てん さん プロフィール

  •  
てんさん: きょうの青葉山
ハンドル名てん さん
ブログタイトルきょうの青葉山
ブログURLhttp://aobaten.blog109.fc2.com/
サイト紹介文「杜の都」仙台・青葉山の自然情報を毎日更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/06/19 10:54

てん さんのブログ記事

  • シャク(杓)
  •     きょうは、一日雨でした(9.9〜13.4℃/北北西風)。     道沿いの土手に、シャク(セリ科)の花が咲いていました。真白く清楚な小花が、雨に打たれながら、藪蔭にひっそり佇んでいました。北海道〜九州の他、ユーラシア中北部の山地〜低地の、やや湿り気のある場所に生育する多年草です。高さは1m程で、葉は2回3出羽状複葉で、小葉は細かく裂けます。4-6月に、茎先に複散形花序を出し、小さな白花を咲かせます。花弁は [続きを読む]
  • エイザンスミレ(叡山菫)
  •  きょうは、曇り時々霧雨が降って、急に冷えました(11.3〜12.8℃)。 沢端に、エイザンスミレ(スミレ科)が咲いていました。群生していた所でしたが何故か1輪のみ、ぽつんと寂しそうに震えていました。本州〜九州の主に太平洋側山地の、やや日陰の林下や日当たりの良い湿潤地等に生育する、草丈5−15cmの無茎性多年草です。長さ3-6?の葉は3裂し、各裂片は更に細かく裂けます。4−5月、径2−2.5cmの丸みのある淡赤紫色の花を咲 [続きを読む]
  • コナラ(小楢)花
  •    きょうは、良く晴れて、異常に暑くなりました(4月観測史上最高気温/13.1〜29.9℃/南東風)。   山のあちこちで、コナラ(ブナ科)の花が咲いていました。今年は季節の移ろいが一段と早く、コナラの若葉も一斉に萌え出し、金の小鎖(雄花)が無数に揺れていました。北海道〜九州の他朝鮮、中国等の冷温帯下部〜暖温帯の山地に生育する、高さ20-25mの落葉高木です。樹皮は灰色で、縦に裂目ができ、葉は長楕円型で縁に尖った部 [続きを読む]
  • メジロ(目白)囀る
  •  きょうは、大体晴れました(10.6〜24.9℃/南東風)。 道沿いの木の梢に、メジロ(メジロ科)がいました。青空を背に、何処までも透き通る声で高らかに、チュルチュルチュルチュル囀っていました。東〜東南アジアに広く分布し、日本では北海道中部以南の低地〜山地に、留鳥(又は漂鳥)として生息します。全長約12?、翼開長約18?。雌雄同色。上面はオリーブがかった緑色で、翼と尾はやや暗色。下面は白く、喉はや下尾筒は黄色く、 [続きを読む]
  • ニワトコ(接骨木、庭常) の花
  •     きょうは、大体晴れました(11.2〜22.9℃/北風)。   道端のニワトコ(スイカズラ科)に、花が咲いていました。遠くからだとソフトクリームか綿菓子の様でしたが、近寄れば、何か分子構造モデルに見えて来ました。北海道〜九州の他、朝鮮等の山野に生育する、高さ3-6mの落葉低木です。若枝は淡緑〜淡褐色で、古枝は灰褐色の樹皮が縦に裂け、コルク質が発達します。葉は奇数羽状複葉で対生し、小葉は2-3対あります。4-5月、 [続きを読む]
  • コンロンソウ(崑崙草)
  •   きょうは、良く晴れました(9.0〜19.4℃/南東風)。   河原に、コンロンソウ(アブラナ科)が咲き始めていました。と言っても、あれだけあった大群落が近頃めっきり見られなくなっていて、ポツンぽつんと、爽やかな真白い花が、淋しそうに佇んでいました。北海道〜九州の他、朝鮮、中国、シベリア東部の川沿いの湿生地等に生育する、茎丈30ー70?の多年草です。根本から匍匐茎を伸ばして群落を形成します。茎葉には毛があり、互 [続きを読む]
