アガサ さん プロフィール

  •  
アガサさん: すきなものだけでいいです
ハンドル名アガサ さん
ブログタイトルすきなものだけでいいです
ブログURLhttp://sukifilm.blog53.fc2.com/
サイト紹介文映画への愛情溢れるツッコミ(ネタバレ)レビュー! イラストも載せてみたりしちゃったりなんかして!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/08/06 11:23

アガサ さんのブログ記事

  • 『悪女/AKUJO』
  • あらすじ・・・暗殺者に特訓された少女が、なんやかんやあって国家情報院に拾われ、特訓されます。映画を観るとき、みなさんそれぞれグッとくるポイント・がっかりするポイント・熱狂するポイント・許せないポイントなどがあると思います。わたしの場合、だいたいの映画をたのしく鑑賞するものの、ひとつだけ許せないポイントがあります。それは「子ども」です。物語に子どもが絡む、それはごく自然のことです。すべての子どもが愛 [続きを読む]
  • 2018年上半期えいがまとめ
  • ご無沙汰しております、アガサです。はやいもので2018年ももう半分が終わろうとしているようです。このブログの更新も、月2だったのが月イチに変わり、いまではそれすら叶わぬように・・・そこで今回は、なんとか更新頻度を水増ししようと回復させるための臨時企画「2018年上半期えいがまとめ」をお送りしようと思います! まとめに入ろう!困ったときはまとめに入ろう!ババッとまとめてサクっと更新しよう!!・・・と [続きを読む]
  • 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
  • 本作はルッソ監督からネタバレに関する箝口令が敷かれていますので、以下ネタバレなしの感想をお届けしたいと思います。たぶんなしです。しかし、わたしの「ネタバレ」の線引きがみなさんのそれと一致しているとは限りませんので、少しでも本編を匂わせるような情報は入れたくない、という方はぜったいに見ないようにしてください。マーベル・シネマティック・ユニバース、通称MCU。次に作られる関連作品への橋渡しのため、毎回エ [続きを読む]
  • 映画・あかさたな索引
  •  ・・・通常感想 ・・・イラスト付き感想 ・・・短い感想<外国の映画>あ行 アイ・アム・レジェンド  アイアンマン アイアンマン2 アイアンマン3 アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ2 アウトロー アクエリアス  悪魔の赤ちゃん (トリロジー)  悪魔のいけにえ  悪魔のいけにえ 2  悪魔のいけにえ 3/レザーフェイス逆襲  悪魔のいけにえ レジェンド・オ [続きを読む]
  • 『スリー・ビルボード』
  • ■ 「母」 ミルドレッド・ヘイズ朝起きて、朝食を食べ身支度を整え家を出て街に向かう。そのたびに、娘はレイプの末殺され遺体に火をつけられた、という現実を突きつけられる。なぜなら、娘が発見されたのは、家から1キロも離れていない目と鼻の先ともいえる場所だったから。毎朝、毎朝、道路を走るたびに、娘の不在とそのむごい最期を思い出す。そして、仕事を終え、家に帰るとき、再びそれは繰り返される。娘があげたであろう [続きを読む]
  • 『ジオストーム』
  • あらすじ・・・2019年、異常気象による大規模災害に悩まされていた人類は、ついに肌の色や宗教の違いなどを乗り越え、あるひとつの解決策を選択すべく一致団結した。その策とは、気象を管理できる衛星をわんさか設置してお天気を操ろうというもの。自然の摂理は神のみぞ知るものだが、人間が作ったものなら人間によってコントロールできる。これでもう、悪天候に振り回されることはない。だが、人類は忘れていた。機械がどれだ [続きを読む]
  • すきもの主婦が選ぶ映画オールタイムベストテン 2017
