妻有の自遊人 さん プロフィール

  •  
妻有の自遊人さん: 越後妻有からの発信
ハンドル名妻有の自遊人 さん
ブログタイトル越後妻有からの発信
ブログURLhttp://echigotsumari.blog95.fc2.com/
サイト紹介文新潟県の妻有地域、十日町・川西・松代・松之山・中里・津南の情報
自由文「妻有(つまり)」の温泉、美味、自然、アートなどを日々の生活の中で感じたことを綴って行こうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/07/01 22:15

妻有の自遊人 さんのブログ記事

  • 儀明の棚田
  • 儀明(ぎみょう)の棚田周辺は現在カメラマンでごった返して(!?)います。近頃はクチコミや写真雑誌に紹介されるとどこの写真スポットも三脚でいっぱいになります。以前は静かな場所だったのになぁ、とため息が出そうになります。そんな自分もスポットに出かけていけば地元の人もこんな同じようなことをつぶやいているかも知れませんね。写真人口が増えた原因はやっぱりリタイアした人が増え、その後の趣味として一番手頃な所かも知 [続きを読む]
  • 新緑あざやか美人林
  • 先日訪れて以来1週間。林の中の残雪はすっかり消え新緑がまぶしいくらいにあざやかになりました。足元は秋に落葉した葉っぱが折り重なってフカフカの状態で心地よい感触です。雪解け水が池いっぱいに湛えられて土手を乗り越えんばかりです。池の中は風で吹き飛ばされた落葉が風紋を描いて何とも絶妙な景色となっています。これからはさらに暖かくなり、日を追うごとに観光客が訪れて林の中はにぎやかさを増していくことと思います [続きを読む]
  • 野菜が食べ頃
  • 秋に庭の片隅に植えた野菜がようやく食べられるようになりました。  3月菜とサニーレタスは一冬雪に埋もれて、現在は日ごとに成長を続け食卓を賑わせて(!?)います。サニーレタスは成長も早く誰でも簡単に栽培ができるのがいいですね。畑とプランター栽培をやってみました。今はサラダになくてはならない存在となっています。朝方に採ってから新鮮なうちにすぐ食べられるのがいいですね。楽しませてくれた桜もそろそろ散り始めて [続きを読む]
  • 美 人 林
  • 美人林はようやく芽を吹き、新緑が5分くらいに葉っぱを広げています。今年は雪消えが速く、あと1、2日ですべてなくなってしまうでしょう。駐車場の脇の桜とブナの新緑との色鮮やかな調和が目を楽しませてくれます。駐車場には県外ナンバーの車が数台止まっていたので話しかけたところ、2日もシャッターチャンスをねらっているとのこと。なかなか気候が思うようになってくれないようでした。自分の思うような写真を撮りたいため [続きを読む]
  • サクラ サク
  • ようやく気温が上がり、暖かくなってきました。これを待っていたかのように庭の桜が満開になりました。一本は樹齢40年余、もう一本は幹周り20?くらいのものを植えてから10年余になりました。大きくなって道路に張り出したため、幾度か枝を剪定して現在もしっかりと毎年花を咲かせています。やはり花は桜が一番ですねぇ。気持ちをウキウキさせてくれる花です。明日は気温が下がり、花冷えになりそうです。 [続きを読む]
  • 寒いですねぇ!
