kenran さん プロフィール

  •  
kenranさん: 食べて太って歩いて食べて 京都中心☆京阪神
ハンドル名kenran さん
ブログタイトル食べて太って歩いて食べて 京都中心☆京阪神
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kenran1122
サイト紹介文京都中心の食べ歩き、全国旨い物取り寄せなどをアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2007/07/23 11:56

kenran さんのブログ記事

  • 恒例になった?大晦日のなな治
  • 大晦日に訪問するのは2016年に続き連続2回目でした。前回、11月に訪問時に予約。今回は次男とその彼女が加わって4人で訪問。テーブル席に座らせて頂きました。何気ない看板ですが冶いう文字が小さいのがわかりますか。これにはご主人のちょっとした思い入れがあるようです。お通しからスタート。出汁巻、おから、バイ貝、そして蒲鉾にひと手間加えたもの。刺身盛り。少なめで4人前お願いしました。ひらめ、鰤、マグロです。私は滅 [続きを読む]
  • 生ズワイ蟹を取り寄せてみたけれど
  • 京都に住む私は関西圏のラジオCMでしかここを知ることはないんですが毎年、冬になると蟹のCMが流れて耳から離れません。何年も前から蟹好きな私は本当に美味しいんだろうかとの思いが募りついに昨年12月に取り寄せました。蟹のサイズは10L、一番大きいものです。解凍さえすればすぐに料理できます。大きさわかりますか。確かに便利です。 解凍方法はパックのまま流水をどんどんかけて表面の氷が解けたらOKでも、その加減に気を使 [続きを読む]
  • 回転寿司は食べるのではなくお金を回転させるもの?
  • 株式投資15年近くなる私ですが下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではなくどこを狙っても当たるここ数年の相場です。アベノミクスの恩恵は充分に受けていると感じる私です。投資対象を絞るのにあまり決算情報など見ません。すでにその前に兆候は表れていますから。例えばこのくらコーポレーション。くら寿司ですよね。私、回転寿司、未経験です。でもここ、北大路欣也さんをCMに使った新聞広告やTVCMを昨年春頃から実感。それだけで1,000 [続きを読む]
  • 京漬物 北大路大徳寺の大こう 
  • 京野菜という言葉があるくらいだから昔から京都は野菜の種類が豊富なところだったのでしょうか。そのおかげで漬物文化も幅広く四季折々の素材を使って旬を彩る漬物を作っています。すぐきや千枚漬け、そしてしば漬け。京都の三大漬物と言われています。今回、ご紹介するのは大徳寺近くの北大路通り沿いにある京漬物 大こう本店ちなみに支店があるかどうかは知りませんが京都なら大丸や伊勢丹に催事出店があるみたいです。私はお店 [続きを読む]
  • 新メニュー登場 阪急桂駅 串カツと焼き鳥だるま
  • 私のブログに何度も記事を書いている阪急桂駅東口にあるお店。串かつだるま 何度も書いていますが大阪のアレとは一切関係がありません。串カツに関するこの店のことは書庫の串カツ焼き鳥をご覧ください。昨年12月29日に行きました。前日に予約しましたが7時頃を希望しましたがダメで、5時から7時頃までならOKということなのでその時間に入店。目の前に新メニューが。いつも思うんですがこの絵はどなたが書いているのかな。お店の [続きを読む]
  • 2017年で支払額最高でした! 祇園 割烹梅津 二回目の訪問
  • 新年あけましておめでとうございます。本年も美味しいお店を探してご紹介したいと思います。いぬ年ですから、ワンダフルでワンダーなお店を見つけられたらいいと思っています。ナンバーわん!は無理かもしれませんけれど。さて、祗園の割烹梅津へ再訪しました。前回の初訪問が11月11日。そして二回目の訪問が12月23日。私にしてはかなり短いスパンでの再訪。それでお気に入り具合が分かってもらえると思います。アラカルトででも楽 [続きを読む]
  • 能作の錫製片口で 家呑み
  • かなり以前に書いていますが酒器が好きなんです。それも陶器や磁器でなく金属の物が。何故かというと割れることがないからです。(錫は柔らかいので落したりすると変形の恐れあり)それとその重量感。買いました! 富山に本社がある能作というメーカーの物。容量は一合弱しか入りませんが手に馴染む大きさで気に入りました。ほぼ倍の容量の物もありますがそれを選ばないでよかったと思います。ちなみにぐい飲みは純銀製です。錫は [続きを読む]
  • 寿し喝菜 今年もお世話になりました。
  • 10月頃に予約しておいて12月16日に伺いました。前に利用した奥にある座敷まで埋まっている満席状態でした。お通しはこの時期らしく雲子とチョロギ。縁起物の食べ物。 長老喜という漢字を見てもそれが分かりますよね。揚げてあります。12月で早くも禁漁になる背子蟹を注文。捌いてこのように盛り付けるのが手間でしょうね。シャリッとした食感以外にとりえのない外子も味付けされていたので美味しいです。河豚の唐揚げ。ケンタッキ [続きを読む]
  • 祇園割烹の味 天むす 喜多
