ばんぱく さん プロフィール

  •  
ばんぱくさん: 〜続・釣れ釣れなるままに☆その日暮らし〜
ハンドル名ばんぱく さん
ブログタイトル〜続・釣れ釣れなるままに☆その日暮らし〜
ブログURLhttps://rapalafan7240.blog.fc2.com/
サイト紹介文趣味のルアー釣りを中心として、自分が日頃思っている事を綴っていこうという趣旨のお気楽極楽ブログです
自由文趣味のルアー釣りを中心として、自分が日頃思っている事を徒然なるままに綴っていこうという趣旨のお気楽極楽ブログです(ここ最近は自分が所有しているルアー&マイタックル紹介ブログになりつつありますが…)。決して釣行記ブログオンリーではありませんのでお間違えなく・・・。リンク・コメント大歓迎です。アングラーの皆様、よろしくお願いします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2007/05/31 02:21

ばんぱく さんのブログ記事

  • 『そろそろ再開しますかね』
  • ここ二〜三年、個人的に色々とありまして(;´Д`)、釣りと競馬からしばらく離れていた当ブログ管理人。釣りはともかくとして、特に競馬の方は、馬券の購入はおろか情報収集も怠っていたため、すっかり浦島太郎状態(;・∀・)。その間に日本の競馬界では、十数年ぶりに女性騎手(藤田菜七子騎手)が誕生したり、ミルコ・デムーロやクリストフ・ルメールと云った一流外国人騎手が、今までのように短期騎手免許による来日&騎乗では [続きを読む]
  • 『正に釣り雑誌受難の時代』
  • また一つ、釣り雑誌が廃刊どころか、その雑誌を出版していた出版社自体が破産しましたねΣ(゚д゚lll)ガーン。■釣り情報誌、月刊「磯・投げ情報」を出版していた(株)海悠出版が破産開始決定 一定の固定読者層を抱えてはいたものの、インターネットやスマートフォンの普及による情報入手の多様化などで経営環境が悪化し、最終的にどうやら今回の破産に至ったようです(-人-;) 。バスフィッシングを嗜む人なら、おそらくその存在を [続きを読む]
  • 『コーモラン/フォルテ90』
  • 自分と同世代のルアーアングラーの方なら、おそらくご存知の方もいるかと思われる、『コーモラン/フォルテ90』日本が世界に誇るパチモンルアーメーカー(笑)、コーモランからその昔発売されていた、『スミスウィック/ラトリンログ』と並ぶ、アメリカンジャークベイトの名作『ボーマー/ロングA (B14A)』のチープなパッチーノルアーです(;^ω^)。もう今からかれこれ30年以上前の国産ルアー(ハードベイト)になるかと思います。 [続きを読む]
  • 『極細PEラインのメリット・デメリット』
  • 今ではいきなり釣り初心者が使うことも珍しくなくなった、号数1号未満のいわゆる極細PEライン。極細PEラインの使用に関しては、色々と賛否両論ありますが、その極細PEラインの特性を一言で説明するならば、『飛距離と感度を最も重視したラインセレクト』というのが、一番しっくりくる表現でしょうか。さて、極細PEラインですが■飛距離が伸びる■感度が上がる■風や潮の流れの影響を受けにくい■3グラム以下の軽量ルアーを扱いやす [続きを読む]
  • 『気になるトレイ25』
  • 自分が個人的に気になったものを、その時の気分で徒然なるままに書き連ねていく、不定期連載のこのコーナー。今回取り上げるのは、北欧の巨人ラパラから2018年11月に発売予定のNEWリール。『RAPALA SALDEAL(ラパラ ソルディール)』過去にラパラ傘下の『STORM(ストーム)』から、小型スピニングリール(STC05)が発売されていたことはありますが、ラパラからリールが発売されるのは、自分の記憶が確かならば、おそらく史上初のこ [続きを読む]
  • 『これぞ簡単摩擦系ノットの決定版!!』
  • 結ぶのにやたらと手間や時間がかかるにも拘らず、日本のルアーアングラーには、何故か人気のある摩擦系ノットの数々。しかし、先日の記事でも書いた通り、摩擦系ノットは全般的に結び方の難易度がやや高く、決して釣り初心者向きのノットとは云えず、かつ結ぶ人によって結束強度の差が出やすいという大きな欠点があります。今一番人気がある摩擦系ノットと思われる『FGノット』などは、一番手間と時間がかかるリーダーへのメインラ [続きを読む]
  • 『ルアーフック今昔物語』
  • 今は昔。化研フック(化学研磨フックの略)登場以前のルアーフック(トレブルフック)と云えば、ハリ先が鈍って刺さりが悪くなってきたら、フックシャープナーというフックを研ぐ道具を使ってキンキンにハリ先を研ぎ直し、そのまま使い続けるのが普通でした。自分と同世代のルアーアングラーの方なら、その昔フックシャープナーによるフックの研ぎ方を、釣り雑誌などを通じて学んだ方も多いのではないでしょうか?ところが国内二大 [続きを読む]
