ポンコツ さん プロフィール

  •  
ポンコツさん: ポンコツ友の会
ハンドル名ポンコツ さん
ブログタイトルポンコツ友の会
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ponkotu5600/
サイト紹介文ちょっと古いバイクばかりです。頭と体は使うけどお金は使わない「ポンコツワールド」へようこそ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/06/09 23:30

ポンコツ さんのブログ記事

  • 原付きバイク・トレーラー計画、いよいよ始動。
  • 私も「今どきオジサン」としてフェイスブックなんてものをやってまして、その繋がりで「原付きバイクにトレーラー」というグループに参加させてもらってます。そこには今治でお会いしたカブ・トレーラーの方もいらっしゃって、色々と勉強になります。さて、トレーラーを引くためにはオートバイ側にヒッチを取り付けなければいけません。山口県のカブ仲間が自作トレーラーを着けてるのを聞きつけ、試乗させてもらいに行きました。ヒ [続きを読む]
  • 毎日暑くて何も出来ん。妄想ばかり広がってます。
  • 毎日暑くて死にそうでうねー。みなさんお元気ですか?我が家の作業スペースは基本的にお庭なので、こう暑いと何も出来ません。ガレージの中にいたっては、すでに人が死ぬレベルです。仕事から帰ったら汗だくなので、すぐにシャワーを浴びて早いうちからビールをプシューって、これじゃブログも更新出来ませんよねー。まず、RD90の続報。ヤフオクで入手した部品取り車、2型(2A5)は、まさかの欠品なし実働車!アイドリングも安 [続きを読む]
  • RD90純正ブレーキ完全復活。70年代当時の姿が蘇るぜー!
  • マスターシリンダーの蓋を開けて新しいブレーキフルードをどんどん足していきながらレバーをニギニギし続けると、やがてレバーにしっかりした抵抗が感じられるようになります。おっ、いい感じになってきましたよー。ピストンの周りにフルードがにじんでいるふうでもないので、この新品ピストン&再使用オイルシールの組み合わせでレッツゴーにしましょう。そうと決まれば、速攻でRZ50のフロントセットを外します。数週間前に交換し [続きを読む]
  • RD90用ステンレス削り出し新品ブレーキピストン発見!奇跡だ!
  • 凄いの見つけましたよ。ヤフオクで。なんとステンレス削り出しで新品のブレーキピストンを作ってくれる人がいたんです。タイトルが「RD125/90用」になっていたんで「RD90」では引っかからず、発見するのに時間がかかりましたが。値段もヤマハ純正パーツの他車の新品と同等という親切設定だったので、もちろん即落札です。一番右がそのピストン。ステンレス404の輝きが美しいです。中央が外したRD90純正。メッキが剥がれて見るも無 [続きを読む]
  • ほぼ完成したRD90、しかし何か気に食わん。
  • フロントブレーキの固着に対して、何の策を講じることなくギブアップし、取り敢えず走らせたい一心でここまで来ました。ノーマルにこだわらないというより、純正流用の実験も色々試したかったということもあり、気が付いたらこんな仕上がりになってしまいました。17インチになってしまった前後ホイールは、違和感しかありません。マジでかっこ悪い(汗)。やっぱ18インチじゃろ。ヘッドライトの位置も下がってしまい、70年代らしさ [続きを読む]
  • さあ公道デビュー。ジェットをいじる前にエアクリを何とかしよう。
  • まだまだ走れる状態じゃなかったゴールデンウイーク明けの平日休みの日に登録は済ませていました。カープ&サンフレッチェ応援ナンバープレートの黄色バージョン。ピンクバージョンより赤と紫が映えます。自賠責も5年に入るつもりでいたんですが、ステッカーが黄色になってイマイチなので2年に入って紫ステッカーにしました(笑)。クラッチが切れるようになったので、実走行をしてキャブセッティングに移りましょう。このキャブ [続きを読む]
  • 絶版車不人気車のクラッチ板、いったいどれだったらいいんだ?
  • 今度はDT125用のフリクションプレートを注文してみました。はい、ビンゴー! 左がRD90の物で、右がDT125用。上のRD90後期の物とは外径が違います。空冷の2N0の部品番号で注文したんですが、36Xってことは、水冷モデルがその後リア17インチになるくらいまで共通部品だったってことでしょうか?まあ、これで安心して同じ物をあと3枚注文しました。DT125のフリクションプレートは5枚ですが、RD90のそれは4枚構成でした。パーツが届 [続きを読む]
  • 長期放置アルアル? クラッチがガッチリ張り付いてますよー!
