イェーガー さん プロフィール

  •  
イェーガーさん: サンゴとキャバと時々おとん
ハンドル名イェーガー さん
ブログタイトルサンゴとキャバと時々おとん
ブログURLhttp://yaplog.jp/jaeger/
サイト紹介文渓流アングラー兼ミノービルダー、部屋に珊瑚礁造り中の魚キチガイ。愛犬の「モカさん」とのん気な生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/06/07 23:28

イェーガー さんのブログ記事

  • 初心者フライマンの現在地
  • 10月8日(日)。愛車エストレヤに跨って奥多摩路を快走し、辿り着いたのはいつもの小菅村。渓流が禁漁になったというのに、相変わらず小菅にいり浸っています。この日はオープンしたばかりの小菅川冬季ニジマス釣り場にやってきました。疑似餌釣りでC&R限定ですが、冬の間も渓流釣りが楽しめる貴重な場所です。持ってきたタックルはフライだけ。ルアータックルも持ってきちゃうと、すぐ慣れた方に逃げちゃうから。フライも一人 [続きを読む]
  • マリンアクアは死なず!
  • 前回、「マリンアクア業界は衰退してしまったらしい…」と嘆いた翌々日。静岡から着弾したピンク色の光明。近場のショップに良い物が無いなら、ネットで片っ端から探すまで!そうして、ついに私の好みやこだわりにぴったりなサンゴを発見しました。養殖トゲサンゴ。養殖物とは思えない程素晴らしい枝ぶり。静岡のトップラッシュさんから届きました。初めて利用したショップですが、以前から評判も良く、良いサンゴが揃ってます。ま [続きを読む]
  • 浦島太郎、アクアの浜に帰る
  • むかしむかし、アクアの浜にイェーガーという水槽キチガイがおった。ある日、イェーガーはルアーに導かれるように源流奥深くに行き、そこで時が経つのを忘れて、イワナやヤマメとたわむれたのじゃ。しばらく経った時、イェーガーは水槽のことを思い出し、アクアの浜に戻ることにした。しかし、イェーガーが源流で遊んでいる間に、アクアの浜も村の様子もすっかり変わっていたそうな・・・。どうも。浦島太郎です。SPS飼育から撤 [続きを読む]
  • 源流釣り納め。泣きっ面にスズメバチ?
  • 9/24(日)。今年の源流シーズン最後の釣行に行ってきました。最後もやっぱり通い慣れた小菅川。最後は小菅川の最奥部で締めくくろうと、夜明け前の真っ暗な林道を進んでいきましたが、人気の入渓ポイントにはすでに何台かの車が陣取っていました。中には車中泊やテント泊をしてる人達までいたり。結局、入ろうと思っていた林道終点にも車が停まっていたので、第二候補の入渓ポイントから入る事にしました。夜明け前に行動開始とか [続きを読む]
  • 秋水の渓
  • 渓流釣りも禁漁間近。そんな9月ですが、毎日14〜16時間労働が続いています。ヘロヘロです。台風が日本海沿岸を通り去った後の9月18日。今期もあとわずかなので、疲労が溜まりに溜まった身体に鞭打って小菅川に行ってきました。道の脇には秋の景色。空気も澄みわたり、季節は間違いなく秋になっている事を実感します。小菅川源流域を目指して林道を進んで行くと、途中途中の入渓ポイントのほとんどに車が停まっていました。しかし、 [続きを読む]
  • 珊瑚礁復活への最初の1株
  • 働けど働けど我が仕事楽にならざり。ぢっと手を見る暇もねぇ。ハイどうも。今日も16時間近く働いてきた私です。先日、中古のカルシウムリアクターを購入しました。かつて憧れた国産メーカー、SNMのRS-300です。なんか検索してもこのメーカーのサイトが見つからないのですが、この会社はまだ健在なんですかね?・・・しかし、見てみると思ってたより一個配管チューブが多い。なにこの1stステージの底の方から続くチューブは [続きを読む]
  • 『サンゴ』とキャバと時々おとん復活?
