早井一之助 さん プロフィール

  •  
早井一之助さん: 岩沼物語
ハンドル名早井一之助 さん
ブログタイトル岩沼物語
ブログURLhttp://iwanuma.blog39.fc2.com/
サイト紹介文宮城県岩沼市のさまざまな情報をほぼ毎日発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2007/06/18 07:21

早井一之助 さんのブログ記事

  • 里の杜中央公園 秋の花壇を青空バックで
  • 先日に続いて、里の杜中央公園にある花壇を訪れました。今回は、青空をバックに花を撮影してみました。背丈が低いものが多いので、座り込んで仰ぎ見る「虫の目線」になりました。写真は上から順に、アレチハナガサ、ヒマワリ、ハナトラノオ、ヒャクニチソウ(ジニア、2枚)、ススキ、ワレモコウ(2枚)、トサカケイトウ、コスモス(2枚)、ハツユキソウ(ユーフォルビア)です。   人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • 岩沼市北長谷の彼岸花(2018年)
  • 岩沼市北長谷、県道仙台岩沼線沿いに咲いたヒガンバナの群落です。まわりの田んぼがほ場整備中で、真ん中の水路に水が流れていないため、水路に降りて撮影しました。姿勢を低くすると、ヒガンバナを仰ぎ見る格好になり、ふだんとは異なる写真が撮れます。今年は彼岸入りの前にヒガンバナがどんどん咲き始め、早めに見頃を迎えそうです。   人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking  [続きを読む]
  • 仙台国際空港(9月17日) とある平凡な一日
  • 秋晴れの仙台国際空港を訪れました。連休期間中で展望デッキはお客さんがいっぱい、撮影しやすいポイントを確保できないほどのにぎわいでした。特に目立った飛来機はなく、平凡な一日でした。最近新しい特別塗装機が誕生しているので、それが来るかどうか気になる日々が続きそうです。全日空のB767-300ER(JA614A,「スターアライアンス塗装」)が着陸するところです。全日空のB767-300ER(JA614A,「スターアライアンス塗装」)が到着す [続きを読む]
  • 猛禽類にそっくりの凧
  • 稲刈り前の田んぼに設置された、猛禽類(ワシタカ類)にそっくりの凧(たこ)です。稲穂を食べにやってくるスズメなどの小鳥を追い払うために設置されました。よく見ると、猛禽類の特徴である「鋭い目つき」「鋭いくちばし」「鋭い爪」がリアルに描かれています。凧の生地が薄いため、上下両面とも同じ絵が見えます。   人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking  [続きを読む]
  • 岩沼ひつじ村の「ミニ動物園」
  • 岩沼市二野倉の「岩沼ひつじ村」で、1ヶ月に1回の「市(いち)」が開かれました。出店の数、お客さんの数、いずれも過去にないほど多かったです。連休期間中で過ごしやすい天候だったからでしょうか。今回の目玉は、動物とふれあうことができる「ミニ動物園」でした。ここで飼われている羊の他、アルパカ、ウサギ、カメ、モルモットなどとふれあうことができました。ミニ動物園で公開されたアルパカです。アルパカは南米大陸で飼わ [続きを読む]
  • 竹駒神社 秋のキノコ
  • 秋季大祭の準備が進んでいる竹駒神社を訪れました。境内のアカマツやクロマツの根元に、さまざまな形のキノコが生えていました。樹木の直下を歩く人が少なく、神社では「生き物を殺してはいけない」ため、落ち葉などを片付けたあとにキノコがきれいな状態で残されていました。地面に座ってキノコを撮影していると、蚊がたくさん襲ってきましたが、そこは我慢我慢・・   人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking  [続きを読む]
  • 鍛冶スポーツ公園 秋のよそおい
