心理カイロプラクター さん プロフィール

  •  
心理カイロプラクターさん: 身体の痛みは心の悲鳴
ハンドル名心理カイロプラクター さん
ブログタイトル身体の痛みは心の悲鳴
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/spiritualbody/
サイト紹介文ストレスがどのように心と身体に影響を与えているのか、臨床経験の中で得られた解決のヒントを公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2007/06/13 10:13

心理カイロプラクター さんのブログ記事

  • 相手を知ることは出来たのか
  • ただ会話をしたとしても相手の事がどれくらい理解できたのかが重要になります。会話が出来ないという事は、ある意味相手に何も興味がないという事でもあります。相手に何らかの関心や興味があれば相手を知りたくなるものです。相手を知るとともに自分自身を... [続きを読む]
  • 会話が出来ない
  • 会話がキャッチボールとすればそれは壁を相手にするものとは違い相手の動きによって対応に変化が生じてくるわけです。キャッチボールの相手を無視してはキャッチボールは成立することが出来ません。会話の基本は、双方向である必要があります。一方通行の会... [続きを読む]
  • コミュニケーションは
  • コミュニケーションはキャッチボールと同じといわれていますがあなたはそのキャッチボールでどんなボールを投げ返していますか?相手が強めのボールを投げてきたら自分も少し強めのボールを返したりしませんか?もしも相手が幼児の場合にはどうしても優しく投... [続きを読む]
  • 意識と無意識の統合
  • 潜在意識と顕在意識の中身が違っていると色々な問題が起きてきます。潜在意識の方が圧倒的に大きいためにいくら意識していても潜在意識の方が優位に立ってしまいます。潜在意識は自分の世界だけではなく宇宙的なレベルでつながっている為に潜在意識が大きく影... [続きを読む]
  • 誰が建てるのか
  • 今から建てようとする家は誰(WHO)のための家なのか?誰が施主なのか?何時(WHEN)建てるのか?何処(WHERE)に建てるのか?どうやって(HOW)建てるのか?の全ての計画が一致していれば現実化はする訳です。要するに実現しないのはそれぞれの... [続きを読む]
  • 5W1Hの設計図が必要
  • 自分の望みが家を建てることだとするとまず考えなければならないことはなぜ(WHY)新たな家が必要になるのかという答えがあるかどうか?その答えがあったとしてもその答えがしっくりくるのかという事です。そして、その新しい家で何(WHAT)をするのか... [続きを読む]
  • 現実化の設計図
  • 家を建てる場合には設計図が必要になりますがいきなり設計図は出来ません。設計図を作るためには出来上がったイメージつまり完成予定図が必要になる訳です。完成予想図がまず必要ですがその完成予想図には詳細はまだできていない訳ですから設計図にはまだ落と... [続きを読む]
  • チームが出来るか
  • 世の中には天才と呼ばれて何でも自分で簡単に出来てしまう人が存在しているのも事実です。しかし、大半の人は誰かと協力することによってはじめて夢がかなう様になっているようです。つまり、一人の天才をモデルにした夢やゴールを設定してしまうとその夢はか... [続きを読む]
  • 夢やゴールの設定
  • いくら夢やゴールがあったとしてもその設定が間違っている場合にはその夢はかなうことはありません。全ての夢がかなえられるわけではありません。叶えられる夢と叶えられない夢がある訳です。叶えられる夢と叶えられない夢をどうやって見極めたらいいのでし... [続きを読む]
  • 希望が無くなる
  • 人は、希望さえあれば何とか頑張っていくことが出来ますが希望を無くしてしまうと一変に崩れてしまいます。それは自分自身の理想かもしれません。いずれにしても夢やゴールが見えている間はある程度頑張ることが出来ます。反対に夢やゴールを潰されるとうつ... [続きを読む]
