添てん さん プロフィール

  •  
添てんさん: 添乗員の愚痴ばなし
ハンドル名添てん さん
ブログタイトル添乗員の愚痴ばなし
ブログURLhttps://ameblo.jp/tententc
サイト紹介文添乗員の仕事。海外にも行けて、華やかそうだが 実態は ! ! ! ここで、ぶっちゃけ話を暴露しちゃいます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2007/07/17 06:07

添てん さんのブログ記事

  • サン・セバスチャンでバル巡り
  • 日本でも人気急上昇のバルだが、スペインではお手軽に利用できる旅行者の強い味方だ タパ(複数形はタパス)は小皿料理パンに具を乗せて爪楊枝で刺したのはピンチョス自分の好きなだけ注文して食べることが出来る タパやピンチョスは、いわばおつまみ1軒の店でドリンクと数種のピンチョスを食べてまた次のバルへとハシゴするのが一般的だ サン・セバスチャンはもともと美食の街として知られていたんだけどタパスを見た目 [続きを読む]
  • スペインの生ハムは旨い!!!
  • スペインの生ハムをハモン・セラーノと言う 必ず食べて頂きたい ! ! ! ! ! 写真↑はチリソー(腸詰)、サラミ、ハモンの各部位の盛り合わせ口に含めると生ハムの旨みが口いっぱいに広がるよー 日本にお土産として持ち込むことは出来ないのでお腹いっぱい食べてきてください 幸せな気分になれること間違いなしです ! ! ! ホテルの朝食会場にもあるけど、肉の香りと旨みが違います自由食の際は ばぁ〜ん と太 [続きを読む]
  • ロシアで流行のダンスとな?
  • 8月にブログをさぼってた時より、9月に入って再開したらアクセス数が減ってしまったよー 息抜きで、旅行とはちょっと関係のない情報をご紹介 見た目の色っぽさとは裏腹に意外とハードなダンスらしいウエストのシェイプアップに効果的なんだそうだ キューピー体型の添てんも挑戦してみようかと思ったけど 身体が固くてだめなのよー この色っぽさは永遠に無縁のようだ [続きを読む]
  • 巡礼経路にあるプエンテ・ラ・レイナ@スペイン
  • フランス側からサンチアゴ・デ・コンポステーラに向かう道は4本3本はオスタバという場所で合流するので、2本が巡礼路その2本が合流して1本になるのが、プエンテ・ラ・レイナだ 街を流れるのはアルガ川で、街の名前の由来となった王妃の橋がかかっている 巡礼者が増えて、堅固な橋が必要になった時、11世紀当時の王妃さまの命で造られたとされている 巡礼への道だけあって、巡礼者の姿を多くみかけるが誰もが、王 [続きを読む]
  • ワインの産地ログローニョ@スペイン
  • ログローニョもサンチアゴ・コンポステーラの巡礼の道中の街街中を歩いていると巡礼者の姿も見かける ログローニョのカテドラル ログローニョを旅するなら、街中よりも郊外にある葡萄畑にあるボデガ(酒蔵所)を訪れたい500ほどのボデガがあるが、そのひとつを訪れた 半地下にある貯蔵室には、オーク材の樽によって熟成されているボデガ専属のガイドさんの話によると、こちらのボデガはスペインで1番大きな醸造所なんだ [続きを読む]
  • 【世界遺産】ブルゴス大聖堂@スペイン
  • 1984年に世界遺産に登録されたブルゴス大聖堂(カテドラル)トレド、レオン、とともにスペイン三大カテドラルだこのカテドラルを見学するだけでも、ブルゴスを訪れる価値がある 英語ガイドさんと共に観光するので、写真はこれ↑ しか撮れなかったが13ほどある内部装飾もそれぞれの特徴があって興味深い 聖母マリアのおっぱいを吸っているイエスの像とか・・・ マグダレナのマリアの絵があっが、ダビンチ作かと思いき [続きを読む]
  • ランチにもワインサービスがあるスペイン
  • 今回のツアーはお国柄と言うのだろうか毎回ではないのだが、食事にワインが付いてくる しかも、昼夜関係なくワインサービスがあるのだよ お昼にアルコールを飲むなんて非常識と思われる方がいらっしゃるかも知れないけれど、文化の違いだから仕方がない・・・ (ニカッ) ワインにも合う、ランチの食事メニューを紹介しよう パイのエビ乗せサラダ  見た目そのままな説明だね フライドチキンとポテトチキンが苦手な [続きを読む]
