ICA さん プロフィール

  •  
ICAさん: 翻訳ブログ
ハンドル名ICA さん
ブログタイトル翻訳ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ica-trans/
サイト紹介文福岡で約30年翻訳会社を運営。翻訳スクールも20年以上運営。翻訳の仕事で気づいたことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/06/28 21:05

ICA さんのブログ記事

  • 「火の下に来る」ってどんな意味?
  • こんにちは。 毎日、暑い日が続きますね。 福岡では、38.9度となったところもあるようです。 今は、どこの地域でも暑さが厳しいので、熱中症にはくれぐれも気を付けましょう。 ところで、come under fireという表現があります。 直訳すると、火の下に来る?? ・・・ではありません。 なんだと思いますか? The school will come under fire from the public. では、come under fireをどう訳すべきでしょうか?「火の下に来 [続きを読む]
  • 花見
  • 福岡の桜も今日あたりまでが見ごろということで、花見に行ってきました。 あいにくの曇り空ですが、それでも見応えがありました。 「花見」は、英語でcherry blossoms viewing。「花見に行く」は、英語でgo to see the cherry blossoms。 「花」を見に行くから、flowersでも良さそうですが、やはり、「花見」と言えば、桜を見に行くことですから、cherry blossomsを使うのが良いですね。 では、 [続きを読む]
  • soundは、「音」だけじゃない??
  • soundという単語を見ると、どうしても「音」と訳したくなりますよね。 では、次の英文は、なんと訳すでしょう? A sound mind in a sound body. 音が鳴る身体の中の心・・・? ではありません(^^;; 実は、sound には、「音」という意味もありますが、形容詞として使うときには「健全な」という意味にもなります。 さて、上の英文の意味は・・・。 「健全な精神は、健全な体に宿る [続きを読む]
  • 「忖度」を英語で表現すると・・・?
  • こんにちは。 このところ、森友学園の話題で盛り上がってますね。 この話題になるとよく、「忖度(そんたく)」という言葉が登場します。 これは、他人の考えていることを推し量ることです。忖度って、英語でなんというでしょう?訳語としては、surmiseが使われることが多いようです。文字通り「推量する」という意味です。guessが使われることもあります。 日常会話ではあまり使いませんが、ご参考までに。& [続きを読む]
  • 呼び名の地域差
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 お正月は、日ごろ食べないものが食卓に登場します。 数の子、黒豆、栗きんとん、煮しめ・・・。 煮しめとは、レンコン、ニンジン、サトイモなどを鶏肉の出汁で煮た煮物です。 「筑前煮(ちくぜんに)」とか「がめ煮」などとも言います。こちらの名前のほうがメジャーらしく、「煮しめ」と言ってもあまり通じません。 ものの呼 [続きを読む]
  • 翻訳では微妙な違いに注意!
  • 似ているけど違う。そんな英語表現って多いですよね。 fresh(新鮮な)とflesh(肉体)とか。glass(ガラス)とgrass(芝生)とか。 これらは綴りの違いですが、フレーズで使用している単語がちょっと違う、というパターンもあります。 例えば、for a momentとfor the momentもその一つ。 aかtheかの違いだけなのですが・・。実はかなりの違いがあります。 その違いとは・・・for a moment が「ほ [続きを読む]
  • 「歩いていけますか?」の英語表現
  • こんにちは。 知らない土地に行くと、目的地までの距離感がつかみにくいものです。 そこで、地元の人に、「歩いていけますか?」と尋ねることがあります。 これを英語で表現するとどうなるでしょう? もしかすると、Can I walk to go? とか・・・? なんだかしっくりきませんね。 「私は、そこに行くために歩けますか?」と、突然尋ねられても、相手は「え?(゜д゜;)」と、思いますね。&nb [続きを読む]
  • tickの意外な訳語
  • こんにちは。 tickって言葉、聞いたことありますか? 時計が鳴ることをticktack(チクタク)と表現しますが、tickも同じく時計などがカチカチとなることを意味します。 ところが、その文章を見ると、You need to tick the items.と書いてあります。 itemは、項目や品目のことです。 うーん・・。 「あなたは、項目をカチカチ鳴らす必要がある」なわけないですよね(^^;; 実は [続きを読む]
  • discussionを「討論」と訳してはいけない場合がある??
