haru さん プロフィール

  •  
haruさん: der Spazierweg
ハンドル名haru さん
ブログタイトルder Spazierweg
ブログURLhttp://spazierweg.exblog.jp/
サイト紹介文der Spazierweg ドイツ語で「散歩道」のんびり、ぶらぶらと行きたいところですが、結構忙しい毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2007/07/31 20:44

haru さんのブログ記事

  • 2017年10月14日
  • 選挙戦、真っ最中。だけど、この選挙戦、本来する大義があるのかどうか、「A君身勝手解散」から生じたものであること、この身勝手さで私たちの税金600億円が使われることを、有権者であり納税者である私たちは、決して忘れてはならない。私は10月1日、やきもきしていた。枝野さんがいつ立党を決意するのか、いつ動き出すのか、やきもきしていて、そしてわくわくしていた。そして週明け、立ち上がった枝野さん、そして立憲民主党を [続きを読む]
  • 2017年9月22日
  • 秋学期の授業が開始した。朝のキャンパスからのマイホームタウン。秋の空が気持ち良い。こんな素晴らしい空にミサイル撃ち込んだり、それを阻止するのに圧力しか提言できない、なんて、信じられない。夕方、久しぶりに整体へ。駅近にあるKARADA FACTORYへ。「顔色が悪い」「顔がこっている」「ストレスが溜まっている」「これが痛気持ち良いというのはまずいですよ」と、自分の辛さを言い当ててもらえることに泣けてきて、それでこ [続きを読む]
  • 2017年9月19日
  • 昨日から、後期授業が始まりました。後期授業の一発目は、日本事情。私の十八番である、「防災を学ぼう」の新シリーズの開始です。ここでデータをとって、実践研究を進めることが私の使命だと思っています。まずはグループ分けを仕切ろうとする学生の背中。グループで、「災害ワードマッピング」に取り組む様子。それぞれが認識している災害関連のワードをマッピングしていき、この後にそれぞれのグループに発表してもらいました。 [続きを読む]
  • 2017年7月14日
  • 今日、非常勤先の授業は夏休み前最後でした。朝は上のように空一面雲が立ち込めていたけれど、昼には雲ひとつないどこまでも続く青空。おかげで暑くて大変でした。夕方息子と買い物に行ったついでによった、サンマルクカフェ。出張先から直帰した夫がチョイスしたパフェアラモード。私は決してオーダーしないな。相変わらず、咳が続いて、一向に止まらない。今日の授業中もむせてむせて大変だった。咳保険とか、ないだろうか…明後 [続きを読む]
  • 2017年7月11日
  • 昨日の朝、ムスメのお弁当のために炊飯器でご飯を炊いていたら、コンセントのところが以上に熱くなっていた。しかもコードの付け根の箇所だったので、もし予約をセットして留守中に発火なんてことがあったらどうもこうもないので、仕事かえりに夫に買ってきてもらうことにしました。夫が調べてくれたところによると、今の炊飯器は予約時間を2通りセットできるらしく、これはありがたい!お弁当のために4時半。夕食のために18時 [続きを読む]
  • 2017年7月4日夜
  • 今日のお弁当。今これを書いていて、気がついた。明日のお弁当のこと、あまり考えてなかった…冷蔵庫の中には何があったっけ…とりあえず冷凍の鳥の唐揚げがある。そして、ブロッコリーを茹でたものがある。あとは明日の朝、なんとかなる、なんとかなるという呪文を唱える。西武ライオンズの森コーチの葬儀のニュースを見聞きした。父親が発表したところによると、溶連菌による敗血症が死因だとのこと。一瞬にして、近くにいた魂が [続きを読む]
  • 2017年7月3日
