ぐうたら三昧 さん プロフィール

  •  
ぐうたら三昧さん: サボりま専科
ハンドル名ぐうたら三昧 さん
ブログタイトルサボりま専科
ブログURLhttp://neko-to-hirune.blog.jp/
サイト紹介文半隠遁生活実施中
自由文主に日常生活を綴っています。

記事書き過ぎ内容なさ過ぎと評価されています。

知人たちにブログ開設を通知したものの
閲覧しているものは皆無のようです(T_T)。

そんなこんなですがよろしくお願いしますm(__)m。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供647回 / 365日(平均12.4回/週) - 参加 2007/08/16 19:52

ぐうたら三昧 さんのブログ記事

  • 7年前に出場できなかった口述試験へ出場できることに。
  • 本年度修士論文提出予定: 橋口さん、◯さん、◯さん◯さん、◯さん、◯さん、◯さん、 基礎教育学コース博士1年の◯です。 本年度 総合演習担当をしております。 修論のご提出、お疲れ様でした。 本メールは、1/31(木)に開催いたします第5回総合演習(修論口述試験)発表準備のお願いです。 手順に沿って、資料のご提出ならびに発表のご準備をお願い申し上げます。*********************日時: 2019年1月31日(木) 13:00-1 [続きを読む]
  • ホンモノ
  • はてなブックマーク::Hotentry@hatebu巨星イケハヤ、堕つ : 脱・雇われ人研究室 https://t.co/plDdThTXi7 https://t.co/Yk3Niwuprk2019/01/14 06:42:31リテラシーを身につけた人は、イケハヤ氏から巣立ってしまう。なぜなら、イケハヤ氏はホンモノではないからだ。ホンモノとは、表立って活躍し、人々の耳目を集める存在。大勢の人々のリーダーとなり、成果を出し社会に還元する存在。大企業の顔となる人、政治家、大御所芸能人の [続きを読む]
  • 思い上がりの予防策
  • 名言集.com@wisesaw人間には不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。 でないと人間はすぐに思いあがる。 (ツルゲーネフ)2019/01/12 21:30:01人生もここまで歩んでくると,私自身も思い上がる瞬間もあり,また周りの人で思い上がっしまった人も見てきた。また人生が「うまくいっている」人は思い上がっていなくても「調子に乗っている」と妬まれる可能性もあるだろう。思い上がり状態もまた人間らしいといえばそれまでであるが,思い上が [続きを読む]
  • 公認心理師試験と修士論文の提出が終わって
  • ようやく正月という感じだろうか。HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル [おもちゃ&ホビー]BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)2017-04-22とりあえず,これを買ってきたので,チマチマと作っていこうかなと。とはいえ,1.修士論文を基にした投稿論文の作成2.某ハンドブックの担当項目の執筆をやらないといけないのだが。 [続きを読む]
  • 本日で修士課程全日程が終了
  • 正確には修士「学位請求」論文の口頭試問(1月31日(木))があるのであと1日残っていることにはなるが,講義やゼミ等は本日で2年間の全日程が終了した。振り返るに「山場」は公認心理師試験が終わってからの修論への取り組みだったような。実質,10月,11月,12月の3ヶ月で書き上げたことになるが,構想はM1のときから考え続けていた状態ではあった。しかし,それでも指導教員の先生の指導がなければ,こうは行かなかったわけで, [続きを読む]
  • 筑波大学大学院時代の同期が(たぶん)博論を出版
  • 風間書房@kazamashobo【近刊のお知らせ】水野雅之著『サポート資源が進路選択および就職活動に及ぼす影響』定価:本体6,000円+税。1月末刊行予定。大学生はいかにして学校教育の総決算である進路選択と就職活動を乗り越えるのか。その問いに、本書ではサポート… https://t.co/U6CZLd0h8v2018/12/28 13:54:15風間書房@kazamashobo【近刊のお知らせ】千島雄太著『青年期における自己変容に対する志向性の個人差と発達的変化』定価 [続きを読む]
