kenran さん プロフィール

  •  
kenranさん: 食べて太って歩いて食べて 京都中心☆京阪神
ハンドル名kenran さん
ブログタイトル食べて太って歩いて食べて 京都中心☆京阪神
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kenran1122
サイト紹介文京都中心の食べ歩き、全国旨い物取り寄せなどをアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2007/07/23 11:56

kenran さんのブログ記事

  • 塚原の筍 今年は存分に楽しめました。
  • 去年はさんざんな不作でしたが今年は量も質もまずまず。一番好きな食べ方、自家製の木の芽和え。これほど出会い物の絶妙な組み合わせは無いと思います。5、6回は食べたかなぁ。例年の通り牛肉挟み焼きやすき焼きに入れたり。すき焼きの場合は牛はダメ。地鶏のすき焼きです。牛肉は濃厚すぎて負けてしまいます。松茸の場合もそうです。そして今年初挑戦したのがこれです。山椒の実、山蕗と昆布、それにちりめんじゃこを入れて炊きま [続きを読む]
  • 2年ぶりの神戸はやはり中華でした 紅宝石
  • GW真っ只中の5月4日にちょうど2年ぶりとなる神戸へ。前回も王子公園前の中華料理店へ行きましたが今回もまたしても中華。JR元町駅辺りで次男カップルと合流。ランチを一緒にすると決めて12時頃に待ち合わせ。南京町あにも沢山の中華料理店が存在しますがここ数年の評判はあまりよくないようです。あれだけ多くの観光客が訪れると接客も味も全てが雑になってしまうんでしょうか。山手のほうへ歩いて行列ができている順徳の前を通過 [続きを読む]
  • 新メニューが増えていた 桂の濱夕
  • チョット記事の日時が前後しますがお許しください。明日から大型連休が始まるとわくわくしていた4月27日の金曜日に行った濱夕。大型連休と言ってもカレンダー通りの休みでしたが。数日前に3名で予約したんですがお店の都合で初めて二階の部屋へ通されました。一階は小上りも含めて文字通り満席。よく考えると今回が本年初訪問でした。旬の筍料理もありましたが今季は充分に頂いたので控えめで。揚げ物に自信あり?ここの揚げ物は美 [続きを読む]
  • 祇園 割烹梅津でちょいワルオヤジに遭遇
  • GW前半の中日、4月29日の日曜日を予約して行きました。入店してからお聞きしたんですが本来は日曜日が休日なんですが4月だけ日曜も営業しているとか。女将はお休み荒れていましたが。先客は旅行者の初訪問の若いカップル1組だけ。二階まで客を入れるつもりもりがないのか3人体制で営業。お通しはホウレン草の和え物と稚鮎。山椒の実が効いていました。この日のアラカルトメニュー。価格は一切書かれていません。あまりお造りを食べ [続きを読む]
  • ホットドッグ 関西人はシアワセ
  • 全くということでもないようですが関東ではほとんど売っていないとか。沖縄では皆無らしい伊藤ハムのポールウィンナーそれを使ってたまに食べたくなるのが昔、クルマで移動販売していた物のレシピを限りなく再現して作るホットドッグ。飲み物はコーラが相性イチバン。フレンチマスタード。この銘柄、酸味と粒の存在感を強く感じます。チョット塗り過ぎたかな?パンとソーセージの長さの相性が最高です。ニューヨークの街角の屋台で [続きを読む]
  • 4月の土曜日をなな冶で和む
  • 益々、予約が取りにくくなった週末のなな冶。14日の土曜日を3月初め頃に予約しようと電話を入れましたが満席。一週間ずらして21日が取れました。先ずはお通し。美味しいです。 いつも通りでそう奇抜な物はでません。大抵の和食のお店ではこれは付き物。ここでの話ではありませんが外国の人はこれが理解できないらしく、こんな物は頼んでないのにお金を取るのかというトラブルが以前ほどではないけれどまだあるそうです。この日は [続きを読む]
  • お酒が美味しくなるアイテムです
  • 錫器はお酒を美味しくするといわれています。その理由はイオン効果だという説が最有力。買ったのは能作というメーカーのもの。おそらく日本一のメーカーだと思います。そういえば数年前に金沢で買った箸置きも能作のものでした。二合入る大と一合用のがありますが買ったのは一合用。冷酒を入れると二合だと呑み切る前に温度が上がるから。それとこれ自体が重量感がありますから。錫の片口と銀製のぐい飲み。家の飲みにはベストマッ [続きを読む]
  • 実伶で春を味わってきました
  • 元日に訪問した時に3月31日を予約して帰りました。当然ながら予約客で詰まっています。先ずはお通し。旬のホタルイカ。下の緑のゼリー状の物はなんだったか忘れてしまいました。8,000円でお任せコースがあったんですが原材料の高騰などで10,000円にして内容を落とさないようにしたとか。ちなみに私はアラカルトしか食べたことが無いのでその差を比べようがないです。アルコールも一部を除いてほとんどの物が値上げされていました。 [続きを読む]
  • ZonaITALIA 今迄で取り寄せた一番のピッツア
