aki さん プロフィール

  •  
akiさん: ジョンメリの為替バカ一代
ハンドル名aki さん
ブログタイトルジョンメリの為替バカ一代
ブログURLhttp://johnmeriwether.blog57.fc2.com/
サイト紹介文軍資金30万から始めたFX投資日記です。 目指せ、年率120%! ワタシは出来る子っ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2007/07/19 04:29

aki さんのブログ記事

  • 藤原岳登山行
  • 先週末、花の百名山と称される藤原岳に登ってきた。お目当ての花は見つけられなかったが、それなりに充実した山行になった。登山口付近にある鳴谷神社には鳥居に独特のデザインのしめ縄で結界が張られてあった。鈴鹿山脈にはクマが生息しているらしく、藤原岳はとくに多いらしい。裏登山道の聖宝寺登山口。濁流をせき止めるダムを超えて山に入る。三筋滝に到着。ここの水は長命水と言って飲めば長生きができるという。せっかくだか [続きを読む]
  • 脱逆張り宣言
  • コントラリアンとは、逆張り手法のこと。もっとも、コントラリアンといっても、時間軸の取り方によって様々な解釈が成り立つ。たとえば、ウォーレン・バフェットの安く買って高く売るやり方もある意味コントラリアン的な手法といってさしつかえないと思う。ただし、自分が行っているのは、超短期の時間軸におけるスキャルピングの逆張りだ。価格がそれなりに上昇した場合に、戻りを期待して売りに回り、逆も然りという戦法になる。 [続きを読む]
  • Gregory Baltoro 65
  • 8月の北アルプス縦走の為にグレゴリーのバルトロ65を購入。バックパックのロールスロイスと言われるだけあって、背負い心地は抜群。しかし、いきなり藤原岳登山に使用し、泥まみれになってしまった。 [続きを読む]
  • 今週の成績
  • 6月11日  +536月12日  +2366月13日  +1266月14日  +7176月15日  −2186total −1052木曜日の深夜、ECB理事会のユーロ売りでやられる。やっぱり逆張りはダメだね。典型的なコツコツドカンの取引に我ながら呆れてしまう。14日まで順調に稼いでいたのに、気分が沈む週末になってしまった。 [続きを読む]
  • ハウスマネー効果
  • ハウスマネー効果というのがある。これは、幸運によって得たお金は、努力して得たお金よりも荒っぽい使い方をするという効果で、よく挙げられる例としては、カジノなどのギャンブルで儲けたお金をまたすぐにカジノですってしまうようなケ−スだ。「ハウス」はカジノの意味で、ハウスマネー効果の名前はこの言葉に由来している。たとえば、宝くじが当たったり、忘れていたへそくりが出て来たりしたときに、ついつい財布のひもを緩め [続きを読む]
  • ECB理事会
  • 欧州中央銀行は14日の理事会で、量的緩和を今年10月以降は月間150億ユーロに縮小し、年内で終了する方針を決定した。金利については「現在の水準に少なくとも2019年夏までとどまる」との見通しを示したが、これが大きなサプライズと受け止められ、対ドルで1.1554付近まで下値を拡げ、対円で127円70銭付近まで水準を引き下げた。これは1日の下落としては昨年10月以来の大きさとなる。ドラギECB総裁発言からのユーロ売りは、日本時間 [続きを読む]
  • 他人からの悪意にどう対処するか
  • 誰もが手軽に情報を発信できる時代になった。ツイッター、フェイスブック、インスタグラムとSNSは日々進化している。しかし、それにともなってトラブルが増えているのも事実だ。昔はそこそこ名の知れた敏腕トレーダーのブログがたくさんあった。それが、2013年頃からどんどん減っていった。理由は、儲かっているトレーダーに対して、嫉妬から来る罵倒や誹謗中傷が多くなったからだ。せっかく成功している人がその秘訣を惜しみなく [続きを読む]
  • りきどう
