Laceyblue さん プロフィール

  •  
Laceyblueさん: Rosemaryとハーブの日記帳
ハンドル名Laceyblue さん
ブログタイトルRosemaryとハーブの日記帳
ブログURLhttp://laceyblue.blog86.fc2.com/
サイト紹介文英国王立園芸協会・ロンドン本部所属のハーバリストです。海外のハーブ生活を日記にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供315回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2007/07/18 11:21

Laceyblue さんのブログ記事

  • イタリアン−アメリカン料理「Gravy」
  • ノースカロライナの州都ローリーのダウンタウンで人気のイタリアンーアメリカンのお店です。お店の中は小奇麗なスポーツ・バー&ダイナー風。イタリアンーアメリカン料理とは??お店の名前が「Gravy」.この名前では、あまりいいイメージが湧かない我々でしたが。。。メニューを見たら、イタリアン!まずは、「アップル・フェンネル・サラダ」一見、すごく凝っています。味は普通にサラダ。ポーションはアメリカンとは言い難い。そ [続きを読む]
  • アメリカで「粕汁」
  • このところ、季節の変わり目に入ってきたのか、天候が不安定なノースカロライナ。もっともアメリカ全体も今年は、過去にないくらい「荒れて」います。気温が上がったり下がったりでなかなか冬の料理を止められないこの頃。基本「和食」の我が家の食卓では、汎用性の高い「冬の汁物」が続きます。本当はこういうのって、血圧が気になるお年頃に入ってしまった我が家には、向かないと思うこの頃なのですが。。。気になる塩分を少しで [続きを読む]
  • 春、「桜えびの炊き込み」と「茹で鶏、辛子酢醤油」
  • 夏の雨は夕立でも、冬の雨はしとしと降るノースカロライナ。ダラダラと一日中降っています。雨が降る日は、大抵寒いという程には下がらないものですが、陽が照らないと一日暗い。。。こういう日に季節が「春」・・・とは言いかねる・・・・のですが、2月も後半ともなれば、「春」の気配・・・ぐらいは言ってもいいか?で、「春」らしい食材といえば、「桜エビ」「わかめ」「新玉ねぎ」あたりがお手頃か。ということで、今日はこれ [続きを読む]
  • カボチャの「ほうとう」
  • ノースカロライナは、それ程寒くはないものの、雨。この季節、気温が上がったり下がったり・・・毎年のことながら、上下動が激しいアメリカ南部です。まあ・・それでも2月まで来れば春ももう少し‥と思わせてくれる南部の風景=冬でも見た目は大きく変わりませんからね〜。。。寒い日には、寒いなりにホットポットで寒さをやり過ごします。今日は寒いときに良い「ホウトウ」。冬場のビタミン補給を兼ねて・・・昨年夏にたくさん採 [続きを読む]
  • イワシの甘酢煮
  • アメリカで手に入りにくい「お魚」というと・・・やはり、筆頭は青魚でしょう。その中でも、イワシはイタリアンや地中海料理店では普通にあるのに、魚専門店に行っても滅多にお目にかかれません。でも、そこはアメリカ、アジア系のグロッサリーには、たまにある。まあ、アジアン系の場合は「鮮度」という問題があるので、冷凍ものが一番の選択肢になります。今日はタマタマ、この貴重な冷凍イワシが手に入ったので、早速解凍して作 [続きを読む]
  • 電照栽培開始。。。
  • 今年もこのシーズンがやってきました。この季節に、夏野菜をスタートさせるのですから、無理を承知の電照栽培です。。。勿論、ヒートマットもフル稼働。昨年までと違うのは、今年はヒートマットにサーモスタットが付いたこと。これで、温度管理は完全を期すことになります。第一陣は・・・アオシソ、しし唐、伏見唐辛子ミニトマト。バジル、レタス、水菜。水菜は、発芽に加熱は要りませんが、早く育てたいので。。。第二陣で、各種 [続きを読む]
  • 「ロールキャベツ」
  • ドラウト(旱魃)警報が出た2月のノースカロライナですが、先月に較べて、今月の方が雨が多くなっています。もっとも、問題なのは降水量なのでしょうが・・・ガーデナーから見れば、少しずつでも毎週雨が降ってくれた方が気が休まります。。。本日は、表題にように「ロールキャベツ」。これは和食の一部なのか、あるいはヨーロッパ由来のものなのか?・・・悩むお料理です。ヨーロッパ各地に類似する料理が見られるので、肉ダネを [続きを読む]
  • Dim Sum 回るカートの「一品軒」?
