あくえりあす さん プロフィール

  •  
あくえりあすさん: あくえりあすの水草水槽ギャラリ〜&亀
ハンドル名あくえりあす さん
ブログタイトルあくえりあすの水草水槽ギャラリ〜&亀
ブログURLhttp://aquariusn.exblog.jp/
サイト紹介文ネイチャーアクアリウム、世界水草レイアウトコンテスト、カメとレオパの繁殖
自由文亀とレオパの繁殖とネイチャーアクアリウムで世界水草レイアウトコンテスト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/07/13 20:42

あくえりあす さんのブログ記事

  • とんぶり市2017まとめ
  • 全個体アップしたのでまとめ記事とんぶり市2017に出店します。2017年11月19日(日)11:00〜16:00東京都立産業貿易センター台東館4F&5F配置図4階の39番ブースになります。入り口入ってすぐのところの、隣は良心堂さんと、kamenoya&フレンドさん、その向こうはYattokameさんになります。とんぶり市出品個体一覧各個体へのリンクリンク①キボシヌマガメ、ミシシッピニオイガメ、ニホンイシガメ、サラドロガメ北部個体群、ハナナガド [続きを読む]
  • とんぶり市、亀編
  • とんぶり市出品あと残りのカメヒメハコヨコクビガメ(コンゴ民主共和国産のワイルド親からの子)今年は当たり年のようで他にも繁殖したブリーダーさんちらほらで普通種のようですがいまだ謎が多く、海外での繁殖例はまれ。レプタイル界隈で行くと世界的にかなりのレア種なのに強健。そしてプリチー。色は地味。サイズがサイズなので♂♀さっぱりわかりません。---------------------ノドジロドロガメ2016CB雌雄が居ないので撤退。 [続きを読む]
  • とんぶり市、サーモンスノーコーン編
  • とんぶり市に出品するコーンスネーク・サーモンスノー雄6匹雌2匹の計8匹です。7月1日生まれなので4カ月半。現在はピンクマウスMを3日おきに食べています。もうすぐLも食べれそうですが、無理はさせない主義。ピンクS2匹とかM1とS1のほうがいいです。温度28-30℃温室内一括保温。---------------以下6匹が雄になります。プローブさして判別しました。雄ここまで雄です。------------------------ここから雌雌は雄ほど発色 [続きを読む]
  • とんぶり市、ミツユビハコガメ編
  • ミツユビハコガメ2017CBの販売します。まずはおさらい種親です。種雄、赤&黒白い嘴の「大雌」顔のイエロースポット「黄雌」オレンジスポット雌この3雌で繁殖してます。---------------------オレンジTSD♀3、黄色TSD1右上のオレンジ・予約済み黄色TSD♀3左の白マーカーのは多甲+1黄色TSD♂2(緑のマーカー)黄色TSD♀1「真ん中のTSD♂予約済み」大雌TSD♀4左のTSD♀が予約済み。黄色TSD♂1(緑マーカー [続きを読む]
  • とんぶり市、ハラガケガメ編
  • とんぶり市2017のハラガケガメ編ですキープ以外は全部持っていきます。まずはこの2匹放射甲羅に、頭部スポットで完甲・・・・に見えますよね。どちらも、右助甲板の所がわずかに凹んでいます。写真ではわかりませんが触るとわかる程度。成長するにつれて治るかもしれませんね。ゆえに特価( ;∀;)------------多甲ズレ以外は、すげぇ放射に頭の模様。個性のある2匹種親に使うならこういった模様がすでに出ているのをえらべば次世代 [続きを読む]
  • とんぶり市、出店・出品のお知らせ
  • とんぶり市2017に出店します。2017年11月19日(日)11:00〜16:00東京都立産業貿易センター台東館4F&5F出品キボシヌマガメ(ヨーロッパポンド)基亜種。ウクライナ産のCB6匹。ミシシッピニオイガメ(グレー&スポット)2017CB3雌からの子20匹ぐらい。モヤってますニホンイシガメ、豊川産ワイルドを親に使った2017CB完品9匹?と尾切れ数匹。サラドロガメ北部個体群2017CB完品12匹。多甲ズレ2匹。小さめ3匹、今年の春クラ [続きを読む]
  • ハラガケガメ今期の産卵
  • ハラガケガメ「ジャガー雌」が9月27日に産卵。1クラッチ目、4個、しばらく室内に置いたのち18度のクールインキュベーターに入れて1ヶ月置いたの血28℃のインキュベーターで保温。10月6日、レオパードヘッド雌が産卵、1クラッチ目、4個そして交配10月25日レティクラータ雌が産卵1クラッチ目、5個10月27日2クラッチ目ジャガー雌が産卵するも2個と少ない。1つは歪な卵だった。10月30日レオパードヘッド雌の産 [続きを読む]
  • ぶりくら市出品まとめ