  • 当ブログを釣りブログだと思って見てらっしゃる方もいるんじゃないかと思いますが、そんな方からしたら「なんでこんなタイトル?」と思うんじゃないでしょうか。当ブログは元々サンゴ飼育がメインのブログだったんです。いやマジ本当。突然ですが、SPS飼育に復帰することにしました。Caリアクターが壊れ、SPS飼育から撤退して半年。照明をフルスペLEDにしてからトサカも別物のように色揚がっていましたが・・・・・・ど [続きを読む]
  • フライタックル買っちった
  • フライを始めたてですが、こんな物を観ちゃうほど重症。フライフィッシングを通して兄弟の絆や確執を描いた映画「リバーランズスルーイット」。モンタナ州の美しい景色が舞台で、若き頃のブラッドピッドが主演。ヤバイっすね。底なし沼にはまりつつありますね。そんな重症な私ですが、ついにフライタックルを買ってしまいました。ロッドはTIEMCOのユーフレックス・インファンテ763-4私の中でフライフィッシングと云えばティムコ。 [続きを読む]
  • 新作ミノー実戦投入
  • 先週末はルアーとフライ両方やりましたが、まずはルアーの話から。私の作る源流域専用ミノー『クヴェレー50s』。釣れるにはそれなりに釣れるのですが、一つ大きな、そして致命的な難点があります。それは耐久性の低さ。何回か使うと、このように尻尾の方から割れていってしまうのです。この事を某SNSで書いたところ、何人もの上級ビルダーさん達から色々なアドバイスをしていただきました。改善の内容は「内緒ねw」との事です [続きを読む]
  • 2017年本栖湖キャンプ〜後編〜
  • 本栖湖キャンプ2日目の朝。以前だったら家族が起きる前に、一人でカヤックに乗ってレイクツーリングに出ていたものですが、今ではそんな元気はありませんwそして、我が家のキャンプの朝食と言えば、毎回パンをこねて焼いていましたが、8年間毎回毎回やっていると、いい加減マンネリに感じて来ました。そんなわけで、今回は数年前からキャンプシーンで流行っているというホットサンドメーカーとやらを買ってみました。色んなメー [続きを読む]
  • 2017年本栖湖キャンプ〜前編〜
  • キノコにょっこり。空梅雨に終わったかと思ったら、第2の雨季が到来したかのような8月。今年もまた富士五湖の一つである本栖湖にキャンプに行ってきました。「連休後半の方が天気が良さそう」と読んできたのですが、テントが組み上がった頃には弱い雨。それでも良いのです。テントを打つ雨音を愉しみながら、読み逃していた雑誌に目を通します。普段、時間の許す限りやるべき事、やりたい事を詰めこんだ生活をしていますが、こん [続きを読む]
  • 増水の川はフライ初心者に優しくなかった
  • 前々回の記事で黄金色のイワナを釣った日の午後。午後からはフライの練習をしようと、小菅川のC&R区間に行ってみました。・・・・・・・ところが・・・・・・台風5号の豪雨で川の形が激変。いつもは車で川原まで下りる事が出来た金風呂川原。本来は右の岩壁沿いに流れていた川が左の護岸沿いへ流れを変え、車を乗り入れる事も歩いて渡行する事も不可能になっていました。どこの本流だよ?というありさま。水量計下まで歩いて行 [続きを読む]
  • 手痛いフライの洗礼
  • 先日、ぽんパパ師匠にフライフィッシングをレクチャーしてもらい、その時使わせてもらったタックルをしばらく貸してもらったので、必要な消耗品を各種買い揃えました。店員さんとあーでもないこーでもないと相談しながら、初心者でも無難そうなフライをいくつかチョイス。さて、話は前回の記事から遡ってしまいますが、連休前のある休日。午前中だけ小菅フィッシングビレッジに練習に行ってきました。自身初の単独フライ釣行。とに [続きを読む]
  • 増水の源流域で黄金のイワナに出会う 〜小菅川〜
