aki さん プロフィール

  •  
akiさん: ジョンメリの為替バカ一代
ハンドル名aki さん
ブログタイトルジョンメリの為替バカ一代
ブログURLhttp://johnmeriwether.blog57.fc2.com/
サイト紹介文軍資金30万から始めたFX投資日記です。 目指せ、年率120%! ワタシは出来る子っ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2007/07/19 04:29

aki さんのブログ記事

  • 投資は損をする仕事
  • 臆病者のための株入門という著書の中で橘玲さんは「投資は損をする仕事だ」といっている。実際のところ、トレーディングをおこなううえで損失をゼロにすることは不可能で、ミスは必然的におこりうる。このミスとの付き合い方、損切りをした後の心の持ちようで、投資のパフォーマンスは著しく変わってくる。損失が生じてしまったら、悔やんでも仕方がないので、それまでのことは脳内の記憶から消去して、次のトレードチャンスを見つ [続きを読む]
  • 今週の成績
  • 8月13日  +7038月14日  +1958月15日  +27028月16日  −31438月17日  +20total  +478為替マーケットはお盆に関係なく動いているので、トレーダーも通常営業である。このところ母親の看護に忙しく、病院と自宅を往復する日々が続いている。8月16日の特損はスイングトレードの損切り。自分の場合、統計的に木曜日は負けやすいというジンクスがある。やはり、ポジションを長く持ち越すとそれだけリスクが高まる。大き [続きを読む]
  • クロス円の巻き戻し
  • 午前11時、「中国商務次官が貿易交渉で8月末に訪米する」との報道を受け、クロス円が全面安になった。米中首脳陣の歩み寄りにより、米中貿易摩擦への懸念が後退するとのコンセンサスが生まれ、それまでリスクオンで売られたいた円の巻き戻しが進んだ模様。ドル円5分足チャートドル円は、110円40銭から110円88銭付近まで急反発した。ユーロ円が125円29銭付近から126円11銭付近まで、ポンド円も140円20銭付近から140円99銭付近まで、 [続きを読む]
  • トレーディングは冷静な人が有利に働く
  • 相場で恒常的に勝てる人ってのは、必ずしも頭のいい人ではないと思う。FXで大損し、会社のお金を横領した伊藤忠商事の元社員は、灘中学⇒灘高校⇒東京大学という経歴のスーパーエリートだった。キャリアの浅いトレーダーが退場する理由ってのは、だいたい決まっている。失ったお金を必ず取り戻さんとばかりに気負いすぎ、冷静さを失い、後に引けないようなギャンブルトレードをしてしまうんだよね。熱くなりすぎて脳内麻薬が大量に [続きを読む]
  • コネクティング・ドッツ
  • 過去のつらい体験が、その後に思わぬところで役に立ってきたということはよくある。そのときどきは偶然による選択であっても、後で考えるとあたかも必然であったかのように、過去の出来事と未来の出来事がつながっていることは珍しくない。そういった意味では、人生に無駄な経験は何一つないといっていいかもしれない。かってスティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の2005年の卒業式のスピーチで語ったように、出来事のつなが [続きを読む]
  • やる気のスイッチ
  • 天賦の才能を持つとされる人物は、どの分野でも少なからず存在する。将棋や野球などは、それこそ幼い時から周囲を圧倒するような飛びぬけた才能の持ち主でないと、その世界で頂点をつかむのは難しい。だが、才能だけでは成功できないケースもある。類まれな素質に恵まれ、将来を嘱望されなから、開花できないまま生涯を終える人も少なくないだろう。一方で、卓越した素質はなくとも、頭一つ抜け出した活躍をしている人も多い。では [続きを読む]
  • 今週の成績
  • 8月06日  −768月07日  +8178月08日  +308月09日  −31838月10日  −14total  −24268月9日の特損は先週からの持ち越しの含み損をロスカットしたもの。これがなければ今週はプラスだったのだが、いずれにしても目を覆うばかりの成績だ。これで専業トレーダーというのだから笑わせる。 [続きを読む]
  • トルコリラ大暴落
