てん さん プロフィール

  •  
てんさん: きょうの青葉山
ハンドル名てん さん
ブログタイトルきょうの青葉山
ブログURLhttp://aobaten.blog109.fc2.com/
サイト紹介文「杜の都」仙台・青葉山の自然情報を毎日更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2007/06/19 10:54

てん さんのブログ記事

  • ニシキギ(錦木)
  •    きょうは、大体晴れました(8.9〜19.0℃/南南東風)。  道沿いで、ニシキギ(ニシキギ科)が紅葉していました。まだまだ色付いている木々は少ないのですが、この小木は早くから染まり、陽を浴びて今は盛りと燃えていました。北海道〜九州の他、朝鮮、中国、サハリン、クリル等の山地〜平地の林下に生育する、高さ3m程の落葉低木です。コマユミ(小真弓)の変種とされ、枝は緑色で、コルク質の4翼が出るのが母種との相違点です。 [続きを読む]
  • センダイトウヒレン(仙台塔飛廉)
  •    きょうは、大体晴れました(12.6〜16.5℃/北東風)。    道沿いに、センダイトウヒレン(キク科トウヒレン属)が咲いていました。静かな森にひっそりと、でも近寄れば愉し気に、桃色頭を跳ねらかしていました。東北〜関東の山地〜低地の林下や林縁に生育する、高さ40-100cmの多年草です。茎に狭い翼があるのが特徴で、全草には微毛があります。葉は大きなもので12cm程で、卵形で良く尖り、不整な低鋸歯が多数あり、基部は少 [続きを読む]
  • イガタツナミソウ(伊賀立浪草)
  •   きょうは、大体晴れました(10.3〜20.5℃/北北西風)。   沢沿いに、イガタツナミソウ(シソ科)が咲き残っていました。あちらこちらに小波が対になって、慎ましくも床しい姿を見せていました。宮城以南の本州・四国の、山地のやや湿った林内等に生育する、草丈20−40cmの多年草です。葉は広卵〜卵心形で、縁に円い鋸歯があります。6月頃に咲く花は、茎頂の花序に疎らに一方向に偏って付き、長さ2cm程の花冠は淡紫 [続きを読む]
  • キタキチョウ(北黄蝶)の2型
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(11.1〜19.0℃/南南西風)。     道端に、キタキチョウ(シロチョウ科)がいました。何か囁き合う様に二頭が静かに止まっていましたが、初め、余りに模様が違うので別種と思う程で、少し草臥れて黒縁が目立つのが夏型で、斑点しかなくて元気そうなのが秋型でした。キチョウは、アフリカ中部以南やインド〜東南アジア、オーストラリア等に広く分布し、日本では本州(秋田、岩手以南)〜沖縄の山 [続きを読む]
  • 十月観(視)察会
  •   きょうはほぼ曇りで、とても穏やかな観(視)察会になりました(11.6〜17.1℃/北西風)。近況やチラシ内容(クマノミズキ)紹介、講座案内等の後、早速出発です。周囲はツクシハギやノコンギクが咲き群れ、ノブドウやニシキギ等の実が目立ち、空を蜻蛉が飛び交っています。森に入り、たわわに生るサルナシを皆で味見したり、カラハナソウの香りを楽しんだりしていると、先にハクウンボクても出会ったヤマガラが、エゴノキに引切り無 [続きを読む]
  • リンドウ(竜胆)
  •   きょうは、大体晴れました(12.5〜19.7℃/北風)。   森蔭に、リンドウ(リンドウ科)が咲いていました。木漏れ日を燦々と浴びて、瑠璃の花々が蒼玉の様に輝いていました。本州〜九州の山野の湿った草地や林縁に生育する、高さ20-80cm程の多年草です。葉は、対生し細長く、縁がざらつきます。9-11月、釣鐘型の青紫色、時に白や薄紫の花を、茎先に上向きに多数咲かせ、晴天時のみ開きます。花冠は長さ4-5?、先端が5裂し、内面に [続きを読む]