  • 息子サッカーチームの学年委員の仕事の一つとして、ビブス洗濯があります。その都度全員分洗濯する。土曜日だったら翌日までに(涙)。月ごとにその月担当の学年役員が持って帰るので、2人で分担するのだけど、昨日はたまたま私のパートナーが欠席したので、うちが42枚全部持って帰って、洗う。しかも汗臭いし…べたついてるし…洗濯後は洗濯機を特別の洗剤で洗ってしまいました(苦笑)。だって汗臭いし…(くどっ)。今年最高気 [続きを読む]
  • 2017年6月30日
  • 昨日のことですが、今年初めてのアサガオ開花。いよいよ夏本番。カーッと熱い日差しを浴びても夏を感じるけれど、じとっと暑い中でも夏の到来を感じる。今日、韓国人の留学生が「先生、どうして日本の夏はこんなに湿度が高いんですか?私はつらいです」といってきました。韓国はカラッとした夏みたい。それを聞いてベトナム人の女の子が「韓国は冬、寒いでしょ!」と一喝。気候に「どうして」と言われても、答えようがない。韓国の [続きを読む]
  • 2017年6月27日
  • 明日から中学生は宿泊の行事になるので、しばらくお弁当はお休みに。お休み前のお弁当はこんな感じ。今日は在宅仕事。昨夜友人に見てもらった原稿のコメントを読み、木曜にする社会言語学の授業の準備。PPTとハンドアウトの確認。マックに入ってるPPTがうまく動かなくて、一苦労。昼までそれにかかり、午後は非常勤先の上級の授業の準備。コンビニ大手3社の分析比較を課題としている。前回の「がっちりマンデー」がちょうどファミ [続きを読む]
  • 2017年6月25日
  • 久々のブログ更新。エキサイトブログを開けてみると、雰囲気がまるで変わっていたので、びっくり。以下はいつも楽しみに見ている、早稲田大の大久保先生のブログ。小林麻央さんのブログについて触れ、ブログの役割について書かれています。隠れている自分を見つめるために、そして日々の生活に輪郭を与えるために。ツイッターやフェイスブックとは違う、ブログの役割について考えてみるのも、面白い。昨日は、車を買い替えて約半年 [続きを読む]
  • 2017年5月11日
  • とおにGWは終わってしまい、悲しいかな日常が再開してしまった。このGW明けの瞬間は、ほんとに私ってこんなに仕事が嫌いだったのかと再認識(錯覚かもしれないけど)するくらい、憂鬱な月曜日。研究日と称して家でのんびりしたくとも、非常勤先の同僚と打ち合わせというなの忖度をしに?(笑)出勤した火曜日。そして、プレゼンテーションの準備にITスキルが一律ではないために、あっちの学生にはこのアドレスにデータ送って、こっ [続きを読む]
  • 2017年4月22日
  • 風邪をひきました。鼻水に効き、くしゃみに効き、かつ即効性のあるものをください。とのわがままを薬局でのたまわって、薬剤師さんに懇切丁寧に薬の効用をしてもらい。巡り合ったのがこの漢方薬。すごい名前だな。でもすごい名前の割には、なかなか効果が現れません。つまり、今も鼻垂れ状態。くしゃみが出そうで出ない、出そうで出ない、やっと出た、そんな感じ。鼻腔が完全に何者かに乗っ取られた、感。早稲田大学にて、友人たち [続きを読む]
  • 2017年4月21日
  • 新年度が始まって2週間が経った。春休みは息子に持たせるお弁当を作り、新学期からはそれに変わって娘のお弁当が再開。毎日になると(しかも部活があるので日曜日も作る…)本当にしんどい。でも、この春から料理好きでそっちの方向で活躍している高校時代の友人がインスタグラムを初めて、お弁当記録をしているのに合わせて、私も毎日お弁当の写真を記録するようにした。すると、見栄えのいい、素敵な手作り弁当を作りたくなる。 [続きを読む]
  • 2017年3月12日
  • このところ、しょっちゅう車を運転する夢を見る。それも、ブレーキを踏んでも踏んでも、車が動いてしまう夢。なぜそんな夢を見るのか、理由は二つ。一つはRAV4からVOXYに買い換えて、ボディの大きさのあまり、運転するのもおっくうになっているということ。ちょっとそこまで、の運転がなくなり、毎度毎度、頑張って運転しなくちゃという気分になり、ならば歩いていけばいいや、地下鉄に乗っていけばいいや、的になってしまう。自然 [続きを読む]