  • オオコガネネコノメソウ(大黄金猫目草)
  •    きょうは、一日曇りました(10.5〜15.015.0℃/南東風)。   道沿いに、オオコガネネコノメソウ(ユキノシタ科)が咲いていました。少し薄暗い藪陰に、名通りの黄金花が、眼に沁み入る様に煌いていました。本州(宮城以南)〜九州の、山地の沢。本州(宮城以南)〜九州の、山地の沢沿いの湿性地等に生育する、草丈5−10?の多年草です。全体に毛が多く、葉は長さ1.5-3?の楕円〜卵円形で、鋸歯数はf9-17個。4‐5月、鮮黄色の花(花 [続きを読む]
  • カジカエデ(梶楓)の花
  •  きょうは、曇り時々晴れました(4.3〜14.1℃/南東風)。 道沿いのカジカエデ(ムクロジ科)に、花が咲いていました。遠くからでも良く目立つ、自然の色とも思えない、派手な赤茶色の雄花が樹冠一杯に垂れ下がり、周囲に異彩を放っていました。本州(宮城県以南)〜九州(中部以北)の、主に太平洋側の山地の樹林内に生育する、高さ20m程の落葉小高木です。葉は対生し、葉柄は4-11cm、葉身は長さ7-15?で掌状に5中裂し、縁に荒い鋸歯が [続きを読む]
  • ヤマザクラ(山桜)
  •   きょうは、大体晴れました(7.6〜14.8℃/北風)。   道沿いに、ヤマザクラ(バラ科)が咲いていました。夕陽を浴びてより柔らかに、花も葉も、桜餅の様に香っていました。北海道〜九州の他、朝鮮南部等の日当たりの良い山野に生育する、高さ20-25mの落葉高木です。展開しかけの若葉は赤みを帯びる事が多いのですが、褐色、黄緑、緑等変異が大きく、裏面が白っぽくなります。4-5月、葉が出ると同時に開花し、花弁は5枚で、色は普 [続きを読む]
  • オニイタヤ(鬼板屋)の花
  •   きょうは雨後曇って、晴れ間もありました(7.8〜21.9℃/西風)。  山のあちこちで、オニイタヤ(ムクロジ科)の花が咲いていました。黄金の花が風に揺れて、波打つ様に煌いていました。北海道南部〜九州の斜面下部や沢筋等に生育する、高さ20m程の落葉高木です。葉は対生し、長さ10-25cm程で掌状に5-7裂します。基本種のイタヤカエデも変異幅の広い種で区別し難いものもありますが、オニイタヤは葉の表面には毛がなく、葉裏全体 [続きを読む]
  • リュウキンカ(立金花)
  •   きょうは、晴れ後曇って、夜に雨になりました(3..9〜10.9℃/北風)。   沢端に、リュウキンカ(キンポウゲ科)が咲いていました。遠くからも良く目立つ鮮黄の花が、あちらこちらに一つ二つと、金塊の様な花群れを作っていました。黄金の花が一層キラキラと耀いていました。本州〜九州の他、中国、朝鮮、シベリア等北半球全域の、亜高山〜低山の水辺や湿地に生育する、草丈20-50?の多年草です。葉は艶がある腎円形で縁に細か [続きを読む]
  • コクサギ(小臭木) の
  •    きょうは、晴れ時々曇りました(8.9〜13.3℃//北西風)。     林縁のコクサギ(ミカン科)に、花が咲いていました。馴染みの香に誘われて、道沿いの繁みに近寄ると、黄色い小花が綻んで、見上げれば、青空に星が煌く様でした。日本。朝鮮、中国等に分布し、日本では本州〜九州の谷沿い等に生育する高さ2m程の落葉低木です。長さ5-13cmの葉は柔らかく光沢があり、2枚ずつの互生で、ミカン科特有の油点があります。先端側が幅 [続きを読む]
  • ヒナスミレ(雛菫)
