巖聖水6500 さん プロフィール

  •  
巖聖水6500さん: 甘くておいしい、天然還元水の『巖聖水6500』
ハンドル名巖聖水6500 さん
ブログタイトル甘くておいしい、天然還元水の『巖聖水6500』
ブログURLhttps://ameblo.jp/ganseisui6500
サイト紹介文巖聖水6500は、6500万年前の地下の花崗岩帯を透過し、みがかれたミネラル分たっぷりの天然水です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2007/08/18 19:49

巖聖水6500 さんのブログ記事

  • もちよう
  • こころに負荷があるときなにかと負けそうになる一人では心細い そんなときスポーツ中継をみる錦織圭選手・大阪なおみ選手の窮地を脱するプレーに勇気づけられる [続きを読む]
  • 手のなかの
  • 会社の向かいはバス停だバス停にはベンチがあるが その場所は溝の上なんとも不安定な位置に置いたものだが晴れた日はお年寄りがよく利用しているバス通学の学生も利用している ゴミを置いてバスに乗る人がいるいるのは かつてからいたがこのところ常態化しているような気がするおそらく決まった人 数人 近くのコンビニで買った飲食物の残りを溝においていくジュース缶・サンドイッチやおにぎりの包みコンビニコーヒーの飲み [続きを読む]
  • 筋肉が
  • あれっ 腕の筋肉がなんか痛い何したんだっけ としばし考えるそうだった 庭木の剪定をしたんだったよ 小さな脚立に登って枝切ばさみをつかってサザンカを切ったんだった この前 人に頼んで切ってもらったのはいつだったっけこの1年間で植物は伸びるんだから剪定は毎年必要なんだけれど自分でできることはしようかなっと 仰向いた首とはさみの重さを支えた腕に疲れが残ったって話思いのほかシビアこれぞ労働かと   こちら [続きを読む]
  • 路地の
  • 自動車の入らない裏路地は歩行者のもの自転車に気をつければきょろきょろしてもOK路地には路地のいやしがある プランターの小花だ広い道路に面した花壇の花は調子悪いのに裏路地ではちょこんと元気に咲いているあのスミレはきょうも元気だ 日照時間はそう違わないだろうになぜだろうあるいは冷たい風がさえぎられるのだろうか もうすぐ教会の狭いスペースにクリスマスローズが咲く楽しみだなあ [続きを読む]
  • 引っ越し
  • それは昨年の暮れのことある朝いつもより少し早い時間出会い頭ネズミに出くわした 慌てたネズミは食器棚を垂直にのぼり消えた隠れているのは食器棚の向こうの狭いところだと考え隙間を塞いだつもりだったが ヤツはどこかへ姿を消した 狭い隙間を懐中電灯で照らしてみたそこに…ネズミ穴があったここ数年ネズミの襲来に困り果てていたのだがそこが侵入経路だったのか灯台下暗し やられた もともと三和土だった台所をあとから [続きを読む]
  • しまったぁ…か
  • 今年がなんとなくいいキリだったので複数年手帳を使うことにしたけっこうな出費だったけどトータルだとお得かとしかも去年のあなたは何してたかわかるしね 「5年手帳」だいざ箱からとり出してみると… …分厚い 重いごっついノベルスか卓上辞典かというくらい当然重いですわねえ 年齢早見表は な い ぞこれは困るぞ コピーさせてもらわなくちゃ〜 これを絶えず持ち歩くわけではないから今の違和感を拭うことができれ [続きを読む]
  • 始ります
  • 本格的に2019年の仕事が始まります 地元のうすい八幡さまにお参りをしました徒歩で行ってみようとがんばってみましたよちょっと疲れたけれどねっ 神社境内にはいい気が流れているようでとっても清々しい気分です今年がよい歳になりますように [続きを読む]
  • さてどうする??
