ブルーアイランド さん プロフィール

  •  
ブルーアイランドさん: プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ
ハンドル名ブルーアイランド さん
ブログタイトルプーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/
サイト紹介文プーケットの旅行に役立つ情報を、日本人スタッフ3名が日替わり更新中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2007/06/06 19:01

ブルーアイランド さんのブログ記事

  • ワインコネクション バナナウォーク
  • プーケット島内に、いくつも支店を持つ、人気のワインコネクション。パトンビーチにもジャンクセイロンの中と、バナナウォークに店舗がありますが、今回はバナナウォーク店に行って見ました。バナナウォークは、パトンビーチホテルのとなりにあります。現在は入居店舗もポツポツといった感じで、いまひとつ活気が・・・家賃が高すぎるのか、人があまり来ない場所なのか。ちょっと寂れた感じではあります。ワインコネクションがある [続きを読む]
  • ジャンクセイロン三階アクティビティ
  • ジャンクセイロン三階には、モーリーファンタシーという、子供向けのリクリエーション施設がありますが、映画館側にも、ミニアトラクションが集まっています。最近オープンして話題になった、トランポリンパークをはじめ、鏡がはりめぐらされた、迷路のミラーメーズ、ミニシアターのイスに座ってカーアクションや、ジェットコースターや、ホラーなどのプログラムが選べる、6Dシアター。バイク型のモトシュミレーターなど、8種類 [続きを読む]
  • さらに格安カヌーツアー
  • 当社のHPでは「格安カヌーツアー」という名前で、お一人様1100バーツ(+国立公園入場料300バーツ+アオポー施設使用料50バーツ)のカヌーツアーを販売しております。www.blueisland-phuket.com/jamesbond.html同じ船会社より、カヌー時間は少し短くなりますが、さらに安いツアーができましたということで、この11月から販売可能となっています。従来のツアーとの違いは、カヌーが一箇所になり、カヌー時間が少なくなるというと [続きを読む]
  • スピードボート乗船年齢制限
  • スピードボートはフェリータイプの船よりも高速になりますので、移動時間が少なくなり、便利ですよね。あと、波間をさーーーっと走っていく姿もかっこいい!スピードボートですが、風がなく、凪の日は、波の上をすべるように走っていきます。でも、風や波が高いときは、船が小さい分、揺れはダイレクトに体感すると思います。高波のときの、スピードボートはジェットコースターといっても過言ではありません。当社でも過去に何度か [続きを読む]
  • シミラン島ツアー予約方法
  • 2018年11月からシミラン島ツアーは、解禁になっております。既に前々回のマガジンでも取り上げましたが、今年は入場制限が施行されることになります。https://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/64636120.html国立公園入場料大人500バーツ 子供300バーツをパスポートのコピーと提示と一緒に、事前予約をする必要があります。日付指定での購入となりますので、もし後に予定変更がでて、日にちを変更したいという場合は、再度入 [続きを読む]
  • ラフティング体験記(後編)
  • ●前編の記事はこちら。https://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/64644736.htmlラフティングキャンプに着いたら、ランチ、フライングフォックス、ラフティングが待っているのですがその時によって予定は変わるようです。ここでは全部の荷物を車から取り出し、ロッカーに預けます。この時デポジットとして100バーツ必要です。帰る時に鍵と交換で返金してもらいますので、無くさないように!ランチはビュッフェ。野菜炒め、チキ [続きを読む]
  • ラフティング体験記(前編)
  • 本格的なラフティングもいいけれど、観光、象乗りなどせっかくだから色々やりたい!という方にオススメの盛りだくさんなツアーです。07:30から8:00にお迎え、パンガーまでは約1時間の道程です。車内ではガイドさんが自己紹介、今日の予定の発表、集金があります。当日お支払い予定の方はここでガイドさんに手渡してくださいね。まずやってきたのは「象キャンプ」ここでは、象乗り、象と猿のショー、フィッシュスパ、水牛カートな [続きを読む]
  • 南部のタイ料理
