Laceyblue さん プロフィール

  •  
Laceyblueさん: Rosemaryとハーブの日記帳
ハンドル名Laceyblue さん
ブログタイトルRosemaryとハーブの日記帳
ブログURLhttp://laceyblue.blog86.fc2.com/
サイト紹介文英国王立園芸協会・ロンドン本部所属のハーバリストです。海外のハーブ生活を日記にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2007/07/18 11:21

Laceyblue さんのブログ記事

  • Holiday Party.
  • 今年もやってきました、ホリディ・パーティ。12月上旬がシーズンです。今年のマスターガーデナー・ホリディ・パーティは↑ダーラム中心部の歴史的建造物を借りて開催しました。いや〜、こんなすごい所を借りて大丈夫かな〜と思いましたが、そこは「人生のベテランさん方」。どこであっても、手慣れた準備。あっという間に会場設営!ウチは料理担当なので、アメリカの皆さんが、普段出会えないようなただし、あんまり「逸脱しない」 [続きを読む]
  • North Hills の 「Mura」
  • 気になっていた北ローリーのショッピングモールに行きました。近くにCrabtree Valley Mallという北ローリーでは大型のモールがあるので、小型のここはちょっと影が薄い・・・でも、比較的新しいモールらしく面白いお店があるようです。今日はここでランチ。日本料理の「Mura」。ローリーでは2軒営業しているようです。入り口を入ると、いきなり寿司カウンターが目に入ります。「あなたも」「ともだち」との「暖簾」!何と、「こあ [続きを読む]
  • 今シーズン「初雪」降る。。。
  • ノースカロライナでも初雪が降りました。12月中旬ですから、↑こういう気温も珍しくはないでしょうが・・・今回のウインター・ストームはメキシコ湾沿岸のテキサス州から雪を降らせ、そのまま北上してLA、アラバマ、ジョージア、ノースカロライナ、〜ワシントンDC,ニュージャージー、NY,ニューイングランドに向かうものです。ヴァージニアから北は雪が降るのも頷けますが、ディープサウスで大雪っていうのは・・・?このところ平年 [続きを読む]
  • ご飯のお供「イカの塩辛」
  • この季節、毎日紅葉を楽しんでします。急速に紅葉していく我が家のバックヤード側。バックヤード側といったのは、木立があるのがウチの敷地ではなく、この住宅地の共有地であるからです。イーズメンといわれています。ちょうど、ウチの畑の奥に「浸透池」があり、その向こう側に林がある。ですから、ウチは紅葉の季節は自前の木は一本もなくとも、100%借景で楽しめる(笑)。まさに、土地の価値はローケーションにあり!!。さて [続きを読む]
  • Hill House
  • ダウンタウン・ダーラムから徒歩圏内にある、ヒストリックな住宅が集まった地区で、ひと際目立つ個人住宅。↓確かに小高い丘の上にあるのだけれど‥‥ジョン・S・ヒルさんという、地元の銀行家で弁護士。全米クレジット・ユニオン運動のリーダーにして、ノースカロライナ大学図書館の後援者の邸宅を保存しています。(1869年〜1961年)実は、故あって今年のマスターガーデナーのホリデイ・パーティ会場に予定しています。しかし・ [続きを読む]
  • シュトーレンを買おう!!
  • クリスマスが近付くと、町中に出回る、季節の定番「おやつ」ですが、なかなか納得いくものに出会えないのも「定番」なおやつ・・・「シュトーレン」。アメリカでも人気のドイツ系パン屋さんを探して、ノースカロライナのダーラムで、やっと見つけたのがここ。。。半地下式の入り口から右のドア・・・赤い壁の方・・・がパン屋さんです。(正面はレストラン)Christmasにはまだ間がある日の午前中ですが、結構お客さんがシュトーレ [続きを読む]
  • レバノン料理のデリ、「Sassool Mediterranean Cafe」   
  • 北ローリーとケーリーに2店舗構えている大人気のレバノン・地中海デリです。創業者一家はレバノンの市民戦争を逃れてアメリカに来た方だそうです。↑はローリー店。店内はマーケット併設のデリ。かなりカジュアルな感じの大店です。ランチタイムにもなると、近隣のお客さんで長蛇の列。。。確かに人気店です。お勧めは、デリコーナーのケースの中から好きなものを4品選べる「Make Your Own Sampler」$9.99。↑はレンズ豆の「ジャ [続きを読む]
  • マレーシア料理「Ni Asian Kitchen」