  • ケーリーに新しいDim Sumのお店が開店したというので、さっそく行ってみました。何しろケーリーは、中国系の人たちが多く居住する地区です。そこに敢て、Dim Sumのお店を開店するというのは、相当自信があるのかも・・・Dim Sumなのに「一品軒」とは!!どうも、「一品」とは=高級という意味らしい。日本語的には「逸品」なのかな?音は似ているけど。。。看板もまだ出来ていないお店は・・・なんと、Yelpでも人気低迷していた四 [続きを読む]
  • やっと、春?かな〜
  • ノースカロライナのここ、ダーラムの冬から春は、ここに越してきたから3年も経つというのに、全くとらえどころがない。毎年パターンが大幅に異なってくるので、どこで季節が切り替わるのか、非常に捉えにくいのです。今年は昨年末からの寒波が続き超長期の厳寒が続きました。一昨年は2月中に寒波。昨シーズンは元旦だけ・・・でも、庭は春の訪れを気付いているようです。↑梅(白加賀)は、一昨年・昨シーズンとも、年内中に開花し [続きを読む]
  • 今年初めての講習会
  • 本年初めてのマスターガーデナー講習会に行きました。何しろ、マスターガーデナーは本講習が終ってからも、毎年年間10時間以上の講習を受けなければ、なりません。今回は年の初めにふさわしく「Ergonomic Gardening」何しろマスターガーデナーは皆さん、リタイアした人たちですから、お年を召していらっしゃる。怪我までいかなくとも、普段からお体には気を配りつつ、ガーデ二ングを末永く楽しんで頂かなければなりません。1時間ほ [続きを読む]
  • ユカタン半島風スローロースト・ポーク
  • メキシカンの料理本で、こんなレシピを見つけてしまった。。。Yucatec・・・・これって「Yucatec-Maya」なんだろうな〜。ユカタン半島マヤ風?一番惹かれたのは、豚肉をスロークッカーでロースト=実際は煮るわけ=ですが、こういうレシピは多いが、オレンジジュースとライムジュースで煮るのは、何やらヘルシーで美味しそう・・・・。オレンジジュース+ライムジュースにメキシカンオレガノやクミン、コリアンダーシナモンなどなど [続きを読む]
  • 新しいPhoの店「Pho Pho Pho」
  • ローリーのダウンタウン、Glenwood Aveに開店したベトナム料理のお店です。Noodle Kitchen and Barの名前の通り、スポーツバーの雰囲気ですが、これはアメリカのニューウエーブ・エスニックのお店ではよくあること。。。ニューウエーブ・エスニックらしく、Pho、Banh Miに混ざって「Ramen」もあり・・・・最近、ノースカロライナでも激しく流行ってきたRamen。。。非常に惹かれるものはあるのだけれど、今回は初めてなので順当なと [続きを読む]
  • Urban Market "bulldega"
  • ダーラムのダウンタウンの意外なところにグロッサリーを発見!何とシティ・ホールの隣!!聞けば18か月前に開店したという。。。1年半前・・・結構経っていますが、場所が場所だけに、気が付かなかった。。この地区の特徴で、古いビルをリノベーションした建物の1階部分。↑入り口はコンビニ風ですが・・・中は「ウナギの寝床」風に長い。。。イートイン・コーナーもありますが、店内での調理はありません。デリで売っているもの [続きを読む]
  • 「Brewery Bhavana」
  • ローリーで有名なアジアン・エスニックのお店、ラオス料理のBida Mandaのオーナーが新しく始めたお店です。ロケーションはなんと、Bida Mandaの隣!!図書館と花屋さん、ブリュワリー併設のアジアン・レストラン・・・という、全く新しいコンセプトのお店です。ブリュワリーは超コンテンポラリー!すごっ!!テーブル席は奥の方。。。花屋さんの上がサンライトになっていて、自然光が差し込みます。何か‥格好いい。。本体のBida M [続きを読む]
  • ダーラムで人気のパン屋さん「LOAF」
  • ダーラムには、かつて黒人たちの「ウオールストリート」といわれた金融街があったそうです。↑この通りがそれ。。。いまでも、当時の建物が残っています。勿論、「金融街」はもうありませんが。。。このかつての金融街にあるのがダーラムで人気のベーカリー「Loaf」。危うく見落としそうになるほど小さなお店。でも・・・中はパンと焼き菓子でいっぱいです。全体の構成は、アメリカ人好みの方向に振っています。クロワッサンもアメ [続きを読む]
  • 「ソース焼きそば」
  • 再び、寒波対策のノースカロライナ。今回の寒波は−7℃〜−9℃ということで、前回は一部間に合わなかったヘビー級のフロストカバーも、今回は全て1.5ozに統一。数値的にはこれで、越せるはずなのだが。。。前回の超長期寒波で体力を消耗しているはずの野菜たち。持ちこたえてくれるものかどうか??ちょっと不安ではあります。前回は間に合わせのカバーしかなかったローズマリーにも今回は重量級のフロストカバー。比較的手に入り [続きを読む]
