スーさんです さん プロフィール

  •  
スーさんですさん: アトリエバラ美術教室・スタッフのメモ
ハンドル名スーさんです さん
ブログタイトルアトリエバラ美術教室・スタッフのメモ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/s_e78_art_blog
サイト紹介文昨年で教室も開塾30周年を向かえ絵画の基礎であるデッサンを通して物の見方を考えて行きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/07/09 20:25

スーさんです さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 生徒作品
  • 昨日から一挙に寒くなりましたね。生徒さんたちの中でも風邪が流行っています。つけてください。山口さんのフェルメール間も無く終了。新人の生徒さん3名が取り組んでいる、リンゴの立体造形のデッサンも間も無く終了になります。毎回書きますが本当に生徒さんたちのなんども挫折して這い上がっていく努力には脱帽します。一作一作自分の力で完成させてゆく喜びを私たち指導者も喜んでもらっています。 [続きを読む]
  • 製作過程
  • まだまだ展覧会に出品するのにはいまひとつといったところです、指導していている方も五里霧中というところです。桜井さんもだいぶ画力をつけ、上野の美術館の展覧会などには入選していますが、まだまだプロの登竜門の展覧会にはまだまだ努力あるのみです。教室ではデッサンが終わり、静物画を二点そして3作目はフェルメールの模写になりますが山口さんも入会して3年で挫折を経験しながら自分の技法を習得し始めました。間も無くひ [続きを読む]
  • 死生観
  • 昨日は午前中から我が家で入会している互助会が主催する終活の話が一時間、その後法事に出すお料理が五千円の料理を五百円で試食というイベントに出かけてきました。もちろん食事が目当てですが・・笑今はやりの終活の今日の話の内容や食事の内容はさておき、本当に終活とは何かというテーマで私は10年考えてきました。もう少し細かく言えば死生観を考え始めたのは今から30年前に私が最初に上毛新聞社出版局から出版した本「出会い [続きを読む]
  • 通信教育
  • 先ほど新居さんからFaceTimeにiPhoneで撮った展覧会の下絵の描き始めで迷っているというクロッキー帳のデーターが添付されてきましたが思っていた以上にクリアーなデータ。彼女に撮ってもプロの登竜門の一つの展覧会にチャレンジするわけですから最低製作には二年以上はかかります。新居さんも入会して5年、ちょっといきなりハードルの高い展覧会に応募するのも考えたのですが、非常に頑張り屋さんなので、肩を押して見ました・笑 [続きを読む]
  • 教室に入会して桜の時期に一度日本画の技法を取り入れた「桜」をモチーフに勉強します。今年は三名。二日前の教室で一作完成しました。 [続きを読む]
  • 加山又造作品展示
  • 私の尊敬する作家の一人、「加山又造」1988年 作「撫子」木版画アトリエバラ美術教室の下の二階にある「kitchenきょうとうのギャラリに展示して2ヶ月が経ちました。生徒さんたちにも巨匠の作品をまじかに見ることにより自分の進む方向性を見出してもらえれば、素晴らしいことです。展覧会とはどうしても会場に行き一瞬で終わってしまいますが、二階のお店「お好み焼き響陶」が五年前よりギャセリーを併設した「kitchenきょうとう」 [続きを読む]
  • 今年初めての作品投稿です。
  • 昨日の教室で円柱から最後の球体までの相関体五つを仕上げて石膏の足と手を勉強して一応鉛筆デッサンは終わりです。伊勢崎からかよつてくる藤倉さんも現役のデザイナー美大では油絵を描いて田舎つたので基礎のデッサンから・・(生徒さんの半数以上は市内ではなく30分から1時間かけて通って見えています)現在も現役グラフィクデザイナ三名(美大卒)の人たちもやはりデッサンを復習で描かせると一年と少しで油絵の入門にたどり着 [続きを読む]
  • 今年初めての作品投稿です。
  • 昨日の教室で円柱から最後の球体までの相関体五つを仕上げて石膏の足と手を勉強して一応鉛筆デッサンは終わりです。伊勢崎からかよつてくる藤倉さんも現役のデザイナー美大では油絵を描いて田舎つたので基礎のデッサンから・・(生徒さんの半数以上は市内ではなく30分から1時間かけて通って見えています)現在も現役グラフィクデザイナ三名(美大卒)の人たちもやはりデッサンを復習で描かせると一年と少しで油絵の入門にたどり着 [続きを読む]
  • まもなく模写終了です。
  • 油絵三作目のフェルメールの模写の制作途中です。まもなく終了して四作目の模写、そして油彩の最後のレッスン課題となるエリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランで最後とになります。五つの相貫体のデッサンから始まり石膏像デッサン・日本画の勉強・粘土による立体デッサン・油彩の二枚の静物画そして二枚の画家の模写までが一応カリキュラムをこなしていよいよ自分自身のモチーフ探しです。 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • アトリエバラ美術教室の生徒さん、並びに卒業生の皆さんあけましておめでとうございます。教室も昨日から始まりました。今年は昨年来からの暖冬という異常気象に並び世界中各国が問題を抱える歳になりました。いつも授業でお話しをさせていただいていますかが絵画を学ぶとは国語・算数・理科・社会を学ぶことそしてもちろん政治・経済も学ばなければなりませんね。もう教室の生徒さんは体験しておられるからお分かりのようにデッサ [続きを読む]
  • 「麦藁帽子をかぶった自画像」
  • エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランの「麦藁帽子をかぶった自画像」の下絵の完成。教室での基礎の勉強は間も無く終わりになります。鉛筆デッサンから始まり日本画の桜の表現・粘土によるりんごの立体製作・ポットをモチーフにした静物画の油絵によるデッサン二点そしてフェルメールの模写、最後の「麦藁帽子をかぶった自画像」の模写を持って基礎を終えます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …