karaokegurui さん プロフィール

  •  
karaokeguruiさん: 宇宙とブラックホールについてのQ&A
ハンドル名karaokegurui さん
ブログタイトル宇宙とブラックホールについてのQ&A
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui
サイト紹介文宇宙論、ブラックホール、科学書の書評など。でも、文系です(^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/08/08 23:54

karaokegurui さんのブログ記事

  • 星の衝突による放射性元素
  • ・星同士の衝突でまきちらされた放射性元素を発見アストロアーツ8月6日付記事、元はアルマと欧州南天天文台(ESO)です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10084_ck_vul概要>アルマ望遠鏡などによる観測から、放射性元素を含む分子が太陽系外で初めて発見された。過去に起こった星同士の衝突によって星の内部から運び出された物質のようだ。放射性元素を含む分子なんて結構ありふれているように思うのですが、太陽系外では [続きを読む]
  • 小さな環など4
  • 小さな環など1:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70668454.html小さな環など3:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70673813.html--------------------------------------- 8.いろいろな元と元の分類環の元は、零元0と単位元1以外も個性をもっています。環の零因子とは、a≠0,b≠0,ab=0 となる a と b のことです。定理8-1:「自明環でない有限環が体となるための必要十分条件は、零因子をもたないことで [続きを読む]
  • 銀河系中心で1千万年前に大爆発
  • ・天の川銀河の中心で1000万年前に起こった大爆発アストロアーツ8月2日付記事、元は早稲田大学です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10077_loop概要>天文衛星「すざく」などによる観測とシミュレーション研究により、天の川銀河の中心から噴出するガンマ線バブルとX線で見られる巨大ループ構造が、共に1000万年前に起こった大爆発の痕跡である証拠が突き止められた。「すざく」は、2005年7月にJAXAが打ち上げたX線天文 [続きを読む]
  • 銀河系の2段階の星形成
  • ・天の川銀河の2段階の星形成過程を理論的に解明アストロアーツ7月31日付記事、元は東北大です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10076_starformation概要>天の川銀河では、約100億年前と約50億年前に始まった異なるメカニズムで、2段階に分けて星が作られたことが理論的に示された。元素組成の異なる2種類の星が銀河内に存在することを説明するものとなる。>星を形成する材料は、銀河の外側の宇宙空間に存在する水素を [続きを読む]
  • アンドロメダ銀河が飲み込んだ第3の銀河
  • ・アンドロメダ座大銀河に飲み込まれた「第3の銀河」アストロアーツ7月30日付記事、元はミシガン大学です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10074_m32p概要>米大学によるシミュレーション研究から、かつてアンドロメダ座大銀河に大型の銀河が衝突し飲み込まれたことが示された。この「M32p銀河」は、アンドロメダ座大銀河や私たちの天の川銀河に次ぐほどの大きさだったという。この記事ではM31をなぜか「アンドロメダ座 [続きを読む]
  • 40億光年彼方からのニュートリノ
  • ・40億光年彼方からの超高エネルギーニュートリノ、発生源を同定アストロアーツ7月19日付記事、元は千葉大、広島大、国立天文台です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10045_neutrino概要>宇宙から飛来した超高エネルギーニュートリノが検出され、その発生源が活動銀河核の一種「ブレーザー」であることが可視光線やガンマ線の観測によって明らかにされた。>素粒子の一種であるニュートリノは、これまでに太陽の中心部 [続きを読む]
  • プランクの最終版CMBデータ公開
  • アストロアーツ7月24日付記事、元は欧州宇宙機関(ESA)で、中野太郎さんの署名記事です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10061_planck概要>天文衛星「プランク」で観測された宇宙マイクロ波背景放射の最終版データが公開された。温度と偏光のデータを新たに処理した成果が盛り込まれている。>誕生直後の宇宙に存在した熱放射の名残は、「宇宙マイクロ波背景放射(CMB)」として天球上のあらゆる方向で観測される。この [続きを読む]
  • 小さな環など3
  • 小さな環など1:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70668454.html小さな環など2:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70670331.html--------------------------------------- 7.位数7までの有限環一覧以上の準備を経て、ようやく位数7までの有限環の列挙に入ります。素数位数pの加法群は巡回群Cpの1種類だけであり、かつ素数pの約数はp自身と1の2つだけですから、定理6-1から位数pの有限環は次の2種類となりま [続きを読む]
  • 小さな環など2
  • 小さな環など1:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70668454.html--------------------------------------- 3.有限体Fn次に、一般の環よりも有限体の方が制約が多い分、扱いやすいので、有限体を取り上げます。最小の群は自明群E={0}でしたし、最小の環も自明環E(0)={0}で、どちらも位数1でした。それなら、体の世界でも自明環E(0)をそのまま位数1の最小の体と考えてもよいように思えます。しかし、そうすると [続きを読む]
  • 小さな環など1
  • 目次 0.はじめに 1.環と体の定義 2.加法表・乗法表と自明環E(0)・零環Cn(0) 3.有限体Fn 4.剰余環Zn 5.環の直和 6.生成元と基本関係による表示 7.位数7までの有限環一覧 8.有限環の元の分類 9.部分環とイデアル 10.最後に無限環の例−多項式環と行列環 0.はじめに数の世界は、足し算などの四則演算が成り立つのが最大の特徴です。また、演算において特別な役割を果たす 0 や 1 のような数 [続きを読む]
  • 天文の漢詩から
  • 裁錦会詩草 第272回(2018年3月20日(火)開催)から。旧七帝大の卒業生を会員とする学士会の「學士會会報」第931回 2018-IV p.138〜に掲載されたものです。>  系外天體初飛來 玉理 竹中淑子想曾音信付巴赫  想う 曾 ( かつ ) て 音信に 巴赫 ( バッハ ) を付せしを今聽奇星馳紫?  今聴く 奇星の紫虚を 馳 ( はせ ) るを不識何來又何去  識らず何ぞ来りて又 何 ( いずく ) にか去る或存使者運鴻書  或は使者の鴻書を [続きを読む]
  • 結愛ちゃんの虐待死を悼む歌
  • 「人、木石にあらねば、時にとりて、物に感ずる事なきにあらず」(徒然草 第四十一段)私は、人の営みを離れた宇宙や無限のことを考えるのが大好きという人間です。このブログの書庫「文学、芸術、音楽」でも、主に宇宙や天文に関する短歌、俳句を取り上げてきました。しかし、この度の船戸結愛(ゆあ)ちゃんの事件については報道を見たり聞いたりするたびに涙が止まらなくなったので、私自身の気持ちを記す代わりに、例外的に、 [続きを読む]
  • 中間質量BHが星をバラバラに
  • ・接近した星をばらばらにした中間質量ブラックホールアストロアーツ6月25日付記事、元は欧州宇宙機関です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9982_imbh概要>太陽の数万倍の質量を持つブラックホールが、近づいた恒星を重力で引き裂き飲み込んだ際の爆発的放射と見られる現象が観測された。これまで確定的な発見例がほとんどない「中間質量ブラックホール」の存在を示す、もっとも可能性の高い観測例となる。中間質量ブラ [続きを読む]
  • ILC報告書案
  • ・ILC報告書案“国民の理解が必要”NHKニュースウェブ7月4日付記事です。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180704/k10011508711000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_016概要>日本への誘致が焦点となっている、ILC=国際リニアコライダーと呼ばれる宇宙誕生の謎に迫る次世代の実験施設について、文部科学省の有識者会議は、建設費は少なくとも7300億円余りに上るとの試算を示し、国民の理解と日本の負担額 [続きを読む]
  • BHに吸い込まれる直前
  • ・ブラックホールに吸い込まれる直前の物質の幾何構造アストロアーツ6月29日付記事、元は広島大学です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9996_cygx1アストロアーツからの引用に加え、広大発表から補足します。概要>気球に搭載した検出器により、ブラックホール連星系からのX線偏光が観測され、ブラックホールに吸い込まれる直前の物質の幾何構造が明らかになった。ブラックホールといえば宇宙に存在する極限的な「時空の [続きを読む]
  • 消えたバリオン問題決着か
  • ・「消えたバリオン」問題に決着か、高温の銀河間ガスを検出アストロアーツ6月26日付記事、元は欧州宇宙機関(ESA)で、中野太郎さんの署名記事です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9991_missingbaryon概要>20年近く未発見だった、銀河間を満たす希薄な高温ガスがX線観測でついに見つかった。宇宙に存在する「普通の物質」の内訳をこれですべて説明できるかもしれない。>宇宙の物質やエネルギーのほとんどは、正体不明 [続きを読む]
  • 銀河系中心部のG天体
  • ・天の川銀河中心部で謎の「G天体」を新たに発見アストロアーツ6月12日付記事、元はハワイのケック天文台で、中野太郎さんの署名記事です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9964_gobjects概要>天の川銀河の中心部で「G天体」と呼ばれる奇妙な天体の候補が新たに3個見つかった。ガス雲に似ているが恒星のような振る舞いもする天体で、正体は謎のままだ。>米・カリフォルニア工科大学ロサンゼルス校のAnna Ciurloさんたち [続きを読む]
  • 「一家に1枚」量子ビーム
  • 毎年4月の科学技術週間に合わせて、文部科学省が『一家に1枚』ポスターを配布しています。科学技術週間は、4月18日(発明の日)を含む月曜日に始まり日曜日に終わる1週間とされており、今年は4月16日〜22日でした。『一家に1枚』ポスターは、科学技術のある分野をA3判の綺麗なカラー印刷物1枚に分かりやすくまとめて表現した科学啓蒙ポスター(難しくは「インフォグラフィックス」)です。科学技術週間の前にホームページに掲載し [続きを読む]
  • BHが引き裂いた星によるジェット
  • ・ブラックホールに引き裂かれた星で作られたジェットアストロアーツ6月21日付記事、元は米国立電波天文台です。http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9977_arp299概要>超大質量ブラックホールの強力な重力で引き裂かれた恒星の物質がジェットとして放射され、そのジェットが伸びていく様子が、赤外線や電波による観測でとらえられた。最初に「強力な重力が恒星などの天体を引き裂く」とはどういうことか、解説しておきます。 [続きを読む]
  • いろいろな無限と無限小拡大環
  • 数学の世界で、現実の世界の「大宇宙」に対応するのは「無限大」、同じく「素粒子」に対応するのは「無限小」でしょう。(文学的イメージなので、あまり突っ込まないでくださいね(^^)まず無限大の方を考えてみると、1.通常の解析学では、無限大∞は数列の発散と捉えられ、実在する無限ではなく仮の無限にすぎないとされます。17世紀微積分学の祖であるニュートン、ライプニッツの時代には、そもそも無限大を無限大で割るとはど [続きを読む]
  • 『新世界より』
  • SFの書評です。貴志 祐介 著 『新世界より 上』 講談社 講談社文庫 480頁 2011年1月発行 本体価格¥730(税込¥)http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000205564同 『新世界より 中』 同 432頁 2011年1月発行 本体価格¥700(税込¥756)http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000205565同 『新世界より 下』 同 552頁 2011年1月発行 本体価格¥800(税込¥864)http://bookclub.kodansha.co.jp/product? [続きを読む]
  • ニアミス立体のご紹介4
  • ニアミス立体のご紹介1:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70441801.htmlニアミス立体のご紹介3:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70446349.html---------------------------------------- 6.フラーレン、ゴールドバーグ多面体など5角形と6角形の面だけから構成され、頂点がすべて3価の多面体をフラーレン(fullerene)といいます。(フラーレンは、炭素原子だけからなる(単体)新たな分子として発見されましたが [続きを読む]
  • ニアミス立体のご紹介3
  • ニアミス立体のご紹介1:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70441801.htmlニアミス立体のご紹介2:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70443216.html--------------------------------- 5.雑多なニアミス立体次に取り上げるのは、合計31種類と一番多くのニアミス立体を集めた次のサイトです。http://www.orchidpalms.com/polyhedra/acrohedra/nearmiss/jsmn.htmただ、これまで見てきたサイトとは異なり、このサイト [続きを読む]
  • 世界最小クラスロケット打ち上げ
  • ・世界最小クラス ミニロケット打ち上げ成功NHKニュースウェブ2月3日付記事です。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011314111000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003(動画あり)概要>将来、世界的に需要が増すと予想されている超小型衛星を低コストで打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が実験用に開発した世界最小クラスのミニロケットが、3日午後2時3分鹿児島県の内之浦宇宙空間 [続きを読む]
  • ニアミス立体のご紹介2
  • ニアミス立体のご紹介1:https://blogs.yahoo.co.jp/karaokegurui/70441801.html---------------------------------- 2.切頂カタラン立体ほかNw2切頂3方4面体は、カタラン立体の一つである3方4面体を切頂して得られるものでした。wikiや他のリストには載っていませんが、同様にカタラン立体を切頂して得られるニアミス立体がいくつかあるので、ここでまとめて取り上げておきます。したがって、ここで紹介するのはNwリストの補足 [続きを読む]