  • ステンドグラス必見レオン@スペイン
  • 100枚以上のステンドグラスが必見のレオンのカテドラルレオンを訪れたなら、迷わずに入場して欲しい スペインで唯一フランスのゴシック様式をお手本にして作成したが使用した石材がもろかったのと、ステンドグラスの面積が広かったので壁の体力が弱くて崩れてしまったという話しがある それほど、ステンドグラスに気合を入れた建物のようだ 素晴しい〜 ! ! ! ステンドグラスで有名な教会は多い、パリ [続きを読む]
  • 巡礼者がうようよなアストルガ@スペイン
  • 帆立貝を杖に付けて歩いている巡礼者が うようよ巡礼者が観光の為に立ち寄る場所がカテドラルだ 11世紀から建て始められ、15世紀に立て直し、18世紀まで増改築が繰り返し行われてきたカテドラルは、ルネッサンス、バロック、などの様々な様式がみられる建物だ石の色が違うのは、リスボン大地震の影響で崩れてしまったため別な石で再建した為なんだそうだ 尖塔のてっぺんに帽子を被った男性の像があるのに気が付く [続きを読む]
  • ガウディゆかりのアストルガ@スペイン
  • アストルガにはガウディが手掛けた司教館がある とは言っても、最後までガウディが手掛けた建物ではないのだがガウディらしい建物に仕上ってしまっている 当初のガウディのデザインは斬新的なものだったから保守的な司教様方のお好みには合わなかったのだろう 衝突の挙句、ガウディは製作を止めてしまい、その後は他の建築家が後を引き継いで完成させたのだが・・・ ガウディっぽい (笑) 結果、司教様方はお住まいになるこ [続きを読む]
  • サモーラ散策@スペイン
  • 日本からの観光のお客さまは、なかなか足を運ばない街かも知れないサモーラ(Zamora) は、小さくて静かな街だった 個人で訪れるなら、マドリードから列車で1時間半位の位置だ ツアーで訪れた時は城壁の外側に流れている ドゥエロ川ド エロ ではなく、ドゥエロ なのでお間違え無く(笑) その川に架かっているピエドラ橋のたもとから散策を始めたよ サン・ファン教会(lg.de.San Juan)キリストの復活を祝う前の1週間の [続きを読む]
  • EU、夏時間制の廃止提案へ
  • 2018年の中央ヨーロッパのサマータイムは、10月28日で終了となるサマータイムが始まる日や終了する日に、旅行に行っているとドキドキものだよ添てんも1度間違えて、早く行動を始めた時があるもん遅くなった訳ではないので OK だったけどね (笑)さて、サマータイム廃止提案のニュースが流れてきた現地の人々もサマータイムに伴う時間変更は面倒だと思うんだろうねしばらくブログを休業していたけれど、待っていてくれる読者もい [続きを読む]
  • 18と81のちがい
  • すっご〜く面白いものを見つけました!ユーモアのセンスがあります。これを書いたのは81歳のおばあちゃんなんだって!お孫さんが帰宅したら冷蔵庫に貼ってあったそうです。81歳、まだまだ イケてる!iPhone より投稿 [続きを読む]
  • 枕が臭い
  • またまた暑い国に行かされています長期休みが夏休みだけしか取れない方々は暑いと分かっていても旅行するのですさて、前回書いた暑い国の上掛けはシーツのように薄いと書きましたが、その写真をお見せしましょう前回とは違う暑い国のベッドです上掛けの薄さ加減がお分かりになりますか?今回の暑い国のホテルはクーラーの効き目が弱くて部屋の中では裸で過ごしたいくらいなのだしかし、虫に刺されてしまった脚を出して寝ていると [続きを読む]
  • 100人100色
  • 添てんに仕事を辞めて欲しいと書込みあった方々ごめんなさ〜い!辞めるどころか忙し過ぎて、ブログ放置状態でした仕事が次々に入っているので辞められませ〜んし、辞めませ〜ん!励まして下さった読者の皆様は有難うございます!添乗でお会いするお客さんも、100人100色だけどブログの記事を読んでの反応も100人100色ですね添乗でお会いするお客さんより、ブログの反応の仕方の方が人間性がより分かり易いですねでは、またまた行 [続きを読む]
  • 品格が物を言う
