umclinic さん プロフィール

  •  
umclinicさん: クリニックに行こう!
ハンドル名umclinic さん
ブログタイトルクリニックに行こう!
ブログURLhttps://ameblo.jp/umclinic
サイト紹介文2008年横浜で呼吸器クリニックを開業。イキイキクリニックを目指しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/07/26 23:11

umclinic さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 筋トレがすべての問題を解決する、か
  • 暑い日が続きますね。今年はやはり熱中症っぽい患者さんが多い気がします。清暑益気湯という暑さ負けに効く漢方があるのですが、高齢の方には、結構この漢方のファンも多く、今年はさすがに処方する機会が増えています。なんとか乗り切っていきたいですね。 さて、そんな暑い中、アツい話で申し訳ありませんが、最近筋トレにハマっています。昨年春ころに、ガクっと体調が悪くなり、いろいろ検査したり、薬を試したりしてみたので [続きを読む]
  • へたも絵のうち
  • 先日、銀座の昭和的面影の残る小さな映画館で「モリのいる場所」という映画を見てきました。 モリのいる場所 (朝日文庫)669円Amazon画家、熊谷守一の晩年の生活を俳優の山崎努が演じた映画です。 もともと熊谷守一の絵が好きで、シンプルな色と線なのに、何だかとっても暖かいその絵にずっと魅かれてきました。 絵もいいのですが、その文章や書画もとっても魅力的で、特にその本「へたも絵のうち」 へたも絵のうち (平凡社ライブ [続きを読む]
  • 感謝、感動
  • おかげさまで4月28日、無事10周年を迎えることができました。けして順風満帆とは言えず、結構苦しい時期もありましたが、家族や、スタッフ、そして長年通ってくれている患者さんに支えられて、ここまで頑張ってくることができました。ありがとうございます。 僕には、この仕事しかできないし、この仕事を生涯全うすることが天命だと思っています。これからも一歩一歩、歩んでいこうと思っています。 たくさんお祝いをいただきまし [続きを読む]
  • おかげさまで
  • おかげさまで来月4月28日で10周年を迎えます。本当にありがたいことです。こんなポスターを描きました。これからもどうぞよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 2018年スタート
  • 大分過ぎましたが、今年もスタートです。のっけからインフルエンザの大波が押し寄せ、インフルエンザの検査キッドとイナビルがどんどん消費されていきます。 貴重なお昼休みは昨年末から飼い始めたブータくんのそそうの処理に追われ、なかなかのハードワークでございます。でも何だか、今年はブータ君のおかげか運気が上がっているような気がしています。 今年は4月で10周年、クリニックが少しでも、みなさんのよりどころとなれる [続きを読む]
  • 激動の一年
  • いやぁ〜あっという間に年末ですね。12月に入った途端にインフルエンザや風邪の患者さんが増えてバタバタとここまでやって来ました。今年は明日30日13時まで診療します。 今年は我ながらよく頑張りました。 ぶっちゃけていうと夏前後あたりに、とっても体調が悪くなり、クリニックも休みにしようかなと思うときも何度かあったのですが、不思議なもので、診療をしていると患者さんから逆に元気をもらえるようで、仕事をしている方 [続きを読む]
  • 人は皆何かと
  • Everyone you meet is fighting a battle you know nothing about.Be kind,Always. 時々閲覧するヨガインストラクターの方のインスタグラムでみつけた言葉。 誰だって生まれもったもので、日々一生懸命生きているわけで、日々いろいろな事に躓いたりしているわけで、だからこそ出来るだけ人に寛容でいたいし、優しくありたい、と思う。SometimesではなくてAlwaysでありたいと思う。  (闘うのは嫌だな〜ぶー) ●お勧め健康本人間 [続きを読む]
  • 気休めの効用