  • 年賀状のことなのです今年はとりかかりが遅かったので もしか−なしかもと一瞬思ったよ とまあひとごとのようですが家の年賀状書きはず〜っと前から娘のわたしが引き受けている状態だったのですそれはそれはピッカリとし続けたのでしたそのピッカリも生産されなくなり印刷にだすか 手書きにするかと迫られたことで「毛筆の練習」としてそのまま手書きを続けています さて ことしは年賀状の終活を念頭に入れて母はひとこと [続きを読む]
  • わっすごい
  • こちらには総計20カラットのダイヤモンドが使用されていますあらわたくしのこれは(と指輪を見せ)430470カラットですのよ とおっしゃった NHK「解体キングダム」でのやりとりなのだが  http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=17060前述の前半は20カラットの工業ダイヤモンドの埋め込まれたダイヤモンドワイヤーの説明これで厚みのあるコンクリートを切断するそうだ 後半はこの番組に出演なさった [続きを読む]
  • つけこむ
  • 年末恒例の行事は…  大根の漬け込み 母のカレンダーには大根を抜いて干してその2週間後は「漬け込み」とかいてあった きのうがちょうどその日にあたる竿につった大根の乾燥具合は天候次第?ようが ?が続こうが  風が吹こうが?続きでも 霜が降りようが お天気任せとなる うまい具合に今年はいい塩梅に乾いているまずは米ぬかを炒るところから始めるおくどさんを使うと煙が目に入って煙たい煙たい出来上がると塩 砂糖 [続きを読む]
  • 寒さが…
  • たくさん着ればあったかいだろうあったかいだろうというのは正解ですですが そうとも言い切れないこともありそうです たくさん着たら肩が凝っちゃっていけませんロボットになったかのように動きがぎくしゃく(いまどきのロボットはスムーズで滑らかに動くけど)ふわふわもこもこを身に付けたくなります スリッパに靴下 腹巻に下着 パジャマにセーター 上着ついでに 毛布もシーツもふわふわもこもこ何枚身に着けているか数え [続きを読む]
  • 冬景色
  • 先週の木曜日は冷えた芦田川にでてみると河原の草たちが白い今年初めての霜が降りたようだ光にあたってキラキラしていた 翌日も白かったが今朝は雨模様で気温はそうでもなかったそのぶん川霧がでていた 小さなライトが必要なくらいだった峠に差し掛かっても霧は濃くなりふたつめの峠を越えたところで霧は晴れた冬の景色だ 川に冬鳥をみかけるがまだその数は多くない水鳥の吐く息が 白くはっーってなるほどではないなあ [続きを読む]
  • どっちに?
  • キッチンにいると地上波4でカープ優勝旅行の番組をやってるよと声がかかった それまで12月14日だからとBSで忠臣蔵をみていたんだけれどどうしようかな つぎの瞬間チャンネルを変えていた なんのことはない寝起きを襲うというどこかでみたやつをカープ選手自身がやっているのだったがスポーツ選手の日常というのは見ることがないからなあ あとはスポーツアクティビティのよる対決と緒方監督夫人と長女の町ブラだったんだな [続きを読む]
  • 覚えがないよ
  • なんとなしに違和感しばらくこれと向き合ったでも たまに勘違いかなとも思いいやいややはり変なのと思い直したしかたない医者に行くか これまでもなんだかんだで後回しにしてきたツケが回ったか脛に傷もつ身としては はやり不安 年々年を取っていくわけだからあちこちガタが来るのも甘んじて受けるつもり…なのだが やはり“つもり”はつもり心中穏やかではない で 医者に言われたこれは膀胱炎ですよえっつ あんとき [続きを読む]
  • できる
  • やるんだと強く思うことはできるのかなあ 思いや夢がそうそう実現しないことはわかってるが 鈴木亮平さんの「西郷どん」の肥大化草彅剛さんの舞台「道」へのマッチョ化アニメ「風の谷のナウシカ」の歌舞伎化 フィギュアスケーター紀平梨花さんのスケート漬けなどなど記事を読む・番組を見るにつけ(なぜかエンタメとスポーツなのはわかりやすいからか) やればできることをわかりやすく見せてくれるそれを含めてのプロなんだろ [続きを読む]
  • あなたは?