  • ずっと気になっていたお店、りきどうに行ってきた。ラーメンとつけ麺に定評のある地元の人気店で、食べログの評価も高い。ここの名物はなんといっても自家製麺。「細麺」、「太麺」、「小平麺」、「凄平麺」の4種の麺から選べる。お店の代名詞とも言えるのがきしめんよりもさらに極太の「凄平麺」だが、今回はオーダーしなかった。お店は岐阜駅からクルマで10分ほど。和風テイストのシンプルな外観で目立つ。人気メニューの1つであ [続きを読む]
  • 米・FOMC
  • 日本時間午前3時発表。市場の予想通り0.25%の利上げを実施をし、金利を年内あと2回の利上げに上方修正するとの発表。これがポジティブ・サプライズと受け止められ、米ドルが買われ、円が売られた。しかし、会見中に、ウォール・ストリート・ジャーナルの「中国からの輸入品への追加関税を早ければ15日に発動する可能性」のニュースが伝わり、その直後から相場が反転、戻り売りが強まる。結果、ユーロドル、ドル円ともにFOMC [続きを読む]
  • スガキヤの冷し中華
  • 名古屋のご当地ラーメンといったらスガキヤが有名だが、全国区に誇れる味かといえば、個人的には「う〜ん…」という感じになってしまう。それでも、この夏限定の冷やし中華に限って言えば、素直に美味しいと思う。そもそも冷やし中華は味が定番化されているので、美味しいかどうかよりも値段が安いか高いかというのが評価の基準になってしまうのだが。ちなみにスガキヤの冷し中華は480円。 [続きを読む]
  • 米朝首脳会談
  • トランプ大統領と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は、シンガポールで史上初となる歴史的な首脳会談を行った。内容的には、これから頑張ろうね的な大まかな方向を確認する程度で、「完全非核化」に向けての具体的な案は示されなかった。しかし、今回のイベントは開催されただけでも意義がある。トランプ大統領は強引な賭けにでて、しかも今のところはうまくいっている。もし本当に北朝鮮の核廃棄を現実のものにしたなら、偉大な大 [続きを読む]
  • モチベーション 3.0
  • モチベーションをコンピューターのOSに例え、どのようにモチベーションをアップさせればいいのか解説している本。「モチベーション3.0」とは、アメとムチのような外発的動機ではなく、自分の内面から湧き出る内発的動機付けで行動することを意味する。たとえば、エクササイズを始めるとき、高校の同窓会に出席するために減量したいと考えるのは外的な動機づけになる。それも有効な方法だが、同窓会が終わったとたん、やる気がなく [続きを読む]
  • 幸せになるお金の使い方
  • プチ億万長者が増えているらしい。純資産が1億円以上の富裕層は国内に120万世帯以上と、アベノミクス前の2011年に比べて5割も増えた。株や仮想通貨の上昇でリッチになった人達は、従来の成金型の富裕層と消費スタイルも違うようだ。服装や時計にお金をかけず、コスパ重視で、エンゲル係数も一般人と変わらない。この傾向は日本だけでなく、海外でも顕著で、ファンドの経営者やIT企業のオーナーは莫大な資産を保有しながらも、私生 [続きを読む]
  • 福澤桃介生誕150年記念展
  • 岐阜県博物館で開催されている「福澤桃介生誕150年記念展」にいってきた。今回の展示品はおよそ100点。稀代の相場師と謳われた福沢桃介の人生が少しだけ垣間見えた。今から150年前、日本が近代国家に生まれ変わろうとする1868年に岩崎桃介は武蔵国(埼玉県)に生まれる。福澤諭吉に才を見込まれ、養子に迎えられた桃介は直ちにアメリカへ留学し、帰国後、結核で療養中に株式投資を始める。当時、桃介には3000円の貯金があり、その [続きを読む]
  • cleveland cavaliers vs golden state warriors 2018 game 4
  • 2018年のNBAファイナルは、あっけなく終わってしまった。大方の予想どうりウォリアーズが昨季に続いて2連覇を達成した。スペインの超名門サッカークラブ、2000年代のレアルマドリードは、その戦力の豪華さから「銀河系軍団」と称されたが、今のウォリアーズはまさにNBAにおけるかってのレアルマドリードのような眩いばかりの存在感を放っている。スタメンはNBA屈指のオールスター選手が4人、しかも攻守のバランスがとれ、どこから [続きを読む]
