トラディショナル・ティー さん プロフィール

  •  
トラディショナル・ティーさん: 英国紅茶文化を楽しみましょう。
ハンドル名トラディショナル・ティー さん
ブログタイトル英国紅茶文化を楽しみましょう。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/aunties
サイト紹介文紅茶の本質を提供し、英国紅茶文化を継承しています。
自由文紅茶に対する認識を見直しましょう。
偽装問題が多発している昨今、紅茶についても作られたストーリーによって思い込まされていないですか?
サイトで紹介して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2007/07/28 20:04

トラディショナル・ティー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 紅茶造りパート2
  • 今日は紅茶造り。茶葉を捻って酵素を活性化し、発酵、乾燥工程と順調でしたが、乾燥温度が68℃までしか上がらず、やや酸化してしまいました。90℃くらいの乾燥温度にしたかったのです。味に深みがなく、一般の紅茶の最上級と言ったところで、... [続きを読む]
  • 紅茶造り
  • 茶摘みしてきました。現在、茶葉の水分を50%になるまでしおらせています。送付機などで強制的にしおらせずに自然に任せます。しおらせている間に茎など取り除く選定作業を並行してやっています。茶葉は5?以上積まないように(文献には2INと書かれていま... [続きを読む]
  • 伝統紅茶を自作する企画
  • 紅茶を作る話を聞きつけたお客さんが、お茶の苗木を持ってきてくれました。植える場所が決まっていないのでとりあえず鉢植えにしました。お茶の木は根が深いので植える場所は慎重に選ばなければ・・・那須町伊王野から来られるお客さんの家に昔茶摘みしたお茶の... [続きを読む]
  • 伝統紅茶に魅せられて
  • 1800年代の製法で作られた紅茶葉は、8分以上蒸らし、ポットに茶葉を入れたままで味が変わることがなく、口の残る渋み(灰未)がなく、紅茶の概念が一変する伝説の紅茶葉です。 英国の礎になったともいわれている紅茶文化の繁栄を支えていたのが伝統紅茶です。 英... [続きを読む]
  • クリームティー講座
  • 「クリームティー講座」 英国ではミルク入りの紅茶とスコーンの組み合わせをクリームティーと言い、日本の茶道のように玄妙な境地に誘うものではなく、おおらかな人の交流の媒体としてクリームティーを楽しんでいます。 日本独自に作られた紅茶文化とは違い、テ... [続きを読む]
  • 英国伝統紅茶と一般の紅茶の違い
  • 英国伝統紅茶と一般の紅茶とに大きな違いは、口に残る渋み(灰味)の有無です。 一般に紅茶を飲むと口に渋みが残りますが、その渋味はえぐ味(灰味)で飲みにくいものです。 英国伝統紅茶葉は、1800年代に英国が完成させた製法を忠実に再現して作られる紅茶葉で... [続きを読む]
  • 過去の記事 …