  • 『ノットで一番重要なのは実釣強度というお話』
  • という訳で一ヶ月ぶりのブログ更新になりますかね(;^ω^)。9月は個人的に色々と何だか忙しくて、ブログを更新する余裕がありませんでしたm(_ _)m。さて、今回紹介するのは、比較的素早く簡単に結べて、かつ結束強度も高い、ライン(PEライン)とリーダーを結ぶためのお手軽ノット5選。出典:YouTubeチャンネル「六畳一間の狼」ネット上で通称「10秒ノット」と言われているもの。太さの異なるラインとリーダーを結ぶ方法として使 [続きを読む]
  • 『Oリングってどうなの?』
  • 当ブログの定番ネタとして度々登場する、様々なガイドリングに関する記事。今回敢えてネタとして取り上げるのは、現行のFujiガイドに於いて、一番グレード(スペック)が低いガイドリングとして位置付けられている『Oリング』。『Oリング』とは、製造元の富士工業の説明によれば、『軽量化とライン摺動性の向上を図った改良型アルミナオキサイド製リング』のこと。要するに改良の為のマイナーチェンジが施されたハードガイドの一種 [続きを読む]
  • 『気になるトレイ24』
  • 先日のこと。いつものようにネット内を徘徊していたところ、何やら面白そうなちょっと変わったルアータックルを発見!!『ベイト⇔スピニング切り替え式 6+2ピースパックロッド 210M&180MH(ハードロッドケース付)』グリップとバットを逆向きに差し込む&ピースを一部組み替えることで、『スピニングロッドモード』『ベイトキャスティングロッドモード』の二通りで使える、一粒で二度美味しい的な非常に珍しい変わり種マルチピ [続きを読む]
  • 『ケンクラフト/V-スラム』
  • 以前に紹介した『ディレンジャー20』と同じく、今は無きB級国産ルアーメーカー『ケンクラフト』から発売されていた、ソルトウォーターゲーム用メタルジグ『ケンクラフト/V-スラム』その昔、シーバスやタチウオのベイジギングゲーム用に購入したルアーであります(`・ω・´)ゞ。メーカー(ケンクラフト)曰く、■フォーリング姿勢とフォーリングスピードを徹底的に計算し尽くしたバーチカルタイプジグ。■高比重ボディ&水の抵抗を [続きを読む]
  • 『六畳一間の狼』
  • 今回は自分が更新(アップロード)を毎回楽しみにしている、今一押しのYouTube釣りチャンネルを改めてご紹介!!『六畳一間の狼』主な番組出演者は、元釣具屋の店員で釣りに取り憑かれた男suuさんと撮影などの裏方が担当の羽山さんの二名。大好きな釣りの楽しみや魅力を多くの人に伝えていくことをコンセプトとしているYouTube釣りチャンネルで、この記事を書いている時点でのチャンネル登録者数は21,469人(今月に入って遂にチャ [続きを読む]
  • 『エステルライン』
  • 近年、アジングを含めた海のライトゲームやエリアトラウトの釣りにおいて、人気急上昇中のエステルライン。エステルラインとは、洋服の生地などに使われるポリエステル素材(石油を原料とする合成繊維の一つ)を使って作られたラインのこと。ナイロン、フロロカーボン、PEラインに続く『第四のライン』として注目されています。出典:YouTubeチャンネル「アングラー中村」さて、エステルラインを一言で説明するならば、『フロロカ [続きを読む]
  • 『グラスロッドを見直してみる』
  • カーボンロッド全盛の現在に於いて、今ではすっかり『安物』『旧世代の竿』『釣り初心者や子供向けの竿』というイメージが定着した感のあるグラスロッド。因みにグラスロッドとは、1980年代前半までは主流だったロッドで、一般的にはガラス繊維(グラスファイバー)と樹脂素材で出来たロッドのことを指し、ソリッドグラス(断面が空洞ではなく、均一の中身が詰まった構造(無垢)のもの)とチューブラーグラス(ロッドの断面がチュ [続きを読む]
  • 『バレーヒル/邪道 クルクル』
  • 今を去ること20年近く前、シーバスゲーム用ブレードベイトして開発され、シーバスフィッシングに於いて一大ムーブメントを巻き起こしたヒットルアー!!『バレーヒル/邪道 クルクル』今までも当ブログのネタとして、度々取り上げてきましたが、『ルアーギャラリー』で取り上げるのは、実は今回が初めてだったりします。■クルクルとは?『クルクル』とは、バレーヒル(邪道)から発売されている、他とは一線を画すブレードベイト。 [続きを読む]
  • 『新たなるレンジャー・・・闇夜より来たる!!』