  • ツアー中ですライブで毒吐きますストレスが溜まっているのかも知れません お財布に優しいツアーでも、不思議とグレートが高いホテルを利用する場合があります多分、年間の送客人数と仕入れ価格の関係で採算割れしても利用しなければならないのだと思われますそのツアーで利用するような安いホテル料金ではないのだが、お客さんには理解出来ないのでしょうね ある国のある高級なホテルでの朝食時の出来事です 出発がゆっくり [続きを読む]
  • 日本人の感覚
  • 多くの国にお出掛けすると、価値観の違いを肌で感じる事がたくさんあるよ少し辺鄙(へんぴ) な国に旅行に行く場合は、前もってお客様に案内するんだけど、どの程度、お客様が理解しているかが疑問なんだよ1年でも寒暖の差が激しい国の場合夏場はとっても暑いけど、2〜3ヶ月程度だから地元の人たちの家は冷房設備が無いのそー言えば、数年前ドイツに行った時も猛暑でホテルにクーラーも無くて大変な思いをしたんだよ今いる国は外国 [続きを読む]
  • 難しい質問
  • スペイン旅行記の途中ですが、多忙の為に書く時間がありませんごめんなさい ??♀?今は、某アジアの添乗中です最近では旅行者が増えてきていますが、これからが期待の国です!ごはんは美味しいです??そんな国のお土産は?と聞かれても、民芸品に陶器、毛織物用品、絨毯そんなところでしょうかあいも変わらずお客様のご要望はスーパーですご案内致しました添てんが買うものは決まってますワインだよー??それ以外にスーパーで [続きを読む]
  • 【世界遺産】サラマンカのカテドラル
  • 新カテドラルと旧カテドラルがくっついた形で存在する 新カテドラルは修復した際に、修復部分と解るように楽しいキャラクターを彫刻したのだ 新カテドラルのパイプオルガンの修復は日本人だ 1985年に天皇、皇后両陛下が皇太子時代にサラマンカを訪問された時にカテドラルで音楽を鑑賞するイベントを機に日本人の手によって修復されたようだ 旧カテドラルから有料で屋根上に上る事が出来るここの見学は [続きを読む]
  • 【世界遺産】サラマンカにあるスペイン最古の大学
  • レコンキスタが進みサラマンカがキリスト教圏になるとアルフォンソ9世によってサラマンカ大学が設立される 「知識を欲するものはサラマンカへ行け」 そんな言葉が語られるほどになった街だ サラマンカ大学の正門で、有料で内部を見学できる ガイドさんの話によると、もともとは大聖堂を使って教育をしていたり学者たちの私塾が街の各地にあったものを集約して発足されたという この大学は、教育のレベルを [続きを読む]
  • 【世界遺産】サラマンカ旧市街
  • サラマンカの旧市街は、1988年ユネスコの世界文化遺産として登録された見所が多い街である ローマ時代には交易で繁栄した街で、「銀の道」街道沿いの街の1つアストルガでは銀が大量に採掘され、サラマンカを経てメリダに続くその街道で使われていた橋が、ローマ橋として残っている ローマ時代からの街道 「銀の道」 は、スペインを南北に移動する基軸となりサンチアゴへの巡礼の道としても利用されている モーロ人( [続きを読む]
  • 【世界遺産】アビラ旧市街と市壁外の教会群
  • 1985年に「アビラ旧市街と市壁外の教会群」として世界遺産に登録された この見事な城壁は11世紀に築かれたものだが、ローマ時代の城壁が形をとどめていたその線に沿って築き直したと考えらている 直線だけでなく、各所に突き出した半円形の構造は死角が無いようにと考えられたローマ式の城壁の作り方らしい まるで中世の騎士が馬に乗って今にも出てきそうだ城壁は花崗岩からできており、全長約2500m、87の塔 [続きを読む]
  • 【世界遺産】エル・エスコリアルの修道院及び王宮
  • 1984年に世界遺産登録となったエル・エスコリアルの修道院マドリードの北西40Kmに、フェリペ2世が王宮と霊廟を兼ねて造った壮大な修道院である 1557年8月10日、スペイン軍がフランス軍に大勝利した この日はスペインにゆかりの深い「聖ロレンソ」の日だったので戦勝は「聖ロレンソ」のおかけであると信じ、この聖人に捧げる大修道院を建てたのである 「聖ロレンソ」は網の上で焼かれて亡くなったので、彼 [続きを読む]