  • こんにちは。 先日紹介したlemonのように、意外な訳になる英語表現は結構あります。⇒ http://ameblo.jp/ica-trans/entry-12225243934.html 例えばdiscussion。 あなたは、discussionというと、どんな訳語を思い浮かべますか? 「討論」? 確かに、「話し合い」「討論」と訳すことは多いですね。 でも、論文にこの表現が出てきたときは要注意です。 論文は、introduction(緒言・序文 [続きを読む]
  • 「よく・・・する」は、どう英訳すればいい?
  • こんにちは。 よく、翻訳の勉強に興味がある方から、「専門用語って難しいですよね」と言われます。 もちろん、専門用語は簡単ではありませんが、決まった訳がついていることも多いです。 どちらかと言えば、日本語の日常的な表現の訳を考えるほうが苦労します。 例えば、「よく〜する」という表現。 そこで質問です。「彼はよくテニスをする」という文章をあなたはどう訳しますか? 「テニ [続きを読む]
  • lemonのとっても意外な訳語とは・・・?
  • こんにちは。 あなたは、レモンを口にしたこと、ありますよね? どんなイメージがありますか? 酸っぱい?柑橘系?さわやか? では、この英文を日本語に訳してみてください。 This car is a real lemon. 直訳すると、「この車は本当のレモンだ」。 ・・・なんてことはありませんね(;^_^A ではどんな意味でしょう・・・? 実は、ここでのlemonは「欠陥品・不良品」とい [続きを読む]
  • lame duckはどう訳す?
  • こんにちは。 最近、韓国の朴槿恵大統領や米国のオバマ大統領などに対して、 lame duck という表現が使われるようになりました。 例えばUS election: What now for 'lame-duck President' Barack Obama in the White House?などです。オバマ大統領のことをlame-duckと表現していますね。ところで、このlame duckって、どういう意味かご存知ですか?lameは、「足が不自由になった」という意味の形容詞で、duckは「あひる [続きを読む]
  • 同じBlackなのに。。。
  • 昨日、11月24日は、アメリカの「感謝祭(Thanksgiving Day)でした。 そして、今日は、アメリカでは、Black Fridayと呼ばれています。Black Fridayとは、アメリカで昔から展開されてきた年末商戦で感謝祭の翌日(金曜日)から 始まります。ところで、なぜ、Blackっていうかご存知ですか? 実は、この大々的なセールスを通じて、多くのお店が大幅な「黒字」を計上するからと言われています。良い意味でblackが使われるわ [続きを読む]
  • 津波は英語でなんという??
  • こんにちは。 今朝、6時ごろ、福島などで大きな地震が起きました。 そして今回の地震では、津波も発生しました。午後1時ごろに注意報等はすべて解除されましたが、揺れとともに津波の対策も考えておく必要がありますね。 地震は、英語でearthquakeと言いますが、「津波」は英語で何というかご存じでしょうか。実は、津波は英語でも“tsunami”です。 例えば、イギリスの日刊紙「ガーディアン」は、今朝の津波 [続きを読む]
  • roomは「部屋」と訳せばOK?
  • こんばんは。 突然ですが、あなたはこの英文をどう訳しますか? There is no room for improvement. improvementは、「改善」とか「上達」のことです。ということは、「改善のための部屋がない」ということでしょうか・・・? ちょっと変ですね。 実は、roomには、「部屋」以外にも、重要な意味があります。 それは・・・ 「余地」です! ですから、この文章は、 「改善の余地はな [続きを読む]
  • Love trumps hate.の意味が、「トランプが嫌い」ってほんと??
  • 応援 頂けると嬉しいですm(__)mトランプ氏が大統領選に勝利したことを受けて、アメリカの人気歌手、レディーガガさんがLove trumps hate.と書いたプラカードを掲げ、抗議しました。問題は、この英文の解釈です。某テレビ局は、この文章にこんな訳をつけました。「トランプは嫌い」。でも、よく考えると変ですよね。そもそも、主語がlove(愛)だし、「トランプが嫌い」と言うのなら、「hate Trump」と語順は逆になるはず。 [続きを読む]
  • 「かつお節」の英訳で発見したこと。
  • ビジネス翻訳というと、あなたは、どうしても契約書などのかっちりしたものを思い浮かべるかもしれませんね。 でも、結構、身近な原稿が舞い込んでくることも多いです。 例えば、お菓子のパッケージ。チョコやキャンディ、クッキーなど、訳しているだけで、おなかが空いてきそうなものもあります。 料理の素材や料理方法を訳すこともあります。 以前、訳したのが、これ(↓) かつお節を使った料 [続きを読む]
  • 身近なのに注意をする英単語。
  • 突然ですが、courtという単語、聞いたことありますか? はい。ありますよね。 では、どんな意味でしょう? こんな会話になると、普通はテニスコート(tennis court)や中庭(inner court) などのスポーツ用のコートや庭をイメージしますよね 当然、その意味もあります。 ただ、それ以外の意味で使われることも多いです。 例えば、こんな文章があったとします。 The case will be tried [続きを読む]
  • スーパームーン!