  • 2017年2月24日
  • 明日学会に参加するので、大阪に滞在。これと、これを持っていく。行きの新幹線はプレミアムフライデーだとかの影響?込み込み。隣には東京から乗ってきた親子(母と娘2人)。お姉さんは年長ぐらい?下は1歳前後?こんなこと書くと、子育て世代に不理解なオバさん世代!と非難轟々になるだろうけど、赤ちゃんの雄叫びが頭痛を増幅させる。いやいや、この時間に新幹線に乗らなくてもいいじゃん…育児ママに冷たいと思われそうだけど、 [続きを読む]
  • 2017年2月17日
  • 佐藤さとる先生が亡くなった。ということが、今日報じられた。そのニュースを知ったのは、Yahooニュースで。真っ先に誰かとこの思いを共有したいと思った。私は佐藤さとる先生の作品をくまなく読んでいるわけではない。「だれも知らない小さな国」を読んで、あとはちょこちょこ、ぐらい。でも、「だれも知らない小さな国」は私の成長期に「何か」を残している。それは形にはっきり残された影響というものではなく、血液の中の一滴 [続きを読む]
  • 2017年2月4日
  • ある意味、コミュニケーションが研究の範疇にあるというのに、実生活ではコミュニケーションが苦手だ。自分のことを自慢したい相手の言葉に感情を振り回されたり、ちょっとした言葉にぐさっときたり、反対に相手に優しい言葉の一つもかけてやれなkったり、気の利いた褒め言葉をいうのもこそばゆくて、躊躇しまったりしている。無我夢中の授業繁茂期と比べて、授業が終わった今の時期、口頭による他の人とのやりとりは、最小限に抑 [続きを読む]
  • 2016年10月15日
  • 今日は年に一回の土曜日の集中授業。もちろん「集中講義」とかいう授業を普段からもっていらっしゃる先生方なら、こんな晴れ渡った日に建物に半日缶詰で授業を黙々としなければならないという「労働」をたいしたこととも思わないのだろうけれど、今日、それに臨む私は、子供達を放っておいて(夫不在)その「労働」をしなければならない。これ、子育て中の「ママ」にとっては、結構負担ではあります、精神的に。でも私も、そこはし [続きを読む]
  • 2016年10月9日
  • 木曜日朝ムスメが発熱して以来、病人に振り回される数日。この週末は日本語教育学会が松山で開催され、元来それに参加するかどうかで悩みの種となっていた。これが終わった翌週、色々と公私共々絶え間なく忙しくなりそうなので断念。結果的に、その断念は間違っていなかったと思えるのだけれど、FBで「楽しかったー」という声を見るたび、羨ましくも思える。(「声を見る」というのも、リアルタイムなやりとりができるようになった [続きを読む]
  • 2016年9月29日
  • 9月も終わろうとしている。後期授業が始まって2週間余りたった。本務校、非常勤の大学、それぞれでペースを手探りでいる最中も抜けようとしている。今期は日本事情のクラスで本格的な教室実践の研究を実行している。毎回ビデオ撮影や録音をしている。だけどどうしても機器との相性が悪く、右往左往していることも多々有る。研究者たるもの、IT機器にも強くなって、問題なく任務(私は今年度この教室実践に関する研究助成金をもら [続きを読む]
  • 2016年9月11日
  • 今、大学では入学してきた一年生に、大学での学びとはなんぞやというのを教えている。一般に「初年次教育」というのだが、もちろん私達が大学生の頃、このような言葉はなかった。そして「初年次教育学会」というのもあって、それぞれの大学で、教員たちにいかに学生たちき実りある大学での学びを提供できるか、日頃の授業実践を発表しあったりしている。今年の学会は昨日と今日、徳島の四国大学であったので、私も行ってきた。四国 [続きを読む]