ヤス さん プロフィール

  •  
ヤスさん: リフトアップ石垣島エコツアーOpen Place 2
ハンドル名ヤス さん
ブログタイトルリフトアップ石垣島エコツアーOpen Place 2
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/lift-up001
サイト紹介文沖縄県石垣島のブログ!元雑誌カメラマンで現在エコツアーガイド・ヤスのサイト。ウミガメもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2007/07/03 13:02

ヤス さんのブログ記事

  • 肺呼吸する、カラマツガイの仲間
  • ほぼ日本中どこにでもいるカラマツガイ科の仲間です。この貝も先日のヒザラガイやマツバガイなんかと同じで「帰家習性」を持っています。夜間などに岩肌に付いてる藻を石灰岩ごと削り取って食べ、朝方帰ります。さらに凄いのがこの貝はエラ呼吸じゃなくて肺呼吸!下... [続きを読む]
  • ウミケムシ
  • ウミケムシ(ウミケムシ科)を知っていますか?暖かい海が好きなので北部にお住まいの方はあまり耳にしないでしょうが、だんだんと北上して行ってます。ゴカイに近い仲間で刺されると物凄く痛く、後日激しい痒みが数週間続きます。毒成分は炭素が鎖状につながった構... [続きを読む]
  • ヒザラガイ
  • 今回はヒザラガイ(沖縄方言でクジマ、奄美などではクンマー)です。同定は出来ませんでしたが、リュウキュウヒザラガイかオニヒザラガイでしょう。多板綱と言うよりヒザラガイ類でクサズリガイ科で良いんだと思います。 石垣に何種類いるか分かりませんが日本全体で... [続きを読む]
  • ヒメジャコ
  • 石垣島に来れば誰でも素人でも簡単に見れるヒメジャコです。ツアーなんかに参加しなくても干潮時の海に行けば見れます。青い色や緑色のキレイな貝ですが、食べる事も出来て海水もキレイにしてくれて言う事無いですね。昔は映画なんかで美女がオオジャコに足を挟まれ... [続きを読む]
  • ウデフリクモヒトデ
  • 石垣島で干潮時の海に出ると当たり前のように見る事の出来る、ウデフリクモヒトデ(フサクモヒトデ科)です。色のパターンは色々あって適当。名前の通り腕を振ってデトライタス(デトリタス、微細な有機物粒子)を口に運んで食べたり、死体なんかがあっても食べてま... [続きを読む]
  • ヒメイワオウギガニ?
  • 赤目なのでイワオウギガニかな?と思ったんですが、ガラがヒメイワオウギガニ(オウギガニ科)なんですよね。取り合えずこっちにしておきます。オウギガニの仲間なので凄い毒を持っています。まぁこのカニを食べようって人はいないかも知れないけど、出汁を出すくら... [続きを読む]
  • AN-M64(250?爆弾)
  • 戦時中に石垣島に落とされたアメリカ製AN-M64(500ポンド、通称250Kg爆弾)です。先日も書いたように旧石垣島空港は戦時中は旧海軍石垣島南(平得)飛行場として使われていた場所。新空港が出来てから跡地は新八重山病院などを建てる為、建設前に不発弾調査などをしま... [続きを読む]
  • オカガニの放生
  • 先日行けなかった山中の戦跡を撮りに行こうと2日にわたって山に入っていたんですが、両日とも台風7号の影響で雨に降られ諦めました。行こうとしてた場所は戦時中の避難場所で、そういう場所は飲み水が得やすいと言う事で、大抵川の側にあり今回も沢沿いを上がって... [続きを読む]
  • この時期は戦跡巡り3
  • 当日の状況で行けなかったポイントに、後から行って撮影してきたので先にそちらを紹介します。画像で見て分かるようにこんな何でもない道路の斜面林の中に戦時中の壕があります。知らないと絶対に分からないでしょうね。知ってても見落としそう。道路横面にある... [続きを読む]
  • この時期は戦跡巡り2
  • 前回の続きとして間にバンナ岳の壕が入るんですが、ちゃんと撮れてないので屋良部半島にある「電信屋(でんしんやー)」を紹介します。電信屋とは明治時代に造られた、日本から台湾への軍事用の通信線を繋いでいた中継地の建物の事です。戦時中、通信施設を破壊... [続きを読む]
  • この時期は戦跡巡り
  • 今年も「慰霊の日(沖縄戦の組織的戦闘が終結した6月23日)」に沖縄県では色々な催し物がありました。そして石垣島も毎年この時期に「戦跡巡り」を行います。今回はオイラがまだ行った事の無い場所が1ヶ所と10年以上行ってない場所が1ヶ所含まれています。ま... [続きを読む]
  • キシノウエトカゲ
  • 国天然記念物のキシノウエトカゲ(トカゲ科、絶滅危惧種)です。時々見かけるんですが素早く、普段持ってるポケデジではなかなか大きく撮れないので久しぶりの掲載です。日本最大のトカゲで先島諸島にしかいない固有種です。40センチくらいになるんですが、寸胴なの... [続きを読む]
  • ツルグミの花
  • ツルグミ(グミ科)の花です。強烈な匂いで近くを通ると必ず気付くくらいです。4月ごろに実が付くんですが食べ逃してしまいました(笑)。最近話題の「西郷どん」で西郷さんが島流しにあった奄美大島では「クビ木」と言うそうです。このクビ木をお茶にして飲む「ク... [続きを読む]
  • 八重山琉米文化会館
  • 「琉米文化会館」って聞いて事ありますか? 1952年7月、琉球政府創立まもなく、琉球列島米国民政府情報教育部の一機関として戦後米軍の統治下にあった沖縄・奄美で本島、宮古、石垣、奄美に5ヶ所(琉米親善センターも入れれば8ヶ所?)が設置されました。が... [続きを読む]
  • 三つ目
  • 海岸トレッキング中にとぐろを巻いたウミヘビを見つけました。全然動かないし色が濃くなって種類も見分けがつきません。わずかに尾のヒレの部分に縦縞が見えるくらいです。石垣島で海ヘビは珍しくもありませんが、こういう感じのは初めてで、かなり暑い日だったので... [続きを読む]
  • 今回は、ハラブチ君です。
  • カエルに成り立てシリーズですが、今回はハラブチガエル(アカアゲル科)です。大きさは1Cmくらいあるかないかの小さい体です。すぐ側で成熟したハラブチ君が「コッコッコッコッ?コッ」と鳴いています。ハラブチ君の特徴は鼻先下からの色の違いです。個体差はあ... [続きを読む]
  • コブナナフシのオス
  • この画像、何だかわかりますか? 過去に出したクイズに比べたら全然難しくないですね。数年ぶりに見たコブナナフシ(コブナナフシ科、4Cmくらい)のオスです。この時はチョッと触らして貰い、揃えていた触覚や前脚を曲げて貰ったので分かりやすいでしょ? 良く... [続きを読む]
  • 凝灰岩の中の水晶
  • 海岸トレッキングのツアーでお見せする物の一つに凝灰岩の中に埋もれた晶洞があります。晶洞と言うのは岩石の中に出来た空洞で、中に水晶などが出来ています。周囲の岩石と同じ鉱物、生成過程で出来た結晶が出来ているのを同質晶洞(Druse ドルーゼ)、違う場合は異... [続きを読む]