  • モズ(百舌/鵙)
  •    きょうは、晴れ時々曇りました(12.9〜19.7℃/北北西風)。  森の枯木に、モズ(モズ科) が止まっていました。若そうな雄でしたが、優しそうに、プルプルプルチュクチュク等とエナガの様な声で、きょろきょろしながら鳴き続けていました。中国東部、朝鮮、ウスリー、サハリン等で繁殖し、冬には中国南部等で越冬します。日本では全国各地に周年生息しますが(留鳥)、北海道では冬に大部分は本州以南に移動し、山岳高地の者も [続きを読む]
  • ツチスギタケ(土杉茸)
  •   きょうは、雨が降ったり止んだりでした(16.8〜18/7℃/北風)。   道沿いに、ツチスギタケ(モエギタケ科)が生えていました。ささくれた杉坊主達が濡れながらも、岩の下で雨宿りしていました。主として秋に、全国の道端、草原、林内の地上に数本ずつ固まって発生する、傘径4-8cmのスギタケの仲間です。傘は初め半球〜丸山形で表面は淡褐〜淡黄色で、褐色のささくれで覆われます。襞はやや疎で、初め白〜淡褐色で後に茶褐色にな [続きを読む]
  • アオゲラ(緑啄木鳥)
  •    きょうは、曇り時々雨が降りました(17.1〜18.9℃/北東風)。   枯れた赤松に、アオゲラ♂(キツツキ科)がいました。珍しく横枝に縦に止まって、きょろきょろしていましたが、鋭い嘴と尖った尾羽が印象的でした。日本固有の留鳥で、3亜種が本州〜屋久島に分布しますが、亜種アオゲラは本州の亜高山帯〜低山の森に生息する、全長30cm程の大型の啄木鳥です。背は灰緑〜緑褐色で、頬と後頭部に入る赤色が特徴で、雄は頭頂〜後 [続きを読む]
  • イカリモンガ(碇紋蛾)
  •   きょうは、晴れ後曇りました(16..0〜23.8℃/南南東風)。      道沿いのナンブアザミ(キク科) に、イカリモンガ(イカリモンガ科)が止まっていました。暗がりの森に、碇紋が大きな目の様で、花蜜を吸う姿が一途に見えました。北海道〜九州の他、中国、朝鮮、シベリア等の山地〜平地の森林内に生息する、開張35?程の蛾の仲間です。成虫は3-7月に出現し、渓流沿いの薄暗い環境等で良く見られ、茶色でやや角張った形の翅を [続きを読む]
  • エゾツユムシ(蝦夷露虫)とマムシグサ(蝮草)の果実
  •   きょうは、良く晴れました(15.7〜23.8℃/南風)   道端のマムシグサ(サトイモ科)の実に、エゾツユムシ(キリギリス科)がいました。蝮の毒汁を吸ってしまったのか、木漏れ日を浴び様ながらうっとりしている様でした。朝鮮・シベリア等に分布し、日本では北海道、本州、四国の山地〜平地の草地や灌木上に生息する、体長31〜34mmのツユムシの仲間。本州山地と北海道では年1化、成虫は8月中旬以降に出現し、本州平地では7月と [続きを読む]
  • ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶)
  •    きょうは晴れましたが、台風の影響で暑く風の強い一日でした(18.8〜28.9℃/西北西風)     道沿いに、ウラギンシジミ(シジミチョウ科)がいました。雌雄らしい二頭が、翅の表裏をキラキラさせながら縺れ合い、時折木々の梢に止まり、雄は赤茶の斑を開閉していました。ヒマラヤ〜中国等に分布し、日本では本州〜沖縄の山麓や盆地、郊外住宅地等の林縁や草原等に生息する、前翅長19-27?の典型的暖地性のシジミチョウです。 [続きを読む]
