なおき さん プロフィール

  •  
なおきさん: リビングデイサービス(金沢)のブログ
ハンドル名なおき さん
ブログタイトルリビングデイサービス(金沢)のブログ
ブログURLhttp://blog.liv.jp/
サイト紹介文ぬいぐるみ作りが特色のリビングデイサービス(小規模通所介護・石川県金沢市)の活動を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2007/06/20 17:17

なおき さんのブログ記事

  • かわいいお帽子のカメさん
  • 夏休みで帰省してこられる曾孫さんのために作られた、フェルトのカラフルなカメさんです。きょうだいで、取り合いにならないようにと、二つ作りましたよ。帰省するたびに成長している曾孫さんの話をしながら、「次は何を作ろうか、何が喜ばれるかな?」と、職員と相談しておられます。JUGEMテーマ:handmade [続きを読む]
  • おさるのモビール
  • なかよくつながりました。三匹のお猿のモビールです。ぶら下げると、あっちこっち向いて、うまく写真がとれないので、やむなく机の上で撮影しました。「見ざる言わざる聞かざる」なんてことはありません。お部屋でクルクル回って、元気に愛想を振りまきます。JUGEMテーマ:handmade [続きを読む]
  • 絵本『あんやと!ばあちゃん』絶版に
  • リビングデイサービスの実践から生まれた絵本の第二弾『あんやと!ばあちゃん』の出版社の在庫がなくなり、あとは書店に並んでいる分だけになりました。『日本図書館協会選定図書』に選ばれ、テレビ朝日の『世界が愛した絵本』(2015年9月19日放送)でも放映されました。今のところ再版の予定はありません。お買い求めになっていないかたは、ぜひ早めのご注文をお願いいたします。JUGEMテーマ:絵本紹介 [続きを読む]
  • ピンクのウサギ
  • さわやかなピンク色のウサギができあがりました。完成を楽しみにして喜んでくれる、お孫さん、ひ孫さんがいてくれると、とてもうれしいですね。次の作品づくりにも、とっても意欲がわきます!JUGEMテーマ:handmade [続きを読む]
  • 猫のみーちゃんのこと
  • デイサービスに通う一人暮らしのお年寄りが、引っ越しのために、それまで飼っていた猫が飼えなくなりました。 引き取り先をあちこち探しましたが、みつかりません。それでデイサービスの施設長が自宅に引き取ることにしました。 しかしなにせ猫を飼ったこともありません。みーちゃんは10歳のメスの三毛猫でおとなしい性格ですが、新しい環境に慣れてくれるかどうか、とても心配しました。 はじめの数日は、ずっと机の下の暗い場所 [続きを読む]
  • 最近困っていること
  • 連日の激暑、各地の大雨台風被害が続いていますが、皆様はご無事でお過ごしでしょうか。 最近わたしたち、リビングデイサービスの経営で困ったことが起こっています。 ご存知の通り、国の定めた介護報酬は、長年とても低く設定されてきたため、それだけではデイサービス職員に十分な給料を払うことができません。 そのため、わたしたちの会社では副業でコインパーキングの経営を行い、その収益を職員の給与にあてています。 そのコ [続きを読む]
  • グレーの猫のぬいぐるみ
  • みなさま、暑〜い日が続きますが、お元気でしょうか。猫たちに見習って、省エネモードでグターッと生きていきましょう・・・なんてね(^^)これは、98歳のおばあちゃんが作られた子猫のぬいぐるみです。リビングデイサービスは利用者の年齢幅も広いので、70代の利用者の方々も、100歳近いお年寄りが自分たちより上手に作られるのを見て、驚きつつがんばっておられますよ。 JUGEMテーマ:handmade [続きを読む]
  • 『不倫の女』(チャペルアワーより)
  • 『不倫の女』 イエスは、世間の人が近づきたがらない重い病気の人や、差別された職業の人とも分けへだてなく付き合い、食事を共にし、希望を語りました。 そんなイエスの行いが、しだいに人々から評価されてくると、学者たちはイエスを激しくねたみました。そして、どうにかしてイエスの落ち度をみつけて、訴えてやろうとしました。 ある日、学者たちが一人の女をつれて来て、イエスに問いました。「先生、この女は不倫の現場で [続きを読む]
  • 『何が人をけがすのか』(チャペルアワーより)
  • 『何が人をけがすのか』 イエスは、差別されている人や、病気の人たちを訪れて、いつも共に食事をしていました。そして、ひとりひとりに神の希望を伝え、自分を愛するのと同じように人々に愛情を注ぎました。 でも学者たちは、そんなイエスたちのことが、気にさわってしょうがありません。 何かイエスたちの行動に落ち度はないかと、いつも目を光らせていました。 そして「イエスは、けがれた人たちと手も洗わずに食事をしてい [続きを読む]
  • 春風とラッキークローバー
  • 『何が人をけがすのか』 イエスは、差別されている人や、病気の人たちを訪れて、いつも共に食事をしていました。そして、ひとりひとりに神の希望を伝え、自分を愛するのと同じように人々に愛情を注ぎました。 でも学者たちは、そんなイエスたちのことが、気にさわってしょうがありません。 何かイエスたちの行動に落ち度はないかと、いつも目を光らせていました。 そして「イエスは、けがれた人たちと手も洗わずに食事をしてい [続きを読む]