jbopper さん プロフィール

  •  
jbopperさん: 秋川ライフ
ハンドル名jbopper さん
ブログタイトル秋川ライフ
ブログURLhttp://akigawalife.naturum.ne.jp/
サイト紹介文都会の喧騒を離れ、秋川のほとりにお引越し。フライフィッシングとDIYのフライ装備も紹介します。
自由文都会の喧騒を離れ、秋川のほとりに引っ越してスローライフ。そして始めたフライフィッシング。最近は子供らも川遊びには付き合ってくれず、週末はひとり渓魚との出会いを求めて秋川渓谷を彷徨っています。DIYで工夫のフライ装備も紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/08/03 00:06

jbopper さんのブログ記事

  • エコノミー釣行
  • 色々調査をしちゃうと、年間管釣りに結構費用を掛けているのが判ってしまったので、今週末は割安感のある釣りです…(笑)。小菅川冬季ニジマス釣り場…、最短距離なら高速代も不要、釣り券は1000円。しかも、12月からは下流のフィッシングヴィレッジでも釣りができます。自宅から約50km、愛車を駆ってのドライブは楽しい。8時前に出て、1時間半もかからずに到着。とは言え、やはり上流の渓流区間で釣ります。ロッドは、真っ赤なEp [続きを読む]
  • 管釣り料金を調査・考察
  • 私は、マス養殖の専門家でも、管釣り経営に詳しいわけでもないですが、今日はちょっと管釣りの料金体系について考えてみたいと思います。というのも、一昨日、奈良子釣りセンターまで行ってきたのですが、事前に最新情報を調べていたら、次のような告知が…、  『魚の持ち帰りについて新ルール追加』 ルアーフライフィッシングの魚の持ち帰りは 1日券10匹まで・半日券5匹までですが 新ルール追加で重量制限合計2?以内と な [続きを読む]
  • 紅葉の養沢とブレンド練オモリ
  • 今日は、紅葉の養沢毛鉤専用釣場で遊んできました。朝9時に下弁天に入渓。このポイントは、魚の溜まり場なので、フライが判れば結構釣れます。紅葉の中での釣りもまた乙なものです。結局11時半まで、ここで「ツ抜け」るまで楽しみました。外の気温もやっと11月らしくなったので、管理棟の中、ストーブの前で、お昼を頂くことにしました。ところで、今年の養沢の限定営業は、例年より区間が伸びて、海入道橋まで釣って良いそうです [続きを読む]
  • リコール
  • 11月8日(木)、19時32分。新宿発19時15分の中央ライナーに乗っている私に、東京スバル??店で私の営業担当をしている〇〇課長から、電話連絡を受けました。他の乗客の迷惑にならないようにと座席では取らずに、車両間の出入り口付近に移動して、すぐにコールバックしました。<〇〇さん>「jbopperさん、9月に納車したjbopperさんのフォレスター Advanceですが、今回の車両製造完了検査不備のリコールの対象となってしまいました [続きを読む]
  • 紅葉はどうかな?
  • 昨日の土曜日、TOKYOトラウトカントリーまで紅葉を見に行ってきました(?…笑)。今年は秋が深まっても、暖かい日が続き、紅葉もイマイチ?逆に釣りは良いんじゃないかと思いつつ、この管釣りでのフライフィッシングは、なかなか一筋縄ではいきません。管理人さんと話しても、まだ底に引っ付いていて、魚が出ないかも…と、言われてしまいました(汗)。まあ、紅葉も微妙ですが、清々しい天気の中、森林浴&マイナスイオン浴。そ [続きを読む]
  • 車にもロッドホルダー
  • 車が大きくなって、荷物は一杯積めるようになりましたが、ロッドは特別。車載ロッドホルダーを物色してみると、なかなかフライロッド向けの物はありません。まあ、フライロッドの場合は、多くの方はアルミ製のロッドチューブに入れたまま持ち運ぶでしょうし、釣行中のちょっと移動位以外は、組んだまま運ぶことはまずないでしょう。そういう意味では、車載ロッドホルダーはフライには不要ですかね?私の場合、ちょっと事情が違いま [続きを読む]
  • ロッド収納ラックの改修
  • こちらももう7年も前に自作したロッド収納ラックです。<7年前の写真から…>ロッドチューブを一杯、壁のデッドスペースに置けるので当時はものすごく喜んでいたのですが、ロッドを出し入れしたり、帽子掛けに使っちゃったりしているうちに強度の問題で、途中の木の仕切りがどんどん崩れていきました。(写真撮り忘れました…汗。)<こちらも、当時の完成風景です>アイディアとしては、最高だったんですけどね…。まあ、量より質 [続きを読む]
  • ランディングネットのリフレッシュ
  • もう 6年近く前に、3本セットで作ったランディングネット。その中でも、内径21cmほどの次男坊ネットが、私の釣行には、一番フィットしているようです(汗)。そして、今年、シーズンラスト釣行では、あやうく無くしてしまう所でした。でも、よくよく見ると、結構傷だらけです。折角、奇跡的に無くさずに済んだのですから、ちゃんとリフレッシュしてあげることにしました。まずは、しっかりサンディングします。所々、打ち傷が深す [続きを読む]
  • 2018渓流シーズンも振り返る?