  • 先週、一週間バンコクに滞在していましたが、タイ料理や屋台料理を何度か食べて、感じたことがあります。それは「味が薄い!!」ということでした。これは、カオサン通りで食べたパッタイですが、味がぜんぜんなくて、調味料を自分で足しましたがぜんぜんおいしくありませんでした。まあ、カオサンは、観光客向けのお店だから仕方ないかな・・・と、別の日に、地元民がたくさんいるフードコートで注文した、パッシイウ。これまた、 [続きを読む]
  • コンドミニアム宿泊の注意
  • 先週号で、個人の貸しコンドミニアムの予約について書きましたが、https://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/64632659.html今回のバンコク旅行で、使ってみようかなと大手ホテル予約代行会社を通じて予約を一旦いれてみました。予約確定後に、オーナーからチェックインや鍵の受け渡し方法等の詳細が届きました。その文面によると、タイでは個人が商売としてコンドミニアムを貸し出しするのは、違法行為になる・・・とちょっと [続きを読む]
  • シミラン島の入場制限
  • 今年のローシーズンから、ピピ島の国立公園であるマヤベイへの立ち入りが禁止となっております。当初2018年6月1日から9月30日までの4ヶ月と発表されておりましたが、10月31日まで延長となり、また、10月現在、海洋生態系が正常に戻るまでという発表があり、いつ上陸できるようになるかは未定です。ただ、少しずつ海の中状況はよくなてきているようです。少しずつ良いニュースも流れてきているので、美しいマヤビーチ に会えること [続きを読む]
  • コンドミニアムや貸しビラご宿泊のお客様へ
  • 最近はホテルもネットで手軽に予約が浸透したため、以前だったらまるで情報がないような施設も、探すことができるようになりました。ツアーやスパのお迎え先で、聞いたことのない名前のホテルやアパートの名前を言われることがあります。もちろん知らないところには迎えにはいけないですし、個人でお部屋を貸しているような、貸しアパートやコンドミニアムの場合は、通常お待ち合わせのメインロビーがないこともあります。そのため [続きを読む]
  • 格安ラフティングツアー
  • 以前よりラフティングツアーの取り扱いはありましたが、割安なツアーを販売することにしました。ラフティングのみでしたら、お一人様900バーツから、ご予約が可能です。スタンダードなラフティング5キロとランチ混みのプランに、象乗りやATVなどが追加される、A−Cコースとラフティング7キロのコースをご用意しました。従来のラフティングツアーとの違いは、ミニフライングフォックスというジップラインがつくことと、フル [続きを読む]
  • Napoli's Pizza
  • 大きな鳥が目印、「ビッグチキン」の愛称でも有名な「Tung Thong レストラン」の前にあるNapoli's Pizza ようやく店が再開されたので行ってきました。オーナーシェフのアッティーリオさんがナポリの伝統的な家庭料理を食べてもらいたいとご家族でやっている小さなお店です。ここの特徴は、何と言ってもソースからデザートまでアッティーリオさんのこだわりがたくさん詰まった手作りということ。テーブルに置いてあるチリオイルです [続きを読む]
  • ザ・ギャラリー
  • カタビーチからプロムテープ岬に向かう道は、急斜面ですが、丘の上には海を一望できる絶景レストランが並びます。そのレストランより、もう少し海に近い立地にあるホテル「The Galleri By Katathani collection」を見学してきました。名前のとおり、カタノイビーチにあるビーチフロントの老舗ホテルカタタニ系列のホテルです。以前このホテルは「FOTOホテル」という名前だったことを、記憶されている方もいらっしゃると思いま [続きを読む]
  • ゲストさん 2018年10月5日
  • ちょっと雨交じりな微妙なお天気の日に、スパと衣装撮影をご利用いただいたお客様です。こちらもすこし、重厚な色味を加工してみました。よりアンティークっぽい美しさになりますね。いえ、加工しなくても、もともととってもお綺麗なお二人でした。また遊びにいらしてくださいね!タイ民族衣装撮影は、当社ブルーアイランドのオフィス内にてhttp://www.phuket-spa-esthe.com/studio-b.htm撮影可能なお時間 月ー金 10:00−1 [続きを読む]
  • Niyom 168 Mala Phuket
  • 友達に「「焼き鳥」食べに行こう!飲み屋っぽくていいよ!」と誘われてやってきました。どうせ、ガイヤーンとか、サテとかそんなんでしょ?とタカをくくっていたらこれがまぁ焼き鳥(に比較的近い)でした。提灯と竹で日本の屋台に雰囲気が近いですね。入り口付近では、お持ち帰りを持って帰るお客さんがいつも焼き上がりを待っています。入り口にズラーッと串が並んでいるので、まずはお好みの串を選びます。野菜、シーフード、お [続きを読む]
  • MK Live