  • テンニンソウ(天人草)
  •   きょうは、曇り時々晴れました(18.1〜25.0℃/西北西風)。  沢沿いに、テンニンソウ(シソ科)が咲いていました。何故か今年も、既に萎れているもの、蕾のままのものが多いのですが、それでも尚、上に上にと背伸びする黄金の花穂が健気でした。北海道〜九州の、山地の林内、林縁の日陰地に群生する高さ約1m多年草又は半低木です。茎は四角形で直立し、葉は柄があり、長楕円〜広披針形で長さ10−25cmで鋸歯がありほぼ無毛。9-1 [続きを読む]
  • キセキレイ(黄鶺鴒)
  •    きょうは、大体曇りました(16..0〜21.4℃/南南東風)。   川岸に、キセキレイ(セキレイ科)がいました。以前は何処でも何時でも見られましたが、めっきり少なくなって、対岸の黄金の体が何か霞んで見えました。広くユーラシア〜アフリカに分布し、日本では九州以北の高山〜平地の、主に綺麗な渓流や沢、川等の水辺に生息する、体長 約20cmの留鳥又は漂鳥です。繁殖期は4−8月で、雄は美しく囀り、一夫一妻で子育てをします。 [続きを読む]
  • ホシホウジャク(星蜂雀蛾)
  •   きょうは、晴れ後曇りました(13.0〜23.3℃/南東風)。   草原のナンブアザミに、ホシホウジャク(スズメガ科)がいました。次から次にやって来て、花から花へと飛びながら、空中に浮かんだまま蜜を吸っていました。北海道〜沖縄の他、;朝鮮、中国、インド、インドネシア等に広く分布します。7-11月に出現し、昼行性で、色々な花で、停空飛翔しながら吸蜜します。開張は40-60mm で、全体に焦茶色で、後翅に黄色の班があり、飛 [続きを読む]
  • ホコリタケ(埃茸.)
  •   きょうは、晴れたり曇ったりでした(16.7〜24.2℃/南東風)。  道端に、ホコリタケ(ホコリタケ科)が生えていました。豆坊主の様なめんこい頭を寄せ合って、押し競饅頭でもしている様でした。日本全国の他、世界に広く分布し、梅雨期〜秋に山野や道端の地上に群生するキノコです。幼菌は内部が白いはんぺん状で食用になりますが、成熟するにつれてグレバ(胞子生産組織)は分解して粉状胞子塊となり、成熟して外皮が物理的刺 [続きを読む]
  • ダイモンジソウ(大文字草)
  •    きょうは、晴れ時々曇りました(18.4〜24.2℃/西風)。      沢端に、ダイモンジソウ(ユキノシタ科)が咲いていました。知らぬ間に、何だか大分少なくなった様にも思えますが、それでも、純白の白い大の字が、行く道々に折り重なっていました。北海道〜九州の他、中国、朝鮮、ロシア極東部等の、山地の渓流沿いや湿気の多い岩場等に生育する多年草です。長柄のある3-15cmの葉は腎円形で5-12浅裂し、基部は心形。9-10月、10 [続きを読む]
  • ヤマハッカ(山薄荷)
  •   きょうは台風一過、晴れて暑くなり、強風が吹きました(18.4〜29.3/南南東風)。   道端に、ヤマハッカ(シソ科)が咲いていました。風炎か、暑い位の山道に、涼やかな水色の花群れが、さわさわと風に戦いでいました。北海道〜九州の山野の林縁等に生育する、高さ0.4-1mの多年草です。広卵形で長さ3-6cmの葉は対生し、鋸歯は粗く葉柄に翼があるのが特徴です。茎の稜には下向きの毛があります。9-10月、枝先の長い花穂に青紫色の [続きを読む]
  • ミゾソバ(溝蕎麦)