  • 毎年掲載している主に近隣河川での渓流シーズンの総括記事ですが、今年はあまり気が乗りません…(汗)。※ 過去の総括記事のリストは、こちらからどうぞ。その理由が読み取れるかもと、データをまとめてみると…<4時間未満の釣りは、0.5回としてカウントしてます>やはり、今年の釣行回数、特にホーム釣行は過去最少でした。仕事で釣りに行けない日が例年より多くあったり、GWや夏休みなどまとめて釣りに行けなかった事もありま [続きを読む]
  • 小菅までドライブ
  • ※ 城山トンネル前、ダッシュボードに光って見えるのが、  ドライバーモニタリングシステムの赤外カメラです。週末ドライブに行こうと思っていたのですが、当然、釣りを兼ねてとなる訳です。(笑)自宅からだと、青梅街道で奥多摩を抜けて、小菅村までの道は、ワインディイングロードと、多摩川南岸道路の開通で色々変化を味わえるコースになります。ということで、昨日の土曜日、10月にオープンした「小菅川冬季ニジマス釣り場 [続きを読む]
  • 慣らし運転とシャロム釣行
  • <2018.10.14 シャロムの森、曇 14〜17℃、平水>新車の慣らし運転もかねて、シャロムの森まで釣りに出かけます。自宅からシャロムの森までは片道150km。一般道から、高速を使い(圏央道⇒関越⇒北関東自動車道)、また一般道をしばらく走った後、渡良瀬川沿いのワインディングも走り、林道に入ってからシャロムの森管理棟に到着する頃には、舗装されていない道になります。色んな道路状況があるので新車の感覚をつかむにも打って [続きを読む]
  • SUBARU のハイブリッドは進化したのか?
  • 突然ですが、実は私、車、乗り替えました。5月末、養沢の釣り場感謝デーの後、SUBARUのディーラーさんにお邪魔して交渉。そして、その4か月後の9月下旬、初回生産分の1台が我が家にやってきました!<SKEフォレスター※>※ 新型フォレスターのアドバンスグレード。その安全性、積載力、そして居住性(?)が、私の今後の釣り〇鹿ライフをサポートしてくれることでしょう。(ゆったり車中泊もできるかな?笑)とまあ、なぜ今この車 [続きを読む]
  • 養沢、禁断の秋ヤマメ!
  • <2018.10.6 晴 18〜25℃、水量多く 16℃>3連休ですが、台風の影響が気になったので、早速養沢へ。ちょっと遅めのスタートでしたが、お蕎麦屋さんのそばに車を停めて、適当に入渓しようと思ったのですが、既に釣り人が、ちらほらといらっしゃるので、結局、神谷橋を超えて、8時半ごろ入渓。もっと上流に停めれば良かった。(汗)でも、お蔭で、まだ誰も釣っていない場所に入れたようで、水量が多い中、ゆっくり目の流れから早速ド [続きを読む]
  • 最後に渓で見つけたのは?
  • <2018.9.29 某渓流、小雨 17〜19℃、水量多め、14℃>渓流は禁漁間近の最後の週末、台風接近中ですが、午前中だけでも、と釣りに行きます。でも、台風の前に秋雨前線がもたらした雨の影響で、ホームリバーは水量多すぎでNG。なので、先週行った水系の別の支流に入ろうと行ってみたのですが、駐車済みの先行車あり…(汗)。ということで、小雨の中、7時過ぎ前回と同じ流れに入渓。流れは前回より激しい状況ですが、幸いまだ濁りは [続きを読む]
  • また来年!
  • <2018.9.23 某渓流、曇・晴19〜21℃、水量多め14℃>今年はホームリバーの状況が中々安定しない中、シーズンを通して、隣県のイワナの渓に通いました。本当はそんなに通うつもりはなかったのですが、タックルの使い勝手とかを比較するには、かえって都合が良かったとも言えるでしょう…。あと、2週間を切った渓流シーズン…、またまた連休の中日に行っちゃいました。本当は新規開拓とも思ったのですが、シーズン最後にハズレを当 [続きを読む]
  • シーズン終盤に新エリア開拓
  • <2018.9.16 某渓流、曇・晴 19〜22℃、水量多め 17℃>雨の土曜日を避け、連休中日の日曜日、久々のホームリバーでの釣りです。まだ日の出前の5時に家を出ましたが、目的の駐車スペースでは釣り人が準備中…。ずっと上流に移動するも、入渓直後に先行者に遭遇…。9月中旬の週末、渓流釣り師の思う事は皆同じ。あとわずかの渓流シーズン、何とか渓魚に逢いたい!先行者の200〜300mほど上流に再入渓するのは簡単ですが、そんなこと [続きを読む]
  • 源流専用フライライン?