  • 今週の成績
  • 6月04日  −2116月05日  −346月06日  −656月07日  +3946月08日  +37total +121自分が理想とするトレードがまったくできていない。むしろ、やってはいけない一つ間違えば大損しかねないトレードをしている。さらにやっかいなのは、そんなトレードを繰り返しているにもかかわらず想定外に儲かってしまっていることだ。正しいトレードが必ずしも儲かるとは限らず、間違ったトレードをしたからって損するとは限らない [続きを読む]
  • 大負けする人、しない人
  • トレードで大負けするパターンのひとつに、負けた金額をその日のうちに取り戻そうとするのがある。その場合、少々荒っぽい強引なトレードになるケースが多い。場を見て状況判断をしているわけでもなく、やみくもにレバレッジをかけたり、ナンピンを仕掛けたりするのは、マーケットからの退場を早める結果になる。トレードの上手い人は、無理に失地を挽回しようとしない。負けトレードが連続で続いた場合でも、決して焦らない。冷静 [続きを読む]
  • 脳とトレード
  • トレードしているとき、人の脳内ではどのような事が起きているのか?なぜ投資家はトレードで損をしてしまうのか、どうして自分の設定したルールに従い続けるのが難しいのか、その理由を医学的検証結果をもとに、最新の脳科学と脳のスキャン画像を使って説明している。本書の第2部の「感情と投資」では、ウォーレン・バフェットの言葉が引用されている。「投資で成功するかどうかはIQとは関係ない。IQは25もあれば充分だ。並みの知 [続きを読む]
  • マドル・スルー
  • トレ−ドと運は切っても切り離せない関係にある。困難な問題に直面したとき、「勝者のように果敢かつ断固とした態度」で臨むか、「おずおずと不安げな態度」で臨むかで、人生は大成功にも大失敗にも終わる。自分は運がいいと信じていればそうなるし、運が悪いと思ったら運が逃げてしまう。失敗や過酷な運命を嘆いていると、本当につきがなくなっていくものだ。「挫折を経験したことのがない者は、何も新しいことに挑戦したことがな [続きを読む]
  • 消費税減税案
  • 来年、2019年10月から消費税10%に増税される。増税しなければならない理由もわかるが、景気回復に水を差すような結果にならないかと懸念している。個人的には、政府は債務を減らす努力をし、減税して大幅に支出を減らし、関税も減らす、さらに移民を積極的に受け入れるべきだと思っているが、今の日本でこんなことを言っていたら、まず絶対に選挙で当選しないだろう。50年後、日本は人口が3割減っていると予測されている。消費も3 [続きを読む]
  • 専業トレーダーとして成功する人
  • 仕事はお金を稼ぐ手段であって、稼いだお金を使って余暇に仕事で溜まったストレスを発散する人は少なくない。だが、そのような仕事の向き合い方では、大きな成功はおぼつかない。仕事がお金を稼ぐための手段だけではなく、仕事をすることそのものが目的で、その結果として、金銭的報酬を受け取る。それが理想的なお金の稼ぎ方であり、そうした働き方をしていれば、いくら長時間労働したところで過労死に至ることは避けられる。多く [続きを読む]
  • 一番亭の熱烈タンタン麺
  • ここのお店のいいところはネギとキムチが食べ放題なところ。担々麺は見た目ほど辛くはない。個人的には、味仙の台湾ラーメンよりもこっちのほうが好み。しかし、なぜ東海地方には担々麺の店がたくさんあるのだろう。担々麺がそれほど需要があるとは思えないのだが。ちなみに本場の台湾には、台湾ラーメンは存在しない。 [続きを読む]
  • 各務ヶ原権現山
  • 週末、天気もいいので各務ヶ原権現岳から芥見権現岳まで縦走登山してきた。ここは全国的にもトレイルランニングのコ−スとして有名で、登山客よりも軽装で走っている人が目立った。いつも思うのだが、あの人たちの底なしの持久力には脱帽してしまう。帰り道、少し冒険したくなって、バリエ−ションル−トを下っていたら、けもの道らしき藪に迷い込んでしまった。これが北アルプスのような高山だったら、遭難していた可能性がある。 [続きを読む]