Laceyblue さん プロフィール

  •  
Laceyblueさん: Rosemaryとハーブの日記帳
ハンドル名Laceyblue さん
ブログタイトルRosemaryとハーブの日記帳
ブログURLhttp://laceyblue.blog86.fc2.com/
サイト紹介文英国王立園芸協会・ロンドン本部所属のハーバリストです。海外のハーブ生活を日記にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2007/07/18 11:21

Laceyblue さんのブログ記事

  • アメリカでしみじみ「五目豆」
  • 4月ももはや終わり近くなり・・・Oatで手の付けられなかった昨年の畑の時限に近付きつつあります。。。3月中の低温の影響は甚大で↑苗はまだこんな状態。。。かなり焦っています(汗、汗)。例年なら、この時期には夏野菜の植え付けが終っていなければなりませんが・・・とても、そんな状態ではありません。さて・・・どうしたものか。。。5月になれば、あっという間に気温は50℃。。日本では考えられないようなスピードで、一気に [続きを読む]
  • 獣が出て来た日・・・
  • ついに今年もこういう日がやってきました。。。やたらと蒸し暑いこの日に。。。。コミュニティの浸透池の向こうから、そいつはやってきた。。。グラウンドホッグ(ウッドチャック)。完全冬眠動物ですが、このところの陽気で目が覚めたらしい。。。最大級のリス。マーモット。体長65cm、体重6キロでは、もはや「可愛い」レベルではありません!去年は突然の来襲で、硬い「鉄カブト」=「カボチャ」も10個ほど食べられてしまいま [続きを読む]
  • ウズベキスタンの「ラグマン」
  • 日本式に言うと昨年の「第4四半期」ということになるのでしょうが、今年の1月〜3月は、例年に較べて大荒れ、低温の年になったといえるでしょう。設備を増強していた、屋内の発芽装置は、文字通り「発芽」までは良く機能しましたが、その後、苗を外に出せない日々が続き、苗の生長はこの2か月止まったままです。温室内も同様で、ちび苗たちは4月になっても1月当時とほとんど変わりません。。これは一体どうしたことか???4月後半 [続きを読む]
  • Casey's Buffet Barbecue & Home cookin'
  • 見た目はボロいBBQレストラン。「毎日豚足」って書いてある!!でも、味の方は・・・2017年「Best Of The Best Barbeque Winner」という、とんでもないお店。店内は・・・ほんとボロ。。継ぎ足し継ぎ足しで拡張したみたいです。有名人がたくさん来ているようですが・・・我々が知っている人はいない。。。。ここから奥が「魔窟」・・・いえいえ、バッフェ台。物凄い熱気です。。。Home cookin'といっているだけあって、文字通り家 [続きを読む]
  • 「Naan Stop Indian Cuisine」
  • ダーラムのデューク病院近くに出来た新しいビルのインド料理の人気店。ノンストップのダジャレ・・・でしょうか?お昼時はインド料理店のお約束でバッフェですが、デュークの学生とおぼしき若者が集まってきます。安くて美味しいものには、よく集まる学生ですから、きっとここは外れではないのだろう・・・と、バッフェ台のラインナップは・・・まあ、普通のレベルでしょう。特に種類が多いわけでもなく、少なすぎることもない。サ [続きを読む]
  • 「サラダチキン」(茹で鶏)の作り方・覚書。
  • ついに4月も後半に突入。。。見た目は結構「春」なのですが、突然、激しい雷雨に襲われたり、夜中に竜巻警報が鳴ったりと・・・アメリカの季節の変わり目らしい荒々しい天気が続いているノースカロライナ。取り敢えずは、畑の拡大に伴い、移植したドワーフ・アイリスも順調に咲き始めました。これはこれで、一安心。。。ここまで来て、かなり遅れた情報。。。ここ数年の話らしいが。。。。日本では、セブンイレブンの「サラダチキ [続きを読む]
  • Alpaca Peruvian Charcal Chicken
  • 最近、よく見かけるようになったペルー料理のチェーン店。「アルパカ」Grillです。ペルー料理というと、チキンが一般的。・・というか、南米はチキンが多い。。。入口から入ってすぐ、注文カウンターに並びます。ここで、カウンター上のメニューを見ながら注文。。。番号札をもらって、空いている席で待っていると、料理が運ばれてきます。今日の注文は「ARROZ CHAUFA」A PERUVIAN STYLE STIR-FRIED RICE WITH CHICKEN, SAUSAGE, E [続きを読む]
  • 畑の土起こしと「豚キムチ丼」
  • 収獲が終って放置していた部分から、ブロードホークで、土(粘土)を起こしていました。こんな風に、畑のほぼ全面。。。エッサホイサ・・・・ひたすら力仕事。。。文字通り、土をひっくり返します。。。先日の「回鍋肉丼」では、ここまでのエネルギー・・・・(爆)。その後、オーガニック除草剤で、雑草を枯らします。ウチで使っているのは、大豆油ベースの除草剤。選択性はないので、植物体にかかるとなんでも枯らしてしまいます [続きを読む]
  • 油断できない「春」とカップ「ちらし寿司」??