  • 10月1日神戸サンボーホールで行われる、ぶりくら市に出店します。↑ で飛ぶ2階の一番奥隅の方です。「あくえりあす」はNo.85の所です。出品する個体リンク↓ミツユビハコガメハラガケガメニホンイシガメ・ウンキュウ・キボシヌマガメ オオアタマクサガメヒメハコヨコクビ、キボシイシガメハナナガドロドロガメ・サラドロガメ北部個体群・ミシシッピニオイガメ追記サラ北2015ペア追加しましたノドジロドロガメヒョウモン [続きを読む]
  • ぶりくら出品ノドジロドロガメ
  • 繁殖させてみたものの雌ばかりになってしまいました。この親は売ってしまったし、ワイルドの雄も入る見込みもないので放出します。ホオアカドロガメと似てますが、助甲板のキールが発達しています。顔の赤は控えめ。何匹か居ますが手に傷有り指飛びはさらにお値打ち。あと一年飼い込めば卵産める成熟度になります。 [続きを読む]
  • ぶりくら出品ヒョウモントカゲモドキ
  • ぶりくらに出品するヒョウモントカゲモドキ2016CBラプターPOSSW&Yアダルトサイズです。クーリングすれば来年から産んでくれそうなサイズ。2016CBスーパーノヴァ親はマックスノーラプター雄とドリームシクルなので遺伝的にスーパーノヴァしかありえない。エニグマ入っているし。種親放出のダルメシアンhetラプター難ありです。尾切れ再生尾ここから2017CB、今年の子です。ドノーマルなラプターW&Yマックスノーラ [続きを読む]
  • ぶりくら出品ニホンイシガメ・ウンキュウ・キボシヌマガメ
  • ぶりくらに持っていく、ニホンイシガメベビー地元(豊川とよがわ)産の親を繁殖させた子です。これといって変わったところはありません、ごく普通のイシガメ。産地だけは確りしています。----------CHですが、クサガメから生まれたウンキュウ1匹だけです。雄はニホンイシガメですね。地元ではクサガメは少ないので、イシガメの雄と掛かっちゃうんだね。でも一番多いのはミシシッピアカミミガメ、こいつらはイシガメの遺伝子汚染 [続きを読む]
  • ぶりくら出品ヒメハコヨコクビ、キボシイシガメ
  • 6月7日孵化のヒメハコヨコクビ2匹をぶりくらに持っていきます。------------------------------キボシイシガメ6/18日1クラッチ目産卵USACB親で8/21開き始める。64日孵卵温度は24-25℃でTSD雄設定予定。孵卵後半の一週間は30度の所へ持って行って孵化を早めた。4匹いますが、2匹だけ持っていきます。ワイルド雌からの子TSD雌7月11日1クラッチ目産卵、47日、8月27日孵化2匹持っていきます。雌は違いますが [続きを読む]
  • ぶりくら出品サーモンスノーコーン
  • 2017年7月1日に孵化したサーモンスノーコーンスネーク10日頃最初の脱皮を行い、7月11日から数日内に食べだしました。冷凍ピンクマウスSSを置き餌で全ての個体が食べてくれました。入れ物はプラケースですが、室内ガラス温室の中でまとめて保温しています。温度は30℃を保っています。その後2日空けて1匹与えるサイクルです。①23④56⑦89⑩日8月上旬に2回目の脱皮をおこないました。この辺でピンクSを与えています。9月 [続きを読む]
  • ぶりくら出品ハラガケガメ
  • ぶりくらに持っていくハラガケガメの精鋭達を磨いて撮影しました。上から画像ですが、頭部の模様や放射柄の出具合がわかると思います。3雌からの子、レオパードヘッド、レティクラータ、ジャガー順不同です。完甲完品多甲ズレ個体以上14匹を持っていきます。このくらいのサイズになるとなんとなくですが、尾の長さで雄雌が判ってきます。撮影はiphoneでストロボ無し加工無し、昼光色蛍光灯下ですので黄色みが薄れて写って [続きを読む]
  • ぶりくら出品、ドロガメ・ニオイガメ
  • 2015年CBのミシシッピニオイガメ甲長9センチぐらいの雌。冬眠させれば来年卵産みそうです。今年の新仔2017年CBのミシシッピニオイガメハッチベビー少し育ったサイズ。↓にはハナナガドロガメの孵化したてのが入っています。ミシシッピニオイガメ親は↑雌↑雄もスポット有。雌は3匹居ます。そのうち小さいほう2匹がグレーに黒スポットの入る個体です。----------サラドロガメ北部個体群2017CBなんとなく尾の長さで雌雄がわ [続きを読む]
  • ぶりくら出品のミツユビハコガメ
  • 非常にお問い合わせが多い、今年のミツユビハコガメベビー。まず10/1のぶりくらに出ます。今のところ数はTSDの雄2匹、雌12匹ぐらいの予定。しっかりとした安心サイズをもっていきます。小さくて育ってないのは持っていきません、育ててからとんぶり市で販売します。予約はしていません、会場で早く並んで一番に来てくださいwもし売れなくて余っても、うちで飼育したいので無理に売れなくてもいいです。なのでミツユビに関し [続きを読む]
