ヒゲジジイ さん プロフィール

  •  
ヒゲジジイさん: 山口県下関市の漢方薬局『村田漢方堂薬局』の近況報告
ハンドル名ヒゲジジイ さん
ブログタイトル山口県下関市の漢方薬局『村田漢方堂薬局』の近況報告
ブログURLhttp://murata-kanpo.seesaa.net/
サイト紹介文各種慢性疾患や難治性疾患の漢方相談および悪性腫瘍・進行癌・ステージ4の転移癌の漢方サポート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2007/07/08 16:33

ヒゲジジイ さんのブログ記事

  • 肩こり、首凝り、背中の凝りに腰痛など、痛みのオンパレード
  • 2009年11月23日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ 若いころには、お年寄りたちが、あっちが痛い、こっちが痛いと訴えるのを聞きながら、年を取ると何と堪え性がなくなるものよと、やや呆れ気味だったのが正直なところ。 実際に自身がその年齢に達してみると(若いころと同様な仕事量をこなすのに負担がかかり過ぎたのも一因だろうが)、昨今はタイトルのような様々な痛みに悩まされること2週間。 休日の本日、 [続きを読む]
  • 煮え切らない男たち
  • 2008年11月21日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母 世間を騒がせている相撲協会。なんとも煮え切れない男たち。大きいのは図体ばかりで、蚤の心臓の持ち主ばかりなのかっ!?  かたや女性議員の中には、不倫をあれだけ疑われた弁護士の男を顧問に据えるなど、不遜な居直り女議員を少しは見習えばよい。 どいつもこいつも、どうせ人間なんて、救いようのない最低の動物なのだから、いまさらながら、高貴な猫 [続きを読む]
  • 経過良好の人達からの紹介
  • 2009年11月20日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ いい加減な人たちからの紹介ではなく、実際に経過のよい人達からの紹介だから、無下にお断りするわけにはいかない。 しかも、その多くは逆に紹介を依頼されたというので、だから本気の人達ばかり。 また、ずいぶん昔に来られていた人たちが、久しぶりに昔とは異なった慢性疾患で漢方相談に来られることもしばしばだが、数十年ぶりの人達の場合、お互いに歳を取 [続きを読む]
  • 明日の早朝、4時半には起床しなければならない!
  • 2010年11月14日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ 就寝後、朝の起床までに、トイレの回数はおおよそ0〜1回程度。2回のトイレということは滅多にない。 明日の早朝の4時45分のキックオフで、日本代表が世界5位のベルギー代表に親善試合で挑戦する。サッカーである。 大学では硬式野球部に所属してピッチャーを目指していたことがあるが、プロ野球観戦にはまったく興味はない。野球はするもので、見るもの [続きを読む]
  • 中医漢方薬学の優れた点は
  • 2009年11月13日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ボクチンの母 どんなに頑固な慢性疾患であっても、たとえ西洋医学的に病名が特定できない場合でも、丹念な弁証論治を行えば、ほとんどの場合、一定の効果を発揮して、少なくとも現状よりも好転させることができること。 漢方医学と中医学を合体させた中医漢方薬学の、これが優れた点である。 ブログの更新をさぼっていると、心配される人がおられるので、しぶしぶ書いてみ [続きを読む]
  • 重度の寝違え(激しい首こり)の原因は、恥ずかしながら恐らく
  • 2009年11月10日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ DAZNでヨーロッパのサッカー観戦が自由に見れるのは幸いだが、ノートPCでの観戦は面白くないので、先月になって、安価な(598円) HDMIケーブルをテレビとつぐことで大画面で観戦できるようになった。 すると、直ぐにエスカレートして、wowowオンデマンドで洋画まで観るようになった。 日々の仕事で疲れ切っている日でも、サッカー観戦と映画鑑賞に、とりわけ [続きを読む]
  • 逆流性食道炎に対する漢方薬
  • 2008年11月01日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母 ここ数年以上、病院で逆流性食道炎という診断が下ったという人が目立つ。中にはまったく無症状であるのに、そのような診断が下ったと言って心配される人もいる。健康に対する意識がやや過剰気味な人たちで、頻繁に受診して諸検査を受けたがる人に多い。 それとは逆に、実際に逆流性食道炎の症状に苦しみ、受診したものの西洋医学治療ではまったく効果がなく、 [続きを読む]
  • 悪性腫瘍の再発問題