  • 「いか飯」を作ろう。。。
  • 見た目がある意味、衝撃的なので、目立つこと請け合いの「いか飯」。実は作り方はそんなに難しくありません。単純に言えば・・・もち米をいかに詰めて、炊くだけです。今回は田舎風にニンジンや椎茸を刻んで、もち米に混ぜていますが、米だけでも勿論OK。米がイカの旨味を吸ってくれます。気を付けることは、いくつかありますが・・・・もち米をあらかじめ浸水しておくこととか、詰め物をイカに詰め過ぎないこと・・・・などで難し [続きを読む]
  • 霧の日。
  • 朝起きたら、窓が真っ白だった。。。そんなに寒くはなかった。昨日まで2日間、久しぶりにまとまった雨が降ったノースカロライナ。しかし、ダーラムでは、このところの旱魃を埋めることはできずに平年の7割弱という降水量で、この1月を終えそうです。ニュースでは、町中で追突事故が多発!!これでは外出を控えざるを得ない状況。。。しかも・・・これでは畑もいじれない。こういう日には、種取り用に保存していた「夏野菜」を片付 [続きを読む]
  • 人気ベーカリー「La Farm Bakery Cafe」の新店舗
  • もともとノースカロライナのケーリーに本店がある人気のパン屋さんが、ウエスト・ケーリーに支店を出しました。「La Farm Bakery + Cafe」立派な入り口を入ると・・・いきなりカフェ。。。この地区の特徴で、アジア系の家族連れが多い。このカフェ(イートイン)スペースの裏側がパン売り場。フランスで修業してきたシェフのお得意のパンがずらりと並び、ショーケースの前では、試食が行われていました。狭いスペースの本店よりも [続きを読む]
  • 新規開店の「Whole Foods」
  • 誰もが知っている、アメリカでもっとも健康的なグロッサリーストア「Whole Foods Market」 がノースカロライナの人口急増地区、ケーリーにやってきました。・・・ということで、早速拝見。。。新設、開店したばかりの店舗とういうことで、店内はおそろしくクリーン!!広い店内、きれいな陳列。。。充実のワインコナーや、各種地ビールの量り売りコーナーなど、流行りの設備はふんだんに盛り込まれています。自慢のオーガニック野 [続きを読む]
  • ジャパニーズ・ジャンク飯
  • 寒波と大雪が明けて、ちょっとの間、「小春日和」を愉しんでいたのですが・・・季節は本来の寒さに戻るようです。ここ最近の記事の中で登場してきた「簡易ビニール温室」。加温装置がないので、風からは守れますが、地温が下がったら、無理かな。まあ、しかし・・・地面の温度というものは結構高い。バカにはできません。・・・ということで、「地温」期待のビニール・コールドフレーム。これは大温室で発芽した苗を低温でずんぐり [続きを読む]
  • 新年のファーマーズマーケット
  • 今年になって初めてファーマーズマーケットに行きました。真冬は確かに寒い。。。屋根があるだけですからね。。。でも、そこは寒さには滅法強いアメリカ人。お天気さえよければこの人ごみ!!冬のファーマーズマーケットは、10時から12時までの2時間。ハイシーズンの半分の営業時間ですが、毎週買い出しに来る固定客がほとんどですから時間当たりの混みかたは、2倍近くになります。このファーマーズマーケットの人気の高さは、本当 [続きを読む]
  • 大雪も2日でとけたノースカロライナ。
  • 今年のノースカロライナは昨年末から10日間続いた大寒波にやられた後・・・続いて、大雪という二重の荒天に見舞われました。寒波は記録更新の最長記録。。。でしたが、「大雪」は、実質降り続いたのは、半日・・・明けて、翌日から気温急上昇。。。この無茶苦茶な天候が、アメリカ南部流・・・なのだろうか!!雪は一日でとけて、周りは水浸し・・・・とりあえず・・・フロストカバーを回収しなければならないのだが・・・まあ、あ [続きを読む]
  • 柚子の花、咲く。。。
  • 今年はずいぶん開花が遅れましたがやっと開いた「柚子」の花です。1か月遅れです。昨年末から今年の初めにかけての大寒波の被害も、そろそろ目に見える形になってきた、冬の畑。↑の右手前側の白くなっている部分が冷害で枯れた所です。意外なことに、これらチビ苗たちは寒さに強かったようです。からし菜、紫ミズナ、ワサビ菜、アメリカ産のクリムゾンなどの新種のマスタードです。新種や珍しいものが多いので比較用に多品種少量 [続きを読む]
  • 真冬の種まき・・・
  • 予想外に長引いた「大寒波」の為に、3月末に開催される「サラ・デュークガーデン」、春のプランツセール用苗が足りません。今に時期に播いても2か月でどの位成長するのか、あまり期待はできませんが、何もしないで時間を過ごすこともできないので。。。とにかくトライ。。「紅法師」と「かつお菜」!!最近は一般向けタネ屋さんでもこんなマイナーな和野菜のタネが出回るようになったアメリカです。「紅法師」の方は、茎が紫になる [続きを読む]