てん さん プロフィール

  •  
てんさん: きょうの青葉山
ハンドル名てん さん
ブログタイトルきょうの青葉山
ブログURLhttp://aobaten.blog109.fc2.com/
サイト紹介文「杜の都」仙台・青葉山の自然情報を毎日更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/06/19 10:54

てん さんのブログ記事

  • ナツハゼ(夏櫨)の果実
  •   きょうは、大体晴れました(3.7〜10.4℃/南風)。  道沿いのナツハゼ(ツツジ科)に、実が生っていました。他は早くも殆ど無くなっているのに、何故かこの木はたわわ過ぎる程に生っていて、一つ口に含むと、甘酸っぱい味が広がりました。北海道〜九州の他、朝鮮、中国等の山地の日当りの良い場所に生育する、樹高1-3mの落葉低木です。樹皮は灰褐色で縦に裂け、薄片となって落ちます。葉は単葉で互生し、長さ4-10?の葉身は広卵〜 [続きを読む]
  • ビンズイ(便追・木鷚)
  •  きょうは、晴れ時々曇りました(4.8〜10.7℃/北西風)。。 道端に、ビンズイ(セキレイ科)がいました。2羽が何かを食べていた様で、近付くとヅィーッと鳴いて近くの木に飛び上がり、警戒するようにツィーツリリと言いながら、キョロキョロと周囲を見回していました。西シベリア〜ロシア極東、モンゴル、中国東北部、サハリン、クリル、朝鮮とヒマラヤ付近で繁殖し、インド〜東南アジア等の暖地て越冬します。日本では、漂鳥又は [続きを読む]
  • キッコウハグマ(亀甲白熊)
  •    きょうは、晴れ後曇りました(8.1〜14.7℃/南東風)。   道端に、キッコウハグマ (キク科)が咲いていました。森の中では殆ど散っていますが、林縁のこの辺りでは未だ、4輪も5輪も付いためんこい花径が、あっちこっちに立っていました。北海道〜九州の他、朝鮮南部等の、山地〜丘陵の林内の木陰に生育する、高さ10-30cmの多年草です。5角形の葉は茎の下部に輪状に5‐11個集まって付き、長い葉柄を持ちます。地下の茎は四方に [続きを読む]
  • クチベニタケ(口紅茸)
  •   きょうは、曇り時々小雨が降りました(7.8〜15.4℃/北西風)。  道端に、クチベニタケ(クチベニタケ科)が生えていました。下を向いて歩いていると、一口饅頭の様なものが落ちていました。良く見れば、赤い唇のお顔やおっぱいにも見えてきて、暫しなごみました。夏〜秋、全国の広葉樹林内の草地に接する所や崖等、露出した地面に群生する、高さ2〜3?の担子菌類腹菌目のキノコです。日本特産種。頭部は飴色、直径 1?程の球〜亜 [続きを読む]
  • メグスリノキ(目薬木)
  •   きょうは、大体晴れました(3.5〜14.1℃/西北西風)。  道沿いのメグスリノキ(ムクロジ科)が、紅葉していました。昨日の会でも愛でましたが、「藪刈り」後の回復が漸く見られ、幼・小木の紅葉が散見されましたが、やはり伐り残された中・高木のその見事さには、胸が詰まる思いでした。山形・宮城以南〜大分・熊本の山地に生育する、高さ10-25mの落葉高木です。日本固有種。雌雄異株で、長さ5-13cm程の葉は対生し、3出複葉で、 [続きを読む]
  • 十一月観(視)察会
  •   きょうは青空の下、紅葉もほぼ見頃の素晴らしい観(視)察会になりました(7.0〜13.3℃/西北西風)。高圧線下(東北電力)や歩道周辺支障木(仙台市)の各伐採計画等報告の後、早速の出発です。降り注ぐ秋の陽に、蝶庭にはウラナミシジミ(旧レッドリト準絶滅危惧NT)等の蝶や花虻が止まったり飛んだり、叢にはミカドフキバッタも跳ねていました。トチノキは殆ど落葉しているものの、ケヤキやアカシデ、オオモミジ、ドウダンツツジ等の [続きを読む]
