のじさん さん プロフィール

  •  
のじさんさん: のじさんの徒然草
ハンドル名のじさん さん
ブログタイトルのじさんの徒然草
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nojiranchu
サイト紹介文毎日のニュースの感想、家庭菜園、田舎暮らしを紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1084回 / 365日(平均20.8回/週) - 参加 2007/06/16 07:01

のじさん さんのブログ記事

  • インゲンマメの自家採種
  • インゲンマメの自家採種インゲンマメの自家採種は、莢が茶色になったものを収穫するといいようだ。しかし、虫が莢の中に入ってしまうことがある。下の画像のように黄色の状態で収穫すると、虫被害も少ない。何よりも、豆がつやつやで光沢があり、綺麗である。・ [続きを読む]
  • やっと追い付いたナスの後続隊
  • 何時もは、秋の収穫用にと遅らせて作っている後続のナス。しかし今年は、先発隊が調子が悪かった。場所が空いたので、急いで定植した。そして、ようやく一番花が着果した。こちらも、その兄弟である。余っていた先発隊のナスやピーマン、シントウなども一緒に植えた。何時もの年と同じ様に、賑やかなナス科の群落となった。 [続きを読む]
  • プロに学ぶ キュウリのツリー栽培
  • 家庭菜園の隣のプロ農家のビニールハウスの中を撮影した。左側にはトマトが、そして右側にはキュウリが栽培されている。そして、外では枝豆が、トレー育苗されている。しっかりした苗が育っている。少し徒長気味に育っているが、遮光のし過ぎかもしれない。外での育苗用に場所をうまく作ってある。・ [続きを読む]
  • 20?離れた女化のかぼちゃ畑
  • 昨日の夕方、20?離れた女化のかぼちゃ畑に行った。2週間ぶりであるが、カボチャの周りは除草剤をやっていないので、その草がはびこっていた。幸い、カボチャの木は負けてはいるが生き延びていた。次にいく時には、残りのカボチャを収穫して、除草剤を撒く作業となるだろう。昨日収穫したカボチャである。色の変わった右下2個は、F2種である。後10個ぐらい残っていた。草から逃れた蔓には2個ずつ生っていた。2週間後には、草の山 [続きを読む]
  • 秘密基地の秘密
  • 外は35°Cの猛暑。こんな日は、外に出掛けるのもいやだ。しかし、野生人は今日も畑にやって来た。なぜなら、そこには快適な空間が有るからだ。秘密基地の中にある作業場だ。小屋の中には冷蔵庫もある。氷もジュースも種と一緒に同居している。外は35°Cでも、中は28°Cと快適温度である。その秘密は、業務用扇風機の後方に大きな杉の木がある。杉林を南側に背負っている。そこを通ってくる風は、酸素が一杯の涼しい風だ。朝のうち [続きを読む]
  • 自家採種 ミニトマト、ダイコン、そら豆
  • 今日は、とても暑いので外での作業はきつい。そこで、小屋のある日陰で、自家採種した種の整理をした。今年、糖度10度を記録した『プチぷよ』である。つやつやの肌に作るのが難しい、ハダニや虫になめられてザラザラ肌になってしまう。トスカーナバイオレットである。YUKIさんがF1種をF8まで育てたほぼ固定種である。とても素晴らしいトマトなので、私の所でも引き継いで育てていくことにする。ビッコラルージュである。トスカーナ [続きを読む]
  • 妻の絵手紙 きゅうりとトマト
  • 今年は、トマトが豊作である。しかし、キュウリは失敗の連続で、思うようにできなかった。不思議な形をしたキュウリの絵がそれを物語っている。たくさんの種類の野菜を作っているので、すべての野菜がうまくできることは無い。目標は、スーパーに並んでいる奇麗な形の野菜だが、それとは違うものばかりだ。でも、新鮮で安心できる野菜は、みずみずしくてどれも美味しいものだ。 [続きを読む]
  • 大大玉スイカ リベンジ
  • 新大和2号西瓜(固定種)『縞皮で果肉は鮮紅色。大玉の固定種西瓜。果重5〜6?の腰高球。タンソ病やツルワレ病に強く作りやすい。果皮硬く輸送性もある。その後の縞皮交配品種の重要な祖先の一つ。』今回も、規格外の大玉である。髭蔓は、枯れていた。重さは、前回よりちょっとだけ軽く、7.4?であった。2週間前に、急に一回り大きくなったのが少し気になっていた。割ってみると、中にはスが入っており、水っぽい状態だ。種を見 [続きを読む]
  • 妻の絵手紙 かぼちゃ
  • とにかくカボチャの大好きな妻である。カボチャは、収穫後2週間から1か月ぐらい追熟させると、よりおいしくなるそうだ。まだ食べてはいない。カボチャの糖度http://veggydesign.jp/blog/post3092.html『自宅で栽培している方は、収穫した時点ではでんぷん質が多く甘さを感じないので、収穫後1か月ぐらいほおっておいたものの方(貯蔵されたものの方が)、酵素の働きによりでんぷんが糖化し甘くなってきます。※丸ごとであれば新聞 [続きを読む]
  • 絶好調 妻の超ミニ菜園
