酢飯 さん プロフィール

  •  
酢飯さん: 190715
ハンドル名酢飯 さん
ブログタイトル190715
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tgmpl/
サイト紹介文明日は何をしようかな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供392回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2007/08/18 13:49

酢飯 さんのブログ記事

  • 早売り?
  • 唯一買い続けているマンガ雑誌「ビックコミックスピリッツ」。この雑誌、通常月曜発売なのですが、最近なぜか土曜日に店頭に並び始めるという・・・しかも特定の店舗だけでなく何軒も。別に発売日が変わったようでもないし、配送の都合ですか?ジャンプやヤンジャンというメジャー誌との差別化? [続きを読む]
  • 舞台「スマートモテリーマン講座」
  • 原作を読んだということで見てきました。すんごい面白いです、ハンパないよ(・∀・)今回のテーマは「二次元オタがモテるためには?」ということですが、二次元オタの妄想を現実化しまくり。「決してSNSには書かないでくださ〜い!訴えられたら100対0で負けちゃいま〜す!」という内容。なんとシャ〇大佐やズゴッ〇も出てくるぞ(笑)もちろんヤスケンさんを初めとする俳優陣の演技に素早すぎる衣装替えも素晴らしいですが [続きを読む]
  • 大丈夫?
  • 青森ワッツ・・・勝てないですねぇ。試合の勝敗だけではなく外国人選手がテクニカルファールで出場停止になったりだとか、監督に警告が出されたりだとか、さらにそのコメントをそのまま掲載したチーム自体に対して制裁が課されたりだとか、どうにも上手くいっていない印象。サッカー用語だと「チームがバラバラじゃねぇか!」「ちゃんとまとまってるよ!」「信じていいんだな?」「次は絶対勝つ!」「トー(略)」・・・ってカンジ [続きを読む]
  • 終わったねぇ
  • 今日でJFLの全日程が終了。まだ山高のプレミア3試合と東北社会人2部の未消化1試合が残ってますが、まぁこれで青森県のサッカーはだいたいおしまい。みなさんおつかれさまでした。上に写真を載っけた「山高の選手権優勝」で始まった2017年の青森サッカー。もう11ヶ月経ったんすね。GKだった室屋選手はFC東京U−23のレギュラー、MFだった高橋選手は千葉のレギュラー。2年生だった郷家選手は現在プレミア得点王 [続きを読む]
  • ワ・ラッセ落語会
  • 「私からDMが届いた方は強制参加」ということで行ってまいりました、大楽さんの落語会。今回は真打に昇進したばかりの朝橘さんも一緒です。朝橘さんは「知っている中で最もくだらない噺」という「茄子娘」、大楽さんは「ちりとてちん」でした。んが!2席・・・1時間半で2席は少ないよね。それもそのはずで、この日はなんと青森ケーブルTVの収録あり。お噺だけでは物足りないと感じたのか、間にお二人のトークコーナーが設け [続きを読む]
  • 使わない
  • 毎年恒例流行語大賞。今年も言ったこともない、目にしたこともない言葉ばかり(^_^;)だってなぁ、今年一年でこのブログに出てきた言葉だって、「9.98」「空前絶後の」「Jアラート」「忖度」に「プレミアムフライデー」くらい。そもそも冒頭の「アウフヘーベン」の意味すらわかってないし(笑)TVで視聴率30%番組がなくなったり、CD100万枚セールスがなくなったのと同じで、文化や嗜好が多様化した現代では誰もが知っ [続きを読む]
  • 買うならお早めに
  • 先日発表された、ヴァンラーレ八戸の秋冬グッズ。「街でも着れる どこでも着れる」がコンセプトだけあって、サッカー色・チーム色を感じさせない秀逸なデザインだと思います。どんな方が企画しているのかわかりませんが、非常に良いセンスをしていますよね。なおJに上がってしまうと利権が絡んでしまうため、自由にグッズ企画・販売は出来なくなっちゃいます。今回の新商品も欲しい方は早めに買っておくべし。 [続きを読む]
  • しなしな
  • 同僚がお土産で買ってきてくれた「たこせん」。冷えるとせんべいが「しなしな」になっちゃうのね。せっかくいただいておいてアレですが、決してお土産向き・・・ではないかと(^◇^ ;) [続きを読む]
  • 見ただけで
  • ローカル紙に連載されている、大昔の青森の記事。今朝は当時廃止されたばかりの津軽森林鉄道が載っていました。ここって、あそこでしょ?小浜の貯木場(現在の財務省宿舎)を出たとこで、仲通りに向かっていく小道。写真の男の子が歩いているのは国道280号線ですな。え?この写真でわかるのって?そりゃわかりますよ。森林鉄道は何十回調査を重ねてきたことか・・・最近やってないけどね(^◇^ ;)またどこかへ調査へ行きたいなぁ [続きを読む]
  • JFL2ndステージ第14節 ラインメール青森VSHondaFC
