18201 さん プロフィール

  •  
18201さん: N de 旧形国電
ハンドル名18201 さん
ブログタイトルN de 旧形国電
ブログURLhttp://18201.blog107.fc2.com/
サイト紹介文Nゲージで旧形国電を楽しむブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2007/06/22 01:58

18201 さんのブログ記事

  • 中国の蒸機 前進型 敦化にて (96年1月)
  • なんだかアップ済のような気もするのですが、96年1月に訪れた敦化でのバルブ。ガイド付き単独行だったのですが、ガイドからも撮ったらあかんところなんで、さっさと撮れ、みたいな感じで、思うほど自由に撮れませんでした。昔は前進型ってホンマにカッコ悪いと思ってましたが、今見ると、えらいカッコ良く見えるから不思議なもんです。 [続きを読む]
  • C57 1 「やまぐち」号 1986年11月3日
  • いやー、もうすぐ重連ですねー! 首を長くして待っていらっしゃる方も多いことでしょう。ワタシは貧乏なので行けませんが、無理してでも計画すべきやったかなー、などと今さらながら思ってます。。。山口はなんといっても、このケムリですもんねー!遠いけど、また行きたいなー! [続きを読む]
  • EF62 31 下関機関区
  • 名古屋駅にて31番。84年3月13日。ゴハチを置き換える前で、訓練用に各地に配備されてきたやつだと思います。留置場所も例のあたりではなく、東京方でした。こちらはその一か月後、ゴハチに代わり、荷モレを牽くの図。前に原口さんに教えてもらった、ジャンパ栓収めを移設する前の姿ですね。これは86年8月25日。荷4033レ。摂津富田通過が13:47で逆光ということもあり、ほとんど撮った覚えがないスジです。EF62 [続きを読む]
  • 京急 2100系 2101
  • 2100系のトップナンバー。ヒドイ写真ではありますが、1番はいつでも、来ると嬉しいもの。後追いだろうが、喜んで撮りますよ。ちなみに98年2月の落成だそうなので、まもなく車齢20年ってことになります。意外に歳食ってますね。最新の電車のデザインでないことは明白ですが、古臭さも感じない、いや、そうでもないか。最近乗ってませんが、助手側のカブリツキ席はマジで楽しいですよ。 [続きを読む]
  • DD51 1125 福知山機関区
  • 83年11月27日、京都駅に進入してくる14系団臨、9820レ。カマ換え後のゴハチがメインだったと想像しますが、記憶がおぼろ。ブレブレですけど、84年8月、保津峡駅を通過する上り貨物です。先日アップした列車と似たような組成ですね。こちらも84年8月、福知山線の雑客。86年10月10日、ヒロ座かワカ座かサワ座かヌマ座のうちのどれか。87年4月11日、12系の838レ。87年5月31日、50系の323 [続きを読む]
  • 1983.4.4 駒ヶ根駅にて
  • 駒ヶ根駅から山の方へ上がった国民宿舎に泊まった翌朝。車号を数枚。リベットがかっこよろし。これ、判る人いますか?クハ68403の便所ですよ。タンクが床下ではなく便所の上なんで、天井がえらい低いんですよね!父は小雨降る中、田切下車です。 [続きを読む]
  • パキスタンの蒸機 Malakwal (12)
  • マラクワルの蒸機もこれで最後です。何日も居た割には、たいした写真撮ってないな、と自嘲するばかりですが、まあ、これが実力っちゅうか腕前ってもんです。これは駅前の宿の食堂のオッサンたち。これは貸自転車屋の連中。茶色の兄ちゃんは、「マイフレンド」とか言いながら何かと親切にしてくれて、気を許した頃に弟が病気とかなんとか言うてカネを無心する、面倒くさい奴でした。。。 [続きを読む]
  • EF58 101 宮原区 (単機編)
  • 宮原のブタ野郎。これはロクイチ最後の「つばめ」の日だったと思います。回7231かな。名古屋駅。60号機の最終運用となったミステリー列車の運転日、83.4.1。そんなことはこれっぽっちも知りもせず飯田線へ向かったのでした。宮原区なんですけど、機関区から割と離れた場所にポツンとカマが留置されることがあって、まさにターンテーブル使って押し込むような場所なわけですが、こんな外れに留置されるからには、廃車前 [続きを読む]