  • 連日史上最安値を記録していたトルコリラが午後の東京市場で暴落した。対円で一時17円台に突入し、一日でじつに10%超の下落となった。トルコリラ30分足チャートトルコリラはスプレッド幅が大きいので手を出さない。ショートで儲けそこなったなんて間違っても思わない。トルコリーグのガラタサライに所属している長友選手は給料を米ドルでもらっているのか、それともトルコリラでもらっているのだろうか。もっかのところ、それが一 [続きを読む]
  • 自作の小屋で暮らそう
  • アマゾンの隠れたベストセラー本で、単行本のほうは売り切れになって高い値段で取引されている。筆者の提唱するBライフは「100万円たらずの先行投資プラス月々20,000円でネットが使える生活」である。小屋を建てて必要最小限のモノに囲まれて生活するという、節約と言うにはあまりに極端なライフスタイルではあるが、お金に縛られない「自由」な生き方でもある。「誰が決めたか知らないが理不尽にハードルの高い、普通の人が存在す [続きを読む]
  • Lebron james vs Donald trump
  • NBAのスーパースター、レブロン・ジェームズが、CNNのインタビューでトランプ大統領がスポーツを使って社会を分断しようとしているなどと語ったことに対して、8月3日未明、トランプ大統領がCNNレポーターとレブロンを「頭が悪い」とツイッターで批判した。もともとこの二人は去年から確執があったが、今回のツイートに対し、アメリカのスポーツ界はレブロンを全面的に擁護する姿勢を示している。とくにレブロンと同じコミュニティ [続きを読む]
  • 長良川花火大会
  • 週末、13年ぶりに長良川花火大会に行ってみた。ぼくが小学校の頃は、19時半から21時ぐらいまで2時間以上開催されていた。今は20時ぐらいで終わってしまう。花火が素晴らしかっただけに、もう少し見ていたかった。一眼レフカメラを忘れたのでiPhoneで手持ちで撮ってみたんだけど、予想以上にブレないで撮れている。もし一眼レフだったら、三脚なしではこんな綺麗に撮れなかっただろう。最近の携帯カメラは写真の知識がなくても、自 [続きを読む]
  • 勝つためのトレードと検証のためのトレード
  • 勝てるようになるには、当然のことながら「勝てる根拠」を明確にしておく必要がある。逆に言えば、「勝てる根拠」を設定しておかなければ、勝っても負けても、そのトレードには意味がない。勝てる根拠を持って臨めば、たとえ負けたとしても「その根拠は間違っていた」ということを確認することができる。ギャンブル的にトレードして勝つよりも、勝てる根拠を持って負けたほうが大きな学びとなる。トレードを初めて日が浅いころは「 [続きを読む]
  • うつ病九段
  • 早熟の天才将棋棋士、先崎学九段のうつ病体験記。筆者曰く、鬱病回復期末期の患者が、リハビリも兼ねて書いた世にも珍しい本。日常生活が困難になると同時に、まともに将棋を指すことができなくなってしまうという恐怖。そんな勝負の世界に生きる棋士ならではの苦悩が赤裸々に吐露され、リアルな体験記として読み手にもひしひしと伝わってくる。人間誰しも落ち込んだり暗くなったりするが、本当の鬱病というのはそんな生易しいもの [続きを読む]
  • 今週の成績
  • 7月30日  +07月31日  +1578月01日  +6338月02日  −4478月03日  +463total  +805今週はFOMC、日銀会合、雇用統計とイベント盛りだくさんだったが、日足で俯瞰するとボラティリティそのものは大きくなく、トレンドを追随するようなスタイルよりも、レンジの上下を細かくとっていく逆張りのほうが稼げたかもしれない。両建てのスイングトレードの含み損が残っているが、来週の頭にはすべてロスカットするつもり。ス [続きを読む]
  • 米・雇用統計
  • 日本時間午後9時半発表。農業分野以外の就業者数は前の月と比べて、15万7000人の増加。19万人程度の増加を見込んでいた市場予想を下回ったが、発表直後は大きな変動はなかった。値幅だけでなく、発表後の値動きも緩慢で、リスクを取りずらくなっている。以前は、発表直後に急騰・急落して、50pips 100pipsと順張りで稼いでいたトレーダーも多かったが、今はとてもじゃないがそんな手法は通用しない。ドル円10分足チャート米雇用統 [続きを読む]
  • 名古屋グローカルホステル