  • 2010年10月29日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ 同じ再発でも、手術後にしばらくして手術の傷跡などから再発する場合と、手術後の転移癌、あるいは手術不能で既に転移が生じていた場合でも、漢方サポートを併用しながら西洋医学治療後に一旦消滅したものが再発した場合。 前者の場合、肺腺癌の再発を強く疑われた人、大腸癌の再発を強く疑われた人、肝内胆管癌の再発が強く疑われた人、いずれも経過観察中に強 [続きを読む]
  • 腹膜播種による腹水のご相談
  • 2010年10月25日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)【 年 代 】:40〜49歳の女性【 職 業 】:自営業・フリーランス【 お問い合せ内容 】: 現在苦しんでいるのは、私の主人です。ですので、お返事をいただけないのはわかっています。でも何かにすがりたい。 主人は、4?歳。 1年3月前に、癌の診断を受けました。神経内分泌癌 [続きを読む]
  • 先週の土曜日から本日午前中までかかった電話機やモニターの入れ替え
  • 2011年10月24日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母 書庫を含めた店舗と自宅の3軒に繋がる電話機6台+子機1台、玄関や店舗の荷物搬入口など複数のモニター合計?台。 先週の土曜日の閉店後の午後2時から午後7時になっても終わらない。各所のモニター設置にてこずり、本日の午前中でようやく終わった。 玄関や店舗の荷物搬入口など各要所要所に配置したモニターは、テレビ画像に近いくらい鮮明なカラー画像 [続きを読む]
  • 暴走する無謀運転者を高速隊の警察官が検挙してみると・・・
  • 2008年10月19日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ 数十年前の話だが、友人の警察官がしばらく高速道路における高速隊に所属して勤務していた頃、暴走する無謀運転者を検挙してみると、そのほとんどが虫も殺さぬような優男(やさおとこ)、要するに弱々しい男性ばかりだったという。 心身ともに豪傑肌だった友人の警察官は、ほんとうに不思議がっていたが、昨今はどのようであるか、誰も高速隊に所属する人がいな [続きを読む]
  • ペットロスが蔓延する原因は、ほかでもない・・・
  • 2009年10月18日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母 中世を過ぎて、近世、近代も過ぎて、戦前、戦後も過ぎて、現代社会になっても、相変わらず人間という醜い動物の悪業は減るどころか、種類を変えてますまず多彩になっている。 卑近なところでは、普通の人でもいったんハンドルを握ると、あおり運転など、悪魔に豹変する人達。 人間は最も信用ならない悪魔の動物であるから、純真な猫や犬たちにしか心を許せな [続きを読む]
  • 専門書籍の、うっかり二重買い『寝ころんで読む傷寒論 温熱論』(入江祥史著)
  • 2009年10月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ 先日、「漢方1日1歩のブログ」という、匿名のお医者さんによるブログを拝見していたところ、タイトルにあげた書籍が紹介されていた。 面白そうだから、復習の意味で買っておこうと、さっそく入手して、目次から気になる項目を拾い読み。 ずいぶんお世話になった「葉天士『温熱論』」のところを読んでいたら、 この「温熱論」は葉天士の直筆ではない。 今も [続きを読む]
  • はたして励ましになったかどうか?
  • 2009年10月13日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ 昨今は、ブログに難治性疾患や、不妊相談ばかりでなく、転移癌や進行癌に対して、漢方薬による嬉しい報告例を自慢げに書いていると、過剰な宣伝効果となってもヤバいので、それでなくとも仕事が増えるばかりだから、あまり自慢話は書かないように気を付けている(苦笑。 先日の連休前の土曜日まで、暇な日もないではなかったが、日によってはあまりに仕事量が多 [続きを読む]
  • もう滅多に感動しなくなったヒゲジジイでも
  • 2012年10月9日の病が長引いていた茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ しばらくシーサーブログ全体がダウンしていたが、ようやく回復したところで、その間にあった出来事。 先日の北陸地方の常連さんが案内してくれた複数のユーチューブの講演動画。 少々のことでは「当然のこと」として、感動しやすい愚妻とは異なって、拝見する前からそのように嘯いていたヒゲジジイだったが、28歳の我那覇真子さんの講演だけ [続きを読む]
  • ヒゲジジイは、日本国民ではあっても、断じて「市民」ではない、らしい
  • 2010年10月4日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母 市民連合や市民運動など、テレビ報道では声高に市民、市民と、市民は左翼思想の塊のように連呼されているようだが、とすると、ヒゲジジイなどは、断じて市民ではないことになる。 日本国民ではあっても、市民ではないというと、下関市民ではないということか? それなのに長年、多額?の市民税を納めているのだが、なんのための市民税なのだろう? 市民運動 [続きを読む]