  • 見た目の季節は着実に春の様相を示してきたノースカロライナですが。。。「芝桜」のような北米が原産の植物は、多少の寒波などものともしませんので、コレを信用してはいけません。。。日中の気温が、たとえ30℃を越え、40℃に迫ったとしても・・・ここの遅霜の期限はあくまで4月16日であることを、頭から追い払ってはいけません(笑)。これがノースカロライナで、農業を営む人の鉄則です(爆)。。。短期予報によれば、4日後には [続きを読む]
  • 「回鍋肉丼ぶり」
  • 春になると途端に忙しくなるのが「畑仕事」!!今年は特に、ここまで我慢の連続でしたから、やっと季節が「キター!!」の状態。。。。・・とはいっても、体一つが資本の農家ですから、そうそう一気に働けるわけはない・・・・↑は、前作が終ったあと、とりあえずブロードホークで土起こししただけで、その放置している畑。。。。早よ、何とかしなければなァ〜。。。。。グラウンド・ベレーカー入れて、肥料を播いて・・・その前に [続きを読む]
  • インド&ネパール料理店「KABAB AND CURRY」
  • 本日は州都ローリーまで、所要があったので、ノースカロライナ州立大学前のお店でランチになりました。色々な国からの学生が集まる大学なので、インターナショナルな学生街の様子を呈していますが・・・基本的に「学生街」なので、高級感はありません。その分安心しては入れるお店ばかりといった印象です。この辺りでは結構な人気店のこのお店、「KABAB AND CURRY」。。。CURRYはインド料理なので、当たり前ですが、なぜ「KABAB」 [続きを読む]
  • ファーマーズマーケット、デビュー!!
  • 前日の夕方まで、PL保険=「生産物賠償責任保険」の手続きに追われ、ぎりぎりで間に合ったセールス初日。。。。まだ、法人化の手続は未完了の段階ですが、なんだかんだで、ファーマーズ・マーケット、デビュー・・・となりました。が・・・4月初日は猛烈に寒い雨。。。。夜には雪。明日の朝には氷点下という、この季節には相応しくない荒天。レギュラーマーケットというか、サマーシーズン・マーケットということもあるのだが・・ [続きを読む]
  • アメリカで「筍ご飯」
  • ここまでくると、さすがにノースカロライナでも、「春」めいてくるはずなのだが・・・?昨年は、元旦だけで寒波が終り、そのまま2月から4月に向かって気温がぐんぐん上がったのだが、今年は年末から1月頭まで超長期の寒波に加えて、3月にたびたびの氷点下を記録するなど平年に較べて平均−10℃という低温の冬になりました。それでも季節が廻れば芝桜は咲く(爆)。さすが、北米が原産の植物は強い。。一応・・・・4月なので、そろ [続きを読む]
  • 2018年春のプランツセール。
  • 今年も4月頭にやってきましたDuke Gardens Plants Sale.人がいないのは、ちょうどランチタイムだからです(笑)。本日は、午前中からセットアップ。午後4時から、ガーデンメンバーの優待セールスになっています。何が「優待」かというと、一般の人が来る前の日のうちに、欲しい苗を買えるということ。。。いつもながら、当たり外れが大きいマスターガーデナー・ブース(爆)。出品される苗はファンドレイズのドネーションです。無 [続きを読む]
  • ISTANBUL RESTAURANT
  • ノースカロライナ、トライアングル地区の人気の町、ケーリーにあるトルコ料理店です。以前同じケーリーの、アムトラック駅近くのトルコ料理の人気店「ボスボラス」を紹介しましたが、ここもまた人気があるようです。店舗の方は、トルコ料理店のお約束・・・というわけではないのでしょうが・・・フルイです。中はまあまあ広い。地元のトルコ系のお客が多いので、店内は(たまたまかもしれませんが)ちょっと賑やかです。注文すると [続きを読む]
  • アメリカで「煮なます」
  • 3月中は、低温の日々が続き、2、3日ごとに雨が降るというそれまでとは、一変した天気のために、畑仕事が滞りがち。。。おかげで、3月月中の降水量は久々に平年並みとなりました。さて・・・昨年はここで、Oatsを播いたため、5月まで畑仕事が出来なくなり、夏野菜の植え付けが大幅に遅れましたが、今年は雨のために土起こしで止まっているだけです。で、ここでGroundbreakerの投入。。。ノースカロライナのオレンジ粘土を破砕するに [続きを読む]
  • ペルー料理「Mi Perú Peruvian Cuisine 」