  • アカシデ(赤四手、赤垂)の黄・紅葉
  •    きょうは、晴れ時々曇って一時雨が降り、風も吹きました(9.5〜15.0℃/西北西風)。    道沿いのアカシデ(カバノキ科)が、黄・紅葉していました。と言っても、一昨日、今日の強風で散ってしまったものも多いのですが、茜や黄金、鮮やかに赤く染まったものもあって、陽光にきらきらと輝いていました。北海道南部〜九州の他、朝鮮等の山地〜低地に生育する高さ15m程の落葉高木です。長さ3-7cmの葉は、先端が尾状に垂れ下がり [続きを読む]
  • ヤブムラサキ(藪紫)
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(8.6〜15.0℃/南南東風)。  道沿いのヤブムラサキ(クマツヅラ科)に、実が生っていました。山の至る所に、葡萄九重にも似た赤紫の実が、美味しそうに光っていました。本州〜九州の山地の日当たりの良い林内や林縁に生育する、高さ2m程の落葉低木です。全体に毛が多く、葉は対生し、薄い洋紙質で6-12?の卵〜楕円形で、細かい鋸歯があります。6-8月に、葉腋から出た柄先に集散花序を作り、淡紫色 [続きを読む]
  • タカノツメ.(鷹ノ爪)の黄葉
  •   きょうは、晴れて風の強い一日でした(11.0〜15.3℃/西北西風)。  森のあちこちで、タカノツメ(ウコギ科)が黄葉していました。きらきらと陽を浴びながら、吹き抜ける強風にはたはたと、映画のあの場面の様にはためいていました。北海道〜九州の山地〜丘陵の林内に生育する、雌雄異株で樹高5-10mの落葉高木です。樹皮は灰褐色。葉は3枚の小葉からなる3出複葉で、長枝に互生し、枝の先端又は短枝に束生又は集中します。5月頃、 [続きを読む]
  • マイコアカネ(舞妓茜)
  •  きょうは、曇り後晴れて、夜には雨が降りました(9.7-19.3℃)。 森の草原に、赤蜻蛉がまだ沢山止まっていました。良く見ると、マイコアカネ(トンボ科)が多くて、美しい真赤なおべべの舞妓さんでした。朝鮮、中国、ロシア等に分布し、日本では北海道〜九州の丘陵〜平地の、挺水植物の繁茂する池沼・湿地に生息する、体長32-38?の小型の赤トンボです。成虫は7-11月に出現しますが、アキアカネやノシメトンボよりやや遅れる傾向が [続きを読む]
  • コハウチワカエデ(小羽団扇楓)の紅葉
  •   きょうは、良く晴れました(7,3〜20.2℃//0.12μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m/21:00、南東風)。  道沿いで、コハウチワカエデ(ムクロジ科)が紅葉していました。暖かな秋の陽射しを浴びて、赤く赤く輝いていました。北海道〜九州の、暖温帯上部〜冷温帯山地に生育する樹高10-15mの落葉小高木です。日本固有種。雌雄同株。樹皮は暗灰色。葉は対生し、葉身は長さ5-8?、幅5-9?で表面は濃緑色、裏面は緑色。縁は単鋸歯で9-11裂し、 [続きを読む]
  • シロザケ(白鮭)
  •   きょうは、良く晴れました(5.8〜19.2℃/南風)。  川に、シロザケ(サケ科)がいました。今年は大震災から6年目、牛越橋付近では、一昨年・昨年(4-5年目)ととても淋しい遡上でしたが、今年は少し回復して、あちこちで命のドラマが繰り広げられていました。日本の鮭の殆どがシロザケで、本州北部の河川上流で冬季に孵化し、5-6cm位になるまでそこで過ごし、成長して春になると一斉に海に出て行きます。オホーツク海〜北太平洋、 [続きを読む]