  • ニホンイシガメ今年も孵化してます。
  • 雌親のほとんどが抱卵したけれど6月後半から産みだし7月中旬からは水中産み落としばっかりで思うように数取れませんでした。現在13匹まだ卵はストックしているのでまだ孵るのはいます。うちのニホンイシガメ種親はすべて同じ川産なので、珍しくロカリティーはバッチリです。色味はド普通です。--------7/12と7/20の卵が孵化してた。あとは8/2のクラッチを残すのみまずはぶりくらで販売です。 [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ4クラッチ目の孵化
  • ミツユビハコガメ、黄色雌、オレンジ雌、大雌の3雌が6月24日に4クラッチ目の産卵8月15日、同じように孵卵したので同じ日に孵りだす。翌日、オレンジの子が卵の殻開けたにもかかわらず溺死してた。卵白が口の周りで呼吸の妨げになったようだ。見つけ次第呼吸確保したほうがいいねとわかっていても油断した。キボシ模様なのに・・・( ;∀;)----------卵黄吸収をタッパー内で過ごした。---------8月20日水入り。それぞれ4クラ [続きを読む]
  • ミシシッピニオイガメ孵化
  • 今年は大雌が6月17日に産卵多産で6個も産みました。それが8月22日孵化始まり。8月23日には2つ出てきた。8月27日に水入りしました。すぐに配合餌食べるので楽です。----------------------------------ミシシッピニオイガメは雌が3匹産んでいます。最初のはインキュベーターに24-25度設定でいれたてまだ孵化していないけど、ミシニにTSDって27-28℃位の狭い範囲の時だけ雄っていうし、温度が低めだから雄とは限らな [続きを読む]
  • ハナナガドロガメ最後の孵化。
  • 5/17日産卵のハナナガドロガメの卵が9月7日に孵化しました。孵卵温度24-25℃で雄設定?にしましたがそのに数値が正解なのかはわかりません。途中飛ばしたのもありますが、全部有精卵で全部孵化しています。この5/17日がシーズン最後で親は卵を産んでいません。いまはパッとしないで陸地に上がりっぱなしで夏眠状態です。気温が下がれば水中へ戻り次シーズンのを産みだすかと思います。現在孵化した子で大きいので7センチぐら [続きを読む]
  • キボシイシガメ孵化
  • 6/18日USACB親の産卵の卵が8/21開き始める。孵卵温度は24-25℃で雄設定予定。翌日には脱出。8/26日水入り4匹完甲でした。-----------7月11日WC大雌の1クラッチ目の卵が8月27日に孵化し始める。孵化直後に死んでしまうのもいる。3匹生存。7月10日、キボシイシガメUSACBの2クラッッチ目の卵も孵化始まる。このクラッチは2匹だけで2匹とも多甲ズレだった。-------9月1日水入れ。USACB雌、多甲ズレ2匹WC [続きを読む]
  • 2017CB孵化
  • キボシヌマガメ・ウクライナ産親春に卵を持つがなかなか産まない。6月18日に3匹の雌から産卵促進剤の注射うってもらい産卵させた。取れた卵はほぼ有精卵でした。30度保管と24-25℃保管に分けた。8月12日、TSD♀?30度孵化の卵が孵化し始める。8月18日に水入り。1匹だけ小さく尾曲。12匹孵化とあとから別のクラッチが3匹孵化。3匹売りに出されて、1匹行方不明。11匹います。-----------------------8月31日TS [続きを読む]
  • ミツユビハコガメ孵化
  • 7月7日大雌の5月16日産卵2クラッチ目の4個が全孵化同日7月7日、黄色スポット雌5月15日産卵の卵から5個孵化スタート7月10日オレンジスポット雌5月19日の卵4個が孵化卵から出るシーン撮ってなかった。----------------それぞれ3匹の卵の2クラッチ目は30度で保管しTSD♀予定。7月11日の水入りした様子大の子4匹黄の子5匹オレンジの子4匹----------------------------------------7月13日1クラッチ目の黄色とオ [続きを読む]
  • ヒョウモントカゲモドキ孵化
  • B−1、ダルメシアン♀×W&Yマックスノーエクリプス♂5/7→6/30孵化尻尾の先がパイド化しているのでエクリプスの影響があるのでギャラクシーぽいが鼻先が無いのでスーパーマックスノーで------A−2、5/6→6/30孵化w&Yマックスノー♀×スーパーギャラクシー♂孵化したてのスーパーギャラクシー最近は色抜けして白面積が増えてる。-----------------B−1、スノーティアポロブランコ♀×W&Yマックスノーエクリプス♂5/10→ [続きを読む]