  • 何か珍しいお店はないか??っと探していたら目に入ったアジアン・レストラン。「マレーシア料理」とは、珍しい!勿論、名前にあるようにアジアン・フュージョンぽいのは、仕方ないです。。。マレーシアといっても、頭に浮かぶのは「肉骨茶」ぐらい。。。お店の中は汎亜細亜風・・・・アジアごちゃまぜ風。。。でも、テーブルも椅子もきれいで中華料理店とは一線を画す感じです。加えて、お兄さん・おばさんはいつもニコニコ。。。 [続きを読む]
  • シーフード「Catch」
  • ウイルミントンのシーフード店では、かなり有名なお店です。われわれも今回2回目。入口は特に飾ることもなく↑な感じなので、見落とすことが多い。。アメリカンなグリルでもなく、アメリカンなフレンチでもなく、ただ「シーフード」をうたったお店。使う食材は、徹底してローカル。オイスター・ハーフシェルもノースカロライナの近海物だけ。小ぶりですが、新鮮で濃厚な味わい。レモン、ケチャップとともに添えられているのは、ナ [続きを読む]
  • 「Toast」
  • ダウンタウン・ダーラムのど真ん中・・・といってもいい所にある、超人気のトースト屋さんです。トースト屋さん・・というと、語弊がある?軽食屋さんというと、逆に分かりにくい?なぜなら・・・・まずは、店内ですが・・・・普通のイートイン。右端に写っているお会計カウンターで注文します。ココのウリは「クロスティーニ」。メニューには8種類+壁に本日のスペシャルで2種類の合計10種類のクロスティーニがあります。2個セッ [続きを読む]
  • パナマニアン・レストラン「Ceviche's Rum Bar & Restaurant 」
  • ノースカロライナは・・・というよりアメリカの東海岸=大西洋岸はラテンアメリカの人が多いのだろう。。。今日のお店はパナマ料理インスパイアード。。。↑、かわいいお店です。。店内は南国調?意外にシック。。。でも、今日はお天気が良いのでテラス席で。。。前菜+アントレの簡単なランチ。前菜はお店の名前にもなっている「シェビーチェ」基本的にライムジュースでマリネしたシーフードですが、ココのお店では、4種類ありま [続きを読む]
  • アメリカで「レバニラ定食」   
  • アメリカ南部のノースカロライナでも、12月目前ともなれば、さすがに冬。11月初めには30℃を超える日もあった気温も、今は毎朝氷点下。11月のたった一ヵ月で、これほど変わるのか!!と、驚くばかりの気候の急変です。それでも、過去2年間の経験から種蒔き・植え付け時期を早めた冬野菜は、この本格的な寒波が来る前に、順調に成長してくれました。あとは、これからの寒さに耐えてくれれば、ノープロブレム・・・なのだが。。。。 [続きを読む]
  • 冬のファーマーズマーケット
  • いつものダーラム・セントラルパーク・ファーマーズマーケット。サンクスギビング以降は冬時間となり、一日に営業時間は夏の半分=2時間になります。10時開場〜12時閉店。10時とはいってもさすがに寒い。。。お客さんたちも重装備。。。アメリカ南部で、この季節というと・・・根菜に葉物。。。色々なケール=日本人なら「青汁」の原料というと分かり易い。。。中でもカラードグリーンという、南部料理素材きっての「健康野菜」が [続きを読む]
  • サンクスギビング・ディナー。
  • 先週のことになりますが、拙宅でも、ささやかなサンクスギビング・ディナーを催しました。大人8名だけのささやかなディナー。なので、↑のように小規模な定番メニュー。。。一応、定番は抑えた…と思う。。。ターキー(ブレスト)、グリーンビーンズ(中華風炒め)、スタッフィング(ワイルド・ライスと椎茸)、クランベリーソース、ポテトサラダ(たいめいけんレシピ)。・・・に加えてハムの代わりのロースト・ポークと・・・大 [続きを読む]
  • アメリカで正しい?食事。。。 
  • 外食が多いというより、パーティーが集中するシーズンになったアメリカ。季節は急速に冬に向かい、それでなくともインフルエンザやら食あたりやらが気にかかる季節です。サンクスギビングだったアメリカですが我が家は骨休め・・・というより、「胃腸休め」の一日になった、貴重なハレの祝日。。。・・・で、本日は「白粥」。まあ、粥の方はちょっとだけ出汁と塩で整えています。おかずは貴重な「明太子」(笑)。自家製「紫葉漬け [続きを読む]
  • 「たいめいけん」のポテトサラダ
  • 年寄ネコが陽だまりに微睡むことが多くなりました。あったかいんだろうな〜。一日一日、紅葉が進む我が家のバックヤード。もう晩秋の雰囲気です。このところの気温も↑。ノースカロライナは9月はまだ夏でも、10月の1か月に、夏から晩秋=初冬まで急激に変化します。この急激な変化に乗り遅れないように冬野菜も8月には種蒔きします。そして11月には1回目の収穫が始まります。三つ葉はこれからが活躍のシーズン。こういったものは本 [続きを読む]
  • 冬はオイスター・バー! 