  • ダーラムのダウンタウンからチャペルヒルに向かう501号線と、並行して走るUniversity Rd.のターゲットの近く・・・地元の日系人にとっては中華系グロッサリーのLi Mingの近くにあります。比較的新しい、BB&Tのモールの中です。お店の中はごく普通の食堂といった感じ。メニューは基本的にスペイン語。お客もスペイン語でやり取りしています。ペルーの人にも人気があるようであれば、これは本場ものかも!!っと期待が膨らみます。ス [続きを読む]
  • お手軽「ガンボ」
  • アメリカ南部料理の代表格のように言われているのが「ガンボ」。もしくは「ガンボ・スープ」(英語では言いませんが)・・・・・・ですが、ノースカロライナのようなアッパー・サウスでは、あまり縁のない料理です。ルイジアナを起源にするメキシコ湾沿岸の料理です。もっとも、今では全米で普通に食べられているものなので、↑のようなお手軽キットは全国のスーパーに見られます。お値段も、$1ちょっとくらい。。。このひと箱で1 [続きを読む]
  • 園芸資材の「Logan's One Stop Garden Shop」
  • 州都ローリーの中心部にこれだけ広大な売り場を持っていることだけで驚かされるガーデンセンターです。↑もともとはアムトラックの駅舎だったらしく、後背地の線路には時々NY行きのアムトラックが止まっていたりします。線路沿いの屋外売り場には、この季節、毎日のように苗が運ばれてきます。屋内も満杯状態。年間で一番の稼ぎ時・・・なのでしょうね。園芸に関係するものは、なんでも、びっくりするほど豊富に集められています。 [続きを読む]
  • アメリカで「白魚とセリのかき揚げ天」
  • 昨年末から今年の1月初めまで続いた、長い大寒波の影響で、ウチのセリ畑はかな〜り具合が悪かったのですが・・・ここまで来てやっと回復の兆しが見えてきました。試しにちょっと収穫してみると・・・この時期としては、まだまだ小さいものの、やっと使える位には生長している!・・・ということで、本日は、春らしいお料理で、「白魚とセリのかき揚げ」を中心に組み立てた献立です。かき揚げ以外では「アスパラの天ぷら」「春ニン [続きを読む]
  • 人気一番「メンチカツ・アメリカーナ?」
  • 「メンチカツ」というのは「日本の料理」だそうだ。。。明治時代に東京浅草の洋食店が「ミンスミートカツレツ」(和声英語)として販売したのが起源とされ、のちに関西に伝わった料理です。従って、これは「和食」。。。日本ではだれでも知っていますが、一歩外へ出れば、誰も知らない料理の一つ(爆)。作り方は、いたって簡単。挽肉にキャベツとパン粉、卵を混ぜて粘りが出るまで、良くこねて・・・・整形。。。元がハンバーグに [続きを読む]
  • アメリカで「魚の粕漬け」
  • アメリカでは、まず売っていないのが「粕漬け」。魚でも肉でも漬けられますが、こういうのって、手軽に買えるのは、やはり日本国内だけでしょうね。もっとも、日本でも「出来合い」よりは自分で漬けた方が数段美味しいのも事実!最近はアメリカでも清酒を作っているので、酒糟自体は売っています。運よくこれを手に入れたら、酒糟と味噌、みりんを合わせて、漬け床をつくる。酒糟が固かったら、日本酒で緩めます。今回は、Costcoで [続きを読む]
  • 久しぶりにホームパーティー!
  • 久しぶりにホームパーティーを開きました。スモールグループの集まりです。今回は日本人4人に中国人1名のほんとに小さな集まり。アジア系ばかりだと、勢い魚。特に「生」っぽいものが多くなる。まず「カツオのたたき」「ハマチの刺身」最近はアメリカでもイエローテールで普通になりました。「ホタテのカルパッチョ風」オイルを避けて、塩とライムジュースで〆ています。「鮭のカルパッチョ」アメリカの鮭はさすがに脂が多いので、 [続きを読む]
  • 韓国麺のチャンポン「Champpong」?
  • 今日は小雪がちらつく寒い日になったので、畑作業は無理・・・・自宅から小1時間ばかり走ったところにある「倉庫型農業資材店」に買い出しに行きました。ウチの規模だと、こういうお店でも単位が多すぎますが、何しろプロショップは、普通の園芸店に無いものが直接見れますから。。。上の青い箱は、ファーマーズマーケットでイチゴ農家が良く使う、ストロベリー・バスケット。下の白い布は、パリカーボネートの不織布。フロストカ [続きを読む]
  • お手軽「炊飯器ジャンバラヤ」
  • ルイジアナのニューオーリンズ辺りのケイジャン料理・・・ということになるのだろうが。。。「ジャンバラヤ」。。。スペインのパエリアを起源とする米料理・・・というのが、一般的な解釈になっている。もっとも、この説も明確な証拠はないので、「そうらしい」という推測の域を出ないのではあるが。。。とりあえず・・・今は↑がある(爆)。この作り方を見る限り、フライパンまたは大きな鍋でパエリアのように作るのだが、日本人 [続きを読む]