  • 青森対ホンダというカードは3月5日、今年の開幕戦で組まれたカードと同一。試合内容はこのブログに書いたとおりですが、シュート数が15対2でわかるとおり、ホンダさんの一方的展開となったゲーム。むしろよく青森は3失点で凌いだ、よく1点を奪ったと褒めたくなるゲーム展開でした。とてもホンダさんには歯が立たないと思わされました。それから8ヶ月が経過し・・・リーグ戦も2試合を残すのみとなった2ndステージ。再び [続きを読む]
  • 逆に
  • 「川にゴミを捨てないで」って看板なのですが、この絵だと逆に魚が喜んでいるように見えない?(^◇^ ;)そう感じるの俺だけ? [続きを読む]
  • みちのくプロレス〜破邪顕正〜
  • みちプロさんです。サスケ社長のとこです。早いもので今年の北東北シリーズも最後・・・え?いつもみちプロばっかりだって?しょうがねぇだろ、来たら見ちゃうだろ(^◇^ ;)今年最後の青森大会は圧巻の客入り!確かに施設の入居者やご老人など招待が多かったのも事実ですが、それでも見た目からして8月のNOAHさんより圧倒的に多かったです。沼選手による地道な営業の賜物ですな。二人の若手選手は順調に育っています。みちプロ [続きを読む]
  • おつかれさまでした
  • 東北社会人リーグ「ブランデュー弘前」の吉本監督が退任だそうです。やっぱりなぁ。ホーム最終戦での、「もし来年も監督を続けさせてもらえるのならば」って部分が気になっていたんですよね。横浜FC・モンテディオ山形・ラインメール青森と続いたシーズン後のトレーニングマッチとかさ、自身のツテを最大限使ったチームへの恩返しみたいだったなと。「全国リーグを戦うためには、このレベルにならなきゃダメなんだよ」と教えて終 [続きを読む]
  • ふっか〜つ!
  • 修理に出していたスマホがふっか〜つ!購入からたった一ヶ月で「基盤破壊」、さらにはケースに入れて大事に扱っているのに「液晶破損」って結論にはかなり合点がいきませんが、まぁ直ってきたのなら言うことはないです。今度は簡単に壊れないでね。 [続きを読む]
  • 何するの?
  • 俺様「ハロウィンなので今日くらいは早く帰宅して家族と一緒に・・・一緒に・・・」同僚「ハロウィン?何をするの?」俺様「か・・・仮装?(^◇^ ;)」そんなわけで都会のパリピどもや保育園・幼稚園児はありがたがるハロウィンですが、それ以外の年代の人たちはいったい何をすればいいのか?(^_^;)とりあえずパンプキンサンドイッチは食べましたけれど。 [続きを読む]
  • 一瞬
  • 「あっ!桜が咲いた!」と思ったら散っている春も一瞬ですが、こちらでは秋も一瞬です。ここから一週間が紅葉真っ盛り。秋が過ぎると、長い長い冬がやってきます・・・。 [続きを読む]
  • コラボ
  • あ、コレってそういう商品だったのね。知らないで買ってましたよ。もっと宣伝しとくれ(^_^;)ローカル限定のコラボ商品ですが、何にせよ若い子たちが盛り上がれるのは良いことです。でも、農業高校で「りんごパン」だとありがち過ぎるので、次回は八戸水産高校「サバパン」とか青森高校「頭の良くなるパン」だとかを期待(^◇^ ;) [続きを読む]
  • WJBL JX−ENEOSサンフラワーズVS東京羽田ヴィッキーズ
  • おおおおお!Σ( ̄□ ̄;)これは入ったなぁ!!と、あまりの客入りに唸らされた武道館。2週続けてのWJBL観戦と相成りました。1Fアリーナもヒナ段も2F席もパンパンの入りは立派。すんげぇ立派。こんなに青森県に女子バスファンがいたとは・・・なんちゃって(^◇^ ;)実は観客のほとんどは招待券だったりします。「絶対ルールなんて知らねぇだろ!」と言いたくなるおじいさんおばあさん、それに試合を満足に見られない小学 [続きを読む]
  • これは良いセンス
  • 野球場を丸々使ったバッティングセンターだそうです。24球で500円とお手ごろ価格。いや〜、これは良いセンスしていると思います。ありそうでない企画ですからね。こちらでは既に野球シーズンも終わっているし、せっかく改修したスタジアムを遊ばせておくのはもったいないところ。外野のランニングコースも含めていろいろ「遊べる」スタジアムだと思うので、またいろいろ企画を考えてほしいっすね。この街の体育協会は地味なが [続きを読む]
  • ざんね〜ん
  • プロ野球のドラフトが終わりました。今年の青森県関係は「指名なし」ですか・・・残念だなぁ。ここ数年青大・八大・山高・光星と、毎年選手が出てたんですけどね。なかなか毎年はってことでしょうか。 [続きを読む]
  • 見慣れぬもの
  • 近鉄名古屋駅で列車を待っていたら、隣のホームに見慣れぬ車両が。はて、なんだろう?( ・ω・)昔風の車両だし、行き先には「団体」と表示されているし。しばらくして、ドヤドヤと乗り込んできたのは大量の学生さん方。修学旅行車両なんですね。都会に住む方なら「修学旅行列車」なんぞ昔っからあって珍しくもなんともないかもしれませんが、田舎に住んでいると乗ることも目にすることもない、見慣れないもの珍しい列車だったりし [続きを読む]