  • 冬だから・・・というわけでもないのですが近くのオイスター・バーに行きました。ここは2回目。中はスポーツ・バー・・・こういうスタイルは、アメリカではごく普通です。オイスターを注文すると出てくる、オイスター・セット(笑)。前回、初めてここを訪れた時にはお勧めは「ヒューストン産オイスター」。テキサスのオイスターっていうのも初めてでしたが、その美味しさにすっかりやられてしまいました。今回のお勧めは「ルイジ [続きを読む]
  • 新調理器具登場・・・・   
  • 買おうか、どうしようか迷っていたもの。。。Pro仕様のフードプロセッサー。プロ用としては中途半端に小さいけれど、ウチで使う分には、ちょっと大きい。加えて、強力なモーターのおかげでやたらと重い。。。それでも、迷うのはこの円盤。。。「大根おろし」の「おろし金」がオプション設定されてあるためです。う〜む、悩ましい。アメリカ人でどれだけの人がこんなもの使うのだろうか!!大体・・・アメリカ人が何を「おろす」の [続きを読む]
  • 冬のデモ・ガーデン。
  • この季節になると、マスターガーデナーオフィス・ビル前のデモンストレーション・ガーデンも寂しくなります。毎週の水遣りも時間がかからなくなってくるはずですが・・・駐車場の一角に野菜ベッドが造られた昨年からは、冬であっても毎週管理が必要。なにしろ、冬には冬の作物です。アメリカ南部のノースカロライナ。冬でもさすが、冬野菜の成長は見事です。今日はこの野菜ベッドに潅水中、けたたましいサイレンが!!オフィスの裏 [続きを読む]
  • アメリカで「日野菜漬け」第一号。。。   
  • 少しは「初冬」らしくなったのだろうか?・・・と思ってしまう最近のノースカロライナ。見た目は微妙ですが・・・・朝の気温は確実に寒くなった・・・・・・のだが、日中の最高気温はまだまだ健在。これに結構惑わされます(笑)。でも、植物は季節の変わり目に敏感・・・着実に季節の変化に対応しています。先日、ファーマーズマーケットで発見した「日野菜カブ」。(画面右)今の時期にこの大きさですから植え付けはおそらく8月 [続きを読む]
  • 今年最後のシソで何作る? 
  • さて・・・もう11月にもなってこういう話題も時期外れ・・・・・・・・でしょうが。。。先日、霜が降りるまでは元気だった赤シソ。日本なら、こういう赤シソは梅干しを漬ける6月頃に短期間売られるのでしょう。残念ながら、先日の寒波で見事に「ご臨終」。。。・・・でも、諦めきれずに萎びた葉を塩もみして・・・=「赤シソの塩漬け」「ゆかり」の代わりに。「梅干し擬き」の色付けにと、重宝します。ナスときゅうりで「紫葉漬け [続きを読む]
  • 英語だと「NANAMI TOGARASHI」???   
  • この頃は気温も下がり、アメリカ南部のノースカロライナといえども、冬の足音が近付いてきた感があるダーラムです。こうなると…さすがに寒い。・・・なので、ランチは「鍋焼きうどん」という日も増えました。↑、具が倍入っているというご指摘がありますが、これは二人分のため(笑)。そして、じっと見ていたら気が付いた!ご存知「S&Bの七味唐辛子」。「七味唐辛子」はアメリカでも、今や町中のスーパーには必ずあるという普及 [続きを読む]
  • ノンオイル・シソドレッシング。
  • 日本ならば、もはや冬というこの時期に、「ジャーマンダー」と「セイボリー」の花が咲いてしまうノースカロライナ。↑は豆料理に活躍するセイボリー。ラベンダー、ローズマリー同様、樹木化するウィンター・セイボリー。プロヴァンスで購入した「エルブ・ドゥ・プロヴァンス」にはこのセイボリーが入っていました。あまり他では見られない配合です。さて、なんとなく冬っぽくなってきた我が「菜園」ですが・・・・四角豆を撤去した [続きを読む]
  • たまに食事会でも・・・
  • 久しぶりに、サクッと食事会をして見ました。まァ、いつもウチの冷蔵庫にある常備菜を並べただけですが。。。。上の段は漬物類が多いですね。左から「五目豆」「伏見唐辛子の佃煮」「小松菜の炒め煮」「大根漬け」下段左から「ししとうの塩炒め」「金糸瓜のナムル風」「ズッキーニのナムル風」上段左から、前述の「大根のジップロック漬け」。「ミョウガの甘酢漬け」「山形のダシ」「さくら漬け」下段左から「煮なます」「カボチャ [続きを読む]