kikouchi さん プロフィール

  •  
kikouchiさん: 蕎麦喰らいの雑記帳
ハンドル名kikouchi さん
ブログタイトル蕎麦喰らいの雑記帳
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kikouchi
サイト紹介文蕎麦の食べ歩き、してます。ついでに、日本庭園なども見ます。風流なのが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/06/08 20:55

kikouchi さんのブログ記事

  • 冨美家鍋  京都市錦市場
  • 錦市場の中を、昼前に歩いてみた。中はごった返していて、築地市場の場外のようである。食べ物といえば、外人観光客を目当ての歩き食べの串物が主流のように見える。しかし、その一画に京都の人々からもしっかりと支持されるお店がある。お店に入ったのは11時少... [続きを読む]
  • 圓徳院北庭  京都市東山区
  • この庭に置かれている石は特別である。なにしろ伏見城北政所化粧御殿の前庭を移したものだという。寺院の庭では考えられない迫力ある巨石大石が、線の細い寺院の庭先にあるのも、その説明を知れば納得である。桃山の迫力ある造形美が大好きなkikouchiには... [続きを読む]
  • 千ひろ  祇園
  • 四条通からとても細い路地に入る。ぼんやりと明かりが見えれば、それがお店の入り口。前菜七種。まずはビールから始めたが、すぐに冷酒へと移行した。一番上から時計回りに、鯛の身の干物。黒豆の枝豆。鯛のキモのゼリー寄せ。銀杏。百合根。... [続きを読む]
  • 智積院  京都市東山区
  • 拝観料を払うと直ぐに、長谷川等伯の国宝障壁画を見るコースになっている。桃山の絵画の迫力は圧倒的だが、当然ながら写真は撮れない。庭園は利休好みの庭と伝えられるが、少しイメージが違うような感じもする。確かに、石組に迫力は感じられる。ただ、利... [続きを読む]
  • 極意  戸隠 長野県
  • 古くは蕎麦は寺の中で発達したという説もある。食べ物の洗練には誠に具合の良い環境であるので、もっともな事だと思われる。戸隠の中社のすぐ奥、繁盛している蕎麦屋さんがあるが其処とは別のお店。開店直前までガラガラの駐車場がある。しかし、歴史のあるお店で... [続きを読む]
  • といちや  上越市黒井
  • 新潟の海まで数百メートルという、最高のロケーションでで営業されている寿司屋さんである。この日、ふと思いついてシャリ少なめでと注文をつけたら、寿司の姿がぐっとしまる。特に、白身がすっと喉に飛び込んでくるような姿は粋である。包丁使いが実... [続きを読む]
  • 荻ノ島  高柳町 新潟県
  • 荻ノ島には、状態の良い茅葺屋根の古民家が多数残されている。現役の田圃の脇に、綺麗に屋根を葺き直された民家がある。どう見ても、現役の農家と思われる。そして、古民家を残すサイクルを計算に入れているような印象がある。稲刈り直後の時期に訪れ、この... [続きを読む]
  • 一二三  越後湯沢
  • 冬場は予約がないととても入れない湯沢町でも指折りのお店なのだが、夏場は気楽にカウンターの席を占める事も可能だ。まずは、お通しに鶴齢を冷やで合わせる。これは、相当に嬉しい瞬間である。普段は刺身の盛り合わせへと続く事が多いのだが、この日はあえて... [続きを読む]
  • 鮨 登喜和  新発田市
  • 新発田の街の路地裏にあるが、新潟では名の知れたお店である。まずはアマダイ。改装して木札を止めてしまったので、お好みで注文するにも値段が分からない。しかし、お店の雰囲気は誠実そのもので信頼できるとふんだ。ガリの盛り方一つとっても、手をかけて... [続きを読む]
  • そば処 飯綱  長野県
  • 蕎麦で知られる戸隠地区だが、伝統的な二八蕎麦にとどまるお店がほとんどである。確かに水が美味しければ二八で確実に美味い蕎麦が出来ると思う。その枠を超えるには、余程の蕎麦の研究か、思い切った発想の転換が必要だと思う。こちらは後者に属するお店だと思... [続きを読む]
  • 一二三  湯沢町西口
  • 初夏の魚は湯沢町の料理屋さんでも十分に味わえる。鯵の唐揚げ。驚くほどにお手軽な値段で、鮮度の良いものが食べられる。頭から丸ごと揚げて、手抜きをしなければカサカサと見事に揚がった魚を一匹、骨まで丸ごと食べられる。貝も、白身も初夏になっても驚く... [続きを読む]
  • ととや  越後湯沢東口
  • 湯沢の町ではそう多くはない寿司屋さん。早めの時刻にカウンターに着き、一画を占める。となると、やはり酒は冷となる。白身づくし3点。特別に凝ったものではないのだが、新潟の寿司屋さんで、白身でスタートできるのはとても嬉しい。お酒も進む。続き、... [続きを読む]
  • といちや  上越市黒井
  • かなり久しぶりに訪れたお店だが、ご主人は相変わらず手元(の動き)が速く、元気が良い。まずは、ドロ海老(ガサ海老とも言うようだ)を焼いていただいた。輸送に堪えないので大半が地元で消費される海老なのだが、実に甘みが優れ、味が良い。確かに、地元で食... [続きを読む]
  • 林富永邸  上越市三和区
  • こちらのお屋敷も年間に二度しか公開されないのだが、公開の時期が一日だけではなく、また数年前から公開されていたので、なんとなく馴染みのあるお宅に思われるまでに親しんできた感がある。立派な杉の並木を下った先に、母屋がある。館が公開されたのは、5... [続きを読む]
  • 九頭龍蕎麦  神楽坂
  • 洪水のたびに流域が変わり、その結果下流の河川の跡が沢山残される、というのが世界的にも多くの河川に見られる現象である。それを遠き昔のギリシアからケルベロスなる多首型の怪物として、語り継がれている。かなり乱暴な単純化をすれば、灌漑技術が十分ではな... [続きを読む]
  • 旧車展示会  道の駅新井
  • 道の駅新井の駐車場を使って、オールドカーの展示会が行われた。その中でも釘付けになった、オースティン35。それも隣はロータスのようであるが。サルーンカーであろうと、スポーツでも基本の重心設定の工夫は変わらないようである。戦前からのフェンダーのラ... [続きを読む]
  • 白田邸  上越市頚城区
  • 普段は公開されていない邸宅であるが、昨年より春と秋の1日ずつ見る事が可能となった。もともとは斉藤家の館を移築したものだが、移築完了後も16年間も普請を続けてきた。玄関のすぐ上の窓は、西欧のスタイルをそのまま受け入れたもの。家へのこだわりが、当時... [続きを読む]
  • すし割烹 魚河岸  柏崎市
  • 柏崎市はよい鯛の上がる港として有名である。この日は路地裏にある天婦羅屋さんを訪ねようと思ったのだが、お店は開いているのに人がいない。車を止めるのも大変そうなので、すぐに諦めて魚河岸さんの寿司に変更した。昼に一番高価な「極み」ではなく、その下の特... [続きを読む]
  • 鬼七  五泉市 新潟県
  • ほぼ開店時奥に入店したのだが、席のほとんどが埋まっていた。相当の人気店のようである。という事は、蕎麦が出てくるまでにそれなりに待たなくてはいけない、という事だろう。それでも、座った席からこんな庭の様子がゆっくりと眺められるので、ささっと蕎麦が... [続きを読む]