  • 名古屋にある安宿のひとつ、グローカルホステル。手作り感満載で、90年代バックパッカー全盛時代のの匂いがする。日本を訪れる外国人は増えているが、海外へ出ていく日本人の若者は少ない。若干の閉塞感が漂う今の日本で、こうした雰囲気の宿を見つけるとホッとしてしまう。 [続きを読む]
  • 悪い勝ち方と良い負け方
  • トレードで安定して勝ち続けるようになるには、まず自分のスタイルを確立することからはじまる。大切なのは、調子が悪くてもそのスタイルを崩さないことだ。たとえば、損切りを10PIPSと決めたら必ず守ることとか、ルールを途中で変更しない。最初のころの自分は、そういった基本的なことができていなかった。勝負の世界において、手法に迷いが生じ、途中から変更してしまうのは絶対に避けるべきだ。同じ負けるにしても、最初に自分 [続きを読む]
  • 米・FOMC
  • 日本時間午前3時発表。経済活動の表現を「底堅い」から「力強い」に変更など、いつも以上にこれといったインパクトがないパッとしない内容。発表時間に向けてドル安円高に振れていたが、FOMC声明後は反転した。ドル円5分足チャ−トトランプが大統領に就任してから、経済指標の変動幅が少なくなったような気がする。今回のFOMCも例外ではなく、それほど動かない。深夜3時まで起きていてトレ−ドする意味がないような。次回からはも [続きを読む]
  • 火星大接近
  • 昨夜の夜は、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近した。その距離、約5760万km。単位が大きすぎてピンとこない。イーロン・マスク氏が2060年代までに100万人を火星に移住させる大胆な計画を発表しているが、自分が生きているうちに民間のロケットで火星に旅行できることが可能な時代が来るだろうか?もし現実に行けたとしたら、旅費はいくらぐらいになるだろう。月と違って何日間もの宇宙空間での滞在が必要なので、その価格は億単 [続きを読む]
  • 日銀会合
  • 日銀は7月31日に開いた金融政策決定会合で金融緩和の強化を決定した。物価が上がりにくいことを踏まえ、「きわめて低い長期金利の水準を維持する」と明確に約束した模様。このニュースを受け、東京時間は壮絶な”円売り祭り”になり、NY時間はさらに”ドル買い円安”が加速、ドル円は一時111.95円付近まで上昇した。ドル円30分足チャートここからさらに上昇すると思えず、かといって円高になる材料も見当たらない。今週末の雇用統 [続きを読む]
  • ホテル・アンドルームス名古屋栄
  • 今年の6月にオープンしたばかりのホテル・アンドルームス。部屋も広くて、スタッフのサービスも洗練されている。屋上には、大きな庭付きの風呂がある。名古屋での常宿になりそうだ。そして、なによりも気に入っているのは、1階にあるカフェ。コンセント完備で、ネットが接続でき、スタバのように混んでいないのがありがたい。BGMはオーナーの趣味なのか、いついっても70年代から80年代にかけてのブリティシュロックがかかっている [続きを読む]
  • 時間の価値
  • 経済全体での貴重資源はエネルギーであったり、食料であったりするが、個人にとっての希少資源といえば、まず思い浮かぶのが時間だ。長い人生の中では、時間よりもお金が大切だと思うときもあるが、歳を重ねるごとに時間の希少性が増してくる。時間を大切にするために気を付けるべきことは、自分の時間を簡単に売らないことだ。「お金が手に入るなら人生の時間が減っても気にならない」という考えに染まっていたのでは、自分の人生 [続きを読む]
  • 槍ヶ岳山行記録
  • 7月の暑い真っ盛り、テントを背負って槍ヶ岳山頂を目指した。早朝7時、上高地バスターミナルを出発。ハイシーズンのこの時間帯は東京や関西方面から深夜バスが続々到着する。河童橋から焼岳を望む。上高地の代表的なランドスケープ。小梨平のキャンプ場。いつも通り過ぎてしまうけど、いつか時間の余裕のある時にのんびりと滞在してみたい。明神までは木道をマイペースで歩く。小鳥のさえずりが心地よい。小梨平から明神まではニホ [続きを読む]
  • 今週の成績
  • 7月23日  +07月24日  +07月25日  +07月26日  +937月27日  +45total  +1381週間あまりの槍ヶ岳山行終了。25日に上高地から下山し、怪我をせず無事に帰ってこれたと安堵のため息をついている。山に長期間籠ると命の尊さにいまさらながらに気づき、日常生活の感覚のすべてがリセットされる。下界の空気がいつになく新鮮に感じる。 [続きを読む]