  • 京都の人ならご存知の人も多いと思います。松原京極商店街に新しくできたお店。御多分に洩れずこの商店街も斜陽化していますが私はスーパーやショッピングモールより対面で買える商店街が好き。あの人気のパン屋さんのまるきもこの商店街の西端にあります。店名は喜多と言います。祇園阪川にいた人がやっているお店です。長男が買ってきてくれました。色々種類があるようですが取りあえず4種類購入。これは蛸です。全て半分に切っ [続きを読む]
  • あ〜知らなかった 祇園 小梅
  • 先日のすし酒場平島に行ってそのあと引っ越して新しくオープンしたBar写楽に三度目の訪問。ここで次男たちと落ち合って暫し飲んでいました。次男たちはこの日は先斗町のてらやまで飲食。かなり混み合っていたようです。写楽を出て〆にうどんか蕎麦でも思い平島でも控えめに食べたんですが。次男に見事振られて私達夫婦だけで行くことに。おかるに行こうと前を通ると午後11時前だというのに5,6人が店外で行列。諦めて帰ろうと阪急 [続きを読む]
  •  お弁当を買ったら行きたくなった  祇園 にしかわ ミシュラン
  • 妻がご近所の奥様達とディナーに。伊勢丹に京都の料亭・名店のお弁当というのを常に予約販売しています。たまたまテレビで観ていた祇園にあるにしかわのお弁当があるので予約しました。ミシュラン2つ星のお店です。税込3,780円。献立表が付いています。新幹線に乗る前にこれとお酒を買って東京まで車窓を眺めて食べればいっそう美味しいことでしょうね。出汁巻。折に入れる都合上、少し固めの仕上げ。稚鮎甘露煮もしっかりした味付 [続きを読む]
  • 高瀬川沿いのすし酒場 平島に行ってみた
  • まだ開業して1年経ってないお店です。場所は西木屋町通り仏光寺角、高瀬川に面しています。写り込んでいる木の枝は桜です。3月になると夜桜のライトアップが楽しめるロケーションです。早速、暖簾をくぐってみることに。予約は2日ほど前に入れておきました。先ずはお通し。まぐろのつみれです。肉団子よりやや大きめでした。しっかりした味付け。牡蠣フライを注文。キリンハートランドビールが美味い。九州出身の御主人の郷土料理 [続きを読む]
  • 美味い!恐るべし!金沢のお土産
  • 11月の連休に次男が金沢へ一泊旅行。誰と言ったかはいずれお話する時が来ると思いますが。お土産をもらいました。親子だから厚かましく欲しい物をリクエスト。いろいろお願いしたので予算オーバー分は払うよって言いましたが「要らないよ」って固辞されました。見たような風景が書かれた容器。中身によって図柄が変わるようです。手描きですって。あとの使い道が分からない容器にあまりお金を掛けないでほしいです。萬久。 豆菓子 [続きを読む]
  • 進化するお店、桂の 寿し 今
  • 今年もあと一か月を切りました。ここへ行くようになって1月で2年目に入ります。おそらくこの日が本年最後の訪問だと思います。先ずはお通し。最近、三種盛りが多いです。右から鰆の南蛮漬け、真子の炊いたの、それと野菜の何かでしたが失念しました。本日の一品そしてこちらは本日の鮨。前回も頼んだ、美味しかった平目のバター焼き琵琶湖固有種、本モロコの天麩羅。こだわりの塩で頂きました。牡蠣のたれ焼き、醤油味です。赤貝刺 [続きを読む]
  • カニ、そして蟹
  • 京都丹後網野町にある日本料理と寿司のお店、とり松関西、とりわけ京都の人には馴染み深いお店だと思います。デパートの催事によく出ています。代表商品はばら寿司甘い鯖のそぼろが入っているのがいちばんの特徴です。過去にも記事にしていますが今回買ったのは季節商品。ばらずしと紅蟹ちらし折の大きさからいうと1.5人前くらいの量です。この梅酢生姜が甘口の寿司にいいアクセントを付けてくれます。一面に乗っているのはカニカ [続きを読む]
  •  祗園の割烹 梅津 通いたくなる店またが増えた
  • 祗園の目立たない一角に佇む割烹です。場所は 天ぷらの名店 京星の近くです。と言っても京星もわかりにくいですが。外観です。 偶然にこの店の前を通りかかってもちょっと入ってみようかという勇気は沸かない店構え。膝に乗せるナプキン。お通しの一品目はてっぴが入った鉄砲和え。食感が楽しい。辛子酢味噌もいい感じ。二品目は小さな器に入った梅干しの茶わん蒸し。出汁が効いています。お酒のメニュー。これに書いてないのも [続きを読む]
  • お値打ちです!持ち帰り専門  堀川下立売 チャンコ番
  • 京都は12月下旬から1月上旬並みの寒さです。全国的にも冷え込んで雪が降ったりしているようです。こんな時に一番に思い浮かべる夕食は鍋料理。我が家は夏でも鍋をします。エアコンを利かしてIHならガスほど部屋も暑くならないし。まぁ夏でも食べたくなる鍋はすき焼きか豚シャブですけれど。今回買ったのは以前から気になっていた持ち帰り専門のチャンコ。堀川通り沿いにある、そな名もズバリ チャンコ番二人前で税込2,800円。以前 [続きを読む]
  • 予約が取れない!久々のなな治 今年もう一回行きます。
  • この店に行くようになって8年目になります。初訪問はラッキーだったのか今ほど人気が無かったのか予約なしですんなり入れました。数年前にミシュランのビブグルマンにも選ばれて今はとても無理。予約が取れても前半と後半に分けているようです。私たちはいつも6時頃を予約。常連の特権?か何時間居てもOK。2時間ちょっとくらいは居ます。もちろんその間は飲んだり食べたりし続けます。11月4日土曜日に訪問。先ずはお通し。焼き魚 [続きを読む]
  • 祇園 まる廣に二度目の訪問してきました!