  • 鍛冶スポーツ公園を訪れました。セミ、コガネムシ、アブなどブンブン飛び回っていた夏の虫たちは姿を消し、公園は秋のよそおいになっていました。静まり返った公園を歩き回ると、チョウ、トンボ、バッタ、カメムシなどが見られました。止まっているオニヤンマにカメラを近づけても全然動きませんでした。寿命が近い個体だったのでしょう。写真は上から順に、メスグロヒョウモン♀、アキノノゲシにやってきたモンキチョウ、イボバッ [続きを読む]
  • 天敵の目をあざむく虫たち
  • 阿武隈川の河川敷を散歩してきました。アリにそっくりなカメムシの幼虫と、ゴミを背負うクサカゲロウの幼虫を見つけました。小さい虫たちは天敵に食べられることが多いですが、あの手この手で天敵の目をあざむき、生き残る確率を高めている虫たちもいます。その他に、チョウ、スズメバチ、赤トンボなども見られました。ホソヘリカメムシの大きな幼虫(左)と小さな幼虫(右)です。このカメムシの幼虫はアリに似ています。生き物の [続きを読む]
  • 里の杜中央公園 秋の花壇
  • 里の杜中央公園にある花壇を訪れました。公園全体から見れば猫の額ほどの面積に、秋の花が10種類以上植えられていました。それらの花に、チョウ、ハチ、カメムシなどが群がっていました。生き物が好きな人なら、ここに一日いても飽きないと思います。写真は上から順に、コスモスにやってきたジガバチ、同左コアオハナムグリ、ハナトラノオにやってきたブチヒゲカメムシ、ハナトラノオにやってきたクマバチ、ミソハギにやってきたコ [続きを読む]
  • 秋雨あがりの緑道散歩
  • 今日の朝まで断続的に降っていた雨が止んで、昼ごろからは晴れ間が顔をのぞかせました。まだ地面がぬれている間に、里の杜の緑道を散歩してきました。ふだんは地味な色の歩道が、桜の落ち葉で赤や黄に染まっていました。野生のキノコがたくさん生えていました。ここの住宅地が造成されてから20年以上経過し、人工的な緑道が半ば野生化しつつあるようです。写真は上から順に、緑道の桜の落ち葉(6枚)、アベリア(ハナゾノツクバネ [続きを読む]
  • 早咲きのヒガンバナ
  • とある畑の隅っこに、ヒガンバナとニラの花が並んで咲いていました。ニラの花はちょうど今の時期に咲きますが、ヒガンバナの花はずいぶん早いです。名前の通りお彼岸の頃から咲き始めるヒガンバナ、しかしここの花は毎年9月上旬から咲いています。ヒガンバナの花には水滴がたくさんつき、ニラの花にはモンシロチョウが雨ざらしで止まっていました。   人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking  [続きを読む]
  • 阿武隈川河川敷のヒマワリ畑@宮城県亘理町(2018年)
  • 亘理町逢隈、阿武隈川の河川敷に作られたヒマワリ畑を訪れました。今年は真夏の猛暑、その後の悪天候にもかかわらず、花の咲き具合は昨年までとほぼ同じでした。花が見頃になってからは曇りや雨の日が多いため、好天に恵まれずに終わってしまいそうなのが残念なところです。私が訪れたときは小雨が降っていましたが、続々と見学者がやってきて、花のまわりにはチョウやハチが活発に飛び回っていました。最後の写真5枚は、ヒマワリ [続きを読む]
  • 道路沿いの秋の花とチョウ
  • 道路沿いに、アキノノゲシやセンダングサなどキク科の花、半ば野生化したニラの花が目立つようになりました。それらの花にチョウ、ハチ、ハナムグリなどが群がり、車が通るたびに風圧で吹き飛ばされ、また戻ってきます。どこの花にも平均して虫がやってくるのではなく、大量にやってくる場所とそうでない場所があります。写真は上から順に、アキノノゲシにやってきたキアゲハ(6枚)、ニラの花にやってきたイチモンジセセリ、同左 [続きを読む]
  • 台風一過後の青空と田んぼ
  • 台風21号が通過した後、昨日はお昼前から青空が広がってきました。秋雨前線によるぐずついた天気がしばらく続いていたので、久しく見ていなかった青空がまぶしく感じられました。岩沼の玉浦地区を南北に走るかさ上げ道路から、稲穂が黄金色に染まってきた田んぼを見物してきました。田んぼの一部では大豆が栽培され、そこだけが濃い緑色になっています。   人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking  [続きを読む]
  • 9月の千貫山で山道散歩(2018年)
