てん さん プロフィール

  •  
てんさん: きょうの青葉山
ハンドル名てん さん
ブログタイトルきょうの青葉山
ブログURLhttp://aobaten.blog109.fc2.com/
サイト紹介文「杜の都」仙台・青葉山の自然情報を毎日更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/06/19 10:54

てん さんのブログ記事

  • カケス(橿鳥、懸巣、鵥)の羽根−オオタカ(大鷹・蒼鷹)の食痕
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(2.5〜7.1℃/西北西風)。  道端に、カケス(カラス科)の羽根が落ちていました。オオタカ(タカ科)の仕業らしく、多数がほぼ30?四方に纏っていましたが、中でも 風切、雨覆、小翼羽の青がとても美しく、悲しくもあり胸に沁みました。アフリカ北部やユーラシア中部〜南部に分布し、日本では本州〜九州の山地〜平地の林内に生息する、全長33cm程の留鳥又は漂鳥。成鳥は額〜頭頂が白黒の斑模様で [続きを読む]
  • サイカチ(皁莢)の果実
  •   きょう晴れたり曇ったりで、暖かな一日でした(1.5〜1.512.2℃/北西風)。  川沿いのサイカチ(マメ科)の木に、実が生っていました。遠くからでも、反り返った大きな莢が目立っていましたが、地面には無数に、凍った甘蕉皮状の果実が転がっていました。日本固有種で、本州〜九州の山野や川原に生育する、樹高15m程の落葉高木です。幹は真直ぐ伸び、枝の変形した鋭い刺が多数あります。葉は互生して、1-2回の偶数羽状複葉で長 [続きを読む]
  • ガマ(蒲、香蒲)
  •     きょうは曇り後雨〜雪になりました(1.7〜7,2℃/北北西風)。   川岸に、ガマ(ガマ科)の果穂がありました。多くが既に解けていてましたが、触れるとむくむくと、何倍にも膨れ上がった綿が、風に吹かれちりぢりに飛んで行きました。北海道〜九州の他、広く北半球温帯〜熱帯やオーストラリア等の、池沼等の水辺に生育する抽水植物の多年生草本で、高さは2m程になります。初夏に花茎を作り、花穂の下部は赤褐色の雌花の集 [続きを読む]
  • ケンポナシ(玄圃梨)とヒヨドリ(鵯)
  •    きょうは、晴れ時々曇りました(1.6〜9.1℃/西北西風)。  道沿いのケンポナシ(クロウメモドキ科)の木に、ヒヨドリ(ヒヨドリ科)が集まっていました。10羽程もいてピーピー騒いでいるので何かと思いましたら、樹冠一杯に生っている実を、美味そうに食べているのでした。北海道(奥尻島)〜九州の他、朝鮮、中国等の山地の林内に生育する樹高15−20mの落葉高木。葉は互生し、広卵形で低鋸歯があり、基部から分岐する3主脈が目立 [続きを読む]
  • キンクロハジロ(金黒羽白)の雌雄
  •    きょうは、晴れ後曇りました(-5.2〜-7.2℃/南風)。  川に、キンクロハジロ(カモ科)がいました。何羽かいましたが、離れずぷかぷかと、時折小さな金眼と肩を寄せ合う雌雄がいました。ユーラシア大陸の中緯度に広く分布・繁殖し、南西ヨーロッパ〜アジア中南部で越冬する全長40-47?、翼開張67-73?の潜水性の鴨です。日本では全国の河川、湖沼、湾等に冬鳥として訪れ、大群を作ります。繁殖期の雄は後頭の羽毛が伸長し(冠 [続きを読む]
  • 一月観(視)察会
  •   きょうは今年初の観察会。真青な空の下、穏やかな"初歩き"となりました。(-3.1〜-4.1℃/西北西風)。今回の集合・解散場所はせんだい環境学習館"たまきさん"。諸事情で、先に新年会をで行う事となり、暖かな会場で先ずは夫々が自己紹介、今年の抱負や青葉山への思いを語り合いました。恒例の籤引き等もあり、楽しく穏やかな一時を過ごしました。 さてお昼前、竜ノ口の源流を目指して出発です。未だ消えていない都市計画道路コー [続きを読む]