  • 夏を思わせるような暖かい日が続いたかと思うと、一転して急に寒くなりました。今日は雨がしとしと降り、気温は6℃です。多分、高い山の上では雪になっていることと思います。2日前にようやく雪が消え、ネコの額ほどの庭の畑は耕すことができるようになりました。秋に畑の隅に植えておいた菜っぱもすくすく伸びています。ここのところ野菜類が高騰しているので食べられるのを首を長くして待っています。   庭に2本ある桜の木 [続きを読む]
  • カタクリ咲く六万騎山
  • 毎日初夏、と言うより夏を思わせる暖かい日が続いています。今、カタクりが満開の六万騎山(321m)に散歩に出かけてきました。登り口から山頂までの高低差は180mくらいのちょうど良い散歩コースです。山全体がカタクリの群生地で、この時期になると花を愛でるハイカーで道はいっぱいになるほどです。幸い今日はウイークデーでハイカーもチラホラ、ゆっくりと楽しむことができました。                       [続きを読む]
  •  雪下ニンジン
  • 津南の台地では積雪はまだ1メートルくらいあるでしょうか!?3月中旬頃になると、一面雪の畑を機械で除雪をすると、ニンジン畑が現れます。除雪後のいい天気が続き乾いた畑では今が採取の最盛期です。でも、周りは高い雪の壁です。この雪下ニンジンは秋に収穫しないで一冬じっくりと雪の下で熟成させるのです。このことによってニンジン独特のえぐみや臭みがなくなって甘さが一段と増すようになると言うことです。話を聞くところに [続きを読む]
  • 満開の箕郷梅林
  • 和歌山県に次いで、全国2番目の梅の生産地として名高い群馬県の三大梅林の一つ、箕郷梅林に行ってきました。高崎市郊外の標高190m〜340mのなだらかな山一面に梅の木が植えられています。まさに見渡す限りの梅の山と言っても過言ではないでしょう。梅林の中では養蜂家が蜜を採取していました。梅から採取した蜜は今まで食べたことはないんですが、味はどうなんでしょうか?ずっと以前に ”みさと梅マラソン”に出場して、そ [続きを読む]
  • 坂戸山  マンサク咲く春の山
  • 絶好の暖かく快晴の日となりました。雲一つ出ていません。今日は全国的に晴れみたいですね。山の上から眺める景色は爽快です。南魚沼市の坂戸山(634m)に散歩(?)に行ってきました。        中腹から魚野川、市街を見下ろす登山口の鳥坂神社から2時間くらいで往復できます。地元の人たちにはトレーニングの格好の場所となっているみたいです!?中腹で追い抜いて行ったと思ったらもう下りてきました。頂上には2、3人く [続きを読む]
  • 福寿草の里
  • 昨日の荒船山の帰り道、あまりにもきれいだったのでちょっと寄り道をしてきました。地域全体が一気にパッと明るくなったような雰囲気に包まれて、今まさに春はここしかないと言わんばかりに咲き誇っている様は見事でした。 福寿草をここまで広範囲に植え付けをしたことは大変な労力だったと地域の年配は話していました。そこに植えられた紅梅は今が最盛期で、白梅の満開はもうちょっとという所ですが、この三者の織りなす様は春爛 [続きを読む]
  • 荒船山 登り初め
  • 今年の登り初めは群馬県下仁田町からの荒船山(経塚山1,423m)に暖かい天気のいい今日行ってきました。岩崎元郎著 「新日本百名山」 の中に出てくるこの山に興味を引かれたことと、今年最初の山であることなどを勘案したら足慣らしに程よい山では、と思い日帰り行程でユッタリと歩いてきました。 登山口の内山峠に行く道中から眺める荒船山は、航空母艦を思わせるように上が平らになっていて右端の艫(とも)岩は垂直の断崖であ [続きを読む]
  • まつだい冬の陣
  • 春を呼ぶ松代地域の一大イベント ”越後まつだい冬の陣” が暖かい穏やかな日和の中行われました。 約3?の雪中を松代城を目指し、一番乗りを競うレースです。道のない雪の中、途中の障害をいくつも乗り越えていかなければならない、まさに鉄人レースといえるようです。県内、県外老若男女500人くらいが参加しました。盛んな声援の中、70才台の年配の人も元気に障害を乗り越えて目の前を通り過ぎていきました。毎回このイ [続きを読む]
  • 春めいてきた日 Ⅱ
  • 3月に入ったら天気は穏やかになり、気温が上がり雪消えが進んでいます。1週間前のかすんでボーっとした八海山の風景は今はくっきりと見えています。真っ青な空を突くようにそびえ立つ雄姿を眺めていると飽きることがありません。♪〜春色の汽車に乗ってぇ・・・・・とはまだまだいきませんが、そんな日が来るのもそう遠くはなさそうです。 [続きを読む]
  • 雪 晒 し
  • 今日はいい天気になりました。日中、気温はぐんぐん上がって14℃くらいまでになり、3月初旬とは思えないくらい暖かくなりました。こんないい天気の今頃の風物詩といったら塩沢の越後上布の雪晒しでしょう。よく晴れた2月下旬から3月の中旬あたりまでの日中に1週間くらい雪の上に晒します。この雪晒しは、雪が融けるとき蒸発した水分に強い紫外線が当たることでオゾンが発生してシミを除いたり漂白する働きがあるということで [続きを読む]