  • 大人気ブログ・男の魂に火をつけろ! 様による年末恒例企画、「映画ベストテン」。2007年の「オールタイムベストテン」から今まで、多くの映画ファンやワッシュさんのブログのファンが思い思いのベストテンを投票し、毎年さまざまなジャンル別ベストテンが選ばれて来ましたが、今年は10年という節目を迎えられたということで、再びオールタイム・オールジャンルのベストテンをあげてみようじゃないか、という運びとなったそ [続きを読む]
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』
  • あらすじ・・・アベンジャーズのマッスル担当ことソーとハルクが、乱闘したり、兄弟ケンカしたり、乱闘したり、場外乱闘したり、姉妹ケンカしたり、乱闘したり、またまた大乱闘したりして、気づいたら最終的にラグナロクします。■ 「すべての神々の父にしてアスガルドの王」と書いて「ポンコツじじい」と読む、クズ親父オーディン伝説ここに完結!(※ みてくださいこの小憎たらしい清々しい表情!)シリーズ第1弾では「肝心な [続きを読む]
  • 『ジグソウ:ソウ・レガシー』(シリーズ8作目)
  • ※ 以下、全編ネタバレしています。もちろんしますとも。隠す必要もないでしょう、ええ、そうでしょう。【一行あらすじ】死後10年経った今、ジョンの五股が発覚しました。【主なゲーム】舞台・・・・コンクリート打ちっぱなしのアーバンスタイルなモダンルーム被験者・・・バイク屋さんのミッチと主婦のアナとジャンキーのカーリーと詐欺師のライアンと身元不明な男性ルール・・・バケツを頭にかぶせられた状態で、壁に仕込まれ [続きを読む]
  • 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
  • 人間社会とは不思議なもので、どこのどんな集団にも、華やかなグループと地味なグループが出来るものです。学生時代から人づきあいが下手で、心に壁を作りがちで、でも想像力だけは両手に余るほど持ち合わせていたわたしは、制服をおしゃれに着崩し、友達と「放課後どこのカフェに行き、どこの洋服屋さんを物色し、どの男子と遊ぶか」をきゃあきゃあと相談し合う、華々しいクラスメイトたちの輪に入ることは決してありませんでした [続きを読む]
  • 『エル ELLE』
  • あらすじ・・・女の人が悪い男の人に引導を渡します。(※ ネタバレしています)女の子にとって、子どもから大人へと変わりゆく真っ只中のいちばん繊細な年齢、「10歳」。そんな齢のころ、ある日国中の人々から一斉に注目されてしまうというのは、どんな気持ちなのだろう。しかも、明るい話題からきた「いい注目」ではなく、全国民が恐怖と怒りと不安でいっぱいになるような、凶悪なことこの上ない「わるい注目」だとしたら。自分 [続きを読む]
  • 『メアリと魔女の花』
  • (※ 以下の感想は、数十年に渡り『小さな魔法のほうき』を愛し続けてきた、いち主婦の主観に基づいていますので、「そういうんじゃなくて純然たる映画の感想が知りたいんだよ」、という方にはおすすめしません。)小学校の図書室に、『小さな魔法のほうき』という本があったのでした。その本は、「何の予定もない夏休み」という、子どもにとって悪夢に等しい退屈な日々を、「近所に誰も知った子がいない親戚の家」という、これま [続きを読む]
  • 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
  • あらすじ・・・トムがまたもやひとりで全部やっちゃいます!!(※ 以下、またもや大体ネタバレしています)マーベル・シネマティック・ユニバースの大成功を見て、「いいなぁ!」って思っちゃったんですよ。そりゃもう、ハリウッドの映画関係者が軒並み「いいなぁ!おらたちもやりたいなぁ!」って思っちゃったんですよ。アイアンマンの映画にソーのトンカチが出てきたり、アントマンの映画にファルコンが出てきたり、もちろんア [続きを読む]
  • 『LOGAN/ローガン』
  • (※ 以下、『LOGAN』のネタバレはもとより、流れ弾的に『マトリックス レボリューションズ』のネタバレも含んでしまっていますので、そういうのが気にならない方のみご覧ください)あらすじ・・・突然知らされた娘の存在に戸惑うおとうさんが、おじいちゃんと娘と三世代でアメリカを縦断します。ああ!!つらい!!! なんだこれもうやだ!ああつらい!!!公開前からヒュー・ジャックマンさんの「これで終わるよ!有終の美をか [続きを読む]
