリウッドのビッグバジェット映画はアメコミヒーローものに占拠されていた。バットマンとスーパーマンが戦えば、同時期・同じ映画館でアイアンマンとキャプテン・アメリカが対決する、ひと昔では考え難い事態が巻き起こ [続きを読む]
  • ステーキ・レボリューション ★
  • ステーキ・レボリューション [DVD]美味しそうなステーキが見たかったのに… 肉、とりわけステーキである。「ステーキ・レボリューション」という題名と予告編で、今作に惹かれたのは自分のなかでステーキが好物であり、特別な存在だったからだろう。いわゆる”ごちそう”である。ステーキが鉄板の上で調理される様子や、それらを食する様は見栄えも良く、いかにも美味しそうではなかろうか。そのような心構えでいざ鑑賞してみると [続きを読む]
  • バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生 ★★
  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]なんとなく面白い映画 “なんとなく面白い”映画だった。つまり、具体的になにが、どこが、という箇所を挙げる訳ではなく、勢いにまかせてなんとなしに面白かったという印象である。 ひと昔まで人気のあるアメコミヒーローといえば、バットマン・スーパーマン・スパイダーマンがトップ3ということを聞い [続きを読む]
  • イタリアは呼んでいる ★★★
  • イタリアは呼んでいる [Blu-ray]日本も呼んでいる なんとも画期的・冒険的な映画だ。開始30秒でイタリアの旅が始まったかと思えば、以降は、中年親父2人のお喋りと移動→食事→ホテルの繰り返しだけなのである。劇的な展開もない、明確な起承転結もない、だけど面白い。会話劇+ロードムービー+ドキュメンタリーのアンサンブル、他にあまり例を見ない作品だ。 スティーブ・クーガンとロブ・ブライドンは実名のまま登場し、本人役 [続きを読む]
  • スペクター ★★
  • 007 スペクター 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]「スペクター」での物足りなさは「スカイフォール」で上がったハードルとの落差 ダニエル・クレイグのボンドはシリアスだ。007シリーズお馴染みのアバンタイトルから、オープニングテーマに移行するまで、ダニエル・クレイグボンドは常に厳しい表情、または過酷な状況に置かれている。「スカイフォール」に至っては死んだとさえ思えるショックングなものであった。  [続きを読む]
  • フレンチアルプスで起きたこと ★★★★
  • フレンチアルプスで起きたこと [DVD]フレンチアルプスで起きた怖いこと 一昨年観た「ゴーン・ガール」は怖い映画だった。ただ「フレンチアルプスで起きたこと」はもっと怖い映画だと思った。「ゴーン・ガール」の怖さは振り切れている分、半分は絵空事、ある種のファンタジーだが、今作はリアルだ。自分を含め誰にでも起きうること、そして何よりも自身をコントロールできるか分からない、不明瞭な領域であるからこそ怖いのだ。  [続きを読む]
  • ☆ 2015年中に観た映画ベスト3 ☆
  • ☆ 2015年中に観た映画ベスト3 ☆ 今年は子育てと仕事に追われる日々でした。子供が成長するにつれ、賃貸アパートでは部屋が狭く、マイホームを決意するも土地がない!!大分に土地がない!!ゴールデンウィークから探し始め早や半年越、車を運転しつつ空き土地がないかキョロキョロしていました。2016年には良土地が直ぐに見つかりますように。そんな2015年に鑑賞した映画からベスト3をセレクトしました。☆2015年初めて観た映画で [続きを読む]
  • ボーグマン ★★★
  • ボーグマン Blu-ray自分にとっての”ボーグマン”とはなにか。「そして彼らは自らの集団を強化するため‐地球へ襲来した」 冒頭のテロップから既にぶっ飛んでいる。内容も異色だ。一般的な映画のストーリーにはキャラクターの目的や、その目的へ向かう動機付け・背景があり、成長を通じて観客の共感を得るものが大半だが「ボーグマン」にはその骨格がない。では、面白くないのかと言われればそうでもない。目的が分からなくとも、 [続きを読む]
  • フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ★
  • フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [Blu-ray] 「尻たたき」なんてどうでしょう?? 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」50の顔(影)を持つグレイ、と直訳できるが分かり難く長い。私が邦題をつけるなら「尻たたき」だろう(笑)全世界でヒットした小説の映画化だが物語の展開、メイン2人の感情・行動がなんとも鈍く、ストレスの溜まる作品だった。*****以下、ネタばれ注意***** 今作のマイナス点はふたつ。ひとつ [続きを読む]
  • 過去の記事 …