  • ライスコロッケを食べたくなって行き着いたのがここでした。広島にあるイタリアンのレストラン。HPなどを見ると店内は120席ある広さで高台にあるようで特に夜景がきれいみたい。今回に購入したのは下記です。27?と21?のサイズがありますが私たちの年齢なら二人で軽く食べるのには21?が適量かと。パンフレットも添付されて美味しく焼くコツも書かれています。最初に食べたのはナポリのサラミピッツア自前のチーズ工房があるので [続きを読む]
  • 今年は豊作かな?日本一の塚原の筍
  • 去年は不作だった 私が住んでいる近くの塚原の筍。白子と呼ばれる高級品。その味は度々日本一と称されるものです。毎年記事にしていますがここ数年は、祇園の割烹などへダイレクトに販売しているここの物しか買いません。住んでいる街区にあるスーパーのチラシ。直線距離なら1?も無いところで日本一と言われる筍が採れるのに何故か福岡産。まぁ、価格の問題でしょうけれど。早いお店なら3月半ばから食べさせてくれるお店はありま [続きを読む]
  • 上桂 たに川にインバウンド来店
  • 3月2日に訪問。三人三様の通しが出ます。今回は珍しくおでんは出ませんでした。先ずは鴨ロースから。しっとり仕上がっていて美味い。この日は生簀が故障していて少しだけメニューが制限されていました。たっぷりなマヨネーズはもちろん赤キャップの物。我が家は白キャップ。 やはり味わいが違う。メニューにあって食べたいと思った刺身が生簀の故障でなかったのでいつもの鯨ベーコンを。辛子醤油で頂きますがここでもマヨネーズ登 [続きを読む]
  • 居心地のいい隠れ家 祗園の堂がき
  • 先日の雛ちらしの記事、見て頂きましたでしょうか。その一週間後の土曜日に行ってきました。口コミもほぼ無いお店です。何故ここを知ったかと言いうと移転して新しく開店した写楽で教えてもらいました。写楽と同じ路地の奥にひっそりとあるお店です。事前に予約したほうがいろんな物が頂けるお店だと思います。鯖寿司などの棒寿司が主なメニュー。70歳を過ぎていると思われるご主人と奥様でお店をされています。予約時に1万円で [続きを読む]
  • イタリアンなテイクアウト荒神口 SouZai屋
  • お弁当などテイクアウトも大好きな私です。単品ではなく幕の内とか洋食弁当的な色々入っている物が特に好き。河原町通り荒神口に出来たお店です。私は行っていませんがお願いして買ってきてもらいました。お店も鮮やかなブルー色ですので目立つからすぐに見つかります。詳しくはお店のHPを見てください。4種デリの詰め合わせもありますがこれは9種類入りの物。1,100円。和のテイストの物も入っていて飽きません。夜桜を見てこれで [続きを読む]
  • 祇園で京風広東料理を竹香で
  • 先日の祗園ひなちらしの記事、読んでいただいたでしょうか。それを受け取りに行く前に行ったお店です。数年ぶりの訪問になります。ここも行っていれば数年ぶりになりますが全く違うジャンルの鰻の美味しい割烹へ行こうか電車を降りるまで迷いましたが。そのお店は先週金曜日の関西ローカルTVよ〜いドンで紹介されていました。近々に再訪します。辰巳神社のすぐ近くにあるお店です。数年前までは花見小路を東に行ったところにもあっ [続きを読む]
  • 確実に進化している桂にある鮨屋  寿し 「今」
  • このお店の前回の記事と同じようなタイトルになってしまいましたが私にはそうとしか感じられないのです。毎日更新はされていませんがお店のHPで本日の入荷情報を見るのも楽しいです。ちなみに今日、3月20日はここを 。この記事は2月23日に行った時のものです。先ずはお通し。いつも3点盛りです。左からバイ貝、平目昆布〆? 新物の地元、大原野の筍の姫皮の和え物。この日の一品物メニューです。ちなみに鮨のメニューは撮 [続きを読む]
  • 新星 祗園山岡で河豚の白子を堪能
  • パソコンで某店を検索している時、入力ミスで何故かこの店が出てきました。食べログを見ると口コミ3件。総じて評価も高く祇園では最年少の独立開業店だとか。修行は櫻川など有名店2軒ほどに居たらしいけど、早い独立。興味が湧いてダメもとで予約電話をしました。どなたかの紹介か聞かれたけれど誰の紹介でもない旨言いましたが快諾。2月17日土曜日に訪問。 場所は花見小路通りを徳屋の通りを東へ。この辺りは ミシュランの星 [続きを読む]
  • 祇園のひな祭りちらし寿司を持ち帰り
  • おはようございます。 ちょっと風邪気味な私ですが今夜もお出かけします。その店のお話です。この店を3月3日の土曜日を予約しようと電話を入れたらひな祭りのちらし寿司を作るので普通の利用はできない旨言われたので今日、10日を予約して電話を切りました。でも、そのひな祭りのちらしというのが気になりました。年に一度のことでしょうから。すぐに電話を掛けて一折だけ予約しました。近くで中華の夕食を楽しんだ後引き取りに。 [続きを読む]
  • 中野の都昆布の漬け汁で作った梅干し
  • 某サイトで見つけました。そのサイトは食べ物だけではなくいろんな分野のチャレンジ商品が紹介されそれに賛同したら出資という形で商品を買うことができます。例えば今なら東京農大の学生グループが作った日本酒とか日本で一番若い女性杜氏が作った日本酒とかその他興味深い物を見ることができます。そこで初めて買ったのがこれでした。まだ二回目はありませんが(笑)関西のスーパーなどでは必ず置いてあるおやつ昆布、中野の都昆布 [続きを読む]
  • 京都居酒屋食べログ2位のむろまち 加地に行けました!