  • 先日五木寛之さんの本を読んでいたら、日本人はもっとお互いに「気休め」を言いあう方がよい、という趣旨の文章がありました。 僕もとても共感しました。 五木さんの知人で、とても優しい人がいるそうなのですが、顔を合わせるたびに、「お疲れのご様子ですね…」「今日は顔色がよくないですね…」と声をかけてくる人がいるそうです。その人はきっと悪気などは全くなく、ただ心配して、そう言っているだけなのでしょうが、五木さ [続きを読む]
  • 何とかしてあげたい力
  • おかげさまで10月8日で45歳になりました。ほぼ周りはノーリアクション(笑)でしたが、うれしかったのは、久しく会っていない弟や母から、手紙やメールが届いたこと。やっぱり家族って有難いなと思う。父がなくなってもうずいぶん経ちますが、今頃になって、思い出すことや言われた言葉がふと蘇ってきます。むしろ生きていた時よりも、父の事を思うことが多くなってきたようで不思議なものです。いまごろ、愛されていた自分に気づ [続きを読む]
  • オプションB
  • 僕は30代に開業し、約10年ほど自分なりに町医者業をやってきたんですが、やっぱり年齢が上がってきてはじめて気がつくことって多いですね。 特に、優しさとか思いやりっていう感情は、何か取り繕ってできるものではなく、自分自身の経験からにじみ出るような、そんなものなんだろうと思えるようになりました。 やさしげな言葉や思いやっている風な言葉ではなくて。 自分が不調や病気を少なからず経験しないと、患者さんの立場 [続きを読む]
  • 充電完了
  • 夏休みをいただいて僕の大好きなパワースポットに行ってきました。 大地と、青い空と、白い雲、そして虹。やっぱり、ひとは自然に触れていないとだめなんだなとあらためて思いました。たくさんエネルギーをいただき、感謝。 [続きを読む]
  • 本の処方箋
  • 何かにつまづいたり、悩んだりしたときに、僕を支えてくれたのは、もちろん家族だったり友人だったり時に患者さんだったりするんだけど、僕にとって何度も支えになってくれているのは、やっぱり本なんだよなぁ。 その時々で大事な本があります。本との大事な出会いがあります。 本を読むのも面倒なくらい疲れてるときには、本のCDや音声版をただかけておくこともあります。 何だかちょっと元気が足りないなっていうときの僕のとっ [続きを読む]
  • あったかい本
  • あったかくてゆるくてぽかぽかほのぼのしているのがほんもの。 つめたくてかたくてぎすぎすきりきりしているはにせもの。 なんてにせものになれてしまっていたことか。 立花大敬さんの本をぐうぜんけさてにとってふとしたぶんしょうにほんとうにひさしぶりになみだがでた。 大丈夫・そのまま ~自分が自分に帰る旅 (大敬先生《しあわせ通信》第九集) Amazon [続きを読む]
  • 無駄話
  • 星野源さんのエッセイがとても面白い。前から文章がとてもうまい人だなと思ってたけど今回の新著はさらに、いい。 いのちの車窓から Amazon 以前から、なかなか小説を読み切る体力がなくて、けど、ためになるノンフィクションばかりでもなんだか飽きてきちゃって、そんなときに、ふとエッセイを読んで、短いけど、何だか心がほっこりするような文章に触れるととても良い時間を過ごしたな、という気分になる [続きを読む]
  • おかげさま
  • おかげさまで今日で10年目を迎えることができました。 いろいろあった年月。どれも大切な経験と学び。患者さんを治そうと思っていたら、こちらがたくさん癒されていることに気づくそんな10年。 開院の頃は小さかったこども達がもう成人していたり、最初から相変わらず同じペースで通ってくれている人たちがいたり、遠方からわざわざ来てくれる方がいたり本だけを借りに来てくれる人がいたり・・・ 時に十分 [続きを読む]
  • 魂が喜ぶこと
  • こんなふうに年をとれたらいいなあと思う人の一人に片岡鶴太郎さんがあげられます。 50代から本気で遊べば人生は愉しくなる (SB新書) Amazon よくネットでは激やせで大丈夫?なんて記事があったりしますがおそらく相当なヨギー(ヨガをする人)なので、健康的にスリムになっているだけなんだと思います。 僕もヨガをはじめて1年近くたちますが、ずいぶんやせて今まできつかったズボンとかもぶかぶかになって [続きを読む]
  • 読むめいそう