  • カシラダカ(頭高)
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(-3.2〜4.2℃/北風)。  道沿いに、カシラダカ(ホオジロ科)がいました。5-6羽が何かを食べていましたが、此方に気付くと一斉に飛び上がり、近くの梢に止まって警戒していました。ユーラシア大陸北部とアリューシャンで繁殖し、冬は中国東部や中央アジアで越冬します。日本では冬鳥として、九州以北の山地〜平地の明るい林や林縁、草地等に渡来します。体長15cm程で、雌雄共後頭部に冠羽がある [続きを読む]
  • オケラ(朮)の果実
  • きょうは、晴れ時々曇りました(-4.0〜3.9℃/北西風)。   道端に、オケラ(キク科)がありました。いつもの大群落でしたが、菊花にも似た無数の乾花が、金華の様に輝いていました。本州〜九州の他、朝鮮、中国東北等の山野の日当りの良い所に生育する、高さ50-100cmの多年草です。雌雄異株。茎は細くて固く、葉も固く光沢がありますが、始めは白い軟毛があります。縁には棘状の鋸歯があり、長柄があり、茎の下部では3-5裂の奇数 [続きを読む]
  • ヤブツバキ(藪椿)
  •   きょうは、朝2-3cm雪が積もり、日中は曇り時々晴れて、時折雪が降りました(-2.0〜2.3℃/北西風)。 道沿いの藪に、ヤブツバキ(ツバキ科)が咲いていました。降り頻る雪の中、真赤な焔が燃える様でした。東北以西の暖地に生育する、高さ13m、径50cm程になる常緑小高木です。葉は互生し長楕円形で、先が短く尖り、質は厚くて光沢があります。時に12月頃から咲き始めるものの、主に3−4月、枝先に5弁の赤い花を下向きに付け、多数 [続きを読む]
  • クスサン(楠蚕)の繭
  •   きょうは曇って、時折雪や霙が降りました(0.2〜5.9℃/北風)。  道沿いの木に、クスサン(ヤママユガ科)の繭が付いていました。半分葉っぱにくるまれていましたが、飴細工の籠にも見えて、中にはしっかりチョコも入っていました。日本全国の他、中国等の山野に生息する、開張10-13?の大きな蛾です。翅色は灰黄〜濃赤色まで変化に富み、夜行性で灯火に飛来します。卵で越冬し、幼虫は春−夏に見られ、青白色で体長80mm、白い [続きを読む]
  • ウスタビガ(薄足袋蛾・薄手火蛾)の繭
  •   きょうは、晴れ後曇って、晩方から雨や雪が降りました(2.4〜11.7℃/西風)。  道沿いの木枝に、ウスタビガ(ヤママユガ科)の繭が下がっていました。探しても中々見つからなくなったこの頃、目にも眩しい黄緑の翠玉に出会うえると、嬉しくてほっとします。朝鮮、シベリア東部等に分布し、日本では北海道〜九州の山野に生息する、開張90-110mmの大型の蛾です。成虫は10-11月頃に出現し、翅に一つずつ目玉状の半透明斑紋があるのが [続きを読む]
  • ネズ(杜松)の果実
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(-0.6〜-7.9℃/北北風)。  道沿いに、ネズ(ヒノキ科)が生えていました。2m程の小木でしたが、針の様な葉の間に、白や黄、そして青黒の実が一杯に付いていました。本州〜九州の山地〜丘陵の砂地や尾根等、痩地に生育する、高さ5-6m(大きいものは10m)の常緑小高木です。樹皮は灰赤褐色で薄く?れく、若枝には稜があり、葉は長さ1.2-2.5cmの針状で3輪生して先は尖り、表面には深い溝状の白い [続きを読む]
