ハナノ さん プロフィール

  •  
ハナノさん: ハナノの関節人形
ハンドル名ハナノ さん
ブログタイトルハナノの関節人形
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/supersculpey001
サイト紹介文自作の関節人形の制作記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2007/07/07 17:51

ハナノ さんのブログ記事

  • なつやすみの工作 2018
  • ※人形と全然関係ないです。ウチで猫を飼わなくなってもうずいぶんになります。前の猫のことを思ってなんとなく積極的に新しい子を迎え入れる気になれなかったり、次に飼ったとしてきちんと最後まで飼いきれる(自分の体力その他の)自信がなかったりしつつ、でもあふれ出て止まらない「猫になにかしたい欲」を持て余していました。「なにかしてあげたい」「してあげる」みたいな、自己満足をふんわりと柔らかい言葉で取り繕いたく [続きを読む]
  • バナナ人間と顔の分割
  • まぶたを作るために、目玉を裏から出し入れしたくて顔面を前後に分割しました。分割&裏から目玉を取り出せる隙間を確保して、目玉を裏側から支える受けを作って・・・(この時点で左まぶたが壊れてしまいましたが気にしません)おでこに模型用の小型ネオジム磁石を埋設。どうせだったらこの子の可動や接続に絡むこと全てに磁力を使ってみたい。荒取りや面出しの工程で、墨入れには鉛筆やシャープペンシルを使っていましたが、見え [続きを読む]
  • めんだし めんとり
  • 多めにパテを盛ってゴツゴツしていたのを、パーツ形状や可動範囲を意識しながら面取りをしていきます。これから絞っていくのだから、今は太めに見えても大丈夫だからね、などと声をかけてみる。けどスタイル良く絞り込むつもりもあまりないのだけれど。可動範囲の広さも考えながら、形を決めていきます。磁石と鋼球の関節を使うにあたって思いついたアイデアもあり、今のうちに試してみたり。ざくざく削っているうちは、作業の跡が [続きを読む]
  • 型番違いの子
  • 同時進行でもうひとつ様子を変えたのも作ってみようと、簡易型取り。むぎゅっとお手軽。離型処理した関節球ごとポリパテをつめたので、球体のざっくりとした位置合わせも完了。腹部の関節をふたつに増やして、それに合わせて関節球のサイズを変えたり肉付きを変更したり。同一規格のバージョン違いとかそういうイメージ。鋼球が大きくなったり数が増えたりで、昔のライターみたいにみっしりとした重みがでてきました。生き物との重 [続きを読む]
  • 結局鋼球
  • 結局すべての関節を鋼球に置き換えました。砂鉄にもたまらない可能性を感じましたが、今回は磁石との相性優先で。砂鉄は、たぶん無垢の鋼球だと手に負えない重量になる時までお預けです。通販で取り寄せたサイズいろいろの鋼球たちはいっこずつ包装されていました。こういう隅々にまで人の手が(人力かどうかは知りませんが)いきとどいているのを見るとなんだか「うひー」という気分になってくる。軽めのゾクゾク感。こうなると各 [続きを読む]
  • 目の鉄球
  • 奥ゆきなどの位置関係を確認しておきたくて、目に鋼球をはめ直してみる。本当はもうひと回りくらい眼球が小さいのが正しいのだろうなあと思いながら、人形としてはこれくらい誇張してたくらいがちょうどいいのではとも思ってしまう。 [続きを読む]
  • 腹部関節球と腰幅
  • 股関節球に合わせて、腰幅を広げてみます。腹部関節球を真球にした関係でウエストが思い切りくびれてしまいます。関節を真球するという自分に課している制約と可動性を確保しようとすると、それらがプロポーションにも影響してきます。それをうまいことすり合わせていく作業自体には強い魅力を感じますし、自分にとっては球体関節人形を作る意味のひとつだとも思っているのですが、さて。ちょっとスタイル良すぎてしまうのではない [続きを読む]