  • 台風5号の影響で日本全国に強い雨が降りましたが、最も降水量が多かったのは台風が直撃した近畿地方では無く、なぜか山梨県。私がホームリバーにしている山梨県小菅村も避難勧告が出され、一時は陸の孤島になっていたそうです。8/11(金)。キャンプに行く予定をしていましたが、天候不良とひーちゃんの体調(女の子の日)が重なったため、キャンプは連休後半にずらして、台風が過ぎた後の小菅川源流域に行ってきました。わずか数 [続きを読む]
  • 釣りをしなくても奥多摩。釣り具が無くてもヤマメが手の中に。
  • 毎週毎週釣りに行っていると思われてそうですが、そうでもありません。釣りに行かない週末だって(ちょっとは)あります。そんな釣りに行く気の無かったある週末ですがこの日も奥多摩には来ていました。これで、もうほぼ毎週奥多摩へ皆勤。奥様が「奥多摩にある『山のふるさと村』に連れてって」と言うので。え?そこ何があるの?・・・と聞いてみても、「よくわからんけど、なにか遊べるだろう」という適当な考え。ひーちゃんが赤 [続きを読む]
  • ヤツは白泡の下にいる 〜小菅川〜
  • 私がホームリバーにしている小菅川で、今年2回大物を取り逃がしているポイントがあります。こんな場所。1回目は4月。アップ方向にミノーを投げてヒットするも、「え!?なにコイツ!?ニジマス!!??」と思う程の大暴れな引きを見せ、バラシてしまいました。2回目は6月。今度は淵への流れ込みの上流に立ち、ダウンでねちねち攻めている時にヒット。しかし、足場が悪くて水際に近づけず、無理矢理引っこ抜こうとしてバラシま [続きを読む]
  • 水源林の奇行種 〜小菅川〜
  • 貴公子ではない。残念ながら。7月17日。妻子が実家に泊まりに行っている三連休でしたが、消防団の大会など色々と用事が立てこんでいて、自由な時間が得られたのは3日目だけ。この日は小菅川の林道終点に車を停め、久々に「カワセミラプソディ」のパックロッドを持って山の道無き道を進んだ先にある小菅川最深部に行ってみました。ろくにまとまった雨も降らずに梅雨明けしてしまった関東南部の山は例年に無い程の大渇水。渓流釣りの [続きを読む]
  • 川面から肉球
  • 先日、日原川に行った時釣り上がって行く途中、ミノーが何かに引っ掛かりました。川に沈んだ流木に引っ掛かっている何か白っぽい物。コンビニ袋か何かかな?ラインを引っ張ってみたら、その一部が水面から出てきました。肉球。あきらかに草食動物のそれとは違う爪。そして肉球。うーむ・・・・・・あの足の形状。イヌ科の動物ですな。タヌキか何かだろうか?死骸の所まで来てみました。仰向けの形で流れに晒されており、毛は全て抜 [続きを読む]
  • 最後の大地創生
  • 亀と古代魚の棲むアクアテラリウム。長い事作りかけのまま放置していましたが、ようやく最後の陸地を作りました。最後に作られた陸地は右端の部分。苔類は他の場所で育ち過ぎた分を千切って集めて移植。それだけで、新しく買い足さなくても十分に足りました。これで基礎となる陸地部分が全て完成し、あとはゆっくりと植栽を楽しんでいきます。まずはオーストラリアンヒドロコティエを植えてみたのですが、これがこの環境にマッチし [続きを読む]
  • 飯田重祐さんのミノーイング合宿に参加してきた 〜前半〜
  • 今度こそ完成した自作ミノー『クヴェレー50s』2017モデル3期ロット。初めて使った水溶性ウレタンがあまりにも弱過ぎて、いつもの溶剤系ウレタンを上塗りして補強しました。先週末の土日。これらを持って飯田重祐さんのミノーイング合宿に参加してきました。・・・・・・と、その前に・・・まずはミノーのテストがてら、スクール前にちょっとだけ朝練wwwしばらく日原川を開拓していましたが、久しぶりに通い慣れた小菅川の源流 [続きを読む]