  • ミヤマホオジロ(深山頬白)
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(1.0〜6.6℃/北西風)。  車道端に、ミヤマホオジロ(ホオジロ科)がいました。小群が何かを食べていて、こちらに気付くと一斉に飛び上がりましたが、黄色い顔と黒髪の雄が一羽、居残って楽しませてくれました。中国東部、朝鮮、ロシア沿海地方と、日本では対馬のみで繁殖し、北海道南部以南に冬鳥としてやって来ますが、西南日本に多く渡来します。仙台では、嘗ては珍鳥でしたが、温暖化の所為 [続きを読む]
  • アズキナシ(小豆梨)の果実
  •   きょうは、晴れ時々曇りました(-1.1〜-5.5℃/西北西風)。  道沿いのアズキナシ(バラ科)の木に、実が生っていました。鳥達に食べられたのか、大分少なくなって萎れてもいましたが、白の世界に小さな灯を点していました。朝鮮、中国中〜東北部、ウスリー、クリル等に分布し、日本では北海道〜九州の山地〜低地に生育する高さ10-15m程の落葉高木です。小枝は赤褐色で、5−6月枝先に白い小花が集まって咲き、互生する葉は規則 [続きを読む]
  • サルトリイバラ(猿捕茨)の果実
  •    きょうは、曇り時々晴れました(-2.5〜-5.8℃/西風)。   道沿いに、サルトリイバラ(サルトリイバラ科)の実が生っていました。鈴生りの大きな株で、朱緋に滲む様な実が、雪面に映えていました。北海道〜九州の他、朝鮮、中国、インドシナ等の、山野や林縁等の日当たりの良い場所に生育する、雌雄異株で蔓性の多年生植物(半低木)です。高さ50−200cmで、枝に散生する鉤状の刺と葉柄の巻髭で他物に絡み付き、蔓状に茎を伸ば [続きを読む]
  • キツネ(狐) の足跡
  •   きょうは、今朝も数?雪が積もり、日中は晴れました(-1.1〜-3.8℃//西北西風)。  道に沿って、キツネ(イヌ科)の足跡がありました。少し前のものでしたが、真直ぐに何処までも、端正な一筋がが続いていて、何か心が和らぎました。ユーラシア〜北米に分布し、日本でも殆どの地域に生息しますが、四国では稀です。頭胴長52-76cm、尾長26-42cm、体重4-7Kg。体色は赤みがかった黄色で、腹、頬、尾の先は白く、尾は長くふさふさ [続きを読む]
  • マンサクメイガフシ(万作芽毬五倍子)
  •   きょうは、朝に雪が5cm程積もり、午後まで降ったり止んだりでした(-2.3〜3.5℃)。  道沿いのマンサクに、虫瘤がついていました。雪に塗れた刺々のマンサクメイガフシでしたが、棘が赤く染まり、雲丹にしか見えませんでした。主に本州のマンサク(マンサク科)に、マンサクイガフシアブラムシ(アブラムシ科)又はマンサクイガフシワタムシ(同)が作る虫瘤で、成虫が側芽部分に卵を産み付けると、ほぼ卵形(径10mm程)に肥大し、 [続きを読む]
  • ノスリ(鵟)
  •    きょうは、晴れたり曇ったりでした(1.4〜5.8℃/西北西風)。   森の樅木に、ノスリ(タカ科)が止まっていました。獲物を探しているのか、きょろきょろしていましたが、こちらに気付くと、ひらりと飛んで行ってしまいました。中央・南シベリア、モンゴル、中国等に広く生息し、夏は亜寒〜温帯域で繁殖、冬は熱〜温帯で越冬します。日本では亜種ノスリが、北海道〜本州中部以北、四国の山地の森林に生息・繁殖しています(留 [続きを読む]
  • 2018年・元旦