  • うつ病ですか?
  • 人間だれでも生きていると気分が憂うつになったり仕事の効率が悪くなってしまうこともありますから、一時的なものもあります。ところがその状態が何週間も続くのはうつ病と言っても良いでしょう。仕事を休むというのは組織の体質によってはとても困難な場合... [続きを読む]
  • 気づかないうつ病
  • 以前と比べて疲れやすいとか、集中力の低下や仕事の効率が落ちるという症状の場合いつもより疲れているのかなと思いがちです。死を考えるほどでもない為にうつ病と気づかないままさらに精神をすり減らしてしまう事があります。憂うつで気分が落ち込むために起... [続きを読む]
  • 胃の緊張
  • 胃の緊張か続くと腹部全体の緊張に繋がっていきますが腹部には腹部大動脈という大きな動脈が流れています。その血管が圧迫されることにより血流が圧迫により流れが悪くなってしまいます。言ってみれば血液の幹線道路が渋滞をしている状態になってしまいます。... [続きを読む]
  • 胃が痛い
  • ストレスがたまると胃が痛くなるという話や自分自身の経験を持っている人は多いと思います。胃に問題がある時には我慢できないことがあり、感情的にそれを納得することが出来ないでいる状態であり、「胃(意)に添わない」という意味があります。意に添わないこ... [続きを読む]
  • ストレスが溜まるところ
  • ストレスは何処に蓄積されていると思いますか?良く堪忍袋の緒が切れたというような表現があるようにストレスは何か袋のようなものの中に蓄積されているようです。つまり、緊張という名のストレスの塊は、堪忍袋という名の袋に入るだけは正常に機能しますが、... [続きを読む]
  • 突発性難聴
  • ストレスが神経系に影響を与える例として比較的起きやすい症状が難聴という事になります。突発性難聴は著しい緊張状態にさらされる時に突然聴力が低下してしまうもので、早期に対処しないと聴力が回復しなくなってしまいます。症状が耳に現れれば耳に意識がい... [続きを読む]
  • ストレスの影響
  • 身体や心の異常の原因がストレスであるという事は多くの人が認識していますが、現実的な認識としてはストレスは原因の一つとされてきています。ストレスが少なければ免疫機能が機能して色々な身体的な問題は解決されやすくなる訳です。ストレスを簡単にいえば... [続きを読む]
  • 常識を疑え
  • 常識は国によっても違っているのにその事を知らないで生活しているわけです。大麻もアメリカの州によっては違法にならないわれです。その代わり一歩海外に大麻を持ち出したら逮捕されてしまう訳です。国や州によって法律という最も常識的な物が変わってしま... [続きを読む]
  • 抽象化しすぎた結果
  • 人間という大きなくくりで見てみると男も女もありません。地球人といえばアメリカ人も日本人も関係ありません。人類と言ってしまえばみんな一つの存在となってしまう訳ですから細かい議論をする場合には、日常生活に抽象化は不可欠となってきます。しかし、... [続きを読む]
  • 問題が大きく見える
  • 3人がやっていますというのと70億人がやっていますというのでは全く違ってくるわけです。3人が70億人になってしまう思考を持っているといつも自分の周りは敵だらけに見えてしまいます。抽象思考が出来るというメリットはありますが一般化しやすい思考という事... [続きを読む]
  • 35億
  • 世界の人口が70億人だとしたとき、男なんてとか女なんてとかで嫌っていたり敵に回しているとまず勝ち目がありません。35億の人間を敵に回す訳ですからどんなに頑張ってもかなうはずがありません。実際の対象は、自分の生活圏の中にしかいないわれですから... [続きを読む]
  • それぞれの段階
  • 自己啓発のセミナーに参加する段階の人とカウンセリングやセラピーを訪れる人とは当然違っています。自己啓発を訪れる人はある意味自分自身が変わろうとか変わりたいと思っている人達が多い傾向にあります。自分が変わらないとダメだという事に気づきその方法... [続きを読む]