  • 今日は、スーパームーン(super moon)の日ですね。 なんでも68年ぶりのスーパームーンらしく、ニュースでも取り上げられてました。 先ほど気づいて、バルコニーに出て空を見上げてみました。あいにくの曇り空でしたが、流れる雲の間から、ひときわ明るくて大きな月が顔を出しました。 実際に撮った画像ではありませんが、実際に見えたイメージに近いです。 ちなみに、アメリカでは11月の満月をビーバ [続きを読む]
  • 「隠れトランプ」ってなに?
  • 今、メディアは、トランプ新米大統領のことで、もちきりですね。 ヒラリー・クリントン候補が優勢と言われながら、歴史的大接戦を制してトランプ氏が勝利をさらった背景には、「隠れトランプ」の存在があった、と言われています。 「隠れトランプ」とは、世間体を気にして、表では、民主党を支持していると言いながら、裏ではこっそりトランプ氏を応援し、投票する人たちのことです。 ちなみに、英語 [続きを読む]
  • 和訳のテクニックを紹介。
  • 翻訳講座の受講生の方から、「自然な日本語に訳すコツはありますか?」とよく質問されます。 学習を始めたときには、和訳のほうがやりやすいと思っている方が多いのですが、何度か課題を提出されたころになると、なぜか「和訳って難しいですね」という声が聞こえてくるようになります。 そんなときには、「和訳のテクニック」を紹介しています。 今日は、特別にこのブログをご覧になったあなただけに、公開 [続きを読む]
  • よく知っているのに注意する単語・・・enjoy。
  • 今日は、花金(花の金曜日)ですね。 英語にも、TGIF(Thank God, it's Friday!:やったぁ、金曜日だ!)という表現があります。 金曜日が楽しいのはどこも同じですね。 「楽しい」を英語で言うなら? と尋ねられたら、あなたはenjoyを思い浮かべるかもしれませんね。Please enjoy yourself.(楽しんでね)と言ったりします。 ただし! いつでもどこでも「楽しむ」と訳せばよいとは限りません。&n [続きを読む]
  • これは、なんでしょう?
  • こんばんは。今回は、翻訳とはあまり関係ない話題です。すみません。 突然ですが、これ、何かわかりますか? これ、実は当社から歩いて2分ほどのところにある教会の「鐘」なのです。上のほうにある3つの鐘が順番に鳴ります。 毎日、正午と夕方の6時にカーン♪ カーン♪ と鐘の音が聞こえてきます。 でも、時々、正午でも夕方の6時でもないのに、鐘の音が聞こえてくることがあります。その時は [続きを読む]
  • addressの意外な訳語
  • 先日、翻訳用の英文原稿を見ていたら、addressという単語が出てきました。 addressというと、あなたはどんな訳語が浮かびますか? 住所? ですよねー。 名詞として使われていれば、その可能性が高いのですが、その英文原稿では、addressが動詞として使われていたのです。 原文とは違いますが、簡単に言えば、We should address a business issue.というような使われ方です。 これ [続きを読む]
  • トランプ氏に当確!
  • アメリカ大統領選で、トランプ氏に当確が出ました。先ほど(日本時間の9日、16:50頃)、ヒラリー・クリントンさんがトランプさんに敗北を電話で伝えたとの報道が流れました。個人的には、女性初の大統領というのも見てみたかった気はしますが、トランプさんの大胆さが期待されたのかもしれません。 一方、日本の反応はと言えば、今日の東京株式市場は、トランプ氏「優勢」を受けて、日経平均株価が、一時、1000 [続きを読む]