  • 「公認心理師を目指しましょう」を読みつつ想うこと
  • 橋口 誠志郎@Hashiguchi_s和光大学心理教育学科で公認心理師を目指しましょう : 和光大学青年心理学研究室 https://t.co/7kEGNwBekE2019/01/08 06:32:43以前も書いたが,公認心理師になるさいに最大の難関になってくるのは,学部内で3年時進級時等に行われる選抜だと思っている。私は大学の制度はよくわからないので,あたっているかどうかはわからないのだが,どうも例えば100人とか入学できても,実習に行くことができるメンバー [続きを読む]
  • 修論最終修正中
  • である。しかし,よくここまで来れたなと。そもそも私は『オズの魔法使い』で卒論を書いた,つまり文学を論じたわけである。その後,心理学に路線を変更し,今度は統計学を使って論文を書いた,つまり科学論文の形式である。で,今回は哲学形式の論文を書いた,つまり,ここまで書いたことがない形式で書いたのだ。「文学」「心理学」で書けばまさに瞬殺で書けていたはず(?!)だが,あえて分野を変えたことで,そのわからなさ進 [続きを読む]
  • 修論提出前の最後の指導が終わる。
  • ということで,修正の後,提出できることになった。といっても修正がけっこうあるので,月曜日提出は難しいかも(^_^;)。しかし,筑波大のときの12月中旬に結果出ず留年,某大のときの願書出願後の願書取り下げなど,最後の最後で「ひっくり返る」経験が,最後まで油断してはいけないと告げる。最後の修正をきちんとしなければならない。なお,大学はまだ人は少なく,例のインスタ映え銀杏の落ち葉は,このようにゴミと化している有 [続きを読む]
  • 「青春の忘れ物」
  • これは・・・。私にとって「青春の忘れ物」とは,そう「センター試験」である。「未完の行為」に相当するもので,これは何とかせねばと考えている。【音声DVD-ROM付】長岡の教科書 数学I+A 全解説 [単行本]長岡亮介旺文社2015-12-24で,なぜかこのシリーズを揃えて本棚に飾っているしだいである。 [続きを読む]
  • 西川純先生の本
  • 西川先生の本は何冊か読んだことがある。『学び合い』の本は読んだことがないのだが。2030年 教師の仕事はこう変わる! [単行本]西川 純学陽書房2018-04-12は何回か読み直していて,また読んでみようと思っている本である。 [続きを読む]
  • 本日より「始動」
  • である。4日:修論最終(?!)指導5日:神奈川県SC面接(3年に1度)6日:休み(修論修正?!)7日(月)〜 10日(木):修論本体提出期間7日(月)〜 11日(金):要旨提出期間10日(木):勤務開始11日(金):大学院最後のゼミとまあ,近場ではこんな感じだろうか。大ネタでは修論の提出期間があるのがミソである(笑)。 [続きを読む]
  • 個人心理学は若い世代を取り込めているのか問題
  • 個人心理学界隈は指導者層の高齢化が進んでいるような気がする。同時に後継者も出ず,また若い世代もあまり参入してきていないような気もする。となると,今後は先細りしていく可能性があるように思う。さすがにゼロになることはないと思うが,限りなくゼロに近づき,特に個人心理学を学ぶ場やコミュニティはまとまったものはなくなっていくのではないか。先行きは暗い感じだが,ベイズ統計学のようにしぶとく生き延びて欲しいとこ [続きを読む]
  • 「宣誓書」と「承諾書」を書く
  • 修士論文と同時に出すものに1.宣誓書2.承諾書の2つがある。宣誓書は要するに自分の論文にパクりと捏造はないですよと公式に宣言する書類である。承諾書は他の人が閲覧してもまたはコピーしても良いですよ書類である。2は良いとして(私は閲覧&コピーO.K.にした),1はどうだろうか。たとえばパクりについては,日本語と英語以外の文献を読んでいないので正直わからない,というのが実際なのではないか。さらにいえば日本語文献 [続きを読む]