  • お外で砂鉄集め
  • 人形制作のことを中心に綴るこのブログですが、今日は海です。こどものころからの馴染みの海岸。小学生の頃とかに見学だけはしていたけど、おとなになってから一度ちゃんと見ておきたいと思っていた「中国人殉難烈士慰霊碑」が近くにあります。天気がいいね。そんな海岸に今日は人形の素材を採りに来ました。そういえばここには以前も、人形の台座用に流木を拾いに来たりもしています。今日の目的は砂鉄です。100円ショップのネオ [続きを読む]
  • 股関節の磁石埋め
  • 股関節球の中に鋼球を埋めてみる実験。股関節球の受け側、腰のパーツ側にどういう配置で磁石を設置したらいいか。色々お試し。腹部独立関節球の磁石については、少々試してみたいことあり。日を見て実行してみたいと思う。 [続きを読む]
  • 首の関節球
  • 首にも、いつものように関節球の埋め込み。とりあえずなんとなくシンプルに頭と首のあいだにひとつ。あごが前に出すぎていたので調整。埋まってしまった首筋をざっくり再現。首が動くようになるとポージングで表情が出るようになって、仮組みのたびに発見があったり。 [続きを読む]
  • 腹部関節球の設置
  • 腹部に関節球を埋め込みます。今回はシンプルな独立関節球ひとつ。あんまり必要無さそうですが、股関節球の時と同様に念のために粗い型をとっておきます。腹巻きみたい。そういえばポリパテの硬化剤を買い足したのでした。いつもちょっと多めに硬化剤を混ぜてしまう癖で、過去にも何度か硬化剤だけ買い足しています。全体の量から見たらアレなのに結構なお値段で馬鹿馬鹿しいような気もしますが、硬化剤の残量が心許なくなってきた [続きを読む]
  • (たぶんいちばん)好きな作業
  • おしり。先の工程が待ちきれなくて、取り急ぎ要所だけ確定させて進めてしまう。念のため現状にざっくり復元できるようにポリパテで粗い型を保存。おしり型。ほどよき球体を見繕ってきて、股関節の受け側をリューターでざっくりと削る。どうせ何度も位置合わせすることになるので、この段階ではざっくりでじゅうぶん。尻の下部の曲面と球体のサイズが合わないようだ。あと2mm大きい球体がほしい。無ければ無かったでエッチングのカ [続きを読む]
  • たつ
  • 足先にも磁石を設置。磁石にくっつく床面でなら直立するようになりました。手に持って作業しているときと比べて、いろんな角度から見えて新鮮。目の調子がいい日におしり彫りたい。 [続きを読む]
  • 股関節球へ
  • 可動域、ポーズの保持性ともにおおむね満足。これを股関節にも取り入れるために、すみやかにお尻の形状を確定しなければならない。おしり。というか背中が格好良くなるといいなと思う。 [続きを読む]
  • 関節鉄球
  • 小さいネオジム磁石。関節球に見立てた鉄球の受けに仕込んでみました。膝には100円ショップで買ってみた比較的大きめのネオジム磁石を入れてみました。サイズにもよるのかもしれませんが、ひとつの関節にいくつかの方向から複数の磁石で固定する、あるいは磁石に軸を通してやることでより安定させられるかも。 [続きを読む]
  • 紫外線硬化樹脂あれこれ
  • 100円ショップで見つけた紫外線硬化樹脂。UVレジンとか呼ばれてたりもするらしいですね。ホワイトだそうです。さっそく型に流してみます。だいたいキレイに抜けたようです。ミルキーというほどではなく、スポーツ飲料くらいの白濁具合。専用の顔料を混ぜてみます。硬化失敗。顔料が多くて、紫外線が深部にまで行き渡らなかったのでしょうか。裏の説明書きにあった、顔料を少量ずつ足して調整するようにという指示はこれを心配して [続きを読む]
  • 義肢のイメージ
  • パワードスーツと動力つき義肢のあいだにあるようなものをイメージしてみる。「電力アシストつき自転車」程度の補助装置的な、介護業界や農家さんから期待されそうな類の。そして球体関節を備えたヒトに着せてみる実験。これが人形かどうかとか、この場ではあんまり重要ではないように感じている。旧式AIBOさんのサポート終了とかお葬式についてのことも考えてみる。実際どんなかな、どんな事情でこうなったかな、この子はどんな人 [続きを読む]
