wata3 さん プロフィール

  •  
wata3さん: 渡耒宏明 hiroaki watarai  wattack records
ハンドル名wata3 さん
ブログタイトル渡耒宏明 hiroaki watarai wattack records
ブログURLhttp://yaplog.jp/wattack/
サイト紹介文ミュージシャンの視点からの辛口ならぬ「わる口」ロックコラム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/08/17 16:15

wata3 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • micro-frets spacetone
  • マイクロフレッツが来ました。前から気になっていたのですが、キッカケはグランドファンクからですかね。やっぱり。そんでYouTubeでブルースエードシューズで有名なカールパーキンスのプレイを見てこれは手に入れなければと。実機に触れると全体的にオリジナリティがすごいですが、特にナットは距離と高さも変えられるとこがすごい。※普通ナットは高さ変えられないので、新たに変えるか、削って低くすることしかできません。ネッ [続きを読む]
  • gibson byrdland 1968
  • 大物が来ました。多分人類の生み出した一番美しいギターのひとつにスティービーワンダーのvisionsという曲のピロピロギターがあると思うんですけどアレがデヴィッドTウォーカーのプレイだそうで。ジャクソンファイブのI want you backの素晴らしいオブリも彼ですね。というわけで彼の愛用ギターが欲しかったわけです。弾いてみるとあまりデカさを感じなく、とても弾きやすい。スケールは初期デュオソニックみたいな短さで慣れると [続きを読む]
  • 1966 stratocaster
  • 66年のストラトキャスターです。もちろんジミヘンの影響です。ジミヘンだと69年のメイプルネックのイメージの人も多いでしょうが、わたしはコレ。なんですよねー。axisの頃のギターが一番良い音だとおもってるので、多分この66年ホワイト、ローズネック、トランジションロゴだと思われ。それでやっと手に入れたわけです。まえもサンバーストの66年を持ってましたが、弾き心地がデカイ感じです。多分このころの太いフレットが影響し [続きを読む]
  • telecaster custom 1975
  • 1975年のテレキャスターカスタムです。テレキャスターはオクターブが合わないのがアレなので、6連ブリッジのやつを探してました。そうすると70年代にしかないという。70年代のフェンダーなんて、、、と思いきや、いろんな動画をみるとテレキャスターカスタムは音が大体よい!何故かは不明ですけど、チャラくないジャキーンとした感じで好感がもてました。実際これも迫力があって、音程が良くてよい。フロントハムは思ったよりこも [続きを読む]
  • epiphone riviera 1967
  • エピフォンの1967製リビエラです。ブリッジのポストが変えられていて、近年ビグズビータイプのアームがついていたので、1960年ビグズビーB7をインストールしました。一回ビグズビーのB3をはめてましたが、テンションがズルズルになり。テンションバーのあるB7の方がハッキリした音になって好みでした。ペグも変えられていたのでオールドに戻しました。グローバー嫌い。ピックガードも普通白なので変えられてるっぽい。黒だとシェラ [続きを読む]
  • rickenbacker 450は良い説
  • リッケンの450はなにかとディスられがちなんですが、前のポストのプチ工夫でオクターブが合えばかなり良いギターです。625も、460もネックのポジションマークが三角で豪華なのは良いんですが、マークの面積が大きいので指板から浮くトラブルや、そもそもポジションマークの上でのチョーキングしにくい問題があります。ドットなら大丈夫。見た目は貧相ですが。それと上位機種にあるフロントとリアのバランサーがない。シンプルで使 [続きを読む]
  • rickenbacker 450 のオクターブ問題
  • 60年代後期のにはこういうオクターブ調整できないブリッジがついてるのですが、簡単に取れます。台座に載せてあるだけなので。取ると更地になっているので、普通のリッケンのブリッジをポン載せします。はい、できました。年代によってはピックガードの彫りが縦に短い場合がありますので注意。元に戻せる状態で音程が良くなるので、おためしあれ。 [続きを読む]
  • SG 1965
  • 1965年のSGです。ナット幅が細くなったやつかは不明ですが、裏のカバーはまだシュッとしたタイプ。1966にはなり切れてない感じのやつです。いろいろ細かくパーツは変えられるっぽいのですが、SGとしては安めでした。SGってなんか言い切らない感じというか皆まで言わないエロさがあります。フロントはエッチでリアは甘さと塩っぽさがあります。オブリとか弾くと良さそう。ジョージの気持ちがわかってきます。引き倒さない感じのギタ [続きを読む]
  • エアライン スイングマスター