  • クラッチの張り付きの原因って、いったい何なんでしょうか。ヤマハの旧車で長期不動車だと、まず間違いなく張り付いてますね。ホンダ車では経験ないんですが。私が考えるに、これはヤマハだからどうとかではなくて、2スト車だからではないでしょうか?2スト車のミッションオイルを抜いてみると、当然のように新品みたいに綺麗なオイルが出てきます。ヘッドまわりや燃焼室の潤滑を担ってないですから、汚れるはずありません。それ [続きを読む]
  • カフェカブ京都2018に行ってきました。
  • 名称は「カフェカブ京都」ですが、場所は琵琶湖です。広島からだと遠いですねー。ステップワゴンに水冷号を載せていつものサンダーバード作戦ですが、ほぼ下道で大阪まではマジきついっす。まともに走ると8時間くらい掛かるので、金曜日のバイトが終わってからシャワー浴びて夜に出発しました。夕方の帰宅ラッシュは外したものの、岡山県が長い!昼間に走るよりマシだとは思いますが。姫路バイパスから加古川バイパスと走って、第 [続きを読む]
  • 週末はカフェカブ京都だ。水冷カブのキャブセッティングしなくっちゃ。
  • 久しぶりにCM90改125水冷を引っ張り出しました。去年の秋のカフェカブ九州から、ずーっと放置プレー中です。カフェカブ九州の直前になって取り付けたKOSOのフラットバルブキャブのセッティングがまだ出来てないので、年末に購入していたメインジェットセットを新品のビニール袋から出してやりましょう。おっと、その前に雨対策。週末の関西は降水確率が高いんじゃないですか?またいつものペットボトル・スペシャル。こいつが一番 [続きを読む]
  • ついにエンジン始動。 次は足まわりだ!
  • 燃料コックがピッカピカです(笑)。ヤマハ純正コックのホース側パイプは4mm径くらいなんですが、キャブ側の燃料ホースをハメるパイプが6mmだったので、4mmと6mmの二段階になってるフィルターを間に入れました。ガソリンがちゃんと行ってるのが見えるので助かります。赤く見えるのは、大事を取って混合ガソリンを入れたからです。ビンテージモトクロス時代に使っていたレース用のオイルがあったので。この状態で数回のキックで無事 [続きを読む]
  • 求む、旧車2スト用キャブレター(笑)。
  • DT125を壊して直して(笑)無駄なことやってる間も、RD90は少しづつではありますが進んでいます。あのDT125もノーマルキャブが完全に死んでいて、ヤフオクで買った謎の新興国製格安キャブを着けています。意外にも調子良いので、RD90用にまたもう一個買っちゃいました。新品キャブで送料入れても4,000円でお釣りが来るってんだから、ついつい買っちゃいますよねー。画像右側がそれです。左はRD90の純正キャブ。見てのとおり固定方 [続きを読む]
  • エンジンは直ったが、ピストン穴あきの原因は未だ解らず
  • 2ストエンジンのピストンを冷却してくれるのは燃料のみなんです。4ストエンジンのそれのように冷却のためにクランク側からピストン内側にオイルを噴出するなんてシステムもありません。純正キャブが死んでいたので社外の「DT125用」なるキャブを着けていたんですが、エアクリーナーボックスに秘密の穴を開けた時もメインジェットしか大きくしてないんですよ。そう言えば異常に燃費が悪かったのはスローが小さすぎたからなのかな [続きを読む]
  • 空冷2スト単気筒の腰上組み立ては超かんたん!
  • もう30年以上前のバイクですから、純正パーツなんて全く手に入りません。でもねー、社外品がちゃんとありましたよ。ホント助かります。インターネット時代万歳!オーバーサイズもあったんですが、ピストンの傷もそんなにヒドくないので、取り敢えずSTDのピストンセットを購入しました。シリンダー内の傷もこんなもんです。もうちょっとヒドいと諦めがつくんですが、この程度のキズは普通ですからねー。2ストマシンのピストンには [続きを読む]
  • うちの2ストマシンで、唯一動くDT125が・・・
  • いやー、すっかり暖かくなりましたねー。まだ寒さが残る3月18日に、今治で行われた「第五回西日本70s80sヤマハミニミーティング」に参加してきました。ネットで見つけての初参加です。見近島で前泊する手も考えたんですが、荷物も多くなるし、今治に朝9時集合なら無理せす行ける距離なので、早朝出発することにしました。まだ暗い朝6時ちょい前に自宅を出て、忠海フェリーの始発は7時30分。凍えた体に日光の暖かさがしみますねー [続きを読む]
  • 腐ったガソリンも10年以上経つとこんなヒドイ事になる?
  • キャブレター内の正体不明のドロドロですが、当然のようにガソリンタンクの中にも1cmくらい溜まってました。こっちはキャブレター内のそれより若干ですが乾燥というか固形化していて、除去するのも時間が掛かりそうです。まあ、穴が開くような錆はないので、マシなほうですが。錆取り用のタンククリーナーが思ったほど効かなかったって話を耳にすることがたまにありますが、その原因のほとんどはタンク内の脱脂がキチンと出来てい [続きを読む]
  • 1974年?から時を超えてやって来た。RD90だー!