  •    きょうは、雨が降ったり止んたりでした(17.3〜20.0℃/北風)。   池に、ミゾソバ(タデ科)が咲いていました。水面をぐるっと取り囲むように、薄紅色の花が池畔に咲き群れ、霧も流れて、何か幽艶な様を見せていました。北海道〜九州の他、朝鮮、中国等の、小川沿いや沼沢地等に生育する、高さ30-80?の一年草です茎には下向きの刺があり、根元から匍匐茎を伸ばして増殖・群生し、匍匐茎には閉鎖花が付いて、ここにも種子を作 [続きを読む]
  • ヤマガラ(山雀)
  •   きょうは、曇り後雨になりました(14.7〜19.8℃/南風)。  道沿いに、ヤマガラ(シジュウカラ科)がいました。雨なのに、びぃびぃの声に目を向けると、木蔭の枝に止まって、雨宿りしていました。亜高山〜落葉・常緑広葉樹林に生息する、全長13-15?のシジュウカラの仲間です。ほぼ留鳥ですが、高地の個体は冬に低地へ移動します。頭部は黒と白〜薄茶色の斑模様で、背と腹部は赤〜茶褐色、肩〜翼は濃青灰色。嘴は黒く、後肢は青灰色 [続きを読む]
  • ヤブマメ(藪豆)
  •   きょうは、良く晴れました(13.7〜25.6℃/北風)。  道端に、ヤブマメ(マメ科)が咲いていました。案外森のあちこちに見られるのですが、この林縁辺りには、様々な草木に絡まって、清しい花が藪を水色に染めていました、北海道〜九州の他、朝鮮、中国等の林縁や草原等に生育する蔓性の一年生草本です。蔓は下向きの毛が密に生え、細い針金状で左巻きに伸びて行きます。葉は3出複葉で互生し、小葉は長さ3-6cmの広卵形で両面に毛 [続きを読む]
  • フサタケ(房茸)
  •    きょうは、雨が降ったり止んだりでした(12.9〜17.0℃/北風)。     道端に、フサタケ(シロソウメンタケ科)が生えていました。色はシロソウメンタケやシロヒメホウキタケの様に純白、姿はフサヒメホウキタケやカレエダタケの様に繊細で、か細い指先を上に上にと伸ばしていました。秋、全国の林内地上の枯木、枯枝や枯葉等から発生する、高さ5?程の小〜中型菌です。子実体は細い枝分かれを繰り返して枝先は鋭く尖り、箒状( [続きを読む]
  • アケボノソウ(曙草)
  •   きょうは、大体晴れました(13.7〜22.9℃/北風)。  森の小湿地に、アケボノソウ(リンドウ科センブリ属 )が咲いていました。ジランドールの趣で、枝先に付けた星形の燭を、仄かに灯していました。北海道〜九州の他、中国、ヒマラヤ等の、山地の湿地周辺や沢沿い等に生育する高さ60-90?の2年草(越年草)です。1年目は根生葉だけのロゼットが現れ、2年目に地上茎を出して花を咲かせます。根出葉は花時にはなく、直立する茎は [続きを読む]
  • クビキリギス(首螽斯)
  •    きょうは雨後曇って、晩方には晴間も出ました(15.0〜22.6℃/北風)。  河原の叢に、クビキリギス(キリギリス科)がいました。褐色型でずんぐり見えたので、シブイロカヤキリかと思いましたが、脚がすらりとしていて分かりました。北海道と本州(北限は日本海側が新潟、太平洋側が宮城)〜沖縄の他、中国にも分布し、山野の林に隣接する草原等で、イネ科草本の茂み等に生息する、体長55-65?のキリギリスの仲間です。体色は [続きを読む]
  • キバネハサミムシ(黄翅鋏虫・黄翅蠼螋)
  •    きょうは、晴れ後曇りました(19.1〜27.1℃/南南東風)   ナンブアザミの花に、キバネハサミムシ(ハサミムシ科クギヌキハサミムシ亜科)がいました。美しい黄金の直着を着けた雌と思われ、花粉でも食べているのか、花に埋もれてうっとりしていました。北海道〜本州(中部以北)の主に山地の、植物の花上や葉上、石の下等に生息する、体長12-20mmの山地性の中型ハサミムシの仲間です。成虫は4-10月に出現し、暗赤褐色で艶が [続きを読む]