  • ケイメイドのエアライン・スイングマスターです。この不思議なピックアップがオシャレ。見た目ではピックアップの高さ調整ができないとおもいきや、エスカッションを外すと、調節ネジがでてくるという不親切仕様。ガンガン上げてやりましたわ。あげると割とちゃんといい音で。スケールのせいか音程もまあまあ良い。あとはアームついてるやつのほうが音が大抵よい。ギターって。ブリッジ周りの質量は大事という気づきを与えてくれま [続きを読む]
  • stratocaster fiesta red 62AUG A neck
  • 62年のストラトです。スラブではないですが、レアなAネック。ナット幅が狭いのです。親指が短くてもシェイクハンドできるという。そんで出音はスモーキーさがあります。60年初期のデュオソニックをちゃんとしたような音ですね。64-5年のクリアさもいいですが、エロさはこのギターに軍配があがるかと。ピックガードは当時のべっこうに変えられてあります。元のピックガードは白だと思われる。とにかく弾いてて楽しい。62年はジャガ [続きを読む]
  • epiphone crestwood 1967-8
  • 春のミニハム祭りということで。エピフォンのオリンピックブームが私の中で一時ありましたがオクターブが合いにくいので全売り。そのグレードアップ版であるこのクレストウッド。元から低いフレットが打たれているようです。低いフレットは音程がいいのでよろしい。ネックの幅は広い。カマボコっぽい感じね。ファイヤーバードと比べると下のレンジが狭くてギュッとした音がでます。カミソリクランチ系やSGっぽいサウンドが欲しい時 [続きを読む]
  • gibson 1965 firebird v non reverse
  • ずっと欲しかったぎたぁ〜(パーフリ)ということで来ました。ノンリバ。このギターは鈴木茂もそうだが、なんといってもスティーブウィンウッドが使ってたので前から気になっていた。シンシナティのストゥージズやグランドファンクと共演したライブでの音がメチャカッコよくてね〜そんで日本だとどこかしら改造されてんのが多くて、アメリカから買いました。なるべく無垢な子を選びました。出音はオリンピックに似てますね。それが [続きを読む]
  • ムスタング ブリッジ 固定 超簡単バージョン
  • ムスタングのグラグラブリッジ、ビンテージファンはなるべく変えずに音程の不安定さの改善をもとめるわけで。スペーサーをかましたり、ブリッジのポストにテープをまきつけるのも有りますね。私が提案するのはこれポストに一回り大きいスプリングをはめる方法。1.完全に固定しないことでムスタングのチャラい良さは保つ2樹脂じゃないので音がこもらない。3そんなに動かない。4多分安い。わたしはパーツで余ってるやつからハメまし [続きを読む]
  • eko rokes model
  • ekoのrokesモデルは滅多に出ないモデルでして。普通に10年以上探していました。ベースを先にみつけて、これがカッコよくて音がいい。ekoのコブラベースはもってて、仲間のvoxベースも。総じて音が良かったんで期待は高かったんですが。これも音が良い。試聴多分ピックアップがデュアルモンド製らしく、ハーモニーのベースっぽいニュアンスもあります。ベースのつくりもそれらと比べて少しデラックスな感じ。ekoの謎木材と思われる [続きを読む]
  • fender swinger 69 カスタム
  • ワタさんの一番好きなシェイプのギターはフェンダースウィンガーなんですが、元々はフロントに1PUのものしか存在しません。2PUのものをもとめるなら、再発のサードパーティのものしかない。まあでも、本物以外は偽物な訳で。しかしビンテージのスウィンガーをいじるのはちょっと歴史的にいかんのですよ。200本くらいしか存在しないギターですからね。するってぇと、運良く既にザグられているswingerを発見。これならさらに改造して [続きを読む]
  • gretsch duo jet white 1963
  • わたしの中でデュオジェットのダブルカッタウェイブームです。ソリッドシリーズというのは嘘で、チェンバー構造です。この少し前のモデルと比べると、このバーンズビブラートのもののほうがホロウっぽいです。より柔らかい。生音がジャンガジャンガ的に鳴ります。アンプ通すと、ほんといい音で参ります。音以外のなにかがずっと鳴っているようなトローンとした感覚。そこまで軽くはないですが、小型のセミアコみたいな感じで使って [続きを読む]
  • マルコムヤングとgretsch jet シリーズ
  • マルコムヤングが最高すぎて、ずっとダブルカッタウェイのグレッチのファイヤージェットが欲しかったんですけど、やっと見つけました。サウンドは最高なんだけどちょっと配線がおかしいので直してもらっています。その間、そのちょい前のスタンバイスイッチのないデュオジェット黒も入手しまして、こちらもすごく良い音。マルコムのものは色々変換があるが、バーンズビブラートの赤いやつのほうがちかい。でも右下のボリューム二個 [続きを読む]
  • fender stratocaster 1964
  • きてしまいましたね。ストラトキャスターです。デイトは1964DEC。昔から憧れの音といえばモンタレーのジミのストラトでして。トラロゴのやつ。あれは65年かもしれないすけど、スペック的にニアなこいつを選びました。かなりコンディションがよく、キレイです。音もとてもよい。スチューデントモデルと比べると、高いんだぞ!っていうしっかりした音程がでてきます。逆にブルースにはスチューデントモデルの方が曖昧で向いてるかも [続きを読む]
  • 過去の記事 …