  • 『リップヴァンウィンクルの花嫁』
  • あらすじ・・・血の代わりにお金が流れます。安室行舛(綾野剛さん)のつかみどころのなさがすごい。どんな相手にも瞬時に合わせられるのは心がないからなのか、ものすごい強固な鎧で心を守っているからなのか。いちど無防備な自分をさらしてしまうと、ズタズタに切り裂かれる可能性もある。だから安室は、他者との間に「お金」という「鎧」を介在させる。安室のこわいところは、相手にその「鎧」の存在を感じさせないところ。だか [続きを読む]
  • 『メッセージ』
  • あらすじ・・・ある日とつぜん、“それ”は現れた。地球上の12の都市、その上空に佇む“それ”。どこからやってきたのか、なんのためにやってきたのか、どのようにしてやってきたのか、なにひとつわからない。理解できない。希望と怖れと焦りから、世界中が混乱を極める中、一人の言語学者に白羽の矢が立てられる。“それ”の目的は、世界の破滅なのか、それとも救済なのか・・・。(※ 以下ネタバレしていますので、鑑賞前には [続きを読む]
  • 『パッセンジャー』
  • (※ 以下、いきなりネタバレしています)あらすじ・・・クリス・プラットが宇宙で死にます。・ と、いうわけで『パッセンジャー』を観てきたのですけども、なんつうかすごい映画でしたよね。・ ドラマの舞台は、地球を離れ別の星への移住を決意した5000人もの人々を乗せた宇宙船・アヴァロン号。 ある日その船に隕石のかけらがぶつかり、メインコンピューターがぶっ壊れるところから物語はスタートするのですが、とにかく [続きを読む]
  • 『沈黙-サイレンス-』
  • 小学校の近くに、教会があった。そのことに気づいたのは四年生の頃だっただろうか、とにかく、あるときクラスメイトから「日曜学校って知ってる?」と聞かれてはじめて、自分の学区内に教会があることに気づき、また「日曜なのに学校とはこれいかに」と大きな衝撃を受けたのを覚えている。興味をひかれたのはわたしだけではなかったのだろう、初めて訪れた日曜日の教会は、両親を説き伏せて参加許可を取り付けたわたしや姉と同じよ [続きを読む]
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』
  • ポールが!やるだろうやろうだろうとは思っていたけど!案の定!やっぱりまた!シリーズ最大レベルで!盛大にやらかした!!過去シリーズのおさらいはコチラで・・・5分くらいででわかる『バイオハザード』のおはなし。(シリーズまとめ)はい、というわけで、ついに、というかやっとその広げ過ぎた風呂敷が畳まれる運びとなった『ポールの嫁自慢』こと『バイオハザード』最新作を観てきましたよ。15年という決して短くはない時 [続きを読む]
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
  • あらすじ・・・反乱同盟軍の精鋭部隊ローグ・ワンが帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図を手に入れます。【「すきなものだけでいいです」管理人・アガサ氏による涙の謝罪会見 一問一答】先日、 『スター・ウォーズ』 シリーズの外伝として公開された 『ローグ・ワン』 を鑑賞したばかりのブログ管理人・アガサ氏が、興奮冷めやらぬままに自らの誤認識について緊急会見を行った。会見での一問一答は以下の通り。「このた [続きを読む]
  • 『Banjo』(バンジョー)
  • 最近、血の気の多い映画の感想を書く機会がめっきり減っていたのですが、今回は久しぶりに鮮血がドヴァドヴァ溢れだすタイプの映画をお届けしたいと思いますよ。なぜかと言いますと、実はこのたび、いつもたのしく拝見させて頂いている人気ブログホラーSHOX [呪]のHiro Fujiiさんと、倉林のはらわたの倉林さんのご厚意により、日本未公開の竿竹(※隠語)映画のスクリーナーを鑑賞させて頂きましてですね。新鮮なビッグマグナム( [続きを読む]