  • 昨日、台風が来て天気が荒れ始める前に、千貫山の山道を散歩してきました。ツルボ、キク、ウド、アザミなど秋の花があちらこちらに咲き、チョウがそれらの花に群がっていました。道路のガードレールは虫たちのちょうどいい止まり場所になっていて、カメムシやキリギリスの仲間が見られ、ハチが泥で巣を作っていました。写真は上から順に、ツルボ、ツルニンジン(ジイソブ)、シラヤマギクにやってきたメスグロヒョウモン♂、ウドの [続きを読む]
  • 仙台国際空港(9月3日) 空港東側の丘から
  • 仙台国際空港の東側、名取市下増田(北釜)に、防災公園が作られています。公園の中に、岩沼の千年希望の丘と似た避難丘があり、そこから空港内を一望することができます。滑走路の手前には仙台空港アクセス鉄道の線路があり、トンネルを出入りする電車を撮影することができます。離着陸する飛行機は普通に撮影できますが、地上にいる飛行機を狙うと手前にある鉄道の電柱や架線が入ってしまいます。さまざまなものが写ってしまうこ [続きを読む]
  • 朝日山公園(9月2日) 花とチョウと蛾
  • 雨が降り出す前に、朝日山公園を散歩してきました。予定より長居してきたので、いろいろな生き物を見ることができました。まずは、花とチョウと蛾の写真をアップします。朝日山公園は「北上してきたツマグロヒョウモンだらけ」になったので、在来のヒョウモンチョウを見るとホッとします。写真は上から順に、ヤブラン、ヒナタイノコヅチにやってきたヤマトシジミ、同左キタキチョウ、ジャノメチョウ、コスモスにやってきたメスグロ [続きを読む]
  • 七ツ堤ハイキングコース 秋の始まり
  • 雨の合間の晴天に、金蛇水神社から七ツ堤ハイキングコースを歩いてきました。道路の両側にクズが生い茂り、大きな葉っぱの上にチョウ、カメムシ、ハチなどが止まっていました。クズに混じって、ヤブツルアズキ(アズキの原種)やボタンヅルの花が咲いていました。トンボが飛び交っていたので、「ここに止まってくれないかな」とカメラを構えて待っていたら、偶然にも目の前に止まってくれました。写真は上から順に、ヤブツルアズキ [続きを読む]
  • 竜巻に襲われた田んぼ
  • ほ場整備された田んぼの中に、一部の稲穂が倒れているところを発見しました。人間やけものが入った形跡はなく、稲穂の多くは一定の方向に倒れていました。調べてみたら、どうやらこれは「竜巻に襲われた」形跡のようです。稲穂が一定方向に倒れているところは竜巻が通り過ぎたところ、稲穂がさまざまな方向に倒れているところは竜巻が止まって暴れまわったところです。もし竜巻が市街地を直撃したら大騒ぎになりますが、ここを襲っ [続きを読む]
  • 鍛冶スポーツ公園 夏と秋が同居する
  • 雨の合間を縫って、鍛冶スポーツ公園を訪れました。野球をするために公園を手入れした形跡があり、ボールがいくつか転がっていました。プレハブの中には、雨宿りをしていたと思われる蛾やクモがたくさんいました。チョウは外で雨宿りをしていました。夏に出てくるクワガタムシとコガネグモ、秋に出てくるナガコガネグモとカマキリが同居していました。写真は上から順に、キシタバ(蛾、3枚)、ベニシジミ、ノコギリクワガタ♀、ナ [続きを読む]
  • 阿武隈川河川敷 夏から秋へ
  • 阿武隈川の河川敷を訪れました。雨がたびたび降っているけれども、乾くのが早いので水たまりはほとんどありませんでした。河川敷のやぶの中に、ツルマメ(大豆の原種)、クコ(実は食べられる)、ヤブガラシなどの花が咲いていました。遠くのヤナギの木にはハヤブサが止まっていて、近くのヤナギの木やその周辺にはチョウ、カナブン、カミキリムシ、カエルなどがいました。写真は上から順に、ツルマメの花、クコの花、ハヤブサ、シ [続きを読む]
  • 仙台国際空港(8月26日) アトラス航空のB747
  • 今日は蒸し暑くてときどき雨が降る、あいにくの天気になりました。仙台国際空港に、王城寺原演習場で日米合同演習を行うアメリカ陸軍のチャーター便が飛来しました。使われたのは、アトラス航空のB747-400(N464MC)でした。アトラス航空が仙台に飛来したのは初めてです。日本の航空会社からB747が退役してから久しいですが、海外ではまだ現役なので、チャーター便などで仙台を訪れる機会はまだあるでしょう。   人気blogランキン [続きを読む]