ちゃろちゃん さん プロフィール

  •  
ちゃろちゃんさん: ちゃろちゃんねる
ハンドル名ちゃろちゃん さん
ブログタイトルちゃろちゃんねる
ブログURLhttp://chachachatabi.blog57.fc2.com/
サイト紹介文独断と偏見で(・∀・)イイ!と思った旅館やホテルに自腹で行ってその体験を書いてみるものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2007/06/02 21:18

ちゃろちゃん さんのブログ記事

  • 『うつ病九段』 先崎学
  • 読書期間 7月17日〜7月18日先崎学 『うつ病九段』先崎学…米長邦雄門下。「羽生世代」としてくくられることもある。1979年の「よい子日本一決定戦 小学校低学年の部」で優勝。ちなみに準優勝は同い年の羽生善治だった。羽生善治が頭角を現すまでは文句なしに「天才」と呼ばれた男。 [続きを読む]
  • 広島県尾道市 西山別館1('A`)15:30(広島県)
  • 尾道なんざ坂道やらがやたらめったら多いから歩くのに決まってるのに(本人は予習したと言い張るけど、全然学習出来ていないくせに、文句だけはいっちょ前)、ちょっと歩かせりゃブースカブースカ文句を垂れる野郎がいるんで、街歩きもテキトーに打ち切ってこの日の宿の「西山別館」にチェックインです。駐車スペースにクルマを着けると中から兄さん(!)が飛んで出て来るじゃないですか。なぜ兄さんに(!)を付けたかと申しますと、それはおいおい説明 [続きを読む]
  • 尾の道@尾道(広島県)
  • そうなんです、尾道、尾の道なんです。ぬこの尾の道。坂道に文学にぬこの街、もうてんこ盛りな尾道です。↑地域猫化してるのでぬこサマ無双ですねw↑尾道水道をバックに…なんてのは無理な話でしたわwぬこサマフリーダム。でも、ちょびっと写ってるw [続きを読む]
  • 尾道ぶーらぶら('A`)その1(広島県)
  • で、商店街の方に出て来まして…('A`)↑叶望サンの「瀬戸内山陽道」のぶっこみ感もスゴイですが、瀬戸忠サン「みれん旅…決心…」気になりますね、三点リーダーで「決心」を挟みつつも「みれん旅」なんですよ。ちょっと瀬戸サンの顔が今話題のカリスマ・漢!山●明カイチョーにちょっと似てるトコが地味に気になります。サングラス掛けてほすぃwwwwwそんな瀬戸サンですが知らんかったんでググってみましたらば、今治を中心に活動なさってるらしいです。オフィ [続きを読む]
  • 千光寺からぶーらぶら@尾道(広島県)
  • アレですよ、帰りはロープウェーでシャーッと帰って来るんで、そのままブラブラと街の方へ下って行きますん。↑磨崖仏もあるですよ、千光寺。↑古い民家をリノベしたカフェハヶ━m9( ゚д゚)っ━ン!!ですが、まだ開いてませんでしたwてか、ウロウロしてわかったんだけど、尾道の市街地でも結構な空き家が多い。人口流出なんだろうか。てか、こういう地方都市、クルマないと生活しにくいんだが、坂道が多いせいでほとんど駐車場がない。住みにくいのかもしれんね [続きを読む]
  • 千光寺@尾道 その1(広島県)
  • ええ、とりあえず尾道にやって参りましたですよ、廿日市から。これまたなんもねぇ山陽道を走ること1時間半ほどか?↑しまなみ海道の看板も見えて来てにわかにテンション上がる。高速降りて尾道市街へ。↑造船所も見えてきてまたまたテンション上がる。海で船は見ることがあってもさ、造船所ってなかなか見られないじゃん?やっぱそういう意味ではこっちなんだよね。てなワケでとりあえず「千光寺公園」を目指すことにしたですよ。千光寺…?('A [続きを読む]
  • 混沌ヲ愛ス@石亭
  • 「混沌」とはそもそも古代中国における怪物のことである。『荘子』には、「混沌」の姿は頭に目、鼻、耳、口の七孔がなく、脚が六本と六枚の翼が生えているという恐ろしげなモノに描写されている。ある日「混沌」の元に遊びにやって来た南海と北海の帝を「混沌」はとても歓待した。そんな「混沌」の歓待ぶりに感激した2人は「目も口も鼻もなければ混沌もさぞかし不便だろう」と考え、「混沌」の好意に報いるために「混沌」の顔に孔を [続きを読む]
  • 広島県廿日市市 庭園の宿 石亭17('A`)食事その4
  • んで、八寸ですが…献立見るとやたらにたんと書いてある。そんなにたんと出るんか?('A`)<八寸> 才巻海老番傘見立 百合根紫陽花見立花穂 蚕豆蜜煮雨蛙見立 針魚蝸牛見立 青梅雨音ゼリー 白瓜と椎茸の白酢和え 早鮎甘露煮 無花果カナッペ 魳小袖寿司 夏鴨ロース煮 地トマトのムース 自家製鯛の子唐墨↑と、こんな感じでデデデーン、みたいな。↑あはは、ほんと梅雨の庭先じゃん('A`) [続きを読む]