  • ときどきそれを読んでいると何だか静かな心になってすぅーっと瞑想的になれる本に出会います。 晴れた日の休日などに、日差しのよく入る窓辺のソファで煎れたばかりのコーヒーを片手にゆっくりと読みたくなるような、そんな本。 そんな本に出会えると、とてもうれしい。 最近読んだ本ではこの本。 心地よさのありか Amazon ゆっくり少しずつ読んでいます。 日常にヨガや瞑想の時間を多 [続きを読む]
  • ヨガ薬
  • 西洋の薬ではなかなか治らない身体の不調ってあります。 そんな体の調子の時に、とてもよく効くのがヨガ薬(ヨガを日常に取り入れるという意味)です。 ヨガをはじめてまだ半年ですが、僕自身、身体の調子がずいぶんよくなり、前にも書きましたが、ダイエット効果も抜群で、高かった血液のコレステロールも一気に改善してしまいました。 身体の調子だけではありません。 何だか心にも良い気がしています。スト [続きを読む]
  • 読書録②
  • こんな医者になりたいな。昔も今も、この先生の考え方にいつも共感する。 Dr.帯津のこれが究極の長寿法 100の知恵 Amazon ヨガに行ってもほとんど男性を見かけない。女性の、自分の身体への意識の高さはとても驚かされる。特にヨガをしている女性ってなんで輝いてるんだろう。男子にもとても勉強になる。 SELFCARE セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法 Amazon 裸足のままで~ナチュ [続きを読む]
  • ヨガ的で瞑想風な筋トレ入りの日常
  • こころとはいかにも捉えにくいもの。何かぐらつかない芯のようなものを見つけたくていろいろ悩み模索しているうちに多くの先人達が呼吸法という生きるための技を持っていたことを知り、自分も医者になって呼吸器を専門にしていたご縁で一気に呼吸の営みや呼吸法に興味がわき、さらにその時期に始めた合気道という呼吸を意識した武道によって、さらに実践的に自分の体と呼吸というものを見つめた結果、これまで2003年に「よい呼吸 [続きを読む]
  • 読書録①
  • 疲れは放置しない。疲れは脳や自律神経の問題。飽きたり、眠かったり、疲れたなあと感じたら、すぐにリフレッシュ。僕も座っていることが多く、疲れやすい年代になってきたのでとても勉強になった。 すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I) Amazon すべての疲労は脳が原因2 Amazon 同じ世代のカッコいい男性の本。良い仕事の裏には多くの経験と知識があるんだな。ファッションとは単に表面だけ取り [続きを読む]
  • 小さくて、みつる
  • 2017年になりました。今年もよろしくお願いします。クリニックもそろそろ9周年。 静かで落ち着いたカフェのようなくつろぎと癒しの空間にしたくて、診療以外にもいろいろ考えてきました。 本棚に本を並べたり、植物を出来るだけ多く飾ったり、アルコール臭の漂う院内ではなくコーヒーの香りが香るようにしたり、 で、そういうことを考えながら、クリニックという空間づくりをしていると、とてもクリニックに愛着が [続きを読む]
  • 自分を捨てる技術
  • めっきり寒くなりました。患者さんも連日たくさん来られます。かぜも、マイコプラズマも、インフルエンザもちらほら。特に今年は肺炎が多い気がします。呼吸器科医が忙しくなる季節です。 うちのせまい待合も土日などは特に窮屈そうです。出来るだけお待たせしないようにしようと思っていますが、この時期は少々ご勘弁を。 最近「自分を捨てる技術」という本を読みました。この本はアニメプロデューサーの石井朋 [続きを読む]
  • ヨガをはじめてみた
  • 夏休みを取らせていただき、後半戦に向けてのエネルギーを充電させていただきました。いきいきと、でも、無理せず、自分らしく、クリニックの仕事をしていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。今年に入ってからヨガに興味が出ていて、いろいろ本を読んだり動画を見たりして自分なりにやってきたのですが、そろそろちゃんと先生についてやった方が良いかなと思い始め、先月くらいから表参道にあるヨガスタジオに参 [続きを読む]
  • 過去の記事 …