  • ヘビイチゴ(蛇苺)の果実
  •   きょうは、曇り時々晴れました(7.1〜14.4℃/西北西風)。  道端の叢に、ヘビイチゴ(バラ科)の実が生っていました。特に夏の間に良く見られますが、枯草も増え始めた今頃の苺は、はっとする様な赤さでした。東アジアに広く分布し、日本では全国の山野の草原や路傍等に生育する多年草です。葉は三出複葉で、良く匍匐茎を出し地面を這って伸びます。4‐6月に、葉の脇から花茎を出し、先に径1.5cm程の5弁花を付けます。赤くて丸 [続きを読む]
  • シラキ(白木)の紅葉
  •   きょうは、曇り後晴れました(11.3〜15.9℃/北北西風)。  道沿いのシラキ(トウダイグサ科)が、紅葉していました。天井を覆う赤や橙、黄、緑の彩りが、薄暗がりの道を照らしていました。本州〜沖縄の他、朝鮮、中国等の谷筋等に生育する、高さ5-10mの落葉小高木です。樹皮は滑らかな灰白色で材も白く、樹皮や葉を傷付けると白い液が出ます。葉は互生で長さ7-15cmの広楕円〜菱形の両面無毛で、裏面は緑白色で縁が不規則にうねり [続きを読む]
  • ヤマモミジ(山紅葉) の紅葉
  •     きょうは、良く晴れました(12.4〜20.2℃/北西風)。   道沿いのヤマモミジ(カエデ科)が、紅葉していました。青空を背に、赤々と燃え上がる様に、美しく染まっていました。東北〜島根(主に日本海側)の他、北海道、四国、九州の一部、朝鮮等の山地に生育する、高さ5-10mの落葉高木です。長さ6-10?の葉は対生し、基部は心形で7-9裂し、裂片は卵状楕円〜狭卵形で不揃いの重鋸歯又は切れ込みがあり、先端は鋭く尖ります。4-5月 [続きを読む]
  • ウグイス(鶯、鴬)
  •   きょうは晴れ時々曇りました(10.6〜19.3℃/南風)。   藪の鶯神楽に、ウグイス(ウグイス科)がいました。ジャッッの声に目を凝らすと、葉陰に愛らしい姿が見えました。この花や実の頃には、目白を良く見るのですが、鶯はもっと保護色となって、潜まっていました。中国東北、ウスリー、サハリン、クリル、朝鮮、フィリピン等に分布。日本では全国の山地〜平地の林内や周辺の藪で繁殖し、ほぼ留鳥ですが、秋冬には寒地の個体は [続きを読む]
  • ヤマカシュウ(山何首烏)の果実
  •     きょうは、大体晴れました(6.2〜16.7℃/南風)。   道沿いのヤマカシュウ(ユリ科)に、実が生っていました。今年は豊作なのか、あちこちに絡まる蔓に、黒く甘い実をたわわに生していました。本州〜九州の山地の林縁等に生育する落葉蔓性木本です。茎には真直ぐで細い刺が多く、葉柄の翼状部から続く稜があり、枝は良く分枝します。葉は互生し卵形で先は鋭く尖り基部は心形で5脈が目立ち、葉柄は長さ7-20?で托葉の変化し [続きを読む]
  • ニワウルシ(庭漆)の果実とツタ(蔦) の紅葉
  •   きょうは、曇り後晴れました(8.1〜17.0℃/西北西風)。  川沿いの高木に、花が咲いていました。赤い幹に白い花が満開…一瞬、不時開花の山桜かと思いましたが、近寄れば、花と見えたのはニワウルシ(ニガキ科)の果実、赤いのは紅葉したツタ(ブドウ科)でした。庭漆は、中国原産の落葉高木で、日本には明治時代初期に渡来し、全国の河原等に野生化。葉は互生し、奇数羽状複葉で6-16対の小葉がある。雌雄別株。6月頃、枝先に [続きを読む]
  • ユキムシ(雪虫)