  • →ポリパテへ
  • サクサク彫ったり盛ったりして作業ペースが落ちてきたらさっさと見切りをつけて焼いちゃっておゆまるで包んで、型抜き完成。粘土原型からポリパテに移す際には、手軽さや繰り返し使いやすいことからおゆまるを使うことが増えた。精度は低いけど、それはあとで散々いじるから関係ないかなって。きれいに抜けました。すみやかに気泡埋め。 [続きを読む]
  • グレイスカルピーで背中
  • 前日からの続き。この段階だと、持ち道具はこれくらい。スパチュラ3本指代わり、爪代わりに側面を使うもの針として使うもの窪みをつけるときなどに球のついたもの刃物1本計測器具やケガキ道具としてディバイダー用途の狭い専用工具みたいなものを使い分けるより、この段階では作業への没入度を妨げないように守備範囲の広い道具を厳選して少数用意したほうが捗るように思います。道具を選んだり持ち替えている時間を惜しむ勢いで [続きを読む]
  • ひさしぶりのグレイスカルピー
  • 少なくとも5年以上まえに買っておいて未開封のまま放置していたグレイスカルピーを開封してみました。スカルピーなどの樹脂のオーブン粘土は、最初は硬そうでも盛り付けるぶんだけひとつまみくらいずつちぎれば指で揉んでいるうちに体温も移って扱いやすい柔らかさになったのだよな、などと使い勝手を思い出しながら試していきます。水粘土や石粉粘土みたいに一度に練ろうとしたら音を上げていたかもしれませんが、今回のは油も抜 [続きを読む]
  • ほお
  • 頬のラインを、目まぐるしく変えています。華奢な骨格に子供っぽさも残る柔らかさやシャープさとか、共存させるとどんな感じだろうとあれこれ試してみたり。ああでもないこうでもないと行ったり戻ったりする甘さだとか贅沢さだとかを噛み締めています。無駄に作業を積み重ねていくことでなにか蓄積されるものがあるといいのですが、どうだろう。ゆっくり味わいたい。こっちはこっちで、数工程遅れているのを追いかけるかたちで。そ [続きを読む]
  • プラ板の箱組み 特訓
  • プラ板遊びの基礎的な道具や資材が揃ったので、試しに遊んでいます。比較的単純な形で、元になる現物が手元にあって・・・とうことでジムさんの盾を自分好みにアレンジしてみることに。練習とはいえ、ひどすぎました。対象を観察する力も、形を理解する目も、形や大きさや角度を計測・記録する技術も、形をプラ板で再構築する造形力も足りていません。プラ板や接着剤、各工具の慣れも足りていません。悔しいので気を引き締めて再挑 [続きを読む]
  • プラバン遊び
  • タミヤのプラバンセット。厚さ1.2mmが1枚、0.5mmと0.3mmが2枚ずつ入っています。手元にはこれのほか1.0mmのタミヤのプラバン、100円ショップの0.2mmのプラバンがあって、これでひとまず一通り最低限のプラバン工作の資材は揃ったことになります。厚みの違いが伝わるでしょうか。このほか同じ素材の角材や、厚さ0.1mmのプラペーパーなど、必要に応じて便利な資材も。接着は模型少年にはおなじみのこの手の接着剤。流し込んだり溶か [続きを読む]
  • 近所の模型屋という場所
  • お散歩というものをするようになって、月に何度か顔をだすようになったお気に入りの場所。徒歩でお散歩の圏内にこういうお店があるんです。模型関連を中心とした玩具と、駄菓子の店。いわゆる、街の模型屋というと自分はこういうお店をイメージしてしまいます。雑然としていて、すごく落ち着くのです。ただ、ちょっと特別自慢に思ってしまうのは、その密度。外観からも中の様子が伝わるでしょうか。お店の人にお願いして中も撮影さ [続きを読む]
  • いちあわせ
  • 左右の目の大きさと位置、奥行きなどを合わせていきます。私はこの作業が苦手で、同じ頭部で何度も繰り返し位置直しをしているわけですが、今度はようやく揃いそうです。よかった。 [続きを読む]