  • 発売されてから既に10年以上の歴史があり、些かチープなタックルではあるものの、意外と愛用者も多いロングセラー商品『管釣戦隊鱒レンジャーシリーズ』Shimotsuke 大橋漁具株式会社が製造・販売しているロッドで、幾度かのモデルチェンジを経て、現在6つのモデルがラインナップされている訳ですが、その中にあって異彩を放っているのが『グレート鱒レンジャー改 SP50/CT50 DarkNight』。従来の『管釣戦隊鱒レンジャーシリーズ』が [続きを読む]
  • 『ケンクラフト/ディレンジャー20』
  • という訳で、久々の『ルアーギャラリー』の記事になりますかね。今回紹介するのはコチラ!『ケンクラフト/ディレンジャー20』今は無きB級国産ルアーメーカー『ケンクラフト』から発売されていた、ソルトウォーターゲーム用メタルジグです(当然ながら現在は廃盤ルアー(TдT))。一見すると他メーカーのメタルジグとあまり変わらない見た目ですが、実は他のメタルジグとは違う大きな特徴があります。それは・・・ボディ素材が一般的な [続きを読む]
  • 『コスパ最強!!カストキング(KastKing)/Summer & Centron』
  • AmazonやAlibabaなどの大手ECサイトに綺羅星の如く現れ、釣具業界にある意味、価格破壊のビッグウェーブをもたらした米国のベンチャー系釣具メーカー『カストキング(KastKing)』。そんな『カストキング(KastKing)』からリリースされている数あるリールの中で、現時点でもっともコスパに優れていると思われるモデルが、『Summer(サマー)』『Centron(シトロン)』実売価格2,000〜3,000円台前半と比較的リーズナブルでありながら、 [続きを読む]
  • 『気になるトレイ23』
  • 自分がその時、個人的に気になったものを徒然なるままに書き連ねていく、不定期連載のこのコーナー。今回取り上げるのは・・・コチラ!!『テイルウォーク(tail walk)/CAMPY( キャンピー)』 米国メーカー製のものは比較的目にする機会が多い、この手のお手軽コンボタックルですが、国内釣具メーカー製のものとなるとちと珍しい、釣り初心者でも扱いが簡単なクローズドフェイスリールとショートで可愛いカラーリングの専用ロッドと [続きを読む]
  • 『これぞ Made in Japan 製品の底力』
  • トレブルフックを含めた日本の釣り鈎市場において、事実上市場を独占している感のある『オーナーばり(カルティバ)』と『がまかつ』の二大釣り鈎メーカー。 実際、二大釣り鈎メーカーのフックを置いていない日本の釣具屋って、ほぼ皆無ではないでしょうか?さて、2011年を皮切りに、ここ数年間の幾度かの価格改定(要するに値上げ)によって、特にそれぞれの看板商品とも云うべき『カルティバSTXシリーズ』『がまかつRBシリーズ [続きを読む]
  • 『道北貧釣』
  • ここ最近、個人的にマメにチェックしている釣りブログをご紹介。■道北貧釣 道北で貧/頻度高めにコスパ最強のトラウトフィッシングにいそしむブログブログ運営者のαトラウトさん曰く、釣果情報もあわせ、釣りに行けない時に釣りの話をするためという、どうしようもない理由でブログを立ち上げたとのこと。文章から察するにかなりの釣りキチのようです。釣りブログで題材がトラウトフィッシングって、他のルアーフィッシングと比 [続きを読む]
  • 『個人的釣りYouTubeチャンネル4選!』
  • さて、当ブログを昔から読んでいる方は、既にご存知の方もいると思いますが、我が家には現在テレビという文明の利器がありません。※何故自宅にテレビがないのか?詳しくは以下のリンク先の記事をご参照下さい。■テレビ、ぶっ壊れましたorz ■祝!!テレビなし生活一周年(笑) そのため、現在は自宅にいる時は、YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトを視て過ごすことが多いです。で、最近よく視ているのが、釣りYouTubeチャンネ [続きを読む]
  • 『その名はKodiak(コディアック)』
  • 数多あるジェネリック釣具の中でも、最近真面目に購入を検討しているのが、『カストキング(KastKing)/Kodiakシリーズ』釣具界に於けるコスパの帝王、カストキング(KastKing)が自信を持ってお送りする、ヘビーデューティーリールシリーズの主力製品であります(`・ω・´)ゞ。このスピニングリール、ソルトウォーターゲームに於ける大物とのやり取りを想定して最初から設計されており、安価ながら過剰なまでのドラグ性能に加えて、 [続きを読む]