  • 1986年10月31日、嵯峨−保津峡を行くキハ47×4連
  • 国鉄最後のダイヤ改正前日。文化祭の振り替え休日だったか、学校が休みだったので、一日を保津峡で過ごしました。東海道からゴハチを追いやったEF62さえ消え、ロクゴの一般に廃車が出始め、沼津のF型は高崎へ移って関西では見られなくなる代わりに、新鶴見のPFがバンバンやってくるという、「この先毎日何撮んねん・・・」ってタイミングでした。この日を境に、少しずつ東海道から離れ、保津峡詣でを重ねることになります。秋のう [続きを読む]
  • クモヤ90202 高槻電車区
  • 既出のような気もしなくはないのですが、ともあれ、クモヤ90202がぶら下がりの試運転スジです。クモハが付いてますんで阪和線の103系と推測されます。ありとあらゆる雑多な編成があって、今思えば相当楽しいスジだったはずですが、当時はノーマークで来て気が向いたら撮る、程度でした。 [続きを読む]
  • 神戸電鉄 5000系
  • 神戸電鉄5000系、と聞いて、とりわけ関東の方でこの姿が、思い浮かぶテツの方って、どのぐらいいらっしゃるのやら。あ、もちろん1000系を撮りに行ったんですが、なんとなく気分でこっちを先にアゲときます。1994年の登場で、40両あるそうです。特にグッとくるデザインではありませんが、既に古臭い印象は否めないですね。 [続きを読む]
  • 京急 2000形 2058
  • 京急現存車では、もっとも早く形式消滅することになると思われる、2000形。残り3編成のうちの2058。奥の横浜線の205系も懐かしいですな。同じ場所、違う日。八景−文庫。なんとなくカエル顔。側面も含めて昭和っぽい。昭和×昭和。平成×昭和。なぜかたくさん撮ってます。でも全部コンデジなんで、ちょっと焦ってます。ソニーのα7IIIが出ましたが、もう買えないです。。。 [続きを読む]
  • DD51 1124 福知山機関区
  • 連番で山陰筋のカマが続きますが、1124からは福知山区であります。84年8月、武田尾を行くミハ座。この時はハチに刺されてマジで痛かった! あれ以来ハチは大嫌い!86年7月、保津峡にて貨物。86.10で保津峡の貨物は姿を消しますが、この頃は既に84年と違い、スカスカでした。87.2.9、保津峡にて朝の客レ。客車の窓が曇ってるのがちょっといい感じだったりします。平成4年の廃車だそうで、意外に短命だったんですね。。。 [続きを読む]
  • 大田切橋梁にて、静ママ戦前型 1983年4月3日
  • 天竜峡からの261M辰野行き。午前中に天竜峡駅で51200+56002とドッキングするところを撮ってました。クモハ50008って、幌も幌枠もなくて、カッコイイ顔とは言えませんが、夕日を浴びて走る姿には、顔のちょっとした造作なんてどうでもよくなるカッコよさがありますね。毎度のヒドイ写真ですが、後追いも載せておきます。これはクハ68042か406(と51029か54001のペア)と思われる、246M、伊那福岡行き [続きを読む]
  • DD16 21 鹿児島機関区
  • 87年3月30日、鹿児島機関区にて、旧車中のDD16 21「鹿」です。ネットで拾えるDD16の情報って少なくて、それらによると、73年2月新製、86年3月廃車、とのことなので、写真の時点で既に車籍は無かったことになります。13年で廃車とは、モッタイナイ、です。 [続きを読む]
  • EF60 69  沼津区
  • 沼津のEF60は、岡山や広島に比べてブタ率が高かったわけですが、69番は、マイナーな一灯のカマでした。これだけ遠めに撮っても、一灯の美しさは霞まない、まあブタライトがどれだけ美観を損ねとるかっちゅう話です。83年12月27日。変哲のない貨物がよく似合ってます。 [続きを読む]
  • キハ181−17 「まつかぜ4号」
  • 86年10月28日。廃止の3日前、ですか。誰もいない新大阪駅11番線にて「まつかぜ4号」です。ここもブルトレ世代にはちょっとした聖地でしたよね。次から次へと上ってくる九州ブルトレ目当てに、文字通り走り回ったもんでした。50ミリちょいトリミングの写真です。カーブが大きいので、それほど両数は乗らないのに、エエ感じに撮れるのも魅力でした。 [続きを読む]