  • 魚沼コシヒカリ  ランク落ち
  • 米の最高級ブランドとして知られている「魚沼コシヒカリ」が最高評価の”特A”からついにランク落ちしてしまいました。食味ランキングは特AからB’まで5段階評価されています。このランキングが設定されて以来今までずっと特Aを守りつづけてきた唯一の銘柄でした。それが初めてAにワンランク落ちてしまいました。魚沼コシヒカリの食味が落ちたのではなく、ほかの銘柄の食味が一段と向上したのでは!? とも思われるのですが・ [続きを読む]
  • 春めいてきた日
  • 2月もいよいよ今日で終わりですね。つい先日までのあのものすごい雪降りもようやく終わったようで、ここのところ暖かい日和が続いています。でもまだまだ積雪は180?はあるんではないでしょうか!?今日は気温が8℃くらいまで一気に上がって視界は春霞がかかったような景色となりました。       〈かすんだ八海山を背に走るほくほく線〉明日からは3月。辺り一面は雪一色ですが、一日一日と春に近づいて来るような気配 [続きを読む]
  • 雪まつり 芸術作品
  • 第69回十日町雪まつりが2月16日〜18日の間開催されています。昭和25年に第1回が開催されて以来69回目を迎え、年々雪の芸術作品は力作が増えているように思います。雪まつりでも、札幌の雪の作品は自衛隊の機械力によって作製されていますが、十日町の雪の作品は市民の手づくりによって芸術性の高い作品となっているのが特徴です。今年の雪の芸術作品、「市長賞」2点は昨年に続き連続で受賞しました。察するに、この制 [続きを読む]
  • 秋山郷の隠れ湯
  • 天気もいいし道が心配なさそうなので真冬の秋山郷へ足を延ばしてみました。鳥甲山が真っ白い雪をかぶって悠然と目の前に迫ってきます。こんな山が望める山奥の集落から少し離れた1軒屋で屋根の雪堀りをしていた年配の女性に訊いたところ、今年はそんなに積雪は多くないということ。ほんとに道路脇の雪の壁がそんなに高くないみたいです。それにしても2m以上の積雪はあるでしょう。ずっと以前から気になっていた鳥甲山が眼前に望 [続きを読む]
  • いい天気が続きました
  • 大雪の後は31日から5日間雪はぴったり止み、暖かいいい天気が続きました。魚沼の山々は久しぶりに山頂までくっきりと姿を現し、陽に照らされキラキラ輝いています。                巻 機 山                八 海 山こんな日は今日までのようです。明日から寒波がまた襲来しそうです。季節はもう2月。そんなに心配はないような気がするんですが・・・・・・・・。 [続きを読む]
  • 降り続きます!
  • なかなか降り止みません。今週は降りっぱなしでした。等圧線は冬型の気圧配置が続きます。今日も終日降り続く予報ですが、明日頃には少しゆるむんでしょうか!?もう勘弁してもらいたいです。玄関の前の冬囲いはもう埋まってしまうくらい積もりました。この囲いの長さは3mはあるんですが・・・・・・・・・・・。こんなに降ると外出はどうしてもおっくうになるもんですね。雪見風呂なんてのんきなことは言っていられない気分です [続きを読む]
  • 南魚沼  野の花館
  • 石打ICを利用する際いつもこの前を通っているのについつい今まで入ることがなかった外山康雄 野の花館でした。天気もいいし、少しのんびりとしていこうかなとのぞいてみました。中の造りは旧家を移築し、黒く太い梁などがいかにも雪国らしく館内の展示物にマッチしたものとなっていました。地域の山野草の原画が所狭しと並べられ、実物も傍らに添えられているところが特徴となっています。  落ち着いた雰囲気の館内ではコーヒー [続きを読む]
  • 朝の風景
  • 今朝は冷えましたねぇ。大寒ですね。放射冷却現象で信濃川の川面から上がる水蒸気が霧となって辺り一面をおおい尽くしました。高気圧が日本全国を覆っているみたいです。霧が晴れるに従って、一面真っ青な空が広がって来ています。現在の積雪は1mくらい。少ないっ!   ・・・・・   です。 ちょっと物足りない?いえ、いえ、そんなことは決してありません。 [続きを読む]
  • 雪見風呂  ゆくら妻有
  • 真冬にこんな暖かい日はめったにないでしょう。それに、ここの所雪も降らないし、積雪は日々下がっています。どうなっているんでしょうか!?このあとまたドカッとくること間違い無しです。まだまだ本格的な冬はこれからですからね。ゆくら妻有の玄関の寒暖計は7℃まであがっています。露天風呂では寒さを感じません。泉温は43.7℃。源泉をそのまま流し込んでいます。雪が降る寒い日は暖かさを感じるんでしょうが、今日みたい [続きを読む]
  • ツアーガイド記 Ⅱ
  • 今回のツアーガイドは雪がいったんおさまった天気のいい日で歩く足取りも快調でしたね。雪が降っていたり、吹雪いている日には何かと気を遣います。ツアーに参加する年齢層は比較的上の方々が多いこともあるし、雪の降らない所からの方々であるので目配り、気配りが欠かせません。ある時、雪がかぶっている道路脇の流雪溝に足を踏み外した方がいた時には冷や汗をかきました。その時は無事でした。なんにせ最後まで怪我なく安全にツ [続きを読む]