  • 大好きなお店、なな冶が現在1位。2位がここ、むろまち加地です。名前のとおり室町通りの近くにあります。現在、長男がこの近くに住んでいるので一度行ったことがあって気に入ったらしく予約してくれたので4人で訪問。2月10日土曜日です。暖簾の左下に記された文字が読めますか。風で揺れていたのでブレていますが鳥居本と書かれています。祇園にある老舗名店でありあのカボチャを切り損ねて手首を切ってしまった女優の実家としてあ [続きを読む]
  • 我が家の恒例鍋 三種を食して春を待つ
  • 2月も今日で終わり。もう一度くらい寒の戻りもあるでしょうが春はもうそこです。フキノトウも出だしています。我が家の冬の行事は終わりました。それは私の好きなベスト3の鍋の食材を取り寄せて食することです。外食にはほぼ毎週土曜日に出かけますが鍋料理は行った記憶がありません。コースに出てくるような小鍋は註文することがありますけれども。先ずは津居山の活松葉蟹。 まともに買えば一杯数万円するんですがアウトレット [続きを読む]
  • 老香港酒家京都で夕食アラカルトを食す
  • 京都にも中華の名店はあります。むしろ関西人には横浜中華街の味は合わないかも。京風中華と呼ばれるジャンルがあるくらい。二度ほど行ったにしぶち飯店もその代表格。そして京都で正統派の中華料理店の筆頭と言っていいくらいのがここ。ココン烏丸の地階にある老香港酒家京都。再訪したかった河原町二条の地下にあった桂心も今年の1月で惜しくも閉店。そのことが以前から気になっていたここへ行くことに決めました。2月3日の節分 [続きを読む]
  • 京都最古の焼肉店? 西院 有楽
  • 創業は昭和20年だそうです。つまり終戦の年です。その頃に出来た焼肉屋さんは他にもあるかも知れませんが京都で最古のお店と言ってもいいんではないかな。先日の土曜日のの朝の某テレビ番組で紹介されていた天じゅ園も同じ西院にあり、創業も同じころだとか。そこには数年前に訪問しましたがここ、有楽は未訪問のお店。気にはなっていましたが相当高いだろうと勝手に敬遠。ようやくの訪問となりました。2,3日前に予約しておきまし [続きを読む]
  • 京都産レモンたっぷりなジントニック
  • レモンはアメリカから輸入している物が殆どですが国産レモンは広島が有名ですね。見かければこれを買っている我が家です。高いけど安心ですから。これは京都産レモン。 無農薬と思われます。どこに売っていたかって?実はご近所の人の自宅の庭で採れるのです。昨年ももらったような記憶があります。向こう三軒両隣くらいに10個づつくらいくださいました。何と200個くらい成るそうです。最近嵌っているジャパーニーズジン。左のは [続きを読む]
  • ミシュラン一つ★ 木乃婦で新年会
  • 1月の最終金曜日にあった仕事関係の新年会。何年か前までは決まったお店でやっていたのですが移転縮小されたので今のところ、毎年場所が変わります。 去年は最悪でした(お時間がある方は去年2月の記事の中を検索してください)ここ木乃婦は約10年前にプライベートで利用して以来の訪問。その当時の記事はココを 。当時でも一人前2万円くらいの料理でアルコールと税サ込で6万超えだったと記憶。でもこの集まりは料理は1万円 [続きを読む]
  • 美味しかった!吾左衛門の鯖寿司と蟹寿司
  • ブログを始める前に取り寄せや催事で2回ほど買った記憶があったお店。鳥取県米子市にある米吾という会社が売っている吾左衛門鮓その中から選びました。やはり極上シリーズでしょ。蟹は季節限定。次回は穴子と組み合わせたいと思います。ちなみに今回の組み合わせ合計金額でぎりぎり送料無料でした。鯖寿司。何故かピンボケ。シャリの間に金胡麻と生姜が挟んであります。鯖寿司に醤油が添えられていることがありますが京都人の私は [続きを読む]