  • プーケット島内には、各ショッピングモールなどに必ずあるタイスキでおなじみの「MKレストラン」。この系列では、ジャンクセイロンに「MKLゴールド」という、ちょっと良い具材を注文できるレストランもありましたが、この度新しいセントラルに「MK Live」がオープンしましたバンコクにもエムクオーティエに入っているということですが、どこらへんがLiveなんだろうと思いましたが、店頭に生簀があるところでしょう [続きを読む]
  • ゲストさん 2018年9月26日
  • 9月26日にいらしていただいた、カップルのお客様です。ちょっとインスタの画像加工で、アンティーク風にしてみました。スマホなどで撮影して、後で色々加工するのもいいですね。昔の王子様とお姫様みたいです。また遊びにいらしてくださいね。タイ民族衣装撮影は、当社ブルーアイランドのオフィス内にてhttp://www.phuket-spa-esthe.com/studio-b.htm撮影可能なお時間 月ー金 10:00−17:00 土 10:00−12:0 [続きを読む]
  • Three Monkeys
  • ずーっと雨続きでようやく晴れたので、7月にオープンしたハヌマンワールドにあるレストランに行ってきました。レストランは山の中をずーっと上がっていったところにあります。入り口はハヌマンワールドと同じで案内もいるので迷うことはありません。まさに「ジャングルの中のおしゃれ隠れ家レストラン」と言う形容がぴったり。外観は茅葺(バナナか?)と周りの緑を生かした作り。正面入り口の脇には2階に上がっていく外螺旋階段。 [続きを読む]
  • ゲストさん 2018年9月22日
  • 9月22日の衣装撮影のお客様。ムックダースパの前にお立ち寄りいただきました。おすまし顔での一枚。また遊びにいらしてくださいねタイ民族衣装撮影は、当社ブルーアイランドのオフィス内にてhttp://www.phuket-spa-esthe.com/studio-b.htm撮影可能なお時間 月ー金 10:00−17:00 土 10:00−12:00撮影料金 お一人様 大人500バーツ 子供400バーツ(ホテルからの送迎ご希望の場合は、一台800バー [続きを読む]
  • リンリン
  • タイでは何箇所か支店を持つ、バブルミルクティーのお店「リンリン」が、プーケットタウンにオープンしました。看板にカタカナで「リンリン」と書いてありますが、タイではRinRinらしいです。当社から歩いてすぐの場所にありますが、夕方などは大人気で学生でごったがえしています。先日買いに行くと、20人近い大行列で、人が道まではみ出ていました。もうオーダーカウンターが遠い・・・。売っている商品は普通のドリンク。 [続きを読む]
  • ゲストさん 2018年9月21日
  • 日本の連休にいらしていただいたお客様。オールドタウン観光の最後に、衣装撮影にお立ち寄りいただきました。ちょうど写真をアップしようとしてたら、メールでご連絡があり、ビックリしちゃいました。ツアーのほうも、楽しんできてくださいね!タイ民族衣装撮影は、当社ブルーアイランドのオフィス内にてhttp://www.phuket-spa-esthe.com/studio-b.htm撮影可能なお時間 月ー金 10:00−17:00 土 10:00−12:0 [続きを読む]
  • カタマランヨットチャーター
  • 日本ではヨットなんて、相当お金持ちの人のレジャーだと思います。私はプーケットに長いですが、プーケットにいたってヨットチャーターなどするのは、相当旅行予算がある人だろうなと思っていました。ですが、先日お客様からの問い合わせで、ヨットチャーターについて調べてみたら、スピードボートチャーターと同じぐらいの料金でできるところもあったんです。ヨットチャーターは、白人がオーナーの割高な会社で、安くても3−50万 [続きを読む]
  • Lucky 13
  • プーケット各地に支店をオープンしているサンドイッチ屋さんです。新しいセントラルにも入りました。ここの特徴はなんと言っても24時間営業、無休!(一部店舗除く)意外に夜遅くや朝早く到着した時に、ご飯が食べられるお店ってないので重宝しますね。内装が黒と赤を基調にしているので何となくバーっぽい雰囲気ですがホームメイドのパンを売りにしているサンドイッチ屋さんです。タイ風アレンジや肉料理も豊富でちょっと迷走して [続きを読む]
  • on the table
  • 9月10日にオープンした、セントラルフロレスタhttps://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/64605908.htmlの、中には、今までプーケットに未上陸のレストランもいくつかありました。その中のひとつ、ON THE TABLEオリジナルな和食、洋食といったレストランで、外観やメニューなどもかわいらしいです。ということで、在住日本人の方は飛びついていましたが、私はすでにバンコクでここのレストランは入ったことがあった [続きを読む]