  • 釣り〇鹿さんなら皆そうでしょうが、タックルには適材適所があり、故に、「こういう釣りには、こういうタックルが必要!」と思うわけです。メーカーもそれが判っていて、色んな状況を想定したタックルを開発・販売するわけで、新製品が出てくる度に、私たちは惑わされることに…(汗)9月から日本でも、SageのDART(ダート)というロッドが発売されました。その名(ダーツの単数形)の通り、小渓流で短距離でもピンポイントにフラ [続きを読む]
  • 蛇腹鍼はバーブレスか?
  • MARUTOフックの土肥富さんには、ずっとお世話になっています。名の通ったメーカーに負けない品質のフライフックを製造・販売していて、その安さと随分前からネット通販にも対応していて、もう何年も他のメーカーのフックはほとんど買っていません。ところで、ここの通販には、2つの特徴があります。まず、フックを100本単位で売っていること。多分、それもあって、ほとんどのスタンダードな形状のバーブレスフックでも、一袋650円 [続きを読む]
  • 豪雨を避けて、養沢へ
  • <雨を喜ぶ奴もいますよね…(ニコパチ?)>今年は雨、雨。ホームでも水がずっと引きません…(泣)。しかも、もうひとつデカい台風が来るらしい。もう9月だというのに、このまま渓流シーズン終わっちゃう。水量が少なめの渓を探して、土曜は朝4時過ぎに起き、車を走らせ行ってみます。ところが… トンネルを抜けると、そこは大雨だった(泣)。いつも釣り券を買うコンビニに車を停めて、スマホで調べると、そこは、雷雲の真った [続きを読む]
  • 本谷、ひとりじめ
  • 今年最後の夏季休暇を頂いて、おニューなグラスロッドを携えて、「本谷毛ばり釣り専用区」に行ってきました。(8/25 ビデオも記事最後に追加しました。)<2018.8.22 本谷毛ばり釣り専用区、晴 23〜26℃、      水量多めで若干笹濁り、19℃><ふれあい館裏の神流川の流れも増水気味…>朝、受付でお話を聞くと、大雨の後、専用区はずっと休業中で、なんと、この日が再開初日!しかも、私の他に予約を入れていた方がキャンセ [続きを読む]
  • Epic 476 4pc ロッド
  • <連投でお送りしている赤いロッド関連記事は「こちら」から><グラス製ロッドチューブ、ちょっと頼りないかも…>ニュージーランドメーカーのブランクを米国の個人ビルダーが組み立てたS2グラス製ロッド、Epic 476 4pc。7フィート6インチの4番ロッドで、普段の渓流釣行より、ちょっとパワーが欲しいという状況を想定して入手しました。(例えば、本谷毛ばり専用区やオフの大物狙いの管釣りや冬季釣り場等々。)細かいですが、結 [続きを読む]
  • Epic 476 4pc ロッド
  • <連投でお送りしている赤いロッド関連記事は「こちら」から>※ 間違って記事を削除してしまったので、再掲載です…(汗) 最近買っていなかったFlyFisherにEpicロッドの限定廉価版の 広告が載っていましたね…(税別80000円)。<グラス製ロッドチューブ、ちょっと頼りないかも…>ニュージーランドメーカーのブランクを米国の個人ビルダーが組み立てたS2グラス製ロッド、Epic 4764pc。7フィート6インチの4番ロッドで、普段の [続きを読む]
  • なぜ今グラスロッド?
  • <赤〜いロッドを探す工程で、ちょっとかじった グラスロッドの豆知識と考察です。>最近グラスロッドブーム(?)が、再燃しているとかいないとか…(ちょっと出遅れ気味?汗)私のFF歴はたかだか10数年なので、実際の変遷を体感している訳ではありませんが、フライロッドのマテリアルは、戦後バンブーからファイバーグラスに主流が移り、70年代とかはグラスロッド全盛の時期もあったようです。しかし、それもすぐにグラファイト [続きを読む]
  • 赤〜いフライロッド?
  • フライロッドの組み立てにも手を染め始めた私ですが、来年はいよいよ還暦です。それなら、赤〜いブランクカラーのロッドなんてどうだろう…って、軽い気持ちでネットでリサーチ。自分で、組み立てられる良いロッドブランクはないかな〜?おぉ、グラスロッドのブランクなら色のバリエーションも結構ありますね。ニュージーランドに面白いメーカーを見つけました…『Swift Fly Fishing Company』。ロッドの名称は「Epic」。結構、こ [続きを読む]
  • 突然の雨には潔く撤退
  • <2018.8.13 某渓流、晴のち雨、21〜23℃、水量多め><水量多めの今日の渓>朝5時過ぎ、久々にホームリバーへ向かいます。前夜、通り雷雨があったので、その影響が少ないと思われる水系を辿りますが、途中から車がチラホラ停まっています。6時、結局、上流の渓谷の支流に入ります。先日の台風の影響で、こちらの渓もまだまだ水量が多いのですが、増水時になぎ倒された川辺の草もすべてちゃんと見えているので、順調に平水に戻るつ [続きを読む]