  •   きょうは、大体晴れました(9.9〜21.3℃/西風)。   道沿いに、ヒナスミレ(スミレ科)が咲いていました。雛の名の、愛らしい淡桃色の花が、春の光を体一杯に浴びていました。北海道南西部〜九州中部の、主に太平洋側の山地〜低地のやや湿った林内に生育する、高さ3-8cmの多年草です。低山を代表する無茎性のスミレで、葉は三角状卵形で先がやや尖ります。鋸歯は波状で、基部は深い心形。4-5月、地面から伸びる花柄に、直径1.5-2 [続きを読む]
  • スミレサイシン(菫細辛)
  •    きょうは、晴れ後曇って一時小雨が降りました(7.9〜19.0℃/西風)。   沢沿いに、スミレサイシン(スミレ科)が咲いていました。林床に、瑠璃紺の花が鏤められて、蒼玉の谷にでも迷い込んだ気がしました。北海道西南部〜本州の主に日本海側の、山地〜丘陵の落葉樹林のやや暗く湿った林下や林縁に生育する多年草です。太く長い根茎があり、葉は細長く先は細く尖り、両面共無毛。4-5月、葉が開き切らぬ中に、径2-2.5cmで淡青紫 [続きを読む]
  • アカタテハ(赤立翅)
  •    きょうは、大体晴れました(4.3〜14.4℃/南南東風)。   道端に、アカタテハ(タテハチョウ科)がいました。ひらひら飛んで来て、止まった途端に翅を閉じ、中々開いてくれませんでしたが、暫くして漸く、赤黒のお洒落な衣装を披露してくれました。北海道〜沖縄の山地〜人家周辺に生息する、前翅長30-35?の中型のタテハチョウです。成虫は3-11月に出現し、前翅は朱と黒で白斑が点在し、後翅は茶色で橙色の縁取りがあり、翅裏は [続きを読む]
  • エドヒガン (江戸彼岸)
  •   きょうは、曇り時々晴れました(3.8〜14.4℃/西風)。  道沿いに、エドヒガン(バラ科)が咲いていました。今年は本当に早いです。紅を差した艶やかな花が一斉に開いて、青空に鮮やかに映えていました。本州〜九州の他、朝鮮、中国等の人里近くの山野に生育する、高さ15-25m程の落葉高木です。葉は長楕円〜狭倒卵形で、葉柄には毛が目立ち、蜜腺は葉柄の上部か葉の最下部に一対あります。3月下旬〜4月中旬、薄紅〜白の花を咲か [続きを読む]
  • 四月観(視)察会
  •   きょうは朝のうち雨でしたが、始まる前にすっかり止んで、曇ったり晴れたりの穏やかな観(視)察会になりました(4.1〜11.0℃/西北西風)。近況報告やコース説明等の後、早速出発です。今年は季節が早く過ぎ行き、マンサクは既に茶色く、ヤマネコヤナギも早果実となり、ブナやイヌブナには無数の花が付いていて、皆で驚きつつ、雄花、雌花を観察しました。コブシやズミの白花に心洗われ、イカリソウやシュンラン、大きなクロモジの [続きを読む]
  • オオバクロモジ(大葉黒文字)
  •    きょうは、曇り時々晴れました(6.7〜14.9℃/北西風)。   道沿いのオオバクロモジ(クスノキ科)の大木に、花が咲いていました。と言っても3m程の木ですが、枝一杯に黄色い薬玉を付けて、近寄れば心地良い春香が漂いました。北海道南部〜中部の主に日本海側の亜高山帯下部〜丘陵に生育する、高さ3-5mの落葉小高木です。雌雄異株。葉の長さは8-13cmで、樹皮には名の由来の黒斑があり、材は香りが良く、高級な爪楊枝にされます [続きを読む]
  • チョウジザクラ(丁字桜)
  •   きょうは曇って、晩方から小雨になりました(4.5〜9.4℃/南南西風)。  道沿いのチョウジザクラ(バラ科)が、咲いていました。今年は、街の桜は記録的早さで満開になりましたが、この山桜も何時の間にか花盛り、床しい花を枝一杯に下げていました。本州の岩手〜広島(主に太平洋側)と熊本の山地に生育する7?程の落葉小高木です(日本海側には、当種の変種とされるオクチョウジザクラが分布)。葉は長い楕円形で、先は尾状に長 [続きを読む]