  • ここ数年、70年代2スト原二(原付き二種)のマイブームが止まらず、お気に入りのDT125があるにも関わらずまたポチッとやってしまいました。はるばる福井県からやって来ました、最初期型RD90です。うおーっ、かっこ良過ぎる!この渋いグリーンメタのカラーに白/黒のラインがイイ感じでしょ。タンクやサイドカバーの形が「これぞオートバイだ!」って感じです。諭吉先生3人分で落札出来たのに、陸送で同じくらいの諭吉先生が飛んで [続きを読む]
  • 中華エンジン搭載ハンターカブ完成しました
  • はい、どんどん組み立てていきますよー。キャブは暫定的にVMタイプの22mm。ハンターやMD90などのCS系エンジンは、ヘッド側のエキゾーストの角度が違っていてマフラーを着けると変な角度になるんですが、取り敢えず着けてみてエンジンの始動確認。キック数回であっさり始動しました。今後は更に大きなPE26くらいにするか、燃費とトータルバランス重視でハンターの純正キャブにするかはこのVM22で走り込んでから考えるとのことです。 [続きを読む]
  • ハンターカブに中華エンジンを載せるのは大変なんですよ
  • エンジンを載せる前にしなければならないことがありました。このハンターカブは国内仕様の6Vポイント点火なので、CDI点火になってるリーファン社製エンジンや最近のホンダ製横型エンジンを動かすことは出来ません。CDIが着いてませんから(笑)。ハーネス自体を年式の新しいカブの物に交換します。これにより12V電装となるので、ヘッドライトやウインカー、バッテリーも全て交換です。意外に時間と手間が掛かります。はい、リーフ [続きを読む]
  • ハンターカブにカブ系横型エンジンを載せるキットって?
  • ハンターカブのエンジンは、普通のカブとはクランクケースの大きさが違っており、エンジン交換は出来ません。俗に「 CS系」とか「デカヘッド」とか言われてるヤツですね。MD90も同じクランクケースです。カブやモンキーなどの「横型エンジン」が星の数ほどチューニングパーツがあるのに対して CS系エンジンのチューニングパーツはほとんどありません。そこが CS系マニアにとってはタマランのですがね(笑)ところが、海外にはハン [続きを読む]
  • C100時代のインナーアクセルには、PWK28は簡単には着かなかった
  • 水冷125のキャブなんて去年の10月(カフェカブ九州)より前の話だから忘れてまして、前回の書き込みでPWKキャブがいかにも簡単に着いたように書きましたが、あらためて去年の写真を整理してみると色々思い出しましたよ。アクセルワイヤーを作って、エンジン始動した時に、すぐに違和感を感じました。アクセルを目一杯開けても全開のパワーが出ない。アクセル全開時にキャブを覗くとこんな感じ。いやー、そりゃそうだよね。インナー [続きを読む]
  • 水冷125のキャブセッティングが出ません(涙)。
  • まだまだ去年のネタなんですが、2017年は常に2〜3台の頼まれ物のカブを掛け持ちでイジっていて、とっても忙しい一年でした。しかも疲れていてブログの更新が全然出来てない(涙)。このハンターは国内仕様でエンジンの調子も良いし、このまま大事に乗ってりゃいいと思うんですがねー。ハンターに一般的なカブのエンジンを載せるキットを使って、リーファンに載せ替えてほしいとの注文。CS系エンジンのマニアとしては、もったいない [続きを読む]
  • C100の腰上メンテは意外と簡単?
  • お正月もあっという間に過ぎまして、明日から平常運行ですね。リアルタイムでないC100ネタはサッサと終わらせましょうか。ヤフオクで「C100ガスケット」で検索したら、純正デッドストックからアジア製社外品までいくらでも出てきます。オーバーサイズのピストン&リングセットなんか、タイホンダの純正ですよ。C100が人気なのは、部品がいくらでもあるからってことも理由の一つにあるんでしょうね。腰上を分解してみると、エンジン [続きを読む]
  • 初めてのC100。まるで解らんけどOHCカブの知識で何とかなるじゃろ。
  • このC100、知り合いから実働車を買ったみたいなんだけど、当初からパワーが全然なくて「当時のOHVってこんなに遅いんだー」って思っていたらしい。いえいえ、C100って早いバイクですよ。私も乗ったことありますが、12VでCDI時代のカブよりもトルクフルで、全然楽しいバイクです。でもこのC100は段々走らなくなって、ついにエンジンも掛からなくなりウチに入院することになりました。まあ、点火時期でも見ましょうか。はい、全然オ [続きを読む]