Empty さん プロフィール

  •  
Emptyさん: Memeplexes
ハンドル名Empty さん
ブログタイトルMemeplexes
ブログURLhttp://memeplex.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文XNA、C#、その他いろいろのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供282回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2007/06/19 10:32

Empty さんのブログ記事

  • sinカーブをずらす
  • 数学にはsin関数をずらす公式があります。その証明は1999年の東大入試に出題されましたが、概念的にはそう難しくありません。ここでは難しい話はなしにして、何が起きているのか視覚的に理解しましょう。つづきはこちら [続きを読む]
  • 協和音と不協和音
  • 音楽では複数の音を同時に鳴らして、単独で鳴らしたときにはなかった感じ(良いものも悪いものも)を出します。これを和音と呼ぶそうですが、どうやら協和音と不協和音という種類があるようです。それらはどのような違いがあるのでしょうか?音は波なので、数学の立場からなにか言えるに違いありません。つづきはこちら [続きを読む]
  • ドレミファソラシド
  • 物理学で波をについて話をしていると周波数とかいう難しそうな言葉が出てきます。物理学には身近で感覚的にわかりやすい数もあるのに(1秒=秒針1きざみ、1キログラム≒牛乳1リットル)、この難しそうな感じはナンセンスですらあります。周波数1ヘルツとは身の回りで言うとどういうものなのでしょう?感覚でつかめない数は頭に入ってきません。というわけで、周波数を図や音で表して、感じ取れるようにしましょう。つづき [続きを読む]
  • C#で.WAVファイルを作る
  • 今回は音を保存する.WAVファイルをC#で作ります。このブログではこれまで音を鳴らすプログラムは書いてきましたが、それをファイルに書き込んだりはしていませんでした。今回は音を鳴らしはしませんが、出来たファイルをダブル すれば他のいろんな音楽ソフトで再生できますし、メールで送ったりサイトに載せたりして他の人に聞かせることも出来るわけです(これまでは音を鳴らすプログラムを書き、それをわざわざ別のソ [続きを読む]
  • 同じ歴史を繰り返すリーマン・スカラー波
  • SF小説<直交>三部作では、昔の現実の宇宙論とおなじように、時間が繰り返します。つまり、とても長い時間が経つと時間が逆転し過去に戻り、そこからまた同じ歴史を繰り返します。ここではリーマン・スカラー波を使ってその様子をシミュレートします。波が広がり、集まり、また広がるのです。つづきはこちら [続きを読む]
  • リーマン・スカラー波を定常波で近似する
  • SF小説<直行>三部作に登場する奇妙な動きをする波、リーマン・スカラー波を定常波で近似してみましょう。なお、もう少し出来の良いシミュレーションは以前既に作っており、リーマン・スカラー波で遊ぶならそちらのほうが優れています。今回の目的は、定常波を組み合わせてでこんな事ができるのだという確認です。つづきはこちら [続きを読む]
  • 光より速い光パルスの作り方
  • 前回、光パルスを超光速で動かすシミュレーションを作りましたが、どうしてあれでうまくいくのかの説明はしませんでした。プログラムを書いた後は、それを魔法で終わらせるのではなく、どうしてそれが上手く動くのか原理を科学として理解しておきたいものです。幸いなことに、この原理はとても簡単で、小学生でも理解できるでしょう。つづきはこちら [続きを読む]
  • 波の群速度
  • 波は合わさると不思議な現象を起こすことがあります。右へ動く2つの波を足したら、なぜか全体としては左へ動く、という事がありえるのです。このページではこの”群速度”のデモプログラムで遊べます。つづきはこちら [続きを読む]
  • 波の式を動かす
  • sinは波を表す計算ですが、そのグラフを紙に書いてもグラフがうねうね動くわけではありません。数式が動くところを見るには、プログラムを書きコンピュータで実行する必要があります。つづきはこちら [続きを読む]
  • 同時性の破れ
  • アインシュタインの相対性理論では、ある人にとって同時に起きたことが、別の人にとっては同時でないということが起こりえます。それどころか「ある人はAがBより先に起きたと言い、別の人はBが先に起きたと言い、しかも両者とも嘘をついていない」ということがあり得るのです。猛スピードでロケットが飛び交う未来では、特許局の役人たちはどちらの出願を先に受理するか迷うことでしょう。このページはいかにしてそのような不 [続きを読む]
  • DNAも神経も使わない適応
  • 生物が環境に適応する方法といえばDNAの進化や脳を含めた神経による学習ですが、ここではDNAも神経も使わない適応のシミュレーションをします。単に自己複製しかできないプリオンのようなものでも適応するのです。つづきはこちら [続きを読む]
  • マインスイーパー、自然淘汰、学習
  • マインスイーパー、自然淘汰、学習にはある共通点があります。すべて周囲にある未知のものの状態を明らかにするのです。マインスイーパーは地雷の埋まった場所を明らかにし、自然淘汰は周囲にある危険なものや有益なものへの対処法を遺伝子に記録し、学習は周囲にある危険なものや有益なものへの対処法を脳に記録します。つづきはこちら [続きを読む]