  • ブナ(椈、山毛欅、橅、桕)芽吹く
  •    きょうは、大体晴れました(4.7〜15.3℃/北西風)。   道沿いのブナ(ブナ科)が、早くも一斉に芽吹いていました。しかも、良く見れば゛花穂も下げて、今にも花を咲かせんばかりでした。さて、今年は豊作になるのでしょうか? 北海道南部〜九州の温帯域の寒冷地では低地に、暖地では高地に生育する高さ30mに達する落葉高木です。日本固有種の陰樹で、肥沃な土壌に育ちます。樹皮は灰白色できめが細かく、葉は楕円形で薄くてや [続きを読む]
  • アケボノスミレ(曙菫)
  •   きょうは、晴れたり曇ったりでした(6.3〜18.2℃/北北西風)。  道端に、アケボノスミレ(スミレ科)が咲き始めていました。艶やかな花18.2を大きく開いて、あっけらぽんとしたお顔で佇んでいました。朝鮮、中国北部等に分布し、日本では北海道〜九州中部の山地の日当りの良い林床や草地に生育する多年草です。根茎は太く、節が詰り、その間からやや太い根が出ます。地上茎はなく、葉は株元から出ますが、花期には展開せず、両 [続きを読む]
  • イワウチワ(岩団扇)満開!
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(8.3〜20.2℃/西風)。  斜面に、イワウチワ(イワウメ科)が咲いていました。早くも満開、散り始めている所もありましたが、薄紅のお顔を俯き加減に佇む姿は、えも言われぬ愛らしさでした。本州中国以北の山地の落葉樹林内や林縁、岩場等に生育する、草丈10cm程の耐寒性常緑多年草です。円い根生葉は長柄を持ち、3-4月に咲く淡桃色のした花は、一花茎に一花を下〜横向きに開きます。主に深山に [続きを読む]
  • ワサビ(山葵)の花
  •   きょうは、晴れ後曇りました(7.7〜16.2℃/南南東風)。 林縁に、ワサビ(山葵)が咲いていました。知らないうちに、純白の清しい花が、斜面一面にい広がっていました。北海道〜九州の他、サハリン等の山地渓谷の清流や林下、林縁等の湿った場所に生育する多年草です。円い根性葉は6-12cmで、長い柄があります。3-5月、高さ20-40cmの花茎を立て、頂に白色4弁花を付けます。独特の強い刺激のある香味を持ち、広く栽培もされてい [続きを読む]
  • コブシ(辛夷/拳)
  •   きょうは、曇り時々晴れました(8.5〜16.6℃/南東風)。  あちこちで、コブシ(モクレン科)の花が咲き始めていました。そっと、柔白の花弁を開いて、周囲に仄かな香を放っていました。北海道〜九州等の山野に生育する、高さ8-20m、径60cmになる落葉高木です。早春、他の木々に先駆けて、展葉前の枝先に芳香ある白花を咲かせます。花弁は6枚で、基部は紅色を帯び、萼片3は小さく外側に軟毛を密生させます。花下に、葉が1枚付くの [続きを読む]
  • オクウスギタンポポ(奥薄黄蒲公英)
  •   きょうは、大体晴れました(1.5〜13.4℃/南東風)。  土手に、オクウスギタンポポ(キク科)が咲き始めていました。彼方にぽつり、此方にぽつりと、奥床しい白菊の様なお顔が、甘草の草間から覗いていました。東北の南部(主に宮城、福島に局在)の草原、林縁、路傍等に生育する、草丈15-50cmの多年草です。長さ20-30?の葉は倒披針〜披針形で、羽状に深裂するか歯牙があります。4-5月、茎先に径4?程の頭花を一つ付けます。頭花は [続きを読む]