  • 妻の超ミニ菜園のキュウリ。昨夕の収穫である。奇麗なキュウリである。今が盛りと、元気いっぱいに育っている。台風の風の影響で、屋根の上に広がったキュウリが、左側の通りのほうに流されてしまったようだ。内側から撮った画像である。確かに天井にはあまり蔓が伸びていない。朝の画像である。収穫できるキュウリがぶら下がっている。十年以上も同じ場所で、同じ作り方でキュウリを作っている。結果は、失敗したことが無い。病気 [続きを読む]
  • スイカ  8?越え
  • 先週あたりから、ぐんぐん大きくなっていた。先週確認した時には、すでに髭蔓は茶色くなっていた。第1弾を収穫した時に、1週間ぐらい早かった感じだったので、収穫を今日にした。重さを測ったら、8?を越えた。形がややいびつであった。8,35?である。20年ぶりの8?越えであった。家に持ち帰り、スイカ大好き女将に見せた。客が来ていたので、その相手をしている時に、スイカはすでに割られて、食べやすい大きさに切り分けられタッ [続きを読む]
  • 中玉のF2が巨大化した。
  • 深山中玉F2のトマトが不思議な生り方をしている。アロイトマトの普通サイズとの比較。左の手に持っているのがアロイトマトである。大きさは大玉の小さいサイズの感じである。しかし、実の生り方が中玉トマトである。ダイソーの中玉トマトとの比較。左の2個のトマトが中玉トマトの普通サイズである。明らかに大玉サイズに見える。しかし、中玉の生り方である。全体画像である。まだ、試食していない。どんな味なんだろう。また、糖 [続きを読む]
  • 妻の絵手紙 トマト
  • トマトが最盛期を迎えている。『トマトは、何個あってもいい。』 妻のことばである。ヨーロッパの諺に『1日一個のリンゴは医者を遠ざける』というものがあるようだ。同様に「一日一個のトマトは医者を遠ざける」と云うのも言われているようだ。トマトは、とても栄養価が高いし美味しい。赤く熟したトマトが出回れば、みんなが健康になり、医者が青くなるということか。私が畑で日に焼けて赤くなると、医者が心配して青くなるのか [続きを読む]
  • パンナメロン 1個だけ
  • 葉がダメになり、成長が止まってしまったパンナメロン。昨日、成長している1個を発見した。よく観ると、そのメロンだけ葉っぱが生きていた。左側のメロンである。ネット模様も全体に出ている。右側が収穫し、熟成させている一番大きいメロンである。同じ大きさまで、成長している。失敗の原因は、場所をあらかじめ決めておかなかったので、空いた場所にとりあえず植えてしまった。準備不足だったと思う。その後、隣に植えてあった [続きを読む]
  • セロリの育苗が順調
  • セロリの育苗が、順調に行っている。初めて作るので、勝手がよくわからない。他の野菜よりも、 気を使っている。育苗場所も雨風の当たらない、秘密基地のハウスの中で育てている。2本立てから1本にしぼり、少しずつ大きくなっている。・ [続きを読む]
  • ラリーノF2の発芽
  • ラリーノのF2が発芽した。発芽率は、9分の6だ。 ラリーノには、雄花が咲かない。知らなかった。1株しか生き残らなかったので、他のきゅうりと一緒に植えて置いた。交配したようだった。メシベはラリーノ、オシベは固定種の地這きゅうりだ。どんなF2種ができるか楽しみである。らんちゅうの採卵・孵化をやっていて交配させると、母親似のらんちゅうが多くでる。遺伝子レベルではハーフでも、発現段階で母親に似た形が多い感じがする [続きを読む]
  • プロに学ぶ ナスの仕立て
  • 毎日通る道の並びに、田圃の一画にナス畑がある。そのナスの仕立て方の奇麗さに、いつも感心している。1本のナスに3本の支柱を使う。そして、キュウリネットで両側から包み込む。ナスが倒れないように、マイカ線を両側の真ん中に張る。支柱建てと、ネット張り作業をしている時に偶然通りかかった。二人の男性で、手際よく作業をしていた。. [続きを読む]
  • 夏の花壇の花
  • 夏になると紫色の花 『デュランタ』が咲きはじめる。紫色に白い覆輪が入り、とても上品な花である。小さくて、ピンクの濃い色のべゴニアの花だ。中心が白色で、八重に咲く花が可愛らしい。他にも何種類か咲いている。月下美人が今にも咲きそうな感じである。夜にしか咲かない不思議な花である。咲いた時に直ぐに写真を撮れるように、玄関横に置いてある。ベコニアやベラルゴニウムの仲間である。私には、区別がつかない。今年、 [続きを読む]
  • 今年のトマトの中間報告
  • 今年度のトマト栽培中間報告◎大変良い 来年度も作る〇普通 今年度限り△可大玉①アロイ ◎②ホーム桃太郎F2 〇③昔大玉トマトF1 〇④川村大玉F1 〇⑤イタリアンツリートマト ◎中玉①ダイソーF1 ◎②グリーンゼブラ ◎③深山中玉F2 △④ダイソーF2 〇⑤ウルトラマン 〇ミニ①ピッコラルージュF1 ◎F2とコピー笛②プチぷよF1 ◎③トスカーナバイオレット ◎④プチぷよF2 ◎⑤黄アイコF2 △⑥ミニ甘F2 ◎ミニ [続きを読む]
  • 丸オクラは固くなりにくい
  • 今朝のオクラの収穫。『丸オクラは固くなりにくい』とのふれ込みだった。大嘘だ!!昨日食べたら半分が、スジがあって固かった。角のオクラと余り変わらない。下の画像の一番下の大きいのは、きっと固いだろう。オクラの芽だしからの育苗に2度失敗して、結局3度目には作り過ぎた。これから毎日、オクラをムシャムシャ食べることになるだろう。オクラの林のようだ。 [続きを読む]