  •    きょうは、晴れたり曇ったりでした(8.2〜18.2℃/北西風)。  雪虫が飛んでいました。あっちにもこっちにも、雪を思わせる虫がふわふわ舞って、間もなく本当に、雪が降りそうな気配がしました。アブラムシ類の、特にワタアブラ亜科の仲間を総称して「ワタムシ(綿虫)」と言い、腹部から白腺物質が多数分泌されると、体中が白綿で包まれた様になります。秋の寄主植物を離れて冬の寄主へ移住する際に飛翔するので、良く目立ちま [続きを読む]
  • ハシボソガラス(嘴細烏)雨中行水
  •    きょうは、一日雨でした(13.0〜15.2℃/北風)。   道沿いに出来た大きな水溜りに、ハシボソガラス(カラス科)がいました。雨の中、とっくにずぶ濡れの筈なのに、バシャバシャバシャバシャ、長い間行水し続けていました。ユーラシア大陸に広く分布し、日本では北海道〜九州の、低山〜平地の河原や農耕地等に生息する留鳥です。全長は50cm程で、雌雄同色の光沢ある黒い羽を持っています。ハシブトガラスに似ていますが、嘴 [続きを読む]
  • シロダモ(白梻)の雌花と果実
  •    きょうは、一日曇りでした(11.5〜16.7℃/南東風)。  道沿いのシロダモ(クスノキ科)に、黄色い雄花が枝一杯に付いていました。隣の木には真赤な実が生っていて、良く見ればその傍に、地味ながら愛らしい雌花が綻んでいました。本州の秋田、宮城〜南西諸島の他、朝鮮、中国等の山地〜低地の森林内に生育する、樹高10-15mの常緑中高木です。雌雄異株。幹は直立し、樹皮は紫褐〜暗褐色で、若枝には黄褐色の絹毛があります。葉は [続きを読む]
  • ジョウビタキ(尉鶲・常鶲)
  •     きょうは、一日晴れました(9.6〜18.5℃/南東風)。   民家のアンテナに、ジョウビタキ(ヒタキ科)が止まっていました。赤腹の雄でしたが、青空を背にヒッヒ、ヒッヒと、気持ち良さそうに鳴いていました。チベット〜東シベリア、極東アジア等で繁殖し、非繁殖期は日本の他、中国南部〜インドシナ等で越冬します。東北には主に沿海地方やサハリン、クリルから冬鳥として渡来。翼開長は14cm程。雄は顔や上面が黒く、頭は白く [続きを読む]
  • キハツダケ(黄初茸)
  •   きょうは、一日晴れました(7.4〜20.4℃/南東風)  樅林に、キハツダケ(ベニタケ科)が生えていました。 大きな白い茸が環を成して沢山出ていましたが、一つ採って襞に触れると、乳が見る間に青く変わりました。秋に、全国の山地〜平地のモミ類やマツ類林内地上に発生する、傘径6-15?の中〜大型菌です。淡黄〜淡黄褐色の傘は、初め中央が窪んだ平たい饅頭形で後に浅い形漏斗型に開きます。襞は密で淡黄色。柄は傘とほぼ同色 [続きを読む]
  • ササキリ(笹螽斯)
  •    きょうは、晴れ後曇りました(9.0〜14.7℃/北北西風)。   草叢に、ササキリ(キリギリス科)がいました。剣を携えた雌でしたが、弁柄漆器の趣があり、艶々と輝いていました。本州〜沖縄の山地〜低地の、主にイネ科植物の生えた林縁の草叢や林床に生息する、体長12-17?(翅端までだと♂21-24?、♀20-28?)のキリギリスの仲間です。成虫は8-10月に出現し、体型はずんぐりとして、体色は暗緑〜黄褐色。翅は黒褐色で下側に白 [続きを読む]
  • キミズミ(黄実酢実)の果実
  •   きょうは、大体晴れました(9.2〜17.2℃/南風)。  笹薮に立つズミ(バラ科)の木に、実が生っていました。黄色い実の、所謂「キミズミ」で、別名の小梨の様な玉を一杯付けて、枝を重そうに撓ませていました。北海道〜九州の他、朝鮮等の山野の、日当りの良い湿性地等に生育する高さ10m程になる落葉小高木です。小枝は暗紫色でしばしば刺に変わり、若枝には毛があります。葉は長枝で互生し、短枝で束生。葉身は、長さ 3-10?、 [続きを読む]