  • 初回訪問が今年の6月。ようやく再訪が叶いました。特に予約が取り難い店とは違います。私の食べ歩きの都合だけのことです。11月4日の土曜日を予約して行きました。この日も私達だけだということでしたが当日予約が入っていました。今回はカウンター席に案内されました。ここは予約の時点で料理が決まっています。コース料理しかないようです。和牛の部位四種盛り。 マスターの手ですでに二切れは焼き網の上に。生ビールの後は前回 [続きを読む]
  • 行ってきました!祇園に写楽が新規オープン
  • 9月末を以って惜しまれながら閉店されたBar写楽。理由はビルを建て替えてホテルになるらしいです。これを機会にオーナーマスターだった中川氏はリタイヤ。店名を引き継ぐような形で約40年間、写楽でバーテンダーとして活躍した木元君が新規オープン。新店舗の場所は花見小路と富永町の交差点(??があるところ)を少し北へ。東側に細い路地があってその中の一軒です。写楽の文字の下にはニューマスター、木元氏の姓が掛れています。 [続きを読む]
  • プロも集う七条山定で旬を買う
  • 数年前は私がよく行っていましたが最近は妻が行ってくれます。我々のような素人の客はあまりいないようです。ピンは居酒屋さんからキリはミシュラン三つ★のお店まで御用達のお店。この秋初の河豚を買いました。とらふぐですよ。二人でてっちりするにはこれくらい食べます。1尾分です。当然大きさで価格は変わります。毎年取り寄せる淡路の3年とらふぐにはかなわないけどその分安い。名残りの鱧を照り焼きしたのも買いました。少量 [続きを読む]
  • 速報!実伶が予想通りに2018ミシュラン一つ★獲得!!
  • 初訪問から1年余り。その時にミシュラン獲得は時間の問題と思っていましたがこんなに早いとは。その時の記事はここを 次回予約済み。 ますます予約が取りにくくなるやろなぁ。これからも名店発見に励みます。        それじゃまた                    ポチンとよろしくお願いします。        他にも京都情報が満載のブログが見られますよ。にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩 [続きを読む]
  • 西京区では唯一無二な中華レストラン 濾川
  • 西京区の新山陰街道沿いにある中華レストラン濾川  HPはココを 得意ジャンルは四川料理。辛い物が特に美味しい。約2年ぶりの訪問。青島ビールと台湾ビールがあったので前者は何度か呑んだことがあるので台湾ビールを注文。アサヒのスーパドライに慣れている喉には物足りない味でした。この日は次男もいるんでいつも通り紹興酒の8年物をボトルで。妻はクルマの運転があるから飲めません。あとで分かったことですが金曜日は [続きを読む]
  • 雨の週末には上桂のたに川がいい
  • 二週続けて週末に台風が、しかも10月半ば以降にというのは相当珍しい気象現象ではないでしょうか。最近の週間予報が正確なのでその週末が雨予報なら特に初訪問の予約は控えてしまいます。まぁ、一週間前では予約不可のお店も多いですが。10月20日金曜日に行ってきました。 物集女街道沿いにあるたに川。4,5回目の訪問になるかな。次男と私たち夫婦3人で訪問。お通しはいつも通りおでん盛りと写真の雲子、それとバイ貝煮。それぞ [続きを読む]
  • 松茸の薩摩揚げ 舞鶴の嶋七
  • 先日も書いた通り今年の松茸の不作は全国的に相当なものだと思います。2年ほど行ってないあの寺町三条の店にも今年も行かないでしょう。外食で何度も松茸は食べていますが全てが輸入品です。たまに取り寄せる蒲鉾屋さんで面白い物を季節限定品で売っていました。地元のイベントの時にだけ売っていた商品のようですが初めて今年はネットでも買えるようになりました。舞鶴の嶋七の製品です。ビールが止まらなくなるこれ↓などのいつ [続きを読む]