  • お散歩途中 畑庭でみつけたこの植物  あなたはどなたでしょう 優美な青色の6cmはあったかというお花はじめてみましたご存知に方はお教えください [続きを読む]
  • 競う
  • 勝負事いうのははっきりしたもので(落語家のつまんないまくらのようですが) ひとつのプランターに2株のシクラメンを入れましたその年は機嫌よくどちらも元気だったのですがひとつは年越しに失敗おまんじゅうが腐ってしまいました ゼラニウムを挿し芽してひとつの鉢に植えましたどちらも発根を確認してからの植え付けです新芽をだしてしばらくは調子よかったのですが一方がもうひとつの元気さに負けていつの間にか姿がなく [続きを読む]
  • おお寒い
  • 昨夜は新月でした 一日中強い風が吹いてどんぐりや桜の葉を散らします一か所に吹きだまって あっというまに木の葉の山取りのぞいてもまた溜まるんですけどね冬の気配です 農業にも月の動きをとり入れた「ビオディナミ」という農法があるそうです  https://wine-mellow.com/media/2017/08/16/426 月は人間にも農作物にも影響を及ぼすので天体の運行とともにある大地の生命力をほんらいあるがままの関係に戻す という考え方だ [続きを読む]
  • なるほど
  • うちの畑では大根の種をかなり広く植えるそれは漬物を作るためなのだが出来によってはもうこれだれが食べるんってくらいできるかと思えばちっとも太らないこともあるが… 今年種苗をみていたら「おでん大根」というのがあったなんと初めて と興味本位で植えてみた そしてきのう漬物用の大根を収穫したのだがおもに「耐病総太り」なる青首大根だがこの畝も抜いてみようと思い立ったーそれが「おでん大根」だ この大根は長 [続きを読む]
  • ない いない
  • もみじ銀行の窓口へいくずいぶん久しぶりだなあたいていはATMで済むから なんか変だぞそうだ丸選手関連のポスターやキャラクターがない巨人移籍にともなって契約終了したんだなそうなんだあ “マルちゃん”の東洋水産では冷蔵・冷凍めんを4/1から値上げ が配信されていた丸選手とマルちゃんこの2者はつながってるから同じものとして見てた球場で黄色いマルちゃんの車ももう見れなくなるんだな いやいやインスタント麺は [続きを読む]
  • あたたかい
  • 11月末の一の宮さんのお祭りは初雪がちらつくんだよね と言ってきたここ数年はおだやかで雪はまだまだといった感じだ けさもきのうも朝霧夕霧がでるようなあたたかさ冷え性の身にはおおいに歓迎だがこのさきの気温の急変には注意しなくちゃ去年12月12日には雪が降っているぞそのつもりでいなきゃだめだな 季節は冬なのだが 気分は秋なのだ 近くの栗原小学校のカイの木は紅葉真っ盛り赤くてきれいです [続きを読む]
  • Kって
  • いつの間にか年月を重ねてそのときは必要だった情報の紙面があれよあれよとたまり溜まってしまう 脳内にためこむ知識や技能なら歓迎だけれどものは空間を占領して厄介だ5年より前のものはちっとも必要ない必要ないけれど片付ける機会をつくらずくると処分するにも力技だ そのままじゃ汚部屋といっしょきつい・汚い・危険 の3Kだ前には高学歴・高収入・高身長の3Kもあったけれどこんどは「4K」「8K」だそうだなぁテ [続きを読む]
  • くもり
  • くもりの日は気分がくさくさする降るなら降ればいい なのに曇りとは ついに宣言しちゃったねぇ丸佳浩選手たぶんそうじゃないかと覚悟はしていたけれどやはり現実になってみるとすごく寂しいねえ 微笑みながら外野からかえてくるときのヒップタッチなにげに談笑しつつ守備につく時の姿気に入っていたけれどなあ この曇り空の下ではなかなか切り替えができそうにない どこか悠然としているようなひょうひょうとしているよう [続きを読む]
  • 沼ではないな
  • 沼では決してないなあえて言うなら ちっちゃな水たまりきのこはかわいさ優先 でっかい倒木にありふれた小さなきのこいい感じ ちょいとグロい液体がついてますこれもきのこのうちかな これからもっともっと大きく成長しますーという過程がわかるかもがんばれチビきのこ [続きを読む]
  • 沼って??
  • その番組に出会ったのは偶然だった 部屋中がきのこのグッズであふれているきのこテーブルと椅子 ここで勉強するらしい赤いきのこ(テングタケらしい)グッズが特に好き気に入ったものはふたつ買って保管用と観賞用にきのこ柄のワンピースを着てデートにでかける そこまでするかという徹底ぶり大好きでドハマリしてしまった趣味のことをネットの世界では『沼』と呼ぶんだって ある沼にハマった人から その魅力を深堀していく [続きを読む]