うりずん さん プロフィール

  •  
うりずんさん: 沖縄料理レシピ「うりずん」
ハンドル名うりずん さん
ブログタイトル沖縄料理レシピ「うりずん」
ブログURLhttp://urizunblog.blog112.fc2.com/
サイト紹介文沖縄の家庭料理や、素材を用いた料理レシピ、食材などを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2007/07/16 21:12

うりずん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 巻き取り鍵 ポーク缶の開け方
  • ポーク缶にはスパムで採用されているプルトップ缶や多くのポーク缶に見られる「巻き取り鍵」缶があります。「巻き取り鍵」はコンビーフでも採用されていますが、具体的な使用方法については、缶等にかかれていないため、その方法を紹介します。巻き取り鍵タイプのポーク缶の開け方※缶の切り口は鋭いので、手を切らないように注意して下さい。「巻き取り鍵」はポーク缶の下側に付いています。コンビーフでも採用されているので、利 [続きを読む]
  • 沖縄そば
  • 沖縄そばは本土の蕎麦と異なり、蕎麦粉は使っていません。小麦粉のみで、古くは木灰、現在の多くはかんすいをつかって麺の弾力や柔らかさを出しています。沖縄観光では定番の料理ですが、乾麺や具材のレトルトなども製造されているので、本土でも手軽に沖縄そばがいただけます。沖縄そばのお求めはこちら沖縄そば沖縄で麺料理といえば沖縄そば。また、具材によってソーキそば、野菜そばと色々楽しめます。 [続きを読む]
  • 炙り軟骨ソーキ
  • 豚肉の美味しさが詰まった軟骨ソーキ。じっくりと煮込んだ軟骨付豚バラ肉を醤油ベースで味付けし、仕上げに炙りを加えた商品です。 軟骨ソーキは沖縄では人気の料理です。ソーキは豚肉の旨味が詰まったあばら肉の部分で、じっくりと煮込むことで豚肉の美味しさが引き出されています。 ソーキ肉の美味しさは、焼肉のカルビ肉でご存じのとおり、噛めば噛むほどお肉の美味しさが広がるところです。 軟骨まで食べられるほど柔らかく [続きを読む]
  • あぐー豚中味汁
  •  中味汁(なかみじる)は、祝い料理、接待料理の代表的な琉球料理の一つです。 なかみとは、豚の胃袋や腸などのいわゆるモツのことです。そのなかみを時間をかけて洗浄、水煮といった下ごしらえし、とろけるように煮込んだ大変手の込んだ料理です。こんにゃく、椎茸を入れ、あっさりとした味付けで、くせのない美味しいお吸い物です。 アグーは、沖縄の貴重な豚で、今からはるか昔、約600年前に中国から導入され、沖縄で飼い続 [続きを読む]
  • 春の香り 島にんにく
  • 春の香り 島にんにくにんにく臭が充満します。。。http://okinawaisland.jp/SHOP/garlic1.html島にんにくのお求めはこちら島にんにく島にんにくは小粒だけど、香りと辛みが強い南方系のにんにくです。普通のにんにくでは物足りない方に、島にんにくをおススメします。 [続きを読む]
  • ピタヤ(ドラゴンフルーツ)のババロア
  • 赤ピタヤ(ドラゴンフルーツ)を使ってババロアを作ってみました。ド派手な赤色がミルクでピンク色の綺麗な色になりました。ピタヤ(ドラゴンフルーツ)のババロア1)ピタヤ1個(約400g)を縦に4つ切りにし、皮を剥き、適当な大きさに切り分けます。2)ピタヤ、牛乳200cc、ホイップクリームの素100ml、砂糖適量(大さじ2杯程度)をミキサーに入れ、果肉が細かく砕けるまでしばらくミックスします。3)別途、手鍋にお湯100cc [続きを読む]
  • 島らっきょうの季節となりました。
  •  今年も島らっきょうの季節になりました。 香り良し、歯ごたえ良し、味良しの沖縄特産の島らっきょう。 一夜漬けにすると、酒の肴に抜群です。 また、掘りたての生の島らっきょうなので、天ぷらにしてもなかなか美味しいですよ。島らっきょう島らっきょうのお求めはこちら島らっきょう香り良し、歯ごたえ良し、味良しの沖縄特産の島らっきょう。一夜漬けや、かつお節と炒めたり、天ぷらにしても美味しいですよ。 [続きを読む]
  • クリームチキンパスタ
  • 沖縄の家庭料理の定番食材キャンベルスープです。濃厚でクリーミーな美味しさです。鶏肉をじっくりと煮込み、クリームとホワイトソースを加えたリッチなスープです。クリームチキンパスタクリームチキンスープを使えば、簡単にスープスパゲティが作れます。パスタを湯がいて、あらかじめ水や牛乳等でのばしたクリームチキンスープをかけるだけ。キノコやほうれん草などの具材を加えれば、さらに美味しくなります。キャンベルスープ [続きを読む]
  • 沖縄そばの日
  •  10月17日は沖縄そばの日です。 沖縄で「そば」といえば、蕎麦粉でつくる薄紫色の日本蕎麦ではなく、蕎麦粉が入っていない小麦粉でつくられた沖縄そばをさします。日本蕎麦は「大和そば」と呼ばれ、ほとんど見ることはありません。 蕎麦粉は入っていないのに「沖縄そばという名称は何故?」という話がありますが、復帰以前から沖縄では「そば」と呼ばれており、復帰直後に「そば」という名称について、公正取引委員会からクレー [続きを読む]
  • 過去の記事 …