  •             新しい年が、静かに明けました  昨年青葉山は、東北大学移転工事が益々進み、山上にビルが林立(生態系の帯が分断)。松枯れや楢枯れやよる森の荒廃も進み、自然へと遷移しつつあった追廻地区は全面的に破壊され、五色沼や長沼も全面改修され、希少な自然植生が又数多く失われました。それと共に、カラス類が急速且異常に増殖し、イノシシは完全定着・繁殖し、希少種群生地を"ぬた場"や採食地にする等して [続きを読む]
  • アカシデメムレマツカサフシ(赤紙垂芽群松笠附子・赤四手芽松毬五倍子)
  •    きょうは、晴れたり曇ったりでした(-1.8〜4.9℃/北北西風)。    道沿いのアカシデ(カバノキ科)に、虫瘤が付いていました。と言っても、美しい薔薇の花芽にも似て、初めは何の芽か花かと考えてしまいましたが、周りの冬芽との違いに気付いて漸く解りました。フシダニの1種によってアカシデの枝が短縮し、枝に付く多数の芽が集まり松笠状に形成される虫嬰です。個々の芽は赤褐色で開芽することは無く、鱗葉基部内側に多数 [続きを読む]
  • テン(貂)の足跡
  •     今朝も雪がうっすら積もり、日中は大体晴れました(-1.8〜-5.3℃/北西風)。   草原に、テン(イタチ科)の足跡がありました。雪面を走ったばかりとも見える、真新しい痕が二つずつ、縦横に続いていました。北海道〜九州と朝鮮南部の主に奥山に生息し、小動物、昆虫、甲殻類の他、ノウサギ・キジ・ヤマドリ等も襲い、果実類も好みます。体長44-55?、尾長17-23?、体重0.9-1.5kg。広い行動圏を持ち、岩の隙間や樹洞を巣にし [続きを読む]
  • ニオイアシナガタケ(臭足長茸)
  •    きょうは、晴れたり曇ったりで、朝と午後に雪が降りました(1.4〜5.9℃/西風)。   ニオイアシナガタケ(キシメジ科)が生えていました。雪の中に小さくポツンと佇んでいて、もしやと思い傘を擦ると、薬の様な匂いがしました。秋〜初冬、日本全国の広葉樹林内の落葉、落枝等に発生する小型キノコです。 傘は円錐状鐘形で、表面は淡灰褐色、中心は暗色。湿時に条線を表します。襞は密〜やや密で灰白色。柄は細長く暗灰白色で、 [続きを読む]
  • ニホンリス(日本栗鼠) の足跡
  •   きょうは、今朝も雪が数?積り、午後まで雪が降ったり止んだりで、後晴れました(-1.2〜1.23.0℃/西北西風)。  街の見える道沿いに、ニホンリス(リス科)がいました。倒木をうろうろしたていましたが、こちらに気付くと、木から木へと飛び移りながら消えて行きました。いい写真は撮れませんでしたが、後には足跡がしっかり残っていました。本州〜九州の亜高山〜平地の森に生息する日本固有種で、体長16-22?、尾長13-17?。 [続きを読む]
  • オナガガモ(尾長鴨)
  •   きょうは、雪が晩方まで降り、一時猛吹雪になり、10cm近く積もりました(-3.1〜0.1℃/西風)。   川岸に、オナガガモ(カモ科)がいました。寒い所為か?近くを通ってもちらりと見る位で、逃げようともしませんでした。北半球に広く分布し、夏は寒帯・亜寒帯で繁殖、冬は温帯〜熱帯に移動します。全長は雄61-75cm、雌51-57cm、翼開長80-95cm。雄は頭部が黒褐色で、首〜胸、腹が白く、白帯が首の側面〜後頭部に切れ込みます。体 [続きを読む]
  • ジャノヒゲ(蛇の髭)の果実
  •     きょうは、曇り後雪が降りました(0.4〜6.0℃/南南西風)。   道端のジャノヒゲ(クサスギカズラ科又はナギイカダ科)に、実が生っていました。青々とした珠が湿り雪に濡れて、一層艶々と輝いていました。東アジアに広く分布し、日本では北海道〜九州の山地〜低地の林床に生育する草丈10cm程の常緑多年草です。葉は長さ10-30cm、幅2-3mmの線形で多数叢生し、先端は下向きに垂